コンサルから事業会社への転職理由は?経験者の声を集めてみた

昨今はコンサル人口が増加したことで、コンサルから事業会社に転職する人も増加傾向にある。

しかし、いまひとつ決め手に欠けて転職に踏み切れない人も多いだろう。

ポストコンサルで事業会社に転職した経験談

本記事では、実際にコンサルから事業会社に転職した方々から、転職に踏み切れた理由についてインタビューした内容を紹介する。

ポストコンサル転職を検討している人は、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングや、IT企業などのハイクラス転職に特化したコトラにまず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

ポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

コンサルから事業会社への転職理由は○○

本記事を作成するにあたって複数人の方にインタビューを行ったが、コンサルから事業会社への転職理由としては大きく2つに分かれた。

1つは事業会社でやりたいことがあったというポジティブな理由であり、もう1つはコンサルの環境が嫌だったというネガティブな理由であった。

以下ではそれぞれについてご紹介する。

ポジティブな理由

まず最も多くの人が持っていたのが「手触り感を得るため」という理由であった。

特に最初のころは無我夢中でコンサルワークに向き合っていても、仕事も慣れてくると提言だけして終わりではなくより深く事業に関与したくなることがある。

例えば製造業のクライアントに対してマーケティング戦略の提言を行ったとしても、その戦略によってエンドユーザーの反応や組織が時間の経過と共にどう変わっていくかというを体感することはない。

事業や企業は生き物であるが故に、こうしたリアルの体感値というものは非常に重要であり、また仕事の面白さにも繋がる。

また、「対象事業や企業に中長期的に携わりたい」という理由も多かった。

コンサルタントはあくまでも外部アドバイザーとして臨時で参画することになる。

プロジェクトにはいつか終わりが来てしまうし、クライアントの社内都合やファーム側のアサインの問題で中途半端なタイミングで関与が終わってしまうこともある。

そのため、いろんなテーマや企業を相手とするコンサルティングを転々と行うよりも、しっかりと腰を据えて事業と向き合いたいと思う人も多いようだ。

ネガティブな理由

コンサルの環境が嫌だったというネガティブな理由として挙げられるのが「ワークライフバランスの向上」である。

現在はコンサルファームでも働き方改革が叫ばれているが、それでもコンサルワークの特性上ハードワークに成らざるを得ない。

こうした環境下で中長期的に働き続けるということをイメージできないという理由で事業会社に転職する人も多い。

特に、結婚や出産といったライフステージの変化でワークライフバランスを強く意識する人が多いようだ。

また、「コンサルの"詰める"という文化が合わない」という理由で事業会社に転職する人も多い。

プロフェッショナリズムや、アウトプットへのこだわりと一言で片付けられてしまうことも多いが、やはり筆者から見ても異常な詰めを行う人も今でも多い。

戦闘民族と呼ばれ、こうした激しい詰めもものともしない人であれば気にならないかもしれないが、そうではない人からすると長期的に居続けることのストレスは計り知れない。

家よりも長い時間過ごす会社において、こうした詰めの文化が蔓延しているとなると当然ながら転職も考えたくなる。

転職理由で上位者から猛反発を食らったという話も

こうした理由は多くの人から共通して挙がった理由であり、また筆者から見ても全く違和感はない。

ただし、人材が枯渇気味で転職して欲しくないファームからは、猛反発を食らう可能性もあるようだ。

例えば、「手触り感を得るため」という理由に対して、

コンサルファームもコンサルティングという事業を行っており手触り感は得られる。
手触り感を得られないのはあなたの視座が低いからだ。

と言った、まるで屁理屈のような詰めにあったという話も聞いたことがある。

また、「ワークライフバランス」という理由についても、

コンサルファームでも大きく改善しようとしているし、中にはワークライフバランスを取っている人もいる。
にも関わらずバランスが取れていないのはあなたに意志がないからだ。

など、益々辞めたくなるようなコミュニケーションを取られたことがある人もいるようだ。

事業会社への転職を検討している人に伝えたいこと

筆者も事業会社での職務経験があるが、コンサルの仕事や働き方とは大きく異なる。

ここで伝えたいことはどちらが良い悪いではなく、「コンサルだけが仕事ではない」ということである。

そのため、コンサルから事業会社への転職する上で、何か明確な強い理由や崇高な理由がある必要もなく、「なんとなく嫌だ」で転職しても良いわけだ。

実際、コンサルだと自分のQOLを上げられないという理由で事業会社に転職してQOLが大きく向上した知人もたくさんいる。

ポストコンサル転職を成功させるために"絶対に"やるべきこと

「コンサル出身者」、「事業会社」のそれぞれについて一言で言っても本当に多種多様である。

コンサル出身者でも所属ファームや経験プロジェクトによって、専門性やスキルセットは大きく異なるし、事業会社でも個社や業界、ポジションによって処遇や働き方、仕事内容は大きく変わってくる。

大切なことは、自身の経験やスキルセット、ライフプランを踏まえて転職先を厳選することである。

そのためには、ストコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを必ず選ぶ必要がある。

具体的には、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングや、金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したコトラに必ず登録すべきである。

仮に最適なエージェントを選ぶことができなければ、最適な求人に出会えないことはもちろん、自分自身を安売りしてしまうリスクも存在する。

筆者の2度のポストコンサル転職の経験を凝縮しているため、間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手総合エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

そもそもポストコンサル転職の経験がない人が書いている記事も散見される。

上記の記事はポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事