現役外資系社員がおすすめする英語学習方法

外資系企業に転職したいが英語がネックで転職に踏み切れない、あるいは現在外資系企業に所属しており、活躍の場を広げるために英語力を向上させたいという人も多いだろう。

現役外資系社員が英語学習方法をご紹介

本記事では、非ネイティブである現役外資系コンサルタントである筆者がおすすめの英語学習方法についてご紹介する。

外資系に英語は必要か?

外資系企業で働く上で英語力は必要なのだろうか。

入社には必ずしも必要ではない

外資系企業と言っても、選考段階で高い英語力を求められることは多くない。

もちろん、その企業やポジション、入社予定先のチームメンバーによっても大きく変わるところではあるが、日本支社という位置づけ上必ずしも英語が必要ではないことが多い。

とは言え、あくまで高い英語力が求められないことが多いだけであり、明らかに英語アレルギーがある、勉強している姿勢が見られない場合は大きなハードルとなる可能性が高い。

昇進・活躍には必要な場合が圧倒的に多い

仮に入社できたとしても、外資系企業内で昇進していく、あるいは多国籍の同僚や他国にいる社員と連携して活躍していくためには英語は必須である。

全く英語に触れずに業務を完結することは少なく、英語ができないことでスムーズな業務遂行のハードルになってしまう。

また、外資系企業というコミュニティの中では、英語ができることでより大きな機会を掴める環境なだけに、英語ができないということの機会損失は非常に大きい。

おすすめの英語学習方法

以下では、非ネイティブである現役外資系コンサルタントである筆者がおすすめの英語学習方法についてご紹介する。

1-1. プログリット(PROGRIT)

まずご紹介するのが、外資系コンサルティングファームであるマッキンゼー出身者が立ち上げたプログリット(PROGRIT)である。

プログリット(PROGRIT)は、プロサッカー選手である本田圭佑選手も含めた多数の著名人も絶賛しているサービスとしても知られている。

短期で確実に英語力を身に付けたいという方にはぜひおすすめしたいサービスである。

  • 科学的な方法論などを身に付けた専属コンサルタントが一人ひとりに合わせた学習プランを作成
  • ネックとなる学習時間確保についても伴走して徹底サポート
  • 2か月で30万円程度と決して安くはないが、短期間でより確実に成果を出せる可能性が高い

月額換算では高く見えてしまうが、短期間で成果を出すことができるため、総額で見ると従来の英会話教室よりも遥かに安い。

従来の英会話教室とプログリットの比較

少しでも興味がある人は、無料カウンセリングを行ってもらえるためぜひ一度申し込んでみて頂きたい。

1-2. RIZAPイングリッシュ

次にご紹介するのが、結果にコミットするでお馴染みのRIZAPが展開するRIZAPイングリッシュである。

プログリット(PROGRIT)と同様に、短期で確実に英語力を身に付けたいという方におすすめしたい。

少しでも興味がある人は、webにて無料カウンセリングを行ってもらえるため、ぜひ一度申し込んでみて頂きたい。

  • 結果にコミットするでお馴染みのRIZAPがワンツーマンで指導で徹底サポートしてくれる
  • 個々人の課題を徹底的に分析し、最短で成果を出す学習方法を提供してくれる
  • 2か月で30万円程度と決して安くはないが、短期間でより確実に成果を出せる可能性が高い

2. ベルリッツ

次にご紹介するのが、ビジネス英会話で有名なベルリッツである。

上記で紹介した2つのサービスは、より短期に確実に結果を出したいという方におすすめのサービスであるが、ベルリッツ無理のないペースで英語力を向上させたいという方におすすめのサービスである。

  • 最短での成果に拘り過ぎず、個々人の英語力・志向性・ペースに合わせた学習方法を提供してくれる
  • 個々人の課題を徹底的に分析し、最短で成果を出す学習方法を提供してくれる
  • 1回6-8,000円(ワンツーマン)と比較的続けやすい

3. DMM英会話

上記の3つのサービスのように英語学習にそこまで投資できないという方におすすめなのがDMM英会話である。

DMM英会話はオンラインで海外の講師と英会話ができるサービスである。

月額6,480円という価格で毎日1レッスン(25分)を受講できるため、毎日受けた場合1レッスン約209円という格安で英語学習ができる。

少しでも興味がある方は、無料体験レッスンもあるためぜひ申し込んでみて頂きたい。

  • 講師は全員外国人であり、外国人に英語を話すというアレルギーも克服できる
  • 毎日2-3レッスン受けられるコース(月額約1-1.5万円)、ネイティブの講師のみのコース(月額約1.5万円)など志向によって選べる

まとめ

本記事では、非ネイティブである現役外資系コンサルタントである筆者がおすすめの英語学習方法についてご紹介した。

英語力は、外資系企業に入社する上では決して必須ではないものの、英語ができることでオポチュニティが大きく広がるだけでなく、また入社後の活躍機会・昇進機会がグッと増えるだろう。

外資系企業への転職、あるいは外資系企業での更なる活躍を志向される方は、まずはプログリット(PROGRIT)で無料カウンセリングを行ってもらうことをおすすめしたい。

おすすめの記事