デロイトトーマツアクト転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

デロイトトーマツアクトは、デロイトグループの一員であり、企業のデジタル改革・戦略を実現するための先進的なデジタルソリューションの構築・導入を、プロセス設計とあわせて総合的に支援している。

本記事ではそんなデロイトトーマツアクトの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元デロイトトーマツアクト社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • デロイトトーマツアクトの中途難易度
  • デロイトトーマツアクトの選考フロー~面接内容
  • デロイトトーマツアクトへの転職を成功させるためにやるべきこと

デロイトトーマツアクトを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

デロイトトーマツアクトとは

デロイト トーマツ アクト株式会社は、デロイトグループの会社として、国内のクライアント向けにIT・DX領域を中心としたコンサルサービスを展開している。

主な事業分野としては、AP導入の構想立案・設計・開発・保守運用を行う「ERP事業」、統合CRMのプラットフォームとして高いシェアを誇るSalesforceの導入支援を行う「M&I事業」、RPAやBIを用いて企業経営のDX化を推進する「DX事業」の3つ分野を展開している。

また、サービス範囲としては、コンサルティング(ファイナンス、サプライチェーン、および、IT業務投資に関する選別されたソリューションの構築・導入における、要件定義~構築を支援)、DX(デジタル改革・戦略を実現するためのソリューションの構築・導入等を支援)、マネージドサービス(コンサルティング、および、DXで実現したソリューションの価値を最大化するために、改善や活用を通じた更なるクライアントの変革を支援)を提供している。

設立は2000年であり、当時は保守運用サービスを軸にSIサービスを展開していたが、年々、成長を続け、2021年には福岡事務所を設立する等、国内において存在感を高めている企業となっている。

会社名 デロイト トーマツ アクト株式会社
英語表記 Deloitte Tohmatsu akt Co., Ltd.
従業員数 531人(2023年4月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区一番町
公式HP https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtc/dt-akt.html

デロイトトーマツアクトの強み・特徴

デロイトグループのグループ会社として、IT・DXを中心としたコンサルサービスを展開するデロイトトーマツアクトだが、他の監査法人・コンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役デロイトトーマツアクト社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

End-to-Endで支援

デロイトトーマツアクトの強みの1つにEnd-to-Endで支援できることがあげられる。

これは、IT・DXの戦略立案から、実装・実行までを支援するという意味であり、デロイトグループほどの大規模な組織がベンチャーコンサルのようにフットワークを軽くして、柔軟に対応できることを示唆している。

一気通貫でのソリューション提供により、顧客との関係性構築のみならず、信頼度が上がる結果につながっているのだ。

最初から最後まで運命共同体として、クライアントと密接にビジネスしていく姿勢については、クライアントから評価されていると思います。デロイトグループであっても、泥臭く、現場に張り付いて、クライアントのビジネスを成功させようとする熱意も強みの1つだと感じております。

現役デロイトトーマツアクト社員A氏

デロイトグループのブランド

デロイトグループのネームバリュー、つまり、ブランドを活用できる点も、デロイトトーマツアクトが案件等を受注する際に役に立っている武器となっているようだ。

デロイトというネームバリューは、グローバルはもちろん、国内でも多くのクライアント企業が認知をしており、特に上場企業のような日本を代表する企業は、知らない企業がいないくらい認知度が高い。

そのデロイトグループのブランドは、クライアントの提案の際にも、デロイトトーマツアクトの大きな武器となっているとのことである。

デロイトグループの1つというだけで、ある程度の認知度と信頼度を確保できます。正直、クライアントからすると、どこの馬の骨か分からない会社よりも有名企業の方が、第一印象がやっぱり良いです。この点については、同社で働いて感じるメリットの1つですね。

現役デロイトトーマツアクト社員B氏

スピード感溢れるプロジェクト推進

デロイトトーマツアクトでは、ベンチャーコンサルのように速いスピードでプロジェクトを進めることができる特徴を持っている。

伝統的なコンサルティングファームというよりは、ITベンチャーのような組織文化であるため、現場の社員の裁量権が高く、ある程度のことは現場で決断することが多い。

そのため、クライアントからすると、大企業特有のスピード感の無さを感じることなく、スピーディーに物事を進めることができるようだ。

クライアントからも、よく「デロイトトーマツアクトさんってベンチャー企業みたいですね」と言われることがあります。何でも現場で即決するスピード感が弊社の武器と言えるので、そのことがクライアントに伝わっていて嬉しいですね。

現役デロイトトーマツアクト社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトの中途選考フロー

デロイトトーマツアクトの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接(二次面接も実施の可能性あり)
  3. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2.5ヶ月を要する。

以下ではデロイトトーマツアクトの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

デロイトトーマツアクトの書類選考・志望動機

デロイトトーマツアクトへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無いが、語学・資格を問う項目があるため、語学力がある、もしくは、資格を有している場合は、アピールしておこう。

また、書類以外に、志望動機に関する項目があるため、「なぜ、デロイトトーマツアクトを選んだのか」が特に注視される。

例として、実際にデロイトトーマツアクトへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在、国内SIerでシステム企画・導入・運営等を担当している。現在の会社では、自分ができることが決まっており、ある意味、分業制での仕事を強いられている。自分としては、更に裁量権を持って、業務範囲を広げて仕事をしたいと考えている中で、現場の社員の裁量権が高く、自由度を持って仕事に取り組むことができるデロイトトーマツアクトへの応募を決意した。入社後は、現職で培ったノウハウを活かして、クライアントワークで存在感を出していきたいと考えている。

デロイトトーマツアクト転職成功者Dさんの志望動機

現在は、コンサルティングファームでIT関連のプロジェクトを中心に仕事をしている。しかし、現職では企画止まりのプロジェクトが多く、クライアントも中小企業が多く、仕事の内容が固定化していることにキャリアとしての危機感を感じている。そんな中、デロイトトーマツアクトでは、一気通貫でプロジェクトに参画できること、そして、大企業のクライアント等に対しても仕事ができる点に対して共感を持ち、応募に至った。入社後は、企画立案の経験をプロジェクトに還元しながら、実行フェーズ等も経験していきたいと考えている。

デロイトトーマツアクト転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトの中途面接

ここではデロイトトーマツアクトにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:DM
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、保有している資格、入社後のイメージ

一次面接では、DMが面接担当者となり、質問内容としては応募書類の確認がメインになる。

現職での業務内容、役割、苦労した点・工夫した点、デロイトトーマツアクトへの志望動機等、ベーシックな質問に終始する。

また、IT関連の資格を保有しているかという確認をしてくることもあり、その際には「なぜ、その資格を取ろうと思ったか?」等の取得理由を聞いてくる場合もある。

入社後は、どのようなキャリアを歩もうとしているのか、どのような資格を取るつもりか等、入社後のキャリアイメージを聞いてくる面接担当者もいるので、入社後のイメージも膨らませておこう。

更に、第二新卒や監査・コンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がSDMになる)二次面接も用意されることがある。

聞いてくる質問自体は、オーソドックスな内容が多いですが、様々なことを質問してくる面接担当者もいます。なので、事前に手広く質問されてもある程度、応えることができるように準備しておきましょう。

デロイトトーマツアクト転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:SDM、もしくは、DD
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、志望度の確認

最終面接では、SDM、もしくは、DDが面接担当者となる。

質問内容としては、一次面接の回答内容の確認作業が多くなるが、一方で応募者の入社への本気度を問うことも多い。

「他社からオファーがあったらどうするか?」等、心を揺さぶってくる質問が出てくる時もあるので、デロイトトーマツアクトが第一志望であることをしっかりと伝えるようにしよう。

最終面接は応募者の専門性というよりも、デロイトトーマツアクトにマッチしているか、本気で入社しようとしているのか、を確認する面接となります。なので、しっかりとデロイトトーマツアクトへの想いを伝えるようにしておくことをオススメします。

デロイトトーマツアクト転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトの転職難易度

ここではデロイトトーマツアクトへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

デロイトトーマツアクトは、様々な職種を募集しており、採用に関しては積極的な動きが見受けられる。

一方で、同社はデロイトグループの1社でありながら、働き方の自由度が高い等の理由から、IT・DX領域の経験者からは人気の転職先候補となっている。

そのため、転職難易度としては、比較的高めと言えるだろう。

上司や先輩の日程を確認すると、「採用面接」という予定が入っていることが多いです。それくらい、転職応募者が多く応募してきているだと感じますね。

デロイトトーマツアクト転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が比較的高めということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いデロイトトーマツアクトへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いデロイトトーマツアクトの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、デロイトトーマツアクトが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、デロイトトーマツアクトが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • チームと共に問題意識を持ち、自らの専門性を高めたいと考えている人材
  • 特性・属性が異なるメンバーやクライアントでも常にその存在・関わりを尊重し、多様性を受け入れることができる人材
  • 業務に関わる全てのステークフォルダーの方々の思いを尊重し、困難を助けることができる人材
  • 絵にかいた餅ではなく、実際の成果を重視し、高いコミットメントを持って仕事に取り組める人材
  • 自らの意志でキャリアの自己実現に向けて具体的に行動できる人材

デロイトトーマツアクトへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、デロイトトーマツアクトに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

デロイトトーマツアクトへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

デロイトトーマツアクトの分析

デロイトトーマツアクトでは、選考において、志望動機を問うことが多く、注視している傾向にある。

採用担当者が応募者の志望動機に納得し、選考を先に進めるためには、事前の念入りなデロイトトーマツアクトの分析が欠かせない。

デロイトトーマツアクトの特徴、独自性、働き方、その他の共感した点等、同社のホームページを中心に様々な内容を調べておこう。

隅から隅までデロイトトーマツアクトを分析できることに越したことはありませんが、ある程度、「調べ切った」と感じるくらいまで調べておくことに損はありません。調べた分だけ、採用担当者に伝えることができますので。

デロイトトーマツアクト転職成功者Dさん

論理的な説明の準備

デロイトトーマツアクトへの応募者の中には、コンサルティングファーム未経験者もおり、多くの応募者が、面接の際に論理的な説明を上手くできずに、選考を突破することができないということがあるようだ。

コンサルティングファームである以上、未経験者であっても最低限の論理的な思考力、プレゼン力が必要となるため、不安な人は事前に訓練しておくことをオススメする。

友人・知人、もしくは、転職エージェントに付き合ってもらって、論理的な説明ができるように練習相手になってもらうことも有効である。

意外に相手に分かりやすく論理的に説明することって難しいです。コンサル経験者であっても、時には相手に伝わりきらないこともありますので、コンサル経験者であっても、この際、復習の意味で「自分の説明が論理的であるか」を確認しても良いかもしれません。

デロイトトーマツアクト転職成功者Eさん

自分自身のスキル・経験の整理

中途採用の選考を突破するためには、自分自身が「即戦力」であることを、採用担当者にアピールすることも重要な要素となる。

そのためには、自分自身が今まで培ってきたスキル・経験を整理し、説明できるようにしておくことが突破への近道となる。

「面接で聞かれたら、応えることができるだろう」と油断せず、事前にメモ等に記載し、可視化しておこう。

自分でも忘れてたスキル・経験が、選考突破の要因となるかもしれない。

自分では気づかなかったスキル・経験が出てくることもあるので、スキル・経験はできる限り、メモで箇条書きにしてみましょう。メモ書きしておけば、そのまま書類選考に活用できることもありますので。

デロイトトーマツアクト転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツアクトへの転職の魅力

ここでは、デロイトトーマツアクトの現役社員の声を参考にしながら、デロイトトーマツアクトに転職する魅力について改めて整理する。

デロイトグループのネットワークを活用できる

デロイトグループのネットワークを活用できる点は、転職を検討する上で、大きな魅力となるだろう。

他のグループ会社との連携や、社員との交流、更には海外のデロイトグループとの交流も図ることができ、キャリアとしての幅が広がる機会が、たくさん用意されている。

また、他のグループ会社との共同プロジェクトでは、普段、一緒に仕事をしない社員とのプロジェクトになるため、新鮮な経験が多いようだ。

他のグループ会社との共同プロジェクトでは、他のグループ会社の社員の考え・働き方等を学ぶことができ、非常に勉強になります。規模感が大きい組織で働くことのメリットを弊社では感じることができますよ。

デロイトトーマツアクト転職成功者Gさん

裁量権が高い

デロイトトーマツアクトでは、現場の意志、および、プロジェクトをスピーディーに進めることを重視しているため、現場の社員の裁量権が高く、主体的に仕事を進めたい人にとっては最適な職場環境となっている。

それが例え、若手社員であったとしても、基本的には現場の仕事での判断を任させることが多い。

そういった現場主義の文化は、成長意欲が旺盛な人にとっては、絶好の文化と言えるだろう。

裁量権は、例えば他のBIG4に比べても、高い方だと思いますね。「こんなことも自分が決めて良いの?」と感じるくらい任せてもらえます。そういう環境だとやる気が出ますし、責任感も増して、全力に仕事に取り組むことができますね。

デロイトトーマツアクト転職成功者Hさん

充実したキャリアアップ制度

充実したキャリアアップの制度が様々、用意されている点もデロイトトーマツアクトの魅力の1つと言えるだろう。

ITコンサルタントに求められるマインドや、ロジカルシンキング、IT・DX関連の基礎・応用知識を研修やグループワークを通じて学べるだけでなく、役職別の研修(例えば、SDC/DL以上ならマネジメント研修等)が用意されている。

これらの制度を自分自身のスキル、もしくは、足りないと感じる要素に応じて好きな時に好きなだけ学ぶことができる。

また、SAP社オフィシャルe-Learning、Certification(認定資格)、基本情報処理技術者、更には簿記などの資格取得の支援も実施しており、会社として人材育成に注力していることが見受けられる。

もちろん、自分次第ではありますが、少なくとも会社としては、IT・DXコンサルのプロフェッショナルになれるための環境は用意してくれています。また、気になることがあれば、いつでも先輩や上司に聞ける環境・文化があることも、キャリアアップを促進する要素となっていると思います。みんなで、お互いに成長していこうという雰囲気が弊社にはあると思います。

デロイトトーマツアクト転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 2,437 times, 2 visit(s) today
おすすめの記事