HiTalent(ハイタレント)の評判は?フリーコンサル/副業案件紹介サービス

ここ数年のフリーコンサルというキャリアの人気を支えているのが、HiTalent(ハイタレント)などのフリーコンサルに案件を紹介してくれるフリーコンサルエージェントである。

本記事では、戦略コンサルに特化したHiTalent(ハイタレント)の評判や特徴を解説していく。

フリーコンサルに少しでも興味がある方は、以下の記事も参考にしていただきたい。

HiTalent(ハイタレント)とは

HiTalent

案件単価:★★★★★
案件種類:★★★☆☆
担当者の質:★★★★★

HiTalent(ハイタレント)はローランド・ベルガーを経てフリーコンサルを経験した代表が立ち上げたフリーコンサル案件マッチングサービスである。完全審査制であり、戦略コンサル経験者(戦略コンサルファーム+総合コンサルファームの戦略部門)が対象のサービスとなる。

独自ルートで市場には出回らない案件を取り扱っており、月200万円以上の高単価案件が中心となっている。また、独自ルートにより副業や低稼働案件も取り扱っているという特徴もある。

▼特徴

  • 戦略案件特化(対象者も戦略コンサルファーム+総合コンサルファームの戦略部門出身者)
  • 独自ルートによる高単価(200万円/月以上)や低稼働&副業案件の取り扱い

HiTalent(ハイタレント)と他エージェントとの比較

フリーコンサル案件マッチングエージェントおすすめ比較

上記は、コンサルキャリア運営メンバーや知人たちの経験を基に作成したフリーコンサル案件マッチングサービス・エージェントの比較表である。

フリーコンサル案件マッチングサービス・エージェントと一言で言っても得意とする領域が各社で大きく異る。戦略案件やIT案件に特化した企業もいれば全方位的に取り扱っているエージェントも存在する。

また、比較的ライトな低単価案件を中心に取り扱う企業もいれば、重めだがその分高単価の案件を中心に取り扱う企業もいる。

HiTalent(ハイタレント)は、「高単価」×「戦略案件中心」に位置づけられ、現役/元戦略コンサルファーム出身者、または現役/元総合コンサルファームの戦略部門出身者におすすめのサービスとなっている。

HiTalent(ハイタレント)のリアルな評判

マッチング精度が高い

HiTalent(ハイタレント)の評判としてあげられるのが、高いマッチング精度である。

現在では多数のフリーコンサル案件マッチングサービス・エージェントが存在するが、フリーコンサルと対面する担当者にコンサル経験がないということが多い。

その結果、いざフリーコンサルと活動してみると「聞いていた話と違う」ということや、「経験・スキルにあった案件を紹介してもえない」ということが起きる。

しかし、HiTalent(ハイタレント)の場合、戦略コンサルファーム出身者がマッチングを行っているため、他サービスであるようなミスマッチが起きにくく、クライアント・フリーコンサルの双方がハッピーになるような高い精度のマッチングを実現できているのだ。

独自案件が豊富

フリーコンサル案件マッチングサービス・エージェントの中には、二次受け、三次受けとなっている事業者も多い。そのためか、複数の案件に登録しても紹介される案件が一緒ということも珍しくない。

しかしHiTalent(ハイタレント)は独自のネットワークを活用して案件を獲得しており、独自案件が豊富となっている。

フリーコンサル案件マッチングサービス・エージェントを選ぶ上では、「独自案件」の量というのは非常に重要であり。この点はフリーコンサルから高い評判を集めている。

コミュニケーションがスムーズ

「マッチング精度が高い」という評判にも繋がるが、HiTalent(ハイタレント)は戦略コンサルファーム出身者が窓口を担当してくれるため、コミュニケーションが非常にスムーズという評判がある。

実際にフリーコンサルとして活動してみると、「エージェントに全然話が通じない」というシーンに多数出くわすことになる。ただストレスが溜まるだけならまだしも、こうしたコミュニケーションミスというのは最悪の場合プロジェクトの炎上や、クライアントからのクレームに繋がるリスクもある。

そのため、コミュニケーションがスームズという点も高い評判に繋がっている。

HiTalent(ハイタレント)の特徴

市場に出回らない高単価案件

HiTalent(ハイタレント)の特徴は市場に出回らない高単価案件を多数有していることである。

多くのエージェントの「高単価」の定義が150万円/月以上であることが多いが、HiTalent(ハイタレント)の場合、"基本的に"200万円/月以上の案件となっているという。

その多くがHiTalent(ハイタレント)の独自案件であり、高単価を狙っていきたい戦略コンサルはまず登録しておくべきサービスとなっている。

戦略コンサル特化

HiTalent(ハイタレント)の特徴として外せないのが「戦略コンサル特化」だという点である。戦略コンサルの定義としては外資・内資戦略コンサルファーム、および総合コンサルファームの戦略部門(※1)が該当する。

※1:アクセンチュア戦略部門、Monitor Deloitte、Strategy&など

HiTalent(ハイタレント)では基本的に戦略コンサル(現役/元)にのみ案件が紹介可能とのことで、対象者を絞っている形を取っている。

副業案件もあり

HiTalent(ハイタレント)では他フリーコンサル案件マッチングサービス・エージェントではほとんど取り扱っていない副業案件も取り扱っているという特徴がある。

副業案件はなかなか獲得できないだけでなく、事業者としても手数料が少なく美味しくない案件である。そのため他サービスがほとんど取り扱っていないという状況となっている。

しかしHiTalent(ハイタレント)は独自ネットワークを有していること、また代表がフリーコンサルをしながら事業を創ってきたという経験があることから低稼働・副業案件を取り扱っているという背景があるようだ。

独立するなら絶対にやるべきこと

フリーコンサル向けの案件マッチングサービス市場というのはまだまだ黎明期であり、各社で取り扱う案件が大きく異なる。複数のサービスに登録していても、同時に同じ案件を紹介されることもほとんどない。

そのため、絶対にやるべきことは少なくとも2-3社のサービスに登録しておくことである。戦略コンサルタントであれば、少なくとも以下の2つに登録しておくことをおすすめしたい。

また、コンサルキャリアが運営しているSlackグループに登録することもおすすめしたい。フリーコンサル・元コンサル・現役コンサル向けに案件(フルコミ~副業まで)を紹介しているグループで、厳選した案件をご紹介している。

>>Slackグループの登録フォームはこちら

実際に、筆者の知人で安定的に稼ぎ続けている人は必ず2-3社の案件マッチングサービスに登録している。逆に1社にしか登録してない知人の多くが、自分の望むタイミングで案件を紹介してもらえない人も存在する。まだ2-3社に登録していない人は、以下の記事が役に立つと確信している。

おすすめの記事