GCAへの転職を徹底解説 | 難易度・激務・年収

2004年に創業したにもかかわらず、非常に早いスピード感で実績を出し東証一部上場している企業がGCA株式会社である。

GCAは経済誌として古くから信頼のある「東洋経済誌」や「日系コンピューター」などに数々の実績が掲載されるなど圧倒的実力を残している。

GCAへの転職を徹底解説

GCAへの転職を目指すのであれば、金融などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

GCAとはどんな会社?

GCAとは、日本/アメリカ/ヨーロッパ圏を中心として活動するM&Aアドバイザリーファームである。

M&Aアドバイザリーファームとは、契約締結をした買収側or売却側の利益を最大にすることを目的とした専門家集団のことを指す。

2004年に創業以来、どの企業にも資本提携をして所属することなく完全独立型のM&A企業であることが特徴である。

独立型のメリットとしては、M&Aを行う買い手、売り手、どちらにも利害関係が発生しないため、フラットな条件で企業の売買を行うことができることである。

また、国内のM&A業務を積極的に行うだけではなく、グローバルなエリアでのM&Aを行うことに着目しており、幅広いフィールドで仕事を行うプロフェッショナル集団の集まりなのだ。

グローバルなフィールドでM&Aを行うことに着目している1つの理由は、代表取締役がグローバルで事業を展開するKPMG出身者であることが関係するとされている。

GCAへの転職難易度・求人情報

GCAは完全実力企業であり、転職難易度は高いと言われている。

転職難易度が高い理由について、求人情報を踏まえて解説していく。

現在GCAでは2職種の中途採用募集があり、「M&Aファイナンシャルアドバイザー」と「戦略コンサルタント」である。

  1. M&Aファイナンシャルアドバイザー:
    継承者が不在の企業・企業を買収したいクライアントに対して、売り手・買い手共に最大の利益となるように交渉、契約締結完了まで持って行く
  2. 戦略コンサルタント:
    他社の買収を通して企業成長のサポートや、M&A後に企業間の社風・社員通しが滞りなく早く統合出来るようにサポートを行う

仕事内容を見て分かるように2職種共に高度な専門知識が必要とされるため、募集条件のハードルが高く設定され、下記に一例を紹介する。

  • 大学又は大学院卒業
  • 経営・戦略コンサルティング業務などM&Aに関わる業務を3年以上経験のある人
  • 海外業務経験者/MBA課程修了者 歓迎

このように、応募時点で実績を積んだ人間しか面接に進むことが出来ないため、転職難易度は非常に高いのである。

GCA入社後の年収

CGA社員の平均年収は2000万円前後であり、M&A業界の中でも非常に高水準でな企業であることが分かる。

なぜこのように年収が高いかというとM&Aアドバイザリー業界には何か物を作成して販売するフローが全く必要ではなく、原価がほとんど関らないということが大きな要因なのだ。

年齢別の平均年収では、以下のような水準となっており、どの年代でも非常に高い年収を安定的に得ることができるのだ。

  • 20代:〜1300万円
  • 30代:1990〜2040万円
  • 40代:2550〜2600万円

しかし、担当企業のM&A稼働中には、双方の利益が最大化できるように常に考える必要があり、残業時間が80時間を超えることもザラである。

また、月々固定した給与・賞与が設定されているわけではなく「年俸制・個人の能力により当社規程に照らして決定」されるため、本当に実力がある社員のみ生き残っていける会社であるのだ。

実績を残せた分莫大な収入が入ってくるが、退職金や住宅手当といった一般の日系企業では揃っている制度が揃っていないので注意が必要である。

GCAは激務なのか?

GCAは月平均の残業時間が80時間前後であり、毎日4時間残業してから帰宅する計算になるが、本当に激務なのかは働く本人の判断によるのである。

中途入社であっても、M&Aを行う専門家として社内外から扱われることになる。

すぐに重要な案件をふられることも多い社風のため、その期待にどこまで応えるのか、どこまでこだわるのか、という点で何時間仕事を1日のうちに行うのか、本人の裁量次第であるのだ。

  • 競合などの業界動向の知識吸収
  • 調査や分析、提案書作成
  • 締結書類の整理、作成
  • 売り手/買い手共に有利な条件で契約をする方法を考える

など、この業界で働いているとどうしても長時間労働になってしまうのである。

入社してからこの長時間労働がネックで退職してしまうことがないように、自分自身がどこまで1日の間で働くことができるのか、判断してから挑戦してみることが大切だ。

GCAの評判/口コミ

GCAにて勤務している、勤務していた社員からは良い評判、悪い評判ともに寄せられているので内容をピックアップする。

GCAの良い評判

実績をあげればあげるだけ給料に反映されるので、稼ぎたい人には向いている会社。

若いからと言って仕事の案件がまわってこないことはなく、一定の裁量権をもちながら仕事をこなすことができる。

女性であってもばりばり働きたいと言う方が社内にもちらほらいるので男女差別はほぼないといっても過言ではない。

GCAの悪い評判

固定の年俸制であり、年間の年収だけをざっくりみると確かに高給に見えるが月の残業時間からすると全く給料面が追いついていない。長く勤める未来は見ることが出来ずに退職した。

若手を積極的に採用するといいつつも、実際に採用しているのはミドル層ばかり。そのため、社風として挑戦的な風土が全くなく、年々保守的な雰囲気になってきている。

急なクライアントからの依頼で、土日休みがつぶれることは多々あり、この業界にいると仕方ないと思うが、ワークライフバランスは調整することが難しい。

このように、給料が良いという一方でプライベートとの調整をすることが難しいという意見も寄せられている。

GCAに転職するなら"絶対に"やるべきこと

前述の通り、GCAは超人気企業であり、転職難易度も高い。

特に、面接に向けては徹底的な対策が求められる。

そのため、必ずハイクラス転職に実績を持つエージェントに登録し、対策に向けたサポートを行ってもらう必要がある。

ハイクラス転職に実績を持つエージェントであれば、難易度が高い企業の選考対策を行うことができる。

具体的には、金融やコンサルなどのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに登録することを強くおすすめしたい。

kotora-agent

おすすめ度:★★★★★

コトラは金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントである。

ハイクラス人材からの評判が高いことでも有名なエージェントで、数々のイメージ調査においてNo. 1を獲得している。

エージェントの方が非常に優秀で、ハイクラスの転職を目指すのであれば必ず登録すべきと言っても過言ではない。

Aさん
(証券会社⇒M&A仲介)
複数の同僚がコトラさん経由で転職していたので迷わずコトラさんに登録しました。
やはり実績が多く、かつ求人やアドバイスの質が高くて周囲にもおすすめしているエージェントです。

Bさん
(大手金融機関⇒M&A仲介)
業界の生々しい情報や、最新トレンドについても教えてもらえました。
他社では教えてもらえない情報を提供してくれるのでよりイメージをもって転職活動を進めることができました。

念のため、ハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできるエージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事