ガートナージャパン転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

ガートナーは1979年に創業されたIT領域の調査・コンサルティングを行う企業である。

本記事ではそんなガートナージャパンの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元ガートナージャパン社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • ガートナージャパンの中途難易度
  • ガートナージャパンの選考フロー~面接内容
  • ガートナージャパンへの転職を成功させるためにやるべきこと

ガートナージャパンを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

ガートナージャパンとは

ガートナージャパン株式会社は、米国に本社を置くガートナー社の日本法人であり、IT業界を中心とした最先端テクノロジー・トレンドの動向調査・分析、それに付随するコンサルサービス(IT・テクノロジーを軸とした戦略・業務改善など)を提供している。

経営幹部、および、関連するチームに対して、実行可能かつ客観的な知見を提供することをモットーにしており、様々な領域(IT、マーケティング、戦略、研究開発、営業、サプライチェーン、法務、人事など)を幅広く手掛けている。

また、最新のテクノロジーに関するトレンドや予想情報を可視化して公表する「ハイプ・サイクル」は様々な業界の企業に意思決定に関する大きな影響を与えていることもあり、国内外問わず存在感を出している企業である。

会社名 ガートナージャパン株式会社
英語表記 Gartner Japan, Ltd.
従業員数(グループ) 441名(2023年4月時点)
本社所在地(国内) 東京都港区愛宕
公式HP https://www.gartner.co.jp/ja

ガートナージャパンの強み・特徴

IT業界を中心とした調査・分析、および、コンサルサービスを展開するガートナージャパンだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、ガートナージャパンの社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

グローバルネットワーク

ガートナージャパンが有するリサーチ・分析力は同社にとって、大きな差別化要素となっているが、それは海外拠点とのグローバルネットワークがつながっていることが主な理由となっているようだ。

ガートナーには、世界各国約85の拠点に1万9,500人以上の従業員が在籍している。

また、同社では40年以上に渡り、グローバルでクライアントに対して情報・サービスを提供してきたことで蓄積された知見・ノウハウを有しているが、日々、グローバルでそれらの知見・ノウハウを共有している。

そこで新たに得た情報を基に、国内クライアントに対してコンサルサービスを展開しているとのことである。

弊社では、日々、新しいトレンドや情報が入ってきます。それは、社員に対しては、もちろんのこと、クライアントにとっても貴重な情報になっているので、ガートナーのグローバルネットワークは弊社の強みと言えますね。

現役ガートナージャパン社員A氏

幅広いサービス領域

リサーチ・分析だけでなく、戦略立案から実践まで、と幅広いサービス領域を有していることも、同社の特徴となっている。

優秀なアナリストだけでなく、コンサルタントも豊富に在籍している同社だからこそ、幅広いサービスラインを提供できているとのことである。

アナリティクス、および、コンサルティングを有する企業の支援は、クライアントにとっても心強い存在となっているようだ。

最先端の情報を共有することだけでも、クライアントに喜ばれますが、その情報を基に戦略を立案し、実行支援までを実施するので、更に喜んでもらえますね。そうすることで、クライアントとは長いお付き合いをさせていただくことも多いです。

現役ガートナージャパン社員B氏

競合が少ない

IT業界に特化し、リサーチからコンサルティングまでを支援する同社のビジネスモデルは、他の競合他社にとっても、差別化しにくいポジションを確立している。

また、製造業のように大型設備を用意する必要もなく、基本的には人材が資源であるため、費用も製造業ほどかかることが無いので、収益も順調に得られている。

現役社員に話を聞いてみると、競合他社も同領域に参入しようとしてきているが、ガートナーの壁は厚いものとなっているようだ。

先んじてホワイトスペースでポジションを確立できたことは、非常に大きいと思います。もちろん、競合他社も「IT業界のリサーチ・分析 × コンサル」領域に参入しようとしてきましたが、既に多くのクライアントに信頼を得ているので、「ガートナーさんがいるから」という理由で、参入を許さない状況となっているようです。

現役ガートナージャパン社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ガートナージャパンの中途選考フロー

ガートナージャパンの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接(二次面接の可能性もあり)
  3. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2ヶ月を要する。

以下ではガートナージャパンの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ガートナージャパンの書類選考・志望動機

ガートナージャパンへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となる。

日本語か英語の指定は特に無いが、語学・資格を問う項目があるため、語学力がある、もしくは、資格を有している場合は、アピールしておこう。

また、書類選考では、「なぜ、ガートナージャパンなのか」という志望理由が注視される。

例として、実際にガートナージャパンへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現職は総合系コンサルティングファームでシニアコンサルタントとして、日々、クライアントワークに従事している。今後、更なるキャリアアップを見据えた時に、「今後、更に成長していくであろうIT業界に携わっていく」、および、「クライアントの経営層と仕事をする機会を増やす」ことが重要になると考えている。そして、それらを体現できる会社が、ガートナージャパンだと感じているため、応募に至った。

ガートナージャパン転職成功者Dさんの志望動機

現在は、IT系の事業会社で事業企画を担当している。現在の仕事では、リサーチ・分析にとどまり、その後の実行は現場の事業部が進めるスタイルであるが、それでは物足りないと感じている。そのことを踏まえて、ガートナージャパンではリサーチ・分析だけでなく、戦略立案から実践までを支援することに魅力を感じており、ぜひ、ガートナージャパンで働きたいと考えている。

ガートナージャパン転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ガートナージャパンの中途面接

ここではガートナージャパンにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:人事担当者
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

一次面接では、人事担当者が面接担当者として出てくる。

面接の内容としては、現職の業務内容、志望動機といった書類内容に沿った質問がメインとなる

第二新卒やコンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がマネージャー、もしくは、ディレクターになる)二次面接も用意されることがある。

人事部の方が面接担当者なので、質問自体は、オーソドックスな内容です。ただ、その中でも「なぜ、ガートナージャパンでないとダメなのか?」を深堀って質問してくることが多いので、回答できようにしておきましょう。

ガートナージャパン転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:ディレクター、もしくは、パートナー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

最終面接では、ディレクター、もしくはパートナーが面接担当者となる。

基本的には、一次面接と同様に、冒頭に現職での業務内容、志望動機といった応募書類の確認を行うことが多い。

なお、最終面接では、「質問への回答に矛盾が無いか、つまり、仕事やガートナージャパンに関する考えが一貫しているか」を注視しているようだ。

「前の質問と矛盾しているのでは?」と思われないように、自分の考えをしっかりと持って面接に臨むようにしましょう。仕事に対して、確固たる信念を持っている人が尊重される社内文化なので、その点は意識しておくことをオススメします。

ガートナージャパン転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ガートナージャパンの転職難易度

ここではガートナージャパンへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

ガートナージャパンは、大規模な採用活動を実施しておらず、「知る人ぞ知る企業」となっており、募集している採用人数も少ない。

一方で、認知している社会人にとっては、年収、成長機会など魅力的な職場環境が用意されているため、人気のコンサルティングファームとなっている。

そのため、ガートナージャパンへの転職難易度は相対的に高いものになっていると言える。

もっと多く募集すれば良いのにと思いますが、比較的、こじんまりと採用活動を実施している印象ですね。企業自体は非常に魅力的なので、入りたいと感じている人にとっては、ある意味、高嶺の花のような存在になっているかと思います。(笑)

ガートナージャパン転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いガートナージャパンへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いガートナージャパンの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、ガートナージャパンが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、ガートナージャパンが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • セルフスターターであり、かつチームプレーヤーである人材
  • 複雑な問題を解決し、予期しない事象にも臨機応変に対応できる人材
  • 自身の経験だけではなく、他者のベストプラクティスなどを柔軟に取り入れPDCAを回すことができる人材
  • 忍耐力、謙虚さ、課題に直面した際に前向きに捉え、乗り越えるマインドを持っている人材
  • グローバルな環境で自己を磨きたいと思える人材
  • 「日本企業をICTで変革したい」、「真にお客様企業の役に立つことをしたい」という強い気持ちを持っている人材

ガートナージャパンの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、ガートナージャパンに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

ガートナージャパンへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

志望理由の整理

1つ目は、志望理由の整理である。

特に面接の際には、「なぜ、ガートナージャパンなのか。なぜ、他のコンサルティングファームではダメなのか。そもそも、なぜ、コンサルタントとして働くのか」といった内容の質問が多い傾向にある。

面接では、一般的な質疑応答に終始する一方で、「なぜなぜ」質問が多くなるため、しっかりと対策しておこう。

志望理由をしっかりと応えることができないと、面接を通過することは難しくなります。なので、事前に友人・知人・転職エージェントなどに協力してもらってシミュレーションすることをオススメします。

ガートナージャパン転職成功者Dさん

ガートナージャパンの分析

志望理由にもつながるであろう、2つ目がガートナージャパンの分析である。

ガートナージャパン、および、グローバルでのガートナーが市場において、どういうポジションを確立しており、日々、どのような価値をクライアントに提供しているか、などを調査・分析することが望まれる。

それらを分析することで、ガートナージャパンの強みや、共感が持てる部分を抽出し、志望理由の参考にすることができるので、ぜひ、同社の分析を実践しておこう。

調査・分析を得意とする企業ですから、応募者にも、同様の適性があるかを見極める場合もあります。なので、「自分にもリサーチ・分析力があるよ」ということをアピールするためにも、弊社の分析を実施しておきましょう。

ガートナージャパン転職成功者Eさん

自分自身の強みの整理

ガートナージャパンでは、応募者の適性、特に、ガートナージャパンのアグレッシブな文化・雰囲気に合っているかを注視している。

そのため、同社が求める人物像に自分自身が合っているか、特に、自分自身の強みがガートナージャパンの文化に合っているかを整理してみよう。

もし、該当する項目がなければ、現職までの経験を棚卸し、マッチする経験を抽出し、整理することが重要となる。

ガートナージャパンでは社員一人一人の強みを発揮できる環境となっています。なので、ご自身の強みがガートナージャパンが求める人物像と合っているか、を見てみましょう。それが選考突破のキーポイントとなります。

ガートナージャパン転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ガートナージャパンへの転職の魅力・評判

ここでは、ガートナージャパンの現役社員の声を参考にしながら、ガートナージャパンに転職する魅力について改めて整理する。

高い給料

1つ目は、何と言っても高い給料だろう。

基本給はもちろん、成果次第では高い賞与を手にすることができ、若手社員であっても、高年収ビジネスマンの仲間入りをすることが可能である。

更に、パートナー級になると青天井となるため、実力次第でどこまでも年収を上げることができる。

日系企業では考えられないくらいの年収を手にすることができます。コンサル業界の中でも、高い方の水準なので、年収に関しては文句なしですね。

ガートナージャパン転職成功者Gさん

実力主義

ガートナージャパンは外資系であるため、年齢・性別・国籍問わず、実力次第で昇給・昇格を目指すことが可能である。

また、意欲があれば、チャレンジできる環境も用意されており、周りの社員が支援する雰囲気・文化も備わっているため、実力をつけ、実力に即した評価をもらいたい社会人にとっては、最適な職場の1つと言える。

日系企業の一部に残っているような、年功序列や男性社会といった文化は、同社には全く無い。

社員の評価は成果で決めることが、日本法人だけでなく、グローバルにおける方針となっています。だからこそ、実力や意欲がある人が、昇給・昇格できるような環境を構築できているのだと感じますね。

ガートナージャパン転職成功者Hさん

対経営陣との経験を養うことができる

プロジェクトにおいて、クライアント側の経営陣向けに成果物を報告、議論することができる機会が多いことも、同社の魅力の1つとなっている。

クライアントの経営陣と真剣勝負で議論する機会は、他のコンサルティングファームでも多くない。

ここで培った経験があれば、将来、外へ転職することになったとしても、どこでも活躍できると言えるだろう。

CXO相手に仕事することは、最初は緊張しますが、徐々に慣れてきます。もし、慣れてきたら、それはご自身が成長していることの証と言えますね。弊社ではそういったことを多く経験できます。

ガートナージャパン転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 802 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事