コンサル転職準備

各コンサルティングファームが採用を拡大していることを受け、コンサルティングファームへの転職を検討する人も増加傾向にあるようだ。

本記事では、そんなコンサルティングファームを複数渡り歩いた筆者より、コンサル転職面接前にやっておくべき準備を紹介する。

コンサル転職の面接準備

転職面接が間近に迫っている人だけでなく、まだ転職が先な人にも有益かつ短時間でできることを中心に紹介する。

コンサルファームへの転職を検討されている人は、以下のエージェントに登録することをおすすめしたい。

1. 「よくある質問」への明確かつ納得感ある回答の準備

まず間違いなく面接で聞かれることに対して、明確かつ納得感のある答えを用意しておく必要がある。

当たり前ではあるが、面接という場は緊張も相まって喋り過ぎてしまう人や、伝えたいポイントがふわふわしてしまう人が多く見受けられる。

ポイントは、多少話を脚色してもよいので、自分の中で「明確」かつ「納得感のある」回答を各質問に対して用意しておくことである。

コンサル転職の際に高い確率で聞かれる質問としては以下が挙げられる。

・なぜコンサルか?
・なぜコンサルの中でもA社なのか?
・コンサルに入ってやりたいことはなにか?

2. ケース対策に対する自信の醸成

最近ではフェルミ推定やケース面接を行わないという企業もちらほら出てきている一方で、やはりコンサル転職をするならフェルミ推定やケース問題は出くわす前提で準備を進めたほうが良い。
(たとえ面接の際に問われなくても、実務を行う上で非常に有益である)

よく転職相談で受ける質問として「どこまでフェルミ推定やケース問題対策をしておくべきか?」という質問がある。

これに対する回答としては「自信のある状態までフェルミ推定・ケース対策をやり込んでおくこと」である。

すなわち、ある問題が出されたら瞬時に頭の中で「こうやって回答する」と浮かぶレベルまで、繰り返し対策する必要がある。

少し面倒に感じる人もいるかもしれないが、人生の中で何度も訪れない転職のチャンスであるため、できることは全部やって臨みたい。

3.プロフェッショナルな見た目の準備

コンサルへの転職に限らず、転職において「第一印象」はものすごく重要である。

特に"サービス業"であるコンサル業界において「プロフェッショナルな見た目」というのは非常に重視される傾向がある。

コンサル業界の商品は紛れもなく"人"であり、「見た目」も商品の一つである。

これは現実として受け入れるしかないが、ちょっとした準備で誰でも簡単に「見た目」を準備することはできる。

  • Yシャツはクリーニングに出しておく
  • 靴はピカピカに磨いておく
  • スーツはタイトフィットかつシンプルなものを選ぶ

などの最低限の準備をするだけで、面接の通過確率は大きく変わる。

4. 自然な笑顔の練習

コンサル業界というと、学歴エリートの合理性集団のような印象があるかもしれないが、コンサル転職における面接官も結局は"人間”である。

重要なのはいかにその人に「この人と働きたい」と思わせるかである。

そんな中で、意外と忘れがちなのが「笑顔」である。

仮に同じ能力の「怪訝そうな顔をしてる人」と「笑顔な人」がいた場合、後者と働きたくなるものである。

また、面接程度で自然な笑顔が出せない人を、日本を代表とする企業の役員の前に連れていくことはできない。

自然な笑顔は自信の証明にもなるので、ぜひ自然な笑顔の練習を行って頂きたい。

まとめ

結局は、どれも当たり前のことであるが、その当たり前のことを高いレベルでできる人が転職面接では高い評価を得る。

特にコンサルの場合は転職の志望者も多く、かつレベルも高いため、ぜひ当たり前のことを高いレベルでできるような準備を行って頂きたい。

また、転職の準備にはエージェントが強い味方になる。

コンサルへの転職に興味がある人は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、直接コンサルファームの人事部からスカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobや、コンサル業界に特化したエージェントとして実績と評判を確立しているアクシスコンサルティングにも必ず登録しておきたい。

迷ったら上記のエージェントに登録しておけばまず間違いない。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

ハイクラス転職サービス・エージェント

エージェントに登録後はどのようなコンサル求人があるかや、今後のキャリア戦略について話し合ってみて頂きたい。

なお、最初の段階では複数のエージェントに登録することをおすすめしたい。

エージェントは転職活動を並走していくれる貴重なパートナーであり相性が非常に重要である。

また、残念ながらエージェントによって人の質も大きく異なるため、自分の目でしっかり見定めた上で1つのエージェントに絞ることをおすすめしたい。

おすすめの記事