コンサル経験者の増加に伴い、各領域で活躍するコンサル出身者を目にする機会が多くなってきている。

そうした背景から成長環境を求めて、コンサルへの転職を検討している人も多いのではないだろうか。

コンサルタントが早く成長する理由

そこで本記事では、現役コンサルタントである筆者が、コンサルタントが早く成長する理由について解説する。

コンサルへの転職に興味がある方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

その上で、ハイクラス転職に強みを持つランスタッドSamurai Jobリクルートエージェントに登録し、キャリアコンサルタントからどのような求人があるかを聞いてみて頂きたい。

コンサルファーム外(クライアント)の要因

1. 対面するクライアントのレベルの高さ

まず一つ目が「対面するクライアントのレベルの高さ」である。

全社レベルの案件になると、対面するのは百戦錬磨の経営者になり、仮に全社レベルでなくても、社内のエース的な人と対面することになる。

そうした方々と日々真剣に対峙しすることで、自分自身の当たり前の水準が高くなり、その当たり前の水準がさらに自分を成長させてくれるのだ。

2. 課題の難易度の高さ

そしてそんな優秀なクライアントが解ききれない課題をコンサルタントが解くことになる。

課題の難易度が高ければ高いほど、自分自身の100%の力をぶつける必要があり、またそれだけでは不十分で、周囲の人の力も引き出していく必要がある。

こうした「課題の難易度の高さ」がコンサルタントの成長を加速させていくことになる。

コンサルファーム内の要因

3. 要求の高さ

コンサルティングファームでは、入社年次や年齢に関わらず、プロジェクトに関与したその瞬間から価値を出すことを求められる。

クライアントにはコンサルタントの時間に対して報酬を請求することになるため、1秒も無駄にできない。

そうした自身の価値や、時間の重みというのは常に突きつけられる。

こうした「要求の高さ」から、常日頃から価値の最大化ということを意識するようになるため、結果として自分自身の成長が加速することになる。

4. 優秀でハードワーカーな人の多さ

コンサルティングファームにいる人たちは、もともと優秀な人が多い。

その中で勝ち残っていくにために、みんなが当然のようにハードワークすることになる。

また、前述の「対面するクライアントのレベルの高さ」「課題の難易度の高さ」「要求の高さ」によって日々鍛えられおり、ますます優秀でハードワークする集団となっていく。

こうした「優秀でハードワークな人の多さ」と言うの環境が成長を加速させることになる。

まとめ

こうした環境で働けることは、コンサルティングファームに入社することの大きなメリットである。

筆者自身、入社当初は周囲のレベルの高さに圧倒されたものの、気が付くと当時圧倒されていた人たちと同じポジションになっていた。

こうした成長環境に魅力を感じる方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

その上で、ハイクラス転職に強みを持つランスタッドSamurai Jobリクルートエージェントに登録し、キャリアコンサルタントにどのような求人があるかを聞いてみて頂きたい。

おすすめの記事