ガートナージャパンへ転職!年収・評判・難易度を徹底解説

ガートナージャパンはIT分野におけるリサーチやコンサルティングで高い認知を誇る企業で、またアナリストクラスでも年収が800万円を超える高給企業でも知られている。本記事ではそんなガートナージャパンの年収事情からリアルな評判、転職難易度、激務の実態など転職情報を解説していく。

ガートナージャパンへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ガートナージャパンの年収

ガートナージャパンの役職 年次(目安) 年収(目安)
アナリスト ~10年目 800~1000万円
コンサルタント 6~13年目 900~1200万円
シニアコンサルタント 10~18年目 1000~1500万円
マネージャー 実力による 1200~1800万円
ディレクター 実力による 1600~2000万円

上記はガートナージャパンの役職別の目安年次・年収である。ガートナージャパンの最大の特徴は、アナリストでも賞与込で最低でも800万円を超える水準の年収が得られるという点である。

役職別で見るとアナリストで800~1000万円、コンサルタントで900~1200万円、シニアコンサルタントで1000~1500万円となっており、年収1000万円の壁を超えるのは評価が高ければアナリスト時点で、平均的でもシニアコンサルタントとなっている。(年齢としては20代後半~30代前半)

また、ガートナージャパンでは徹底した実力主義の文化となっているため、20代のうちから年収1000万円を超えることも可能である。一方で、年功序列ではないため成果を出せないと年収が上がることがないという点は注意が必要である。

一般企業と異なり、平均以下のパフォーマンスでも年齢が上がればその分年収が上がっていくということはなく、平均以上のパフォーマンスを出した人が昇給していく仕組みとなっているのだ。総じて年収面からみてガートナージャパンは非常に魅力的な転職先と言える。

▼おすすめの転職エージェント

ガートナージャパンの会社概要

ガートナージャパン_概要

ガートナージャパンは主に以下を主力として事業展開している。

  • リサーチ&アドバイザリー
  • コンサルティング

特に、ガートナージャパンはテクノロジー分野におけるリサーチに圧倒的な強みを持つ。そうしたリサーチに基づく「リサーチ&アドバイザリー」がガートナージャパンの代名詞でもある。

テクノロジー分野におけるリサーチについては、メディアでも頻繁に引用されるほどの地位を確立している。また、ガートナージャパンには多数のエキスパートが所属しており、CIOやITエキスパートに向けた数々のコンサルティングも提供している。

▼おすすめの転職エージェント

ガートナージャパンの評判

以下ではコンサルキャリアが独自調査したガートナージャパンのリアルな評判についてご紹介する。ポジティブ・ネガティブ両方の評判があるため、ぜひ参考にして頂きたい。

▼ガートナージャパンのポジティブな評判まとめ

  • 月間の平均残業時間が30時間未満であり、ワークライフバランスが非常に取れている
  • 少数精鋭で風通しが良く、大きな案件も挑戦しやすい
  • 裁量労働制で、若いうちから自由度の高い勤務が可能である

    現役社員の評判をまとめると、全体的に働く環境に対して高い評判が目立った。平均60時間を超える残業が当たりまえなリサーチ・コンサル業界で、ガートナージャパンはその半分以下である平均27.6時間しか残業がなく、平日でもプライベートと仕事を両立することができる環境である。

    また若いうちからある程度自分の仕事量を調整でき、大きな案件にも関わることができるため、同世代に比べ早い段階で成長を感じられるとのことである。一方で成果主義であるため、結果を出すことが大前提とされている。

    全体的に見て、ガートナージャパンの評判は非常に高く、コンサル業界トップクラスと言える働く環境の良さが魅力として挙がっている。

    ▼ガートナージャパンのネガティブな評判まとめ

    • 海外支部と比べ国内のトップ層はライバル意識が高く、空気感が重い
    • 年収は全体的に高いが、2,000万円の大台を突破しているのはほんの少数である
    • IT分野に注力しているため、高度なITリテラシーがないと結果が残しづらい

      全体的に評判を見ても、悪い評判は少ないが強いて言えば上記のような声も挙がっている。成果主義が基本であるため、時折空気感が重くなることもあるという。

      またガートナージャパンは現在デジタル分野に注力しているため、高いパフォーマンスを発揮していくためにはIT分野への知見を常にアップデートし続ける必要があり、この辺のプレッシャーや大変さはあるという。

      ▼おすすめの転職エージェント

      ガートナージャパンの転職難易度

      結論から言うと、ガートナージャパンの転職難易度は非常に高いと言える。

      • 少数精鋭のスタイルを貫いているため、採用枠自体が少ない
      • それでいて、世界的な有名企業のため人気がある
      • 現在日本支部での募集は、IT分野に特化したアソシエイト以上であり専門性が高い

        ガートナージャパンは世界90ヵ国に拠点を置き、高いプレゼンスがあることから非常に人気が高い企業である一方、日本での採用人数は少ないため、その分難易度が高くなっている。

        それに加えて、募集ポジションのほとんどがIT分野に特化しているためIT知識はもちろん、全てのポジションでビジネスレベルの英語力が必須など、全体的にハイレベル基準となっている。また応募者のレベルも高く競争が激しいため、徹底的な対策が必須となっている。

        転職難易度が高いガートナージャパンへの転職を目指すのであれば、コンサル転職に強みを持つエージェントを利用することをおすすめしたい。コンサルに強みを持つエージェントであれば、過去の面接傾向や独自の対策方法を確立しているため、通過率を大きく上げる手助けをしてくれる。

        ▼おすすめの転職エージェント

        ガートナージャパンの中途選考フロー・面接

        ガートナージャパンの中途面接は、以下のようなフローで行われる。

        1. 書類選考
        2. 一次面接(人事):一般面接
        3. 二次面接(人事・マネージャクラス):一般面接
        4. 最終面接(役員クラス):一般面接

          ガートナージャパンの中途面接は、基本的にケース面接がなく一般面接のみで合否を判定する特徴がある。ガートナージャパンで採用を担当している中村氏曰く、求める人物像として以下の4点を明記しているため参考にして頂きたい。

          • 自分のミッションに対して成果の出せる人
          • 論理的に考え解決方法を導き出す力のある人
          • 他人の意見を取り入れ、チーム単位で働ける人
          • ITへの理解がある人

            ガートナージャパンではチーム単位で一つのプロジェクトをこなし、しっかりと結果を出す力がある人を求めている。そのため面接では、前職でどのように成果を出してきたか、自分がチーム内でどういう立ち回りで業務を行ったかなどのプロセスをアピールすることに加え、ITリテラシーの高さをアピールすることが重要になってくる。

            ガートナージャパンへの転職を目指すのであれば、コンサル転職に強みを持つエージェントを利用することをおすすめしたい。

            ▼おすすめの転職エージェント

            ガートナージャパンの中途求人

            ガートナージャパン_中途求人

            ガートナージャパンでは通年で中途採用を行っており、現在では19の中途求人が募集されている。ガートナージャパンの中途求人は、日本では馴染みのない呼称のポジションがあったりと、少し分かりにくいという特徴がある。

            上記はガートナージャパンの中途求人の一部抜粋であるが、見ると分かる通り様々な中途求人があるため、自分に最適な求人か否かを見定めることは難しい。そのため、応募求人を決める上ではガートナージャパンなどへの転職支援実績が豊富なエージェントを利用して、アドバイスを受けることをおすすめしたい。

            ▼おすすめの転職エージェント

            ガートナージャパンの激務の実態

            結論、ガートナージャパンは激務からはほど遠くむしろホワイト企業と言えるレベルで労働環境の水準が高い。

            • 月の平均残業30時間未満と、業界トップクラスの短さ
            • 裁量労働制で外資系の色が強く、自分の仕事時間をコントロールしやすい
            • 数字にはうるさいため、結果にはシビアである

              特筆すべきは、平均残業時間の短さで、ガートナージャパンでは平日の仕事後もプライベートの時間を確保できる。実際、コンサル業界の中でも働き方改革が進んでいると言われているアクセンチュアやアビームコンサルティングでさえ残業時間が40時間程度となっており、それよりも10時間以上少ない水準となっている。

              また、裁量労働制のため自身の仕事量や時間をある程度好きにコントロールでき、時間に縛られることが基本的に少ないという。一方で、ガートナージャパンは結果と数字にこだわるため、結果を出すことは常に求められる。

              そのため、比較的自由に働ける側面では激務とは言えないが、結果がシビアに求められる部分では精神的にプレッシャーを感じる社員も多いとのことである。

              ▼おすすめの転職エージェント

              ガートナージャパンへの転職でおすすめのエージェント

              前述通りガートナージャパンへの転職難易度も非常に高い。また応募してくる人のレベルも非常に高いため、入念な対策や情報収集を行いながら転職活動を進めていく必要がある。

              そのため、"絶対に"やるべきことはコンサル転職支援に強みを持つエージェントを選ぶことである。実際にどのエージェントを選ぶかで選考突破の確率は大きく変わってくる。

              具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

              おすすめ度:★★★★★

              アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、アクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

              Aさん
              (戦略コンサル転職者)
              とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
              また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

              Bさん
              (総合コンサル転職者)
              業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
              他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

              コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

              上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、コンサルキャリア運営メンバーや多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

              おすすめの記事