ポストコンサルキャリアとして、PEファンドのバリューアップチームや大手事業会社の経営企画といったポジションの人気が根強い。

ベンチャーから見たコンサル人材の魅力

一方で、スタートアップバブルという時代背景も後押しする形で、ベンチャーへの転職人気も急上昇している。

コンサルタントは飽く迄アドバイザーであり、事業執行者として優秀かどうかは別問題であると揶揄されることが多いものの、ベンチャー社長からは強い需要があるのもまた事実である。

そこで、実際にコンサル出身者の採用を拡大中のベンチャー社長に、コンサル出身者を評価する理由についてお聞きした。

ベンチャーへの転職に興味がある方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

その上で、ハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドSamurai Jobリクルートエージェントに登録し、どんな求人があるかを確認してみていただきたい。

1を聞いて10を理解出来る

ベンチャー企業の多くは、一人で数役担わなければいけないような環境であり、事細かにものごとを教えることはできない。

同様にコンサルティングファームにおいても、手取り足取り色んなことを教えてもらえることはない。

基本的に「分からないことがあったら自身で調べる」習慣があること、またある程度ふわっとしたお題を与えられても、それを自身で因数分解した上で確認するという動き方が身についている。

そのため、マネジメントする側としても手取り足取り教えたり、自分で解決したい課題を細かくブレイクダウンする必要がないため、非常にマネジメントが楽とのことである。

コンサルティングファーム出身者は、よく「ビジネス戦闘力が高い」と言われることが、それはどんなお題が来ても、最低限の情報(1聞いて)から状況を適切に整理(10理解)し、アウトプットまで辿り着けるという面が評価されてのことではないだろうか。

経営者視点を持って業務を行える

大手事業会社の場合、日々事業を運営していく上でのオペレーション業務(ルーティンワーク)が当然必要になってくる。

規模が大きくなればなるほど、日々のオペレーション業務は細分化され、その位置づけや目的について見え難くなってしまう。

実際問題、オペレーション業務の位置づけや目的を再考して業務を変えていくというのは、ステークホルダーがあまりにも多く極めてハードルが高いことなので、組織上そうした意識や再考という行為を求められていなかったりする。

一方、コンサルタントは、事業会社のように日々のオペレーション業務がなく、常に自分が向き合っている業務の位置づけと、その目的について問われ続ける。

そのため、「木を見つつも森を見れる」能力が養われており、業務を丸っと任せても、もし何か課題があれば、経営者視点でエスカレーションがあるので、安心して任せられるとのことである。

負荷への耐性が高い

安定していないベンチャー企業において、日々さまざまなトラブルが発生する。

急に顧客から取引を打ち切られることもあるし、時としてハードワークも必要になる。

出資候補先からの出資話がなくなり、資金ショートまでのカウントダウンが始まることもある。

そうした壮絶な事態まではいかなくとも、コンサルタントは常にハードワークを求められる職業であり、かつ、深夜であろうとも上司からの強烈な詰めを受け続ける習慣があるので、精神的にも肉体的にもタフな人が多い。

そのため、一人一人の労働力にレバレッジをかける必要があるベンチャー企業としては、コンサルティングファームで身に着けた高負荷耐性というのは高評価なようだ。

まとめ

本記事では、コンサル出身者がベンチャー経営者から評価される理由についてご紹介した。

但し、ベンチャー社長の中には「コンサル=ただの絵描きで実行できない人」という印象を持っている人も少なくない。

そのため、コンサル出身者がそうしたベンチャーに転職してしまうことはお互いにとって決して良い事ではない。

そうしたリスクを排除するために、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

その上で、ハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドSamurai Jobリクルートエージェントに登録し、コンサル出身を望むベンチャーの求人状況について確認してみていただきたい。

おすすめの記事