30代でもコンサル転職は可能か?年齢問題を徹底解説

現在、コンサル業界への転職の人気が非常に高い。

そのような中で、「コンサル業界への転職はどの年齢まで可能か」という質問をよく受ける。

コンサル転職と年齢の関係を徹底解説

本記事では現役コンサルタントである筆者がコンサル業界への転職がどの年齢まで可能かについて解説する。

コンサルへの転職を検討されている方は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

コンサル転職は基本は30代前半まで

結論から先に言うと、基本は30代前半というのが一つの基準になる。

但し、どの年齢で転職するかで難易度や求められるものが変わる。

30代前半を過ぎても不可能ではないが転職のハードルは非常に高くなる。

またこれまでの経験から構築されたマインドセットや、ライフステージなどを考えると、30代前半を過ぎて仮に入社できたとしてもしっかりと成果を出していくためのハードルも非常に高い。

30代でのコンサル転職の実態

30代前半での転職

30代前半という年齢になると20代のころとは求められる点が大きく変わってくる。

「即戦力になるか?」という点はもちろん、業界知識や現職での実績といった点も重視される。

コンサルティングファームとしても、クライアント側の知識や経験を持つ人材を採用することで、ファームとして人材の厚みを出したいため、より業界知識や現職での実績という点は重要になってくる。

そのため、他業界や現職の同僚と比較した時の自身の強み弱みと言った点を改めて整理した上で、コンサルティングファームでも成果を出すことができるということをアピールする必要がある。

30代前半になると年齢を重ねれば重ねるほど選考難易度が上がるため、できるだけ早く行動に移すことをおすすめしたい。

30代中盤以降での転職

前述の通り、30代中盤以降になるとほとんど転職者がいなくなる。

ただし、30代中盤以降でコンサルへの転職が不可能かというと必ずしもそうではない。

前職での経験ベースとして、コンサルティングができる実績と経験を持っていれば十分に可能性がある。(ただし、希少な経験や豊富な実績が必要になる)

筆者の知る事例で言うと、事業会社のM&A担当として複数件の買収に関与、あるいはリードした経験を持つ方が30代後半でコンサルへの転職を成功させた。

また、最近では事業会社で例えばR&Dや製造部門、物流部門などの経験を積んだ人材の採用を強化しているファームもあり、スペシャリスト人材として経験を蓄積していれば転職可能性はグッと上がる。

こうした各ファームの採用戦略というのは経営戦略に紐づいており、HP上では公開されていないことが多いため、まずはコンサル業界に精通しているエージェントに登録して情報収集することをおすすめしたい。

一方で、20代でコンサル業界に足を踏み入れた人たちよりもファクトベースでのコンサルスキルが劣るため、かなりの覚悟を持って入社する必要がある。

やはりコンサル転職は20代が有利

20代前半(第二新卒)での転職

20代前半は新卒と同様に地頭や論理的思考力などのポテンシャルを見られることになる。

新卒と違いで言うと、比較的早いタイミングでの転職になるため、「なぜコンサルか?」という点は新卒の時以上に確認されることになる。

また、面接官としも当然「またすぐに転職してしまわないか?」という点は気になるため、コンサルタントという仕事への理解や覚悟について繰り返し問われる可能性が高い。

そのため、説得力のある形でコンサルタントになってなし遂げたいことを熱意を持って話すことが必要になる。

ただし、30代での転職者と比較してコンサルタントとしての基礎を身に付けやすく、入社後の定着率も高いことから転職可能性は比較的高いと言える。

20代後半での転職

20代後半の場合はコンサルファーム各社が採用に力を入れている年齢ゾーンである。

この年代も新卒や第二新卒と同様に地頭や論理的思考力などのポテンシャルを重視される。

また、20代後半になると現職でも一定の年数を積んでいるため「即戦力になるか?」という視点で見られる。

そのため、面接官としても「これまでの経験が転職後にどのように役立つか」という点を確認することになる。

実際、質問の多くが現職に関することであり、またケース面接のお題も現職に関連することから出す面接官も多いようだ。

選考のハードルが高いのは大前提だが、それでも30代以降の選考で「すごい人がいたら採用しよう」という基準から、20代後半の選考では「いいポテンシャルを持っていれば採用しよう」という基準に下がるため、難易度は大きく異なる。

コンサルに転職するなら"絶対に"やるべきこと

コンサル業界は現在転換期でもあり、各ファームが経営戦略の違いによって異なる方向に進んでいる。

もはや一昔前の「戦略ファーム」や「総合ファーム」という区分は古いと言っても過言ではない。

各ファームの経営戦略というのは開示されていることはなく、それに紐づく採用戦略というのも最低限の求人情報に留まり、はっきりと明示されているわけではない。

そのため、まずはコンサル業界に精通しているエージェントに登録して情報収集することをおすすめしたい。

ファームによっては、「事業会社で経験を積んだ人が欲しい」ということもあれば、「20代の若手のみ採用したい」ということもある。

具体的には、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

おすすめ度:★★★★★

アクシスコンサルティングは特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

エージェントにコンサル業界に関する知見がなければ、最適な求人を紹介してもらえないことはもちろん、自分自身のやりたいことやキャリアプランを叶えられないリスクも存在する。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事