現役コンサルが教えるコンサル転職に強いエージェント5選【おすすめ】

特殊な選考を行うコンサル業界への転職を成功させるためには、コンサル転職に特化した転職エージェントを選ぶ必要がある。一方で、コンサル転職に特化したエージェントは知名度が低いため、どの転職エージェントを利用するか迷っている人も多いだろう。

様々な紹介記事があるが、「おすすめ10選」といった明らかに実体験があるはずもない量のエージェントを紹介している記事で溢れている。本記事で紹介するエージェントは、実際にコンサルへの転職を成功させたコンサルキャリア運営メンバーの実体験に基づきおすすめする転職エージェントである。

コンサル
マン
執筆者:コンサルマン
コンサルキャリア編集長のコンサルタント。キャリアオタク。
「数年前の自分が知りたかった」ことについて実体験+インタビューを通してリアルな情報をお届け。
Twitterフォロワー約7000人。

コンサル転職は「エージェント選び」が重要な理由

コンサル転職でエージェント選びが重要な理由としては以下の2つが挙げられる。

1. コンサル転職では特殊な選考対策が必要不可欠

コンサル転職を目指す上では特殊な選考への徹底的な対策が必要となるが、その理由が以下である。

  • コンサル業界はケース面接と言う特有の面接を行う
  • ケース面接は徹底的に対策を行うことで大きく通過率を上げることができる

例えば、「日本に電信柱は何本あるか?」といったフェルミ推定から、「とあるカフェの売上を2倍に上げるにはどうすれば良いか?」といったビジネスケースなど、応募者の思考力を問う面接が用意されていることが多い。こうした思考力を問う面接を突破できるかは「どれだけ対策できるか」に掛かっている。

「自分は対策なしでコンサルファームから内定を貰ったから対策は不要」などと自慢げに話す人もいるが、そんな話は全力で無視すべきである。対策なしで受かったという大学生のような「低レベルの自慢がしたい人」はそれでも良いが、少しでも転職成功率を上げたいなら、絶対に対策はすべきである。しかも徹底的にである。

対策を行う上では、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

▼コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントがおすすめの理由

  • コンサルファームの面接の内容は日々変化しているため、常に最新の状況を把握しておく必要がある
  • ケース面接の練習における面接官役というは誰にでも務まるわけではない

仮にコンサル面接の最新状況を把握できないと、対策の方向性を間違ってしまう可能性がある。また、模擬ケース面接で面接官役を務めるためにはコンサルファーム出身者や、或いは出身者ではなくても転職支援実績が豊富など、相応の経験値が必要になる。

これらを踏まえると、コンサル転職においては誰もが名前を聞いたことがあるような大手転職エージェントは不適切であるということが分かる。

2. 常に最新の情報を仕入れて"受かりやすい"求人を教えてくれる

また、コンサル転職に強いエージェントの付加価値というのは「対策」だけでなく、最新情報に深く精通しているという点である。コンサル転職と言っても、その時々でファームが求めている人材(年齢、経験、ポジション)は変化している。そうした変化をいち早く察知して"受かりやすい"求人を教えてくれると言うのは大きなメリットである。

コンサル転職に強いエージェントであれば「今は〇〇さんの経歴だと受かりにくいと思うので半年待ちましょう」「〇〇さんの年齢だと今がチャンスです」「〇〇さんの職歴であれば△△というポジションよりも□□というポジションが受かりやすいと思います」といった情報を提供してくれる。

嘘のような話だが、コンサル転職に強みを持たないエージェントはこれらの情報を全然把握していないため、エージェント選びで合格率は大きく変わってくると言っても過言ではない。

コンサル転職に強いエージェントの選定基準

具体的にコンサル転職エージェントを選ぶ際は、以下の3つの要素をカバーしてくれるかを見定める必要があり、これらを見定められるかが、転職の成否を大きく分けることになる。

  • ケース面接対策の質
  • 筆記・書類対策の質
  • キャリア戦略アドバイスの質

コンサル転職に強みを持つことを掲げるエージェントであれば「ケース面接対策」にこだわっていることが多い。一方で後の2つが意外と粗末になっているエージェントもいる。

例えば、「ケース面接対策」の質が圧倒的に高いのに「筆記・書類対策」には全く力を入れてくれないというエージェントもいる。これは「筆記・書類対策」を自力で通過できる人だけ効率よく選別して「ケース面接対策」を行いたいというエージェント側の論理が露骨に出ている例である。

また、コンサルファームに転職させることがゴールになり、具体的な「キャリア戦略アドバイス」がない、あるいは全く深みのないエージェントも多い。しかしコンサル転職では当然のこと志望動機を問われてそこで落ちる人もいるため、キャリア戦略を徹底的に磨き込み、志望動機に落とし込むというプロセスは欠かせない。

信頼できるコンサル転職エージェントは「ネガティブな情報」を伝えてくれる人

上記の選定基準には含んでいないが、コンサル転職エージェント選びでは「ネガティブな情報をちゃんと伝えてくれるか?」という点も重要である。コンサル業界は変化も激しく、業界内にいると「〇〇ファームはやばい」という情報も自然と入ってくる。

人材の流出が激しいコンサルファームほど積極的に求人を出しており、また転職が決まった時にエージェントに支払われる成功報酬が高い場合も多い。そのため、転職エージェントとしてもやばい求人を積極的に推し出すインセンティブが働いてしまう側面もある。

業界外の転職者はそうした情報に触れる機会がないため、転職エージェントが誠実に転職者の立場に立ってこうした「ネガティブな情報」を伝えてくれないと"ババ"を引いてしまうリスクもあるのだ。

どんな選択肢でも完璧なものはなくネガティブな側面はあるものである。そのため、転職を行う上では下記のエージェントに登録することももちろんおすすめしたいが、実際に自分自身でエージェントと会って、ちゃんと「ネガティブな情報」を伝えてくれるかを確認することをおすすめしたい。

複数の転職エージェントに実際に会って、セカンドオピニオン、サードオピニオンを聞いていくと自然と「誰が本当の事を言っているか?」「誰が転職者の立場に立ってくれているか?」というのが見えてくる。
(やたらと〇〇社の求人を推してくるエージェントもいれば、〇〇社はやめておいた方がいいと本音を言ってくれるエージェントもいる)

コンサル転職エージェントおすすめ全体像

以下は上記の選定基準を基に、コンサルキャリア運営メンバーの実体験を凝縮した本当におすすめできるコンサル転職エージェントである。また業界内でも高い評判と信頼を蓄積しているコンサル転職エージェントであるため、登録しておいてまず間違いないと言える。

  1. アクシスコンサルティング
    コンサル転職に特化し対策の質の高さに圧倒的な強みを持つエージェント

  2. コトラ
    支援の手厚さに定評があるコンサルや金融などの業界特化エージェント
  3. ムービンストラテジックキャリア
    コンサルや金融に特化したハイクラスエージェント
  4. コンコードエグゼクティブ
    コンサルやポストコンサル、金融、IT業界強などのハイクラス転職に強みを持つエージェント
  5. アンテロープ
    外資系投資銀行などの金融業界やコンサル業界などハイクラス転職に強みを持つエージェント

おすすめのコンサル転職エージェントをプロットすると以下のようなイメージである。

コンサル転職エージェント_おすすめ比較

まず圧倒的におすすめできるエージェントは、コンサル転職に特化して転職支援実績も豊富なアクシスコンサルティングである。コンサル転職に特化して支援実績が豊富なエージェントというのはアクシスコンサルティング以外に存在しないといっても過言ではない。

実際、コンサル転職特化を謳うエージェントは多数存在するが、個人や中小エージェントで何十年前の自身の経験だけを基に支援しているようなケースが散見される。

また、コンサルだけでなく金融やITなどのハイクラス転職エージェントとして有名なコトラムービンストラテジックキャリアも、対策の質が非常に高いため強くおすすめできる。間違っても「CMでよく見るから」という理由で、対策の質が低い大手の総合型転職エージェント(表の左下)を選ばないでいただきたい。

大手の総合型転職エージェントはたしかに知名度も高く多くの求人を取り扱っているが、ことコンサル転職となると業界知見も少なく、また特殊な選考対策も行うことができないため、避けるべきエージェントと言える。

コンサル転職エージェント5選!実体験からおすすめを厳選

1. アクシスコンサルティング

ケース面接対策の質:★★★★☆
筆記・書類対策の質:★★★★★
キャリアアドバイスの質:★★★★★

アクシスコンサルティングはコンサル/ポストコンサル転職に特化したエージェントである。特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化している転職エージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

特徴

  • 豊富な転職支援実績を裏付けるケース面接対策の質の高さ
  • 書類作成サポートによる業界トップクラスの書類通過率

口コミ/評判

以下が実際の口コミをまとめたものである。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

Cさん
(総合コンサル転職者)
他のエージェントで「Cさんの経歴でコンサルは無理です」とはっきり言われていましたが、
アクシスさんは「いけます」と背中を押してくださいました。
徹底的な対策サポートのお陰で無事に転職を成功でき、感謝しかありません。

2. コトラ

ケース面接対策の質:★★★★☆
筆記・書類対策の質:★★★★★
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

コトラは金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントである。ハイクラス転職に特化しているが故に、エージェントのレベルが非常に高く、非常に心強いサポートをしてもらえる。

コンサル業界に対しても深い知見を持ち、難易度の高いコンサルの面接に向けて充実した対策を行ってくれるエージェントである。

特徴

  • Nikkei Human Resources Awardsで5年連続MVPを獲得する圧倒的な評判の高さ
  • コンサル業界の深い知見と対策の質の高さ

口コミ/評判

以下が実際の口コミをまとめたものである。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
ケース対策の際のフィードバックがとにかく的確で、とても役に立ちました。
ハイクラス転職に特化してエージェントの質が高いコトラさんだからこそなせる業だなと体感しました。

Bさん
(戦略コンサル転職者)
コトラさんはコンサル転職を成功させた友人から勧められて知りました。
実際に担当エージェントの方のレベルも高く、頂いたアドバイスを活かせたことがケース面接を突破できた一つの要因だと思っています。

Cさん
(総合コンサル転職者)
複数のエージェントとお会いしましたが、求職者の経験やスキルを基に最適な求人を紹介してくれる分析力/提案力はコトラさんが圧倒的でした。
また、業界知識も豊富で転職活動を進める上でとても心強かったです。

3. ムービンストラテジックキャリア

ケース面接対策の質:★★★★★
筆記・書類対策の質:★★★☆☆
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

ムービンストラテジックキャリアもコトラと同様に金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントである。ムービンストラテジックキャリアの最大の特徴はコンサル出身者が多いという点であり、その分強力なサポートを受けることができる。

特徴

  • エージェントにコンサル出身者が多く、その分ケース対策の質が高い
  • コンサル出身者だからこそのコンサル業界の深い知見

口コミ/評判

以下が実際の口コミをまとめたものである。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
ケース面接対策を行ってもらえることはもちろん、ムービンさんにはケース面接の過去問集があるので自習をする上でも非常に役立ちました。
業界トップランナーのムービンさんだからこそだなと思います。

Bさん
(戦略コンサル転職者)
知人からも圧倒的な評判があったムービンさんですが、かなりの登録数のようなで捌き切れていないように感じました。
実際、自分はあまりケース面接対策を行ってもらえませんでした。

Cさん
(総合コンサル転職者)
担当エージェントがコンサル出身者で、とにかくケース面接対策の質が高かったです。
今振り返ると、本番の面接よりも対策の方がはるかに厳しかったです。笑

4. コンコードエグゼクティブ

ケース面接対策の質:★★★☆☆
筆記・書類対策の質:★★★★☆
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

コンコードエグゼクティブはコンサルやポストコンサル、金融、IT業界強などのハイクラス転職に強みを持つエージェントである。2010年にはビズリーチが主催する日本ヘッドハンター対象において、コンサルティング部門でのMVPを受賞するなど、高い実績を確立している。

特徴

  • 有名コンサルファームと良好な関係があるためいち早く情報を収集できる
  • 大手事業会社や有名コンサルファーム出身のエージェントが多く在籍し全体的に質が高い

口コミ/評判

以下が実際の口コミをまとめたものである。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
転職経験がなく面接が非常に不安でしたが、コンコードエグゼクティブは過去のデータをもとに、綿密な対策や指導をしてくれたおかげで、無事憧れのコンサル業界に転職できました。

Bさん
(総合コンサル転職者)
何社かエージェントを利用しましたが、コンコードエグゼクティブの担当者は非常に自分の味方になってくれると感じました。
多少ハードルの高い企業へ転職を希望しても、戦略や対策を一緒に立ててくれ、親身になって対応してくれたため安心して相談ができました。

Cさん
(戦略コンサル転職者)
担当者の質にやや偏りがあるようで、私を担当してくれた人は少し楽観的過ぎかなと感じました。
私のモチベーションを上げようとしてくれたのだと思いますが、あまりにも前向き過ぎて本当に受かるのかな?と多少疑問が残るシーンもありました。

5. アンテロープ

ケース面接対策の質:★★★☆☆
筆記・書類対策の質:★★★☆☆
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

アンテロープは外資系投資銀行をはじめとする金融業界や、コンサル業界などハイクラスで年収の高い業界への実績が多い転職エージェントである。アンテロープの創業は2002年と比較的歴史があるエージェントで転職者からの信頼も厚い。

特徴

  • 単なる転職サポートだけではなく面接や書類の指導の質も非常に高い
  • 各有名コンサルファームの情報を特集としてまとめており情報量が圧倒的に多い

口コミ/評判

以下が実際の口コミをまとめたものである。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
アンテロープは担当者の質が高く、今の自分に対しての分析やアドバイスが非常に適格だと感じました。                                           相談段階で自分の課題がしっかりと発見できたため、面接の対策もすごく立てやすかったです。

Bさん
(総合コンサル転職者)
アンテロープは担当者の方が知識が豊富で、自分が質問をするとすぐに的確な答えを出してくれました。
そのため、複数企業を検討する際とても助かり、間違いのない企業選定ができました。

Cさん
(戦略コンサル転職者)
アンテロープはからは合格確率が低い企業を希望すると、はっきりと無理だと現実をつけられました。
今の自分の実力では仕方がないとは思いますが、突き放された感じが残念でした。

コンサル転職エージェントにも得意・不得意がある

以下はおすすめコンサル転職エージェントを相対比較したものである。あくまでこの中での相対比較であり、各社コンサル転職に強みを持つことは間違いない。

エージェント名 戦略系 総合系 その他
アクシスコンサルティング
コトラ
ムービンストラテジックキャリア
コンコードエグゼクティブ
アンテロープ

上記のような差が生まれるのは「戦略系コンサル」「総合系コンサル」「その他」において、選考内容・プロセスが微妙に異なることが起因している。

例えば、戦略系コンサルであるマッキンゼーでは面接回数は5回でいずれもケース面接となっているが、総合系コンサルであるデロイトでは面接回数は3回でケース面接は1回のみでより志望動機や過去の経験などが重視される傾向がある。

いずれにしてもアクシスコンサルティングであればまず間違いないと言える。

転職を成功させたいなら必ずコンサル特化エージェントを選ぶ

コンサル転職では対策が非常に重要であり、対策を積むためにはエージェントが鍵になることをご紹介した。そして転職エージェントは上記で紹介している3社に登録すれば間違いない。これはコンサルキャリア運営メンバーの経験から言えることである。

その際、絶対やるべきことは2-3社の転職エージェントに登録することである。

  1. アクシスコンサルティング
    コンサル転職に特化し対策の質の高さに圧倒的な強みを持つエージェント

  2. コトラ
    支援の手厚さに定評があるコンサルや金融などの業界特化エージェント
  3. ムービンストラテジックキャリア
    コンサルや金融に特化したハイクラスエージェント
  4. コンコードエグゼクティブ
    コンサルやポストコンサル、金融、IT業界強などのハイクラス転職に強みを持つエージェント
  5. アンテロープ
    外資系投資銀行などの金融業界やコンサル業界などハイクラス転職に強みを持つエージェント

上記5社はコンサル転職するならまず間違いないエージェントではあるが、それでもエージェント間で力量の差は存在する。また、お互い人間なのでどうしても合う合わないが出てきてしまう。とくに人生の最大イベントの一つでもある転職活動を並走してくれるエージェントであるため、最高のパートナーを選ぶ必要がある。

そのため、上記の2-3社のエージェントに登録し実際に会ってみて頂きたい。その上で、エージェントの力量や合う合わないを見極めて最高パートナーを選んで頂きたい。これは「できればやること」ではなく、本気でコンサルへの転職を成功させたいなら「絶対にやるべきこと」である。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。最後までお読みいただいたといことは、あなたはコンサル転職に本気ということだと思う。

本気であれば間違いなく本記事が役に立つと確信している。様々な転職エージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社以上も紹介していたりと悲惨な状況である。

本記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーの実体験を凝縮した本当におすすめできる転職エージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事