KPMG FAS転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

世界的にサービスを展開する4大監査事務所の一角であるKPMGにてファイナンシャルアドバイザリーサービスを担うのが、KPMG FASである。

本記事ではそんなKPMG FASの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元KPMG FAS社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • KPMG FASの中途難易度
  • KPMG FASの選考フロー~面接内容
  • KPMG FASへの転職を成功させるためにやるべきこと

KPMG FASを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

KPMG FASとは

株式会社KPMG FASは、KPMGグループの1つであり、国内のクライアントに対して、経営戦略、M&A、事業再生(リストラクチャリング)、不正・不祥事(フォレンジック)などを中心としたサービスを展開しているコンサルティングファームである。

KPMGグループにおいて、特にM&A領域のサービスに特化した組織となっており、具体的には、企業戦略の策定、トランザクション(M&A、事業再編、企業再生等)、M&A後のPMIなど、M&A関連の領域を総合的に支援している。

また、国内の事務所としては、東京本社に加えて、名古屋、大阪、福岡に拠点を持っており、全国にいるクライアントを幅広く支援することで、存在感を高めている。

会社名 株式会社 KPMG FAS
英語表記 KPMG FAS Co., Ltd.
従業員数 898人(2023年10月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区大手町
公式HP https://kpmg.com/jp/ja/home.html

KPMG FASの強み・特徴

KPMGグループのグループ会社として、M&Aを中心としたコンサルサービスを展開するKPMG FASだが、他の監査法人・コンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役KPMG FAS社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

幅広いサービス範囲

KPMG FASの強み・特徴の1つ目は、何と言っても幅広いサービス範囲と言えるだろう。

例えば、M&A領域においては、投資銀行や証券会社はM&Aの成立(契約の締結・支払の完了)が主なサービス範囲となるが、KPMG FASは「M&A戦略の構築から実行、そして、M&A後のPMI」に至るまでを一気通貫で支援できることが特徴となっている。

また、それだけでなく、対象のクライアントの業界も幅広い。

具体的には、自動車、化学、消費財・リテール、エネルギー、金融、製造、ヘルスケア・ライフサイエンス、ホテル・レジャー、不動産・インフラ、プライベート・エクイティー、テレコム・メディア・テクノロジー等が対象の業界となっている。

このように様々な業界のクライアントに対して、裾野が広いサービスを提供できることがKPMG FASの大きな強みとなっているのだ。

従業員の人員規模が大きいと言う理由がありますが、特に、得意としている業界や領域が異なる専門家が多く在籍していることが大きい理由だと感じています。そして、そういった方々が協力し合うことで、他社には提供できない質と規模感のサービスを提供できていると思います。

現役KPMG FAS社員A氏

国内外における高いプレゼンス

KPMG FASは国内外において、認知度・存在感が高く、他社に負けないブランド力を築き上げている。

例えば、大手メディア企業であるトムソン・ロイターが調査したM&Aアドバイザリーにおけるマーケットプレゼンスの世界ランキング(2021年度)では第2位を獲得、国内ランキングでは第4位を獲得している。

特に、国内ランキングではBIG4の中で最も上位にランク入りしており、その存在感の高さが見受けられる。

現場の社員に話を聞いてみると、やはり日頃からの努力の積み重ねが、今に至っているようだ。

普段からクライアントワークを一生懸命こなしているメンバーの頑張りのおかげだと思いますね。いくら、その時に存在感・認知度が高かったとしても、成果物等の品質が落ちれば、一気にその地位は落ちます。しかし、近年でもなお、プレゼンスが高いのは、現場の仕事ぶりに対してクライアントから良い評価をいただいている証拠だと感じますね。

現役KPMG FAS社員B氏

ESG関連サービスに強み

KPMGはグループとしてESG関連のサービスを注力しており、KPMG FASも同様に力を入れている。

KPMG FASは、経営戦略、M&A、事業再生(リストラクチャリング)、不正・不祥事(フォレンジック)などを得意領域としているため、具体的なESG関連のサービスとしては、ESG方針策定/事業戦略、気候変動リスク対応/脱炭素化、社会課題/人権対応、ガバナンス/リスク管理などがあげられる。

また、KPMG FASの多くの社員が、ESG領域に積極的に関与することを後押しするために、2022年にFAS Community Impact(FCI)チームを設立する等、ESG関連の取り組みを進めている。

このように、現状のサービス領域に甘んじることなく、新しい領域へのサービス展開を積極的に実施していることが、同社の強みとなっているだろう。

ESGに関する活動自体は10年ほど前から取り組んでいたこともあり、競合他社に比べて知見をたくさん持っている自負があります。最近ではクライアントもESGに関心を寄せていますし、今後は、案件も増えていくと思いますね。

現役KPMG FAS社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

KPMG FASの中途選考フロー

KPMG FASの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接(二次面接も実施の可能性あり)
  3. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2.5ヶ月を要する。

以下ではKPMG FASの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

KPMG FASの書類選考・志望動機

KPMG FASへの転職の第一歩は書類選考である。

KPMG FASの書類選考の形式としては、希望の部門を明記の上、履歴書(日本語・英語ともに可)、職務経歴書(日本語・英語ともに可)、および、志望動機書(A4用紙1枚程度、日本語・英語ともに可)を郵送、もしくは、電子メールで送付することになっている。

書類選考については、特に、志望動機書が注視される。

例として、実際にKPMG FASへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現職は複数のグループ会社を抱えるホールディングスの持ち株会社の経営企画として、グループ会社どうしのシナジーや、グループ拡大に向けたM&Aの検討などを担当している。キャリアの中でM&Aの知識・経験を更に養いたいと考え、その中で、M&A領域で存在感が大きく、サービスの品質や働いている従業員に定評があるKPMG FASへの応募を希望する。入社することで、自分自身の価値を上げるだけでなく、事業会社出身者という経験をクライアントワークに活用していきたいと考えている。

KPMG FAS転職成功者Dさんの志望動機

現在、投資銀行で働いているが、自分自身の担当範囲、つまり、キャリアの幅を更に広げたいと感じ、M&Aや事業再生等において幅広い領域を手掛けているKPMG FASへの応募に至った。入社後は今までの経験をクライアントワークに活かしつつ、積極的に新しい領域をチャレンジしていきたいと考えている。

KPMG FAS転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

KPMG FASの中途面接

ここではKPMG FASにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:マネージャー、もしくは、シニアマネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

KPMG FASの一次面接では、マネージャー、もしくは、シニアマネージャーが面接担当者となり、質問内容としては応募書類の確認がメインになる。

面接では現職の業務内容、および、志望動機を詳細に聞く形式が多く、応募者には細かな説明が求められる。

更に、第二新卒、M&A等の関連業務の未経験者、コンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がシニアマネージャー、もしくは、ディレクターになる)二次面接も用意されることがある。

高圧的な質問が来ることはありませんが、コンサルタントらしく「なぜ?」という質問が多いです。論理的に説明できるような準備をしておくことが重要になると思います。

KPMG FAS転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:マネージングディレクター、もしくは、パートナー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、入社後の貢献度合い

KPMG FASの最終面接では、マネージングディレクター、もしくは、パートナーが面接担当者となる。

基本的には、一次面接と同様の質問が多いが、最終面接では入社後の貢献度合いについての質問も出てくる。

「入社した場合、どのような貢献ができるのか?、そのように考えるのはなぜか?」といった形で貢献できそうなことと、その理由を問うことが多いため、応募者は自分自身のスキル・経験がKPMG FASにどのように活かせるか、を説明できるようにしよう。

パートナーといっても様々な人がいるので、面接のスタイルも異なります。その中でも、質問に対してしっかりと応えることを念頭にしておきましょう。その点がズレなければ、大きな問題とはなりません。

KPMG FAS転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

KPMG FASの転職難易度

ここではKPMG FASへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

KPMG FASは、「年収水準が高い、様々な経験を積める、キャリアとしての拍が付く 等」、転職を検討する社会人にとって様々な魅力を兼ね備えている会社であるため、多くの社会人が応募している。

一方で、募集職種は複数あるが、決して多いわけではないため、相対的に転職難易度は高くなっている。

M&Aや事業再生等を仕事にしている人にとっては、認知度が高いため、「採用」という椅子に対して、応募者が多い印象ですね。人気が高い企業には、応募者が多いことは、ある程度、必然かと。

KPMG FAS転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が相対的に高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いKPMG FASへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いKPMG FASの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、KPMG FASが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、KPMG FASが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 経営戦略、M&A、事業再生、フォレンジック等の関連業務の経験を有する人材
  • 課題認識能力や仮説設定能力を有する人材
  • 社会や企業の課題解決を推進することへの情熱を持つ人材
  • 課題解決に向けて社内外のステークホルダーを巻き込める人材
  • DXやESG等、自分が知らない知識・トレンドに対しても積極的に知識を得ようとする人材

KPMG FASへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、KPMG FASに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

KPMG FASへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

KPMG FASの分析

まず、抑えておきたいのが、KPMG FASの分析である。

選考を突破するためには、「KPMG FASの事業としての特徴は何か、他のコンサルティングファーム・投資銀行等と何が違うのか」、「KPMG FASに共感した点は何か、魅力に感じる点はどこか」等、志望動機につながる内容を調査・分析することが重要となる。

様々な取り組み、事業を進めている同社だけあって、分析対象は多いが、キャリアにおいても頻繁に起こることではないため、「良い経験」だとみなして、取り組むことをオススメする。

KPMG FASは様々な魅力がある企業だと思うので、自分なりに共感したポイントを分かりやすく、採用担当者に伝えるようにしましょう。正解がないことですので、論理的に説明できればOKです。

KPMG FAS転職成功者Dさん

自分自身のスキル・経験の整理

KPMG FASが中途応募者に対しては、即戦力とみなすため、どのようなスキル・経験を持っているのか、を注視する。

そのため、自分自身のスキル・経験を事前に棚卸し、説明できるように整理しておくことが求められる。

特に、経営戦略、M&A、事業再生、不正・不祥事等の領域に関連する業務経験があれば、必ずアピールできるようにしておこう。

自分自身のスキル・経験は、KPMG FASで求められるスキル・経験に応じたものを説明するようにしましょう。特に求められていないスキル・経験を説明しても、良いアピールにはならないので、「何が求められているのか」を念頭にスキル・経験を整理しましょう。

KPMG FAS転職成功者Eさん

面接対策

3つ目は、面接対策である。

KPMG FASではWebテストが無い分、面接を重視する傾向にある。

面接担当者は、現場のマネージャー陣だけでなく、経営陣のパートナーも出てくるため、まさに「社員全員が応募者を選定する」姿勢を取っている。

そのような状況の中での面接であるため、事前の質疑応答のシミュレーションや、自己紹介で話すこと等を、怠らないことが重要になる。

全ての面接において、面接担当者は慎重に応募者を見極めます。それくらい、人材獲得を大切にしているという表れですから、面接を受ける側としても、全力で取り組むことをオススメします。

KPMG FAS転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

KPMG FASへの転職の魅力

ここでは、KPMG FASの現役社員の声を参考にしながら、KPMG FASに転職する魅力について改めて整理する。

年収が高い

KPMG FASはコンサル業界の中でも年収水準が高いため、魅力と感じている社会人も多い。

もちろん、その分、仕事の品質に対しては厳しく、時には忙しい日々を過ごすことになるが、成果を出せばそれ相応の賞与、および、昇給・昇格が待っている。

やはり、年収水準が高いことは、多くの転職検討者にとって、同社を転職先として選ぶことのきっかけになっているようだ。

私自身、高い年収が入社を決めた理由の1つになっていますし、同様の理由を持つ社員も多いです。また、入社後も年収がグングン上がっていった社員も多いですし、ある意味、夢のある職場だと言えます。(笑)

KPMG FAS転職成功者Gさん

多様性を重視する職場環境

年齢・性別問わず、全ての社員が心身ともにベストパフォーマンスを発揮できるための仕組みが整っている点も、KPMG FASの魅力となっている。

時短勤務、リモートワーク、研修といったキャリアプログラム等が用意されているだけでなく、社内コミュニティやイベント等で各社員の働き方や仕事に対する考えを共有し、改善に向けて検討する機会も用意されている。

また、各社員のバッググランドに合わせた働き方をチームで認め合い、推奨する文化が構築されている点も、多様性溢れる職場環境が形成されている要因となっているようだ。

社内には本当に様々な働き方をしている人がたくさんいます。また、それに対して、誰も文句を言いません。「仕事に支障が出なければ良い」という考えが全員に浸透しているからだと思いますね。

KPMG FAS転職成功者Hさん

速く成長できる

意欲次第で、スピード感を持って成長できる点は、転職を検討する上で重要な要因となるだろう。

KPMG FASは年次等関係無く、意欲があればチャンスを貰える文化があり、メンバーレベルでもクライアントと直接議論し、リードしていくことも可能である。

また、そこで成果を出せば、年齢・性別等関係無く、昇給・昇格を果たせるため、更に活躍・成長できるという好循環が生まれやすくなっている。

そのような点を魅力と感じ、成長意欲が高い多くの社会人が転職にチャレンジしているとのことである。

KPMG FASでは競合他社だと2~3年かけて経験することを、1年で経験することだってできます。クライアントの業界や、サービス領域も多様なので、色んなことをチャレンジしたい人にとっては、非常に魅力的だと言えます。

KPMG FAS転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 743 times, 2 visit(s) today
おすすめの記事