フューチャーアーキテクトに転職!年収・評判・激務の実態を解説

30年以上の歴史を誇るフューチャーアーキテクトは、日本で最も古くから存在する老舗ITコンサルとして非常に権威のあるファームである。

本記事では、そんなフューチャーアーキテクトの年収や現役社員からのリアルな評判、激務の実態を徹底解説していく。

フューチャーアーキテクトへの転職徹底解説

ITコンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

フューチャーアーキテクトの年収

フューチャーアーキテクト_役職別年収

上記はフューチャーアーキテクトの役職別・年次別の目安年収である。

年収水準は「Sier < 国内ITコンサル = フューチャーアーキテクト < 外資系ITコンサル」という構図になっている。

フューチャーアーキテクトは基本的に年功序列で昇進していく文化のため、同じ年次の中でそこまで年収差は生まれないが、評価によって多少の年収変動がある。

そのため、フューチャーアーキテクトへの転職は「フューチャーアーキテクトを経てキャリアアップを目指す」「年収面よりもやりがいや働きやすさを重視する」と言った人におすすめである。

▼おすすめの転職エージェント

フューチャーアーキテクトのリアルな評判

実際にフューチャーアーキテクトに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。

ポジティブ/ネガティブの両面の評判が挙がったが、まとめるとフューチャーアーキテクトの評判は高いと言える。

▼フューチャーアーキテクトのポジティブな評判

  • 成長意欲の高い社員同士が支え合い、風通しの良い労働環境である
  • ここで身につけたスキルは、他社でも通用するため、会社のブランド力に頼らず個人としての実力がつく
  • 裁量労働制のおかげで融通が利き、まとまった休暇も確保できる

    上記の通りフューチャーアーキテクトには成長意欲の高い社員が多い。

    さらにその社員同士で意見をぶつけ合い、切磋琢磨できる成長環境が整っているという点でポジティブな評判が目立った。

    また会社の看板としての力ではなく、個人のレベルアップも図れるため、自身の市場価値の向上にも直結する。

    そのため、フューチャーアーキテクト出身者は転職市場においても市場価値が高いという点もポジティブな評判に繋がっている。

    上記の成長環境に加えて休暇も取得しやすいく、仕事にやりがいを持ちながらも、プライベートも充実できる環境となっており、総合的な評判は非常に高い。

    ▼フューチャーアーキテクトのネガティブな評判

    • チームワークが良いが、時として干渉されすぎていると感じる
    • 大企業がメインクライアントであるため、ある程度型にはまった仕事しかできない
    • 意識が高い社員が多く、成果最優先で動いているためその勢いについていけない

      一方、フューチャーアーキテクトのネガティブな評判としては、チームワークや風通しが良い一方で、時折他のメンバーに干渉されすぎる点が目立った。

      また歴史が長く安定感があるフューチャーアーキテクトでは、メインクライアントのほとんどが大手企業である。

      そのため、ある程度仕事の基盤や進め方が決まっており、ゼロから自分で仕事を作り上げたいと思う野心が強い社員は、少々物足りなさを感じているという実態もあるようだ。

      こうしたリアルな評判も踏まえながら転職活動を進めたい人は、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

      ▼おすすめの転職エージェント

      フューチャーアーキテクトの激務の実態

      たびたび激務の噂が出るフューチャーアーキテクトだが、実態としては激務レベルは業界平均であると言える。

      • 会社用携帯が支給されており、土日でも連絡が来れば対応する必要がある
      • 成果を求める社員が多いため、必然的に長時間労働が当たり前の空気になっている
      • プロジェクトによっては休日出勤を求められる場合もある

        フューチャーアーキテクトはITコンサルファームである以上、クライアントへの提供価値が第一であり、必然的に労働時間が長く、平日の帰りが遅かったり休日対応も求められるのが実態である。

        また仕事に対しての意識が高く、多くの社員が成果にこだわるせいか、「仕事時間が長い人=が正しい」という文化があるという。

        とは言え、こうした文化はほとんどのコンサルファームに共通することである。

        フューチャーアーキテクトでは、仕事内容や年収面で満足度が高い社員が多く、激務でも特に気にせずに働いている人が多い印象である。

        こうしたリアルな評判も踏まえながら転職活動を進めたい人は、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

        ▼おすすめの転職エージェント

        フューチャーアーキテクトの転職難易度

        結論から言うと、フューチャーアーキテクトの転職難易度は業界の中でも比較的高いと言える。

        • 採用実績校が国内トップクラスの国公立大学や、海外の名門大学が多い
        • 金融関連のコンサルタントがメインのため、金融に関する深い知識や豊富な経験が必須である
        • いずれもITコンサルタントの募集のため、実際のシステム開発経験が必須である

          フューチャーアーキテクトでは、はっきりとした学歴フィルターがあるわけではないが、採用実績校を見ても、国内外の名門大学からの採用が多く、高い学歴が求められる。

          またフューチャーアーキテクトのメインクライアントが金融関連であるため、金融に関する知識は応募の際に必須とされている。

          さらにITコンサルタントの募集のため、実際にシステム開発経験・知識も必須とされている。

          そのため最低でも、高い学歴、金融業界の知識、システム開発経験、コンサルの実務経験が揃っていないと、転職するのは厳しいと言えるだろう。

          難易度の高いフューチャーアーキテクトへの転職を成功させるためには、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

          ▼おすすめの転職エージェント

          フューチャーアーキテクトの中途選考・面接

          フューチャーアーキテクトの中途選考は以下のようなフローと特徴がある。

          1. 書類選考
          2. 一次面接(リーダークラス)
          3. 二次面接(役員クラス)
          4. 最終面接(役員クラス)

            フューチャーアーキテクトの中途面接はリモートで行っており、一次面接に限っては来社の必要がなくスカイプやZOOMなどのリモート面接のみを選択することができる。

            面接の内容としてはオーソドックスな質問が多いが、フューチャーアーキテクトの中途選考の特徴として、システム関する質問が多いため、自身の経験やスキルの棚卸しと言った対策は必須であると言える。

            また、知人曰くストレス耐性や瞬発力を問われる質問が多いため、圧迫感のある面接の進行や予想していない質問に対して素早くこたえる反応速度も鍛えておくことをおすすめしたい。

            ▼フューチャーアーキテクトの中途面接における実際の質問例

            • ITコンサルの仕事内容はどのようなものだとイメージしているか?
            • ITコンサルの価値は何か?
            • 将来どのようなコンサルタントになりたいか?
            • 会社に対しての逆質問はあるか?

            フューチャーアーキテクトの中途面接の対策を行う上では、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

            ▼おすすめの転職エージェント

            フューチャーアーキテクトへの転職でおすすめのエージェント

            前述の通り、フューチャーアーキテクトの転職難易度は比較的高いと言える。

            そのため、徹底した面接対策が必要であり、対策を行う上ではコンサル転職に知見と実績を兼ね備えたエージェントを選ぶ必要がある。

            具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

            おすすめ度:★★★★★

            アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

            ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

            コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

            Aさん
            (戦略コンサル転職者)
            とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
            また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

            Bさん
            (総合コンサル転職者)
            業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
            他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

            コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

            様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

            上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

            ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

            おすすめの記事