コンサル転職でおすすめエージェント5選!内情を知る「中の人」が徹底解説

特殊な選考を行うコンサル業界への転職を成功させるためには、コンサル転職に特化した転職エージェントを選ぶ必要がある。一方で、コンサル転職に特化したエージェントは知名度が低いため、どの転職エージェントを利用するか迷っている人も多いだろう。

様々な紹介記事があるが、「おすすめ10選」といった明らかに実体験があるはずもない量のエージェントを紹介している記事で溢れている。本記事で紹介するエージェントは、実際にコンサルへの転職を成功させたコンサルキャリア運営メンバーの実体験に基づきおすすめする転職エージェントである。

コンサル
マン
執筆者:コンサルマン
コンサルキャリア編集長のコンサルタント。キャリアオタク。
「数年前の自分が知りたかった」ことについて実体験+インタビューを通してリアルな情報をお届け。
Twitterフォロワー7600人以上(2021年10月時点)

本記事の信頼性

本記事は現役コンサル兼コンサルキャリア編集長であり、Twitterフォロワーが7500人以上(2021年9月時点)のコンサルマンが執筆している。コンサルマン自身の経験だけでなく、コンサルキャリア運営メンバー、コンサルマンの知人の実体験を凝縮している。

またコンサルキャリアでは様々なコンサル転職に強みを持つエージェントに実際にインタビューを実施しており、そうした内容も踏まえて本記事を執筆している。

コンサル転職エージェントおすすめ一覧

カテゴリ エージェント名 キャリアアドバイス ケース面接対策 筆記・書類対策
戦略コンサル

コトラ ★★☆ ★★★ ★★☆
アクシスコンサルティング ★★☆ ★★☆ ★★★
ムービンストラテジックキャリア ★★☆ ★★★ ★☆☆
総合/
ITコンサル
ASSIGN ★★★ ★★☆ ★★★
アクシスコンサルティング ★★☆ ★★☆ ★★★
JAC Recruitment ★★☆ ★☆☆ ★☆☆

コンサル転職エージェントと一言で言っても、強みを持つ領域が異なる。戦略コンサルと総合/ITコンサルでは採用する層も選考内容も変わってくるため、その点を踏まえたエージェント選びが重要になってくる。

戦略コンサルファームへの転職を目指すのであればおすすめのエージェントはコトラになり、総合/ITコンサルファームであればASSIGNになる。また、戦略も総合/ITもどちらも検討したいという人は両方に強みを持つアクシスコンサルティングがおすすめである。

また、同じカテゴリ内のおすすめエージェントでもそれぞれ強み(キャリアアドバイス、ケース面接対策、書類/筆記対策)が異なるため、どの点を特にサポートして欲しいか明確にした上で選ぶ必要がある。
(全てにおいて圧倒的な強みを持つエージェントが存在しないため)

戦略コンサル転職におすすめのエージェント

マッキンゼーやBCG、ベイン、A.T. カーニー、ローランド・ベルガーなどの戦略コンサルファームへの転職でおすすめのエージェントをご紹介する。

1. コトラ

ケース面接対策の質:★★★★★
筆記・書類対策の質:★★★★☆
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

コトラは金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントである。ハイクラス転職に特化しているが故に、エージェントのレベルが非常に高く、非常に心強いサポートをしてもらえる。コンサル業界に対しても深い知見を持ち、難易度の高いコンサルの面接に向けて充実した対策を行ってくれるエージェントである。特に徹底的な選考対策を行って欲しいという人におすすめである。

▼特徴

  • Nikkei Human Resources Awardsで5年連続MVPを獲得する圧倒的な評判の高さ
  • コンサル業界の深い知見と対策の質の高さ

2. アクシスコンサルティング

ケース面接対策の質:★★★★☆
筆記・書類対策の質:★★★★★
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

アクシスコンサルティングはコンサル/ポストコンサル転職に特化したエージェントである。特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。特に筆記・書類対策の手厚さには定評があり、「アクシスさんに受からせてもらった」という人がいるほどである。幅広くコンサル業界を見ている人におすすめである。

▼特徴

  • 豊富な転職支援実績を裏付けるケース面接対策の質の高さ
  • 書類作成サポートによる業界トップクラスの書類通過率

3. ムービンストラテジックキャリア

ケース面接対策の質:★★★★★
筆記・書類対策の質:★★★☆☆
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

ムービンストラテジックキャリアも金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントである。ムービンストラテジックキャリアの最大の特徴はコンサル出身者が多いという点であり、その分強力なサポートを受けることができる。特に戦略コンサルファームへの転職を志望する人におすすめである。

▼特徴

  • エージェントにコンサル出身者が多く、その分ケース対策の質が高い
  • コンサル出身者だからこそのコンサル業界の深い知見

総合/ITコンサル転職におすすめのエージェント

アクセンチュアやデロイト、PwCコンサルティング、ベイカレントなどの総合/ITコンサルファームへの転職でおすすめのエージェントをご紹介する。

1. ASSIGN

ケース面接対策の質:★★★★☆
筆記・書類対策の質:★★★★★
キャリアアドバイスの質:★★★★★

ASSIGNは20代-30代ハイエンドのキャリア支援に特化した転職エージェントで、 一人一人に向き合った支援で長期的なキャリア形成をサポートすることに強みを持つ。2021年には「ビズリーチ」が主催する「JAPAN HEADHUNTER AWARDS 2021」にて、取締役・奥井氏が、総合的に最も高い結果を残したキャリアエージェントに贈られる 「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞している。特にコンサルでどのようにキャリアを作っていくべきかといった点まで支援して欲しい人におすすめである。

▼特徴

  • ただの求人紹介に留まらない長期的なキャリア形成のサポート
  • コンサル出身者によるリアルな選考対策
  • Bizreachにて実績上位3%となる最高ランク認定、「ヘッドハンター・オブ・ザ・イヤー(大賞)」を受賞などの豊富な実績

2. アクシスコンサルティング

ケース面接対策の質:★★★★☆
筆記・書類対策の質:★★★★★
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

アクシスコンサルティングはコンサル/ポストコンサル転職に特化したエージェントである。特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。特に筆記・書類対策の手厚さには定評があり、「アクシスさんに受からせてもらった」という人がいるほどである。幅広くコンサル業界を見ている人におすすめである。

▼特徴

  • 豊富な転職支援実績を裏付けるケース面接対策の質の高さ
  • 書類作成サポートによる業界トップクラスの書類通過率

3. JAC Recruitment

ケース面接対策の質:★★★☆☆
筆記・書類対策の質:★★★☆☆
キャリアアドバイスの質:★★★★☆

JAC Recruitmentはコンサルを含むハイクラス転職に強みを持つエージェントである。ハイクラスに強みを持ちながらもこれまで累計43万人以上の転職支援実績を持ち、かつ利用者の95%以上が知人や友人に勧めたいという評価をしている。

コンサル転職特化ではないため対策の質は特化エージェントに劣るものの、その分求人の幅が広いためコンサル以外も転職候補として検討したい人におすすめのエージェントである。

▼特徴

  • 老舗ハイクラス転職エージェントとして豊富な実績
  • 国内~外資系企業まで幅広いハイクラス求人の取扱
  • キャリアコンサルタントの質の高さ

迷ったらアクシスコンサルティングがおすすめ

上記では業界の「中の人」である筆者が、実際にコンサル転職を成功させた方々やエージェントへのインタビューを通じて本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

一方で、上記を見ても「結局どのエージェントに登録すればいいかわからない」という人もいるかもしれない。迷った方はぜひコンサル転職特化エージェントとして多数の支援実績を持つアクシスコンサルティングをおすすめしたい。

アクシスコンサルティングは戦略コンサル転職と総合/ITコンサル転職の両方に実績と高い評判を有しているため、まず登録して間違いないエージェントと言える。

コンサル転職は「エージェント選び」が重要な理由

コンサル転職でエージェント選びが重要な理由としては以下の2つが挙げられる。

1. コンサル転職では特殊な選考対策が必要不可欠

コンサル転職を目指す上では特殊な選考への徹底的な対策が必要となるが、その理由が以下である。

  • コンサル業界はケース面接と言う特有の面接を行う
  • ケース面接は徹底的に対策を行うことで大きく通過率を上げることができる

例えば、「日本に電信柱は何本あるか?」といったフェルミ推定から、「とあるカフェの売上を2倍に上げるにはどうすれば良いか?」といったビジネスケースなど、応募者の思考力を問う面接が用意されていることが多い。こうした思考力を問う面接を突破できるかは「どれだけ対策できるか」に掛かっている。

「自分は対策なしでコンサルファームから内定を貰ったから対策は不要」などと自慢げに話す人もいるが、そんな話は全力で無視すべきである。対策なしで受かったという大学生のような「低レベルの自慢がしたい人」はそれでも良いが、少しでも転職成功率を上げたいなら、絶対に対策はすべきである。しかも徹底的にである。

対策を行う上では、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

▼コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントがおすすめの理由

  • コンサルファームの面接の内容は日々変化しているため、常に最新の状況を把握しておく必要がある
  • ケース面接の練習における面接官役というは誰にでも務まるわけではない

仮にコンサル面接の最新状況を把握できないと、対策の方向性を間違ってしまう可能性がある。また、模擬ケース面接で面接官役を務めるためにはコンサルファーム出身者や、或いは出身者ではなくても転職支援実績が豊富など、相応の経験値が必要になる。

これらを踏まえると、コンサル転職においては誰もが名前を聞いたことがあるような大手転職エージェントは不適切であるということが分かる。

2. 常に最新の情報を仕入れて"受かりやすい"求人を教えてくれる

また、コンサル転職に強いエージェントの付加価値というのは「対策」だけでなく、最新情報に深く精通しているという点である。コンサル転職と言っても、その時々でファームが求めている人材(年齢、経験、ポジション)は変化している。そうした変化をいち早く察知して"受かりやすい"求人を教えてくれると言うのは大きなメリットである。

コンサル転職に強いエージェントであれば「今は〇〇さんの経歴だと受かりにくいと思うので半年待ちましょう」「〇〇さんの年齢だと今がチャンスです」「〇〇さんの職歴であれば△△というポジションよりも□□というポジションが受かりやすいと思います」といった情報を提供してくれる。

嘘のような話だが、コンサル転職に強みを持たないエージェントはこれらの情報を全然把握していないため、エージェント選びで合格率は大きく変わってくると言っても過言ではない。

コンサル転職に強いエージェントの選定基準

具体的にコンサル転職エージェントを選ぶ際は、以下の3つの要素をカバーしてくれるかを見定める必要があり、これらを見定められるかが、転職の成否を大きく分けることになる。

  • ケース面接対策の質
  • 筆記・書類対策の質
  • キャリア戦略アドバイスの質

コンサル転職に強みを持つことを掲げるエージェントであれば「ケース面接対策」にこだわっていることが多い。一方で後の2つが意外と粗末になっているエージェントもいる。

例えば、「ケース面接対策」の質が圧倒的に高いのに「筆記・書類対策」には全く力を入れてくれないというエージェントもいる。これは「筆記・書類対策」を自力で通過できる人だけ効率よく選別して「ケース面接対策」を行いたいというエージェント側の論理が露骨に出ている例である。

また、コンサルファームに転職させることがゴールになり、具体的な「キャリア戦略アドバイス」がない、あるいは全く深みのないエージェントも多い。しかしコンサル転職では当然のこと志望動機を問われてそこで落ちる人もいるため、キャリア戦略を徹底的に磨き込み、志望動機に落とし込むというプロセスは欠かせない。

最後に

最後までお読みいただきありがとうございます。最後までお読みいただいたといことは、あなたはコンサル転職に本気ということだと思う。

本気であれば間違いなく本記事が役に立つと確信している。様々な転職エージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社以上も紹介していたりと悲惨な状況である。

本記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーの実体験を凝縮した本当におすすめできる転職エージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事