ノースサンドはやばい?リアルな評判を現役・元社員の声から徹底解説

コンサルティング業界の中でも急成長中のファームとして注目を集めているのがノースサンドである。

本記事では現役・元ノースサンド社員へのインタビューを踏まえてリアルな評判を徹底解説していく。

良い評判から「やばい」という評判まで忖度なく解説しているためぜひ参考にして頂きたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際に現役ノースサンド社員複数人にインタビューを行っている。

本記事でわかること
  • ノースサンドがやばいと言われる理由
  • やばいと言われる理由の真相
  • 現役・元ノースサンド社員によるリアルな評判

ノースサンドを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントおよびノースサンド転職大全の記事を参考にして頂きたい。

ノースサンドがやばいと言われる理由

ノースサンドはやばいと言われることが多く、実際に「ノースサンド やばい」の月間検索ボリュームも調べると1,000回も検索されている。

ノースサンドやばい
出所:Googleキーワードプランナー

ノースサンドがやばいと言われる理由について、現役ノースサンド社員複数人にインタビューを行った内容を踏まえて、徹底的に解説していく。

ノースサンドがやばいと言われる主な理由は以下の通りである。

  • IT分野に偏り過ぎている
  • 女性が少ない
  • 長期的な視点がない
  • 激務
  • 年収が低い

現役ノースサンド社員の実体験に基づくリアルな実態を解説しているためぜひ参考にしていただきたい。

ノースサンドはIT分野に偏りすぎてやばい?

ノースサンドは2015年に設立されて、売上が24億円(2021年時点)、従業員数が522名(2023年5月時点)までに成長してきたコンサルティング企業であり、デジタル、IT、ビジネスの3つ分野を事業の軸としている。

一見、近年のDX、リスキリング等の日本企業に関する社会的背景・トレンドに合わせて事業を展開しているかと思うが、実態としては、システム・サービス導入、運用支援等、Sierのような案件が多いようだ。

また、それに伴い、IT業界(特に大手Sier)出身の人材を獲得する傾向も強まっており、会社全体としてIT分野に偏りすぎて、事業領域が狭くなっている状況にあると言う。

IT業界出身者やIT関連の知識が豊富な社員は、確かに多い印象がありますね。なので、戦略コンサル出身の方が中途入社してきても、肩身が狭かったり、システム導入等のIT案件に参画しなければいけないこともあります。とは言っても、顧客のニーズがIT関連のことばかりなので、「時代がそうなのだ。」と割り切るしかないと思います。

現役ノースサンド社員A氏

会社としてIT分野に案件だったり、社員構成を偏りすぎるのは、少し心配ですが、そのおかげで飯を食えているのも事実としてあります。また、社員目線で言うと、IT系の知識・経験が豊富な社員にとっては、活躍できる環境だと思いますよ。しかも、活躍すればするほど年俸も上がりますし、良いことだらけですよ。

現役ノースサンド社員B氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ノースサンドは女性社員が少なくてやばい?

ノースサンドはベンチャー企業であるがゆえに、社員にはハードワークを求めるため、子育て世代の女性が少なく、どちらかというと、働き盛りの男性(特に若手)が多いという声がある。

実際、男女比は7:3の割合となっており、女性の比率は男性に比べて低い。

今後、企業として優秀な人材を獲得していくためには、男女問わず働きやすい職場環境を構築していく必要があるが、ノースサンドはまだ、発展途上の段階であるようだ。

女性社員は少ないのは事実としてあります。しかし、その点については、経営陣や人事部が、女性社員を増やしていくための職場環境の改善や施策を色々検討していますので、徐々に女性社員の割合が増えていくと思います。実際、子育て世代の方もいらっしゃいますが、残業なく仕事を終えることができるようにチームメンバーでサポートしながら、案件を進めていますよ。

現役ノースサンド社員C氏

そもそも、ノースサンドがコンサル業界に属している企業であり、かつ、ベンチャー企業なのでハードワークになるのは避けれないと思います。もちろん、男女問わず働きやすい環境にしようという危機感は経営陣の中にありますし、実際、数年前に比べて、残業もかなり減りました。職場環境は、数年前に比べて、かなり改善されているので、今後も改善されていくと思います。そうすれば、自ずと女性社員も増えていくと思います。

現役ノースサンド社員D氏

ノースサンドは長期的な視点が無くてやばい?

ノースサンドはベンチャー企業であるため、経営を維持するためには、どうしても短期的な売上・利益を上げなくてはいけない状況にある。

一方で、目先の売上・利益ばかりを追い求めてすぎて、中長期的な方針・目標に対する視点が弱くなっているようだ。

ベンチャー企業であるゆえの「短期」と「中長期」のバランスをどのように取っていくか、がノースサンドにとって悩みの種になっている。

「これも、ノースサンドがやるの?コンサルの仕事じゃないよね?(笑)」みたいな下請け案件も多いですよ。しかし、ベンチャー企業なので、しょうがないと思います。大手のコンサルティングファームなら、仕事を選べるかもしれませんが、まだ、認知度が低いベンチャーはそういった案件を拾いながら、信頼を上げていくしかないです。逆にそういった過程を楽しめる社員にはぴったりな環境ですし、楽しんでいる社員も多いですよ。

現役ノースサンド社員A氏

若手社員の長期的な育成方針等は、正直、無いですね。とにかく、現場で経験を積ませている感じなので、行き当たりばったりな育成方法になっているのは、間違いないです。ただし、中堅以上の社員が、若手社員のことを全く考えていないかというとそうでもないです。キャリアの相談には真摯に応えたり、一緒に考えたりしてくれる社員ばかりですし、若手社員が「チャレンジしたい」と手を挙げれば、気持ちよくチャレンジさせてあげる文化もあります。

現役ノースサンド社員C氏

ノースサンドは激務すぎてやばい?

ノースサンドは、急成長していることから激務すぎてやばいという印象を持っている人も多いようだ。

この「激務だからやばい」の真相を探るためにファクトを見てみたい。

以下は主要コンサルファームの月間残業時間をランキング化したものである。(出所:Open Work

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4
7 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
8 ボストン・コンサルティング・グループ 62.8
9 PwCコンサルティング 62.4
10 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
11 アクセンチュア 52.1
12 KPMGコンサルティング 43.4
13 アビームコンサルティング 36.3
14 ベイカレント・コンサルティング 33.0
15 ノースサンド 25.5

ノースサンドの月間残業時間は25.5時間と、主要コンサルファームの中でも圧倒的に少ないという結果となった。

業界Topの激務度を誇るアーサー・D・リトルと比較すると残業時間は1/3以下であり、働き方改革が進んでいるというアクセンチュアと比較してもノースサンドの残業時間は半分以下となっている。

ベンチャーなのでブラックかと思いきやめちゃくちゃホワイトだと思います。外資系コンサルとは全然違うと思います。

現役ノースサンド社員A氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ノースサンドは年収が低いからやばい?

新興系のコンサルティングファームの場合、年収が低くなってしまうことも多く、ノースサンドも年収が低くてやばいという噂もある。

この「年収が低いからやばい」の真相を探るためにファクトを見てみたい。

ここではノースサンドと他の新興系コンサルファーム別の平均年収をご紹介していく。(出所:Open Work

ここでご紹介する平均年収はあくまでOpen Workにおける回答者平均である点はご留意いただきたい。

ファーム名 平均年収
ライズ コンサルティング グループ 1,003万円
Regrit Partners 819万円
ビジョンコンサルティング 814万円
Dirbato 714万円
ノースサンド 647万円
レイヤーズ コンサルティング 636万円

上記を見ると、ノースサンドの年収は下から2番目となっている。

しかし、あくまでこれは平均年収であるという点は注意いただきたい。

ノースサンドの従業員は約40%が20代であり、若い組織であるがゆえに平均年収が押し下げられているという実態があるようだ。

他の新興系のコンサルティングファームと比較すると、相対的にノースサンドの平均年収は低いものの、本人次第でどんどん昇進させていく社風であるため、若くして高い年収を得るチャンスがあるファームとなっている。

【社員の評判】ノースサンドに入社して良かったこと

「やばい」という噂も多いノースサンドだが、ここでは元・現役ノースサンド社員に入社して良かったことを聞いた内容をご紹介する。

忖度なしの意見をもらったのでぜひ参考にしていただきたい。

とにかく、成長できる会社だと思います。社員全員が主体性を持って仕事に取り組んでいます。若手社員にもどんどんチャレンジさせる社内の雰囲気もあります。社内勉強会のような案件に関するナレッジ共有の機会もたくさんあるので、仕事に対するモチベーションが高い人にとっては、やりがいのある会社だと思います。

現役ノースサンド社員B氏

私は在籍していた頃は、まだノースサンドが設立して間もない頃だったので、経営陣との距離はものすごく近かったですね。なので、経営陣の考えを聞けたり、逆に経営陣に対して意見を言うこともできました。経営目線で仕事に取り組むという経験は、大手ではなかなかできないので、貴重な経験になりました。今もノースサンドに在籍している同僚に話を聞いたところ、「従業員数は格段に増えたけど、今でも経営陣は、極力、メンバーの意見や取り組みを吸い上げるようにしている。」と言っていました。

元ノースサンド社員E氏

【社員の評判】ノースサンドに入社して悪かったこと

一方で、元・現役ノースサンド社員からネガティブな声もあがっている。

ネガティブな声は「やばい」という評判に繋がる要素でもあるためぜひ参考にして頂きたい。

「指示待ち、もしくは、ある程度時間に余裕を持って仕事をしたい社員」には、絶対に合わないと思います。私の同期もそれが理由で辞めましたが、コンサル業界ですし、ベンチャー企業なので、主体的に行動できる人しか合わないと思います。逆に短期間で成長したい人にはぴったりだと思います。数年間、ハードに働いて、経験を積んだ後、転職、もしくは、起業するという選択肢も全然アリだと思いますよ。

現役ノースサンド社員D氏

私は当時、戦略コンサルタントとして中途入社したのですが、どうしても引き合いが多いIT案件(システム開発・導入等)に参画しなければならず、「専門性が活かしきれない」と感じたので、辞めました。入社してから「実際に合う、合わない」が分かったり、ベンチャー企業であるがゆえに、事業方針がガラッと変わることもあるので、しょうがないと思います。一方で、ITを専門とする人にとっては、活躍できる場が多いと思います。同じタイミングに中途入社したSierの方は、「年収も上がって、裁量も大きくなって嬉しい。」と仰っていたので。

元ノースサンド社員F氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 6,202 times, 27 visit(s) today
おすすめの記事