総合系コンサルティングファームの歴史・変遷を「中の人」が徹底解説

新卒・中途問わず人気の高い総合系コンサルファームは、実は非常に複雑な変遷を辿っており、いざ面接を受けようとファームのことを調べても、その歴史が良く分からないという方も多いだろう。

本記事では、複雑な総合系コンサルファームの歴史について解説する。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

総合系コンサルファームとは

総合系コンサルファームの比較対象として語られるのが戦略系コンサルファームである。

もともとは、戦略系コンサルファームが上流の戦略策定を中心に手掛け、総合系コンサルファームが実行支援を中心に手掛けるといった棲み分けがあったが、現在は戦略系も総合系も展開するサービスの幅が均一化しており、現状を表した呼び名ではなくなってきてはいる。

代表的な総合系コンサルティングファームとしては、以下のファームが挙げられる。

アクセンチュア / デロイト / PwC / KPMG / EY / アビーム / IBM / クニエ

アクセンチュア / KPMG / PwC / IBMの歴史

accenture-kpmg-pwc-ibm

まず、非常に入り組んだ再編が行われてきた現アクセンチュア、KPMG、PwC、IBMの歴史について紹介する。

かつてBIG5と呼ばれていた会計事務所を出自としたファームは、アーサー・アンダーセンが監査とコンサルティングを提供していたエンロンの会計粉飾に関与した事件をきっかけに、会計事務所によるコンサルティング業務の提供に規制が設けられ、それに伴う再編が行われた。

▼歴史の小ネタ

  • アクセンチュアは、アンダーセンブランドの使用禁止を受けて、社内公募により「accent」と「future」の造語である「accenture」に社名を変更した
  • PwCコンサルタントは、「Monday」という企業名に変更して上場準備を進めていたものの、直前でIBMに買収された

また、以下については内部再編のため上記図からは省略した。

▼KPMGの内部再編

  • 2011年にKPMGマネジメントコンサルティングを設立、2012年にKPMGビジネスアドバイザリーを設立後、2014年に両社を統合してKPMGコンサルティングに社名変更している

▼PwCの内部再編

  • 2010年にPwCアドバイザリー株式会社、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社、プライスウォーターハウスクーパースHRS株式会社を統合し、プライスウォーターハウスクーパース株式会社に社名変更
  • その後、2016年にプライスウォーターハウスクーパース株式会社のコンサルティング部門、Strategy&、プライスウォーターハウスクーパースPRTMマネジメントコンサルタンツジャパンを統合し、PwCコンサルティング合同会社に社名変更

デロイト / アビームの歴史

deloitte-abeamconsul

また、デロイトの歴史については社名なども相まって非常に分かりずらくなっている。

かつてのデロイトトーマツコンサルティングは現在のアビームコンサルティングであり、現在のデロイトトーマツコンサルティングはかつてトーマツコンサルティングという企業名であったという、これまたややこしい社名変更の歴史が存在するのだ。

▼歴史の小ネタ

  • アビームコンサルティングは、デロイトグループが独立する際に、デロイトコンサルティングから台湾オフィスを買収している
  • アビームコンサルティングの戦略立案・M&Aアドバイザリー部門がマーバルパートナーズとして分離・独立した後、最終的にPwCに買収されている

EY / キャップジェミニ /クニエの歴史

ey-capgemini-nttdata

総合系コンサルファームの変遷の歴史の中で、登場人物として外資系が多い中、NTTデータはEYやキャップジェミニを出自とするファームを買収し、そのプレゼンスを向上している。

また、以下については内部再編のため上記図からは省略した。

▼EYの内部再編

  • 2010年にEYアドバイザリー株式会社を設立後、2017年にEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社に社名変更している。

総合コンサルに限らず「人」単位では再編級の動きもある

ここまで会社全体としての分離や買収・売却といった大きな動きをご紹介した。

しかしコンサル業界では「会社」単位ではなく、「人」単位で再編級の動きも多々ある。(「人」単位であるためニュースにもならない)

例えば、以下のようなものがあげられる。

  • 戦略コンサルファームから総合コンサルファームの戦略部門立ち上げ/強化にあたりチームごと移籍
  • 総合コンサルファームのデジタルチームが戦略コンサルファームにチームごと移籍
  • 総合コンサルファームのパートナー、マネージャー陣が他総合ファームに複数人移籍

コンサル業界への転職を検討する上では、こうした「人」単位での動きもしっかり捉えておかないと、いざ入社したファームの競争力がなく思ったような仕事ができないというリスクもある。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 662 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事