総合系コンサルティングファームの歴史・変遷を「中の人」が徹底解説

新卒・中途問わず人気の高い総合系コンサルファームは、実は非常に複雑な変遷を辿っており、いざ面接を受けようとファームのことを調べても、その歴史が良く分からないという方も多いだろう。

本記事では、複雑な総合系コンサルファームの歴史について解説する。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

総合系コンサルファームとは

総合系コンサルファームの比較対象として語られるのが戦略系コンサルファームである。

もともとは、戦略系コンサルファームが上流の戦略策定を中心に手掛け、総合系コンサルファームが実行支援を中心に手掛けるといった棲み分けがあったが、現在は戦略系も総合系も展開するサービスの幅が均一化しており、現状を表した呼び名ではなくなってきてはいる。

代表的な総合系コンサルティングファームとしては、以下のファームが挙げられる。

アクセンチュア / デロイト / PwC / KPMG / EY / アビーム / IBM / クニエ

アクセンチュア / KPMG / PwC / IBMの歴史

accenture-kpmg-pwc-ibm

まず、非常に入り組んだ再編が行われてきた現アクセンチュア、KPMG、PwC、IBMの歴史について紹介する。

かつてBIG5と呼ばれていた会計事務所を出自としたファームは、アーサー・アンダーセンが監査とコンサルティングを提供していたエンロンの会計粉飾に関与した事件をきっかけに、会計事務所によるコンサルティング業務の提供に規制が設けられ、それに伴う再編が行われた。

▼歴史の小ネタ

  • アクセンチュアは、アンダーセンブランドの使用禁止を受けて、社内公募により「accent」と「future」の造語である「accenture」に社名を変更した
  • PwCコンサルタントは、「Monday」という企業名に変更して上場準備を進めていたものの、直前でIBMに買収された

また、以下については内部再編のため上記図からは省略した。

▼KPMGの内部再編

  • 2011年にKPMGマネジメントコンサルティングを設立、2012年にKPMGビジネスアドバイザリーを設立後、2014年に両社を統合してKPMGコンサルティングに社名変更している

▼PwCの内部再編

  • 2010年にPwCアドバイザリー株式会社、プライスウォーターハウスクーパースコンサルタント株式会社、プライスウォーターハウスクーパースHRS株式会社を統合し、プライスウォーターハウスクーパース株式会社に社名変更
  • その後、2016年にプライスウォーターハウスクーパース株式会社のコンサルティング部門、Strategy&、プライスウォーターハウスクーパースPRTMマネジメントコンサルタンツジャパンを統合し、PwCコンサルティング合同会社に社名変更

デロイト / アビームの歴史

deloitte-abeamconsul

また、デロイトの歴史については社名なども相まって非常に分かりずらくなっている。

かつてのデロイトトーマツコンサルティングは現在のアビームコンサルティングであり、現在のデロイトトーマツコンサルティングはかつてトーマツコンサルティングという企業名であったという、これまたややこしい社名変更の歴史が存在するのだ。

▼歴史の小ネタ

  • アビームコンサルティングは、デロイトグループが独立する際に、デロイトコンサルティングから台湾オフィスを買収している
  • アビームコンサルティングの戦略立案・M&Aアドバイザリー部門がマーバルパートナーズとして分離・独立した後、最終的にPwCに買収されている

EY / キャップジェミニ /クニエの歴史

ey-capgemini-nttdata

総合系コンサルファームの変遷の歴史の中で、登場人物として外資系が多い中、NTTデータはEYやキャップジェミニを出自とするファームを買収し、そのプレゼンスを向上している。

また、以下については内部再編のため上記図からは省略した。

▼EYの内部再編

  • 2010年にEYアドバイザリー株式会社を設立後、2017年にEYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社に社名変更している。

総合コンサルに限らず「人」単位では再編級の動きもある

ここまで会社全体としての分離や買収・売却といった大きな動きをご紹介した。

しかしコンサル業界では「会社」単位ではなく、「人」単位で再編級の動きも多々ある。(「人」単位であるためニュースにもならない)

例えば、以下のようなものがあげられる。

  • 戦略コンサルファームから総合コンサルファームの戦略部門立ち上げ/強化にあたりチームごと移籍
  • 総合コンサルファームのデジタルチームが戦略コンサルファームにチームごと移籍
  • 総合コンサルファームのパートナー、マネージャー陣が他総合ファームに複数人移籍

コンサル業界への転職を検討する上では、こうした「人」単位での動きもしっかり捉えておかないと、いざ入社したファームの競争力がなく思ったような仕事ができないというリスクもある。

コンサル転職でおすすめのエージェント

上記のように、総合系コンサルファームは様々な再編の歴史の結果、現在に至っている。

その他にも、DeloitteによるMonitor Groupの買収、PwCによるBooz and Company(現Strategy&)の買収など、戦略ファームを交えて再編も行われている。

そうした幾つもの再編が行われているコンサルティング業界においては、各ファームの強み弱みやサービス内容を正確に把握するのは非常に難しい。実際問題各ファームの強み弱みやサービス内容を正確に把握していないエージェントも存在する。

そのため、"絶対に"コンサル転職に知見と実績を兼ね備えたエージェントを選ぶ必要がある。具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

axis-consulting

おすすめ度:★★★★★

アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

コンサル転職を成功したい人には、アクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

fig1-4

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

fig1-4

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

consul-tenshoku

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事