コンサルが辛いと感じた人はどうすべきか?

コンサルファームの高い採用ハードルを突破して無事に働くことができたとしても、全員にとって幸せな環境ではない可能性がある。

実際、コンサルファームに勤務しながらついていけないと感じている人、辛さを理由にコンサルファームを去る人は多い。

コンサルが辛い原因とその対策

辛さという負荷は精神にも肉体にも大きなダメージを与えるため、決して侮ってはいけない。

そこで本記事では、コンサルが辛く感じる原因とその対策についてご紹介する。

ポストコンサル転職を考えている人は、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングに登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

ポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

コンサルの辛さの原因

コンサルの辛さの代表的な原因として以下の3つが考えられる。

1. 周囲とのレベルの差

コンサルファームは高い採用ハードルを突破した人たちが、さらに努力を重ねている環境である。

そのような環境に身を置くと、学校で優秀だった人も前職で評価されていた人も、周囲のレベルについていけないという状況が起こりうる。

高いレベルの人たちが猛烈に働く環境において、一向に差が縮まらないどころか徐々に広がっていき、いつまで経ってもついていけないということで、辛さを感じてしまう人は多い。

2. 心身共にハードワーク

コンサルワークでは、その道で何年、何十年の経験を持つクライアントに対して、価値ある提言を行おうと思ったらどうしてもハードワークが必要になることが多くなる。

また、取り扱うテーマもクライアントにとって重要度が高いものも多く、精神的なプレッシャーも大きい。

実力的についていけていても、心身面でついていけないという人は多い。

心身のハードワークを楽しめる人は良いが、ストレスを受けてしまう人は辛さを感じてしまう。

3. 上位者からの詰め

コンサルタントが辛さを感じる大きな原因の一つとして、上位者からの詰めがある。

詰めの原因としては、「自身の能力不足」と「『詰め』という行為が目的化してしまっている人の存在」があるが、特に後者の場合は自身を改善しても中々抜け出せないため、より一層辛さを感じるだろう。

コンサルには向き不向きがある

現状コンサルで辛いと感じている方は、まず上記で紹介した原因を踏まえて対処方法を検討していくことになるだろう。

しかしながら、人には適性がありコンサルに向いている人もいれば、向いていない人も存在する。

コンサルワークで誰もが充実感を得ながら、高い価値を発揮できるわけでもなければ、ついていけるわけでもない。

以下に該当する人はコンサルに向いてると考えられる。

  • レベルの高い環境に身を置きながら自身との力量の差を楽しめる人
  • 取り扱うテーマの重要度からくるプレッシャーやハードワークを楽しめる人
  • 上位者からの詰めを受け流せる人

もし上記に該当しない場合は辛さが限界に達する前に、コンサルが本当に自分自身が合っているかを点検し、場合によってはキャリアチェンジを行うことをおすすめしたい。

その際は、コンサル/ポストコンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに登録すべきである。

コンサルタントというのは非常にクローズドな業界であり、スキルセットや経験というのが分かりにくい。

そのため、大手総合エージェントなどに登録すると、魅力的な求人に出会えず、自分を安売りしてしまうリスクも存在する。

必ずポストコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを選ぶべきである。

辛さを感じたら早めの行動を

冒頭でもご紹介した通り、辛さという負荷は精神にも肉体にも大きなダメージを与えるため、決して侮ってはいけない。

特に、辛さが限界に達してしまった場合、正常に働ける状態でなくなってしまう可能性がある。

そのような事態が起こってからのキャリアチェンジは、そうでない時のキャリアチェンジと比べて、選択肢がグッと狭まってしまう。

また、転職エージェントへの登録も辛さが限界を迎えそうになってからでは遅い。

辛さが限界を迎えそうになった状態では、求人を精査する余裕もなければ、給与などの条件を交渉する余裕もなくなってしまう。

そもそも、限界を迎えそうになってから限界を迎えるまでの期間に、エージェントに登録して面談を行い、希望の求人が出てくるかどうかも分からない。

そのため、少しでも転職という選択肢がある人は、コンサル/ポストコンサル転職に特化したアクシスコンサルティングに登録すべきである。

コンサルも一言で言っても、出身ファームや経験してきたプロジェクトによって、専門性やスキルセットは大きく異なる。

その時に重要なのが、コンサル業界知識やポストコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントに支援してもらうことである。

エージェントによってはコンサルにも多種多様な専門性やスキルセットがあるということを理解しておらず、的を外した求人を提案してくる人が非常に多い。

仮に最適なエージェントを選ぶことができなければ、最適な求人に出会えないことはもちろん、自分自身を安売りしてしまうリスクも存在する。

筆者の2度のポストコンサル転職の経験を凝縮しているため、間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手総合エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

そもそもポストコンサル転職の経験がない人が書いている記事も散見される。

上記の記事はポストコンサル転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事