総合コンサルとは?仕事内容・ランキング・年収・激務の実態を解説

近年、採用規模の拡大と共に人気を上げているのが、総合コンサルファームである。本記事ではそんな総合コンサルの仕事内容やランキング、リアルな実態について徹底解説していく。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

総合コンサルとは

デロイト_特徴

上記は総合コンサルファームであるデロイトトーマツコンサルティングのサービスラインである。総合コンサルは上記のように戦略、M&A、マーケティング、人事/組織、ITなど幅広いサービスラインを総合的に提供できるコンサルファームのことを指す。

ただし、「総合的に提供できる」の主語はコンサルファームであり、コンサルタントではないという点は注意が必要である。よく総合コンサルの志望動機として「一気通貫でクライアントを支援できる」ということが挙げられるが、一気通貫で支援できるのはあくまでファームであり、いちコンサルタントは何らかのサービスラインのみを提供することになる。

総合コンサルには戦略コンサルタントもいれば、ITコンサルタント、人事コンサルタントなど、様々な専門性を持つコンサルタントが在籍している。自分自身はあくまで一つの領域のみコンサルタントとしてクライアントを支援していくことになる。

総合コンサルの仕事内容

上記のように総合コンサルは幅広いサービスラインを持ち、それぞれに紐付くコンサルタントが在籍しているため、一言に総合コンサルの仕事内容を語ることはできない。

よく「総合コンサル出身者は〇〇、戦略コンサル出身者は〇〇」と語られることも多いが、こと総合コンサルに関してはあまりにも主語が大きく一塊で語ることはできない。例えば総合コンサルの中には、戦略ファームと同様の仕事内容の人もいれば(実際に戦略ファーム出身者も多数在籍)、SIerと同様の仕事内容の人もいる。

一つ言えることは同じ総合コンサルファームに所属していても、どのようなプロジェクト(=サービスライン)にアサインされていくかで経験も身に付くスキルも大きく変わってくるということである。

そのため、「とりあえずコンサル」から脱却して、どのようなキャリアを築いていきたいかを明確にした上で、能動的にアサインを勝ち取っていく必要がある。

総合コンサルの仕事内容をリアルにイメージするためにも「総合コンサルファームの歩き方」というnoteについてもぜひご一読することをおすすめしたい。著書は新卒でBIG4コンサルに入社して、最短でシニアコンサル・アソシエイトに昇進した経歴を持つ。

そんな著者が何を考え、どのようにコンサルファームで過ごし方についてリアルに書かれているおすすめのnoteである。

総合コンサルファームランキング

現役コンサルからの評価ランキング

コンサルティング_経営コンサル編

上記は、米国のVault.comが現役コンサルタント数千名の回答を基に「Management Consulting」分野のランキングとして公表しているものである。Vault.comの調査では現役コンサルタントが自分が所属するファームを除き、最大で3票投票することができる。

平たく言うと、現役コンサルから見て「ここのコンサルは良い」と思った投票の集計であり、信頼性の高いランキングとなっている。1点注意すべきはあくまでグローバルで見たランキングであり、日本国内で見るとまた違ったランキングになる可能性が高いという点である。

売上高ランキング

コンサルランキング_売上高

上記は、Consulting.comが開示しているコンサルファーム売上高ランキング(2019年)のうち、日本国内でも知名度の高いファームを抽出したものである。Consulting.comも「100%の精度の完全な数値の算出は不可能」としつつも、各種レポートなどを踏まえてaccounting servicesやtechnology infrastructure、cloud servicesなどの売上を除外して「コンサルティング売上」を算出している。

売上高で見ると総合コンサルファームの業界内での存在感が分かる。特に戦略コンサルファームとの比較で言うと、トップのアクセンチュアはマッキンゼーやBCGの3倍程度の売上高となっている。

その他、BIG4と呼ばれる(Deloitte、PwC、EY、KPMG)もマッキンゼーやBCGの2倍程度のコンサル売上がある状況である。

満足度ランキング

上記は主要総合コンサルファームについて、openworkにおける総合満足度をランキングにしたものである。総合満足度には、「待遇」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代の成長環境」「人材の長期育成」「法令順守の姿勢」「人事評価の適正感」が含まれている。

ランキングを見ていくとアビーム、アクセンチュア、デロイトのトップ3が抜け出している状況である。特にアビームやアクセンチュアについて働き方が業界トップクラスに進んでいることもあり、その点が反映された結果のようである。

一方、KPMGやEYのランキング下位2社は他ファームと差を付けられている。両社の共通点としては、まだ他総合コンサルファームと比較して設立が若く、実際に中の人の話を聞いても「ファームとしての方針、ルールがコロコロ変わる」「いろんな人材のミックスで文化がない」といった声が挙がっている。

▼おすすめの転職エージェント

総合コンサルの年収水準

コンサル年収比較

上記は「戦略ファーム」「グローバル総合ファーム」「日系総合ファーム」「シンクタンク系」というカテゴリ別のタイトル別目安年収である。厳密にはタイトル内でも年収レンジがあり、かつ上記カテゴリの中でも年収差はあるものの、概略を掴む上の参考情報として見て頂きたい。

コンサルファーム内では年収は「ランク(=役職)」と「評価」によって決まってくると説明したが、コンサルファーム間を見ると、やはり戦略ファームが頭一つ抜け出している状態である。グローバル総合ファームも一時は「打倒戦略ファーム」を掲げて年収水準を引き上げていたというが、それでも現状の差が生まれている。

総合コンサルの場合は「コンサルタント」で650万円程度、「シニアコンサルタント」で850万円程度、「マネージャー」で1250万円程度となっている。(現状は総合コンサル各社の業績が絶好調であり年収も右肩上がりとなっている)

総合コンサルファームの激務の実態

コンサルファーム残業時間ランキング

上記ランキングは主要コンサルファームの月間残業時間に基づいて作成している。(出典:openwork)

各ファームの略称:
RB:ローランド・ベルガー、ADL:アーサー・D・リトル、Mck:マッキンゼー、DI:ドリームインキュベータ、CDI:コーポレイトディレクション、BCG:ボストンコンサルティング、ATK:A.T. カーニー、DTC:デロイト、Bain:ベイン、AC:アクセンチュア、AB:アビーム

激務ランキングを見ると総合コンサルファーム(グラフの灰色)の激務度は比較的低いと言える。

1位~9位の中で総合ファームはデロイトの1社のみであり、他は月60時間以下の残業時間となっている。総合ファームの中で唯一戦略ファームと並んでいるデロイトについては、総合ファームの中でも戦略案件比率が高いと言われており、その影響もあると考えられる。

総合ファームは働き方改革に力を入れているファームも多く、比較的ホワイトになりつつあると言われている。(一方でマネージャーなどに負荷が偏っているだけという声もある)

特に激務ランキングで下の方となっているアクセンチュアやアビームコンサルティングについては、積極的に働き方改革を行っていることで業界内でも有名である。

総合コンサルファームのネガティブな評判

総合コンサルファームにはネガティブな評判が存在する。総合コンサルファームへの転職を考えるのであればぜひその点についても把握しておきたい。

総合コンサルファームのネガティブな評判

1. 採用拡大に伴う質の低下

近年、クライアントニーズの多様化/拡大に伴い、総合コンサルファームは採用規模を急拡大している。人材の質を保ちながら規模を急拡大していくことは不可能に近く、どうしても人材の質は落ちざるを得ない。

優秀な人材と働きたい、チームとしてアウトプットの価値を最大化したいという想いを持つコンサルタントが多いため、人材の質が落ちることへの抵抗感から悪評が立ってしまっているようだ。

2. 入社前後のネガティブなギャップの大きさ

前述の通り、近年はクライアントニーズの多様化に伴い様々な業務が存在する。今でも根強い人気がある戦略案件は総合コンサルファーム全体から見れば一部に過ぎず、業務整理やSAP/Salesforceの導入支援など決して人気があるとは言えない業務の方が多いファームも存在する。

また、人材の採用を急拡大していることもあり育成体制も整備されていない状況がある。

一方、総合コンサルファームは戦略案件や、育成体制の充実を前面に押し出して採用活動を行うことも多く、いざ入社するとそのギャップにネガティブな印象を持ってしまう人も多いようだ。

3. 希望しないアサインの多さ

取り扱う案件が多種多様にあり、かつそれが入社前後でネガティブなギャップがあるとなると、アサイン自体も希望に沿わないことも多い。短期的に希望に沿わないアサインがあることはまだしも、案件内容によっては長期的な案件も多く、希望しない案件に長期間従事することが求められるケースもある。

また、希望に沿わない案件を抜けても、必ずしも希望に沿う案件にアサインしてもらえないという点も、悪評が立つ理由の一つである。

それでも総合コンサルファームが魅力的な理由

一方で、筆者としては総合コンサルファームは魅力的な選択肢であると考えている。

1. まだまだ優秀な人材が多い

採用規模の拡大に伴い人材の質が低下しているとは言え、総合コンサルファームにまだまだ優秀な人材が多いのもまた事実である。採用ハードルがこれまでよりも下がっている今は、そうした優秀な人材と一緒に働き自身のスキルセットを向上させる大きなチャンスと言える。

2. コンサル業界内での影響力が拡大

採用規模の拡大の背景には業績の拡大がある。

また、サービスラインの拡充に伴いよりクライアントに入り込むことで、対他コンサルファームにおいて競争優位性を拡大している。少し前の話にはなるが、DeloitteによるMonitor Groupの買収、PwCによるStrategy&(旧ブーズ・アンド・カンパニー)の買収など、総合コンサルファームが戦略コンサルファームを買収するといった事例も出てきている。

また、アクセンチュアやDeloitteは最先端な取り組みを行っており、コンサル業界の中でも一目置かれて戦略ファームでもベンチマークしているファームも存在する。そうした業界内での影響力を拡大している点も、総合系コンサルファームの魅力である。

3. 取扱いテーマが幅広いが故にキャリアチェンジが可能

前述の通り、総合コンサルファームは多種多様な案件を取り扱っている。そのため、現在のキャリアに行き止まりを感じた場合などは、転職活動を行わずしてファーム内でキャリアチェンジを行うことができる。

仮に、キャリアチェンジした先が想定と違った場合は、再度元の場所に戻るといったことも簡単に可能であり、ファーム内でのキャリアチェンジだからこその魅力である。

BIG4コンサルのリアルな実態を解説した「BIG4コンサルというキャリアを考える」というnoteは非常に参考になるため、ぜひご一読することをおすすめしたい。

また、総合コンサルファームにおけるリアルなキャリア戦略や、能動的にアサインを獲得する方法を知りたい人は、「総合コンサルファームの歩き方」というnoteについてもぜひご一読することをおすすめしたい。著書は新卒でBIG4コンサルに入社して、最短でシニアコンサル・アソシエイトに昇進した経歴を持つ。

そんな著者が何を考え、どのようにコンサルファームで過ごし方についてリアルに書かれているおすすめのnoteである。

総合コンサルへの転職でおすすめのエージェント

総合コンサルファームは幅広いテーマを取り扱っていることから、一言に総合コンサルファームと言っても、様々なチームやポジションが存在する。特に現在のコンサル業界では「どのファームに入るか」以上に「どのチームで、どのようなテーマのプロジェクトを手掛けるか」の方が重要になっている。

チームレベルの情報については全てのエージェントが持っているというわけではない。なぜなら、大手総合エージェントになると幅広い求人を扱っている一方で、どうしても一つ一つの業界や企業の情報は薄くなってしまう。

そのため、コンサル転職を目指すのであれば、必ずコンサル転職に支援実績が豊富なエージェントを必ず選ぶ必要がある。具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

おすすめ度:★★★★★

アクシスコンサルティングはコンサル/ポストコンサル転職に特化したエージェントである。特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、アクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

嘘のような話だが、コンサル転職支援ができると謳っているエージェントでも、コンサル業界に関して表面的な知識しか持ち合わせていないケースが散見される。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事