ベルテクス・パートナーズ転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

新規事業立ち上げやDX推進支援に強みを持つブティックファームがベルテクス・パートナーズである。

本記事ではそんなベルテクス・パートナーズの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元ベルテクス・パートナーズ社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • ベルテクス・パートナーズの中途難易度
  • ベルテクス・パートナーズの選考フロー~面接内容
  • ベルテクス・パートナーズへの転職を成功させるためにやるべきこと

ベルテクス・パートナーズを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

ベルテクス・パートナーズとは

ベルテクスパートナーズ

株式会社ベルテクス・パートナーズは戦略策定、新規事業創出、ビジネスプロセス、テクノロジー、先進ソリューション活用等に関するコンサルティングサービスを手掛けるコンサルティングファームである。

また、コンサルティング事業以外にも、英会話研修サービスも展開しており、事業会社としての顔も持つ。

設立は2015年7月というベンチャーコンサルであるが、材紹介・研修サービスのコンバージェンス、副業支援サービスのオメガイノベーション、デンタルクリニック業界向けのコンサルサービスのベンタル・パートナーズ、エンターテインメント業界向けのコンサルサービスのベルテクス・エンターテインメントという4つのグループ会社を有する成長著しい企業となっている。

会社名 株式会社ベルテクス・パートナーズ
英語表記 Vertex Partners, Inc.
従業員数 69人(2023年7月時点)
本社所在地(国内) 東京都港区赤坂
公式HP https://www.vertex-p.com/

ベルテクス・パートナーズの強み・特徴

コンサルティングサービスだけでなく、自ら事業を展開するベルテクス・パートナーズだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役ベルテクス・パートナーズ社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

多角化戦略

ベルテクス・パートナーズは、ベンチャー企業でありながらコンサル事業と、英会話事業を手掛けているだけでなく、グループ会社でも様々な事業を展開している。

このようにグループ会社も含めて多角化的な事業を展開していることで、いわゆる「特定の領域に特化したベンチャー企業」からの差別化を図り、独自の経営方針で成長を進めている。

2015年に設立され、現在までの短期間で様々な事業を展開するベルテクス・パートナーズは、今後も様々な事業を新しく創出していくだろうと考えられ、それが同社の大きな強みとなっている。

多角化戦略を実施することで、どこかのビジネスが上手くいかなくても、他のビジネスが成長すれば良いので、経営基盤としては盤石名者になっているかと思います。もちろん、全ての事業を成功させようと思っていますし、現在まで順調に成長しているので、嬉しい限りですね。

現役ベルテクス・パートナーズ社員A氏

大手のクライアントにも多くの実績を誇る

大手のクライアントとの案件実績が多いことも、ベンチャーコンサルであるベルテクス・パートナーズの認知度や信頼性を上げるための大きな強みとなっている。

具体的には、ライオン、阪神阪急不動産、コーセー、JAF、LIXIL等、多くの社会人が認知しているクライアントとビジネスをした実績を有する。

これらの実績により、「あのコンサル企業はどこだ」となり、結果として更なる案件獲得につながっている。

大手のクライアントに認められている点は、ベンチャーコンサルである弊社が今後も成長していくためには、大きな強みとなっていますね。認知度を上げることができないまま会社を畳んでしまうこともあるので、そういうことも含めて、弊社はクライアントに対する貢献度を認めていただいたのかなと。

現役ベルテクス・パートナーズ社員B氏

多様性溢れる人材によるコンサルサービス

ベルテクス・パートナーズでは多様なバックグランドを持つ社員が多く、それらの社員で構成されるチームから様々な視点での解決策を提案できる点も、特徴的である。

実際、大手国内・外資系コンサルティングファーム、事業会社での経営企画部・事業企画部等の経験者はもちろん、総合商社、総合EC、SIer、マーケティング、教育、WEB広告、保険、通信、省庁等の幅広い業界・業種を経験した社員がベルテクス・パートナーズで働いている。

こうした多様性溢れる社員によって、従来のコンサル的な視点だけでなく、今までに無かった視点での課題分析や解決策の提案を実施できており、結果としてクライアントからの評価が高くなっている。

ベルテクス・パートナーズは様々な社員がクライアントに価値をもたらすという目的に向かって一緒に働いています。経歴はもちろんのこと、性別、国籍、年代がバラバラな社員が様々な観点から物事を捉えるので、私も毎日が新しい発見と勉強になっていますね。

現役ベルテクス・パートナーズ社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ベルテクス・パートナーズの中途選考フロー

ベルテクス・パートナーズの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2ヶ月を要する。

以下ではベルテクス・パートナーズの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

ベルテクス・パートナーズの書類選考・志望動機

ベルテクス・パートナーズへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

また、書類以外に、「応募先へのメッセージ」を記載する項目があり、ここでは「志望動機、ベルテクス・パートナーズで貢献できること」が注視される傾向がある。

例として、実際にベルテクス・パートナーズへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在は国内のコンサルティングファームで働いているが、キャリアとしてベンチャー企業でも働いてみたいというプランを持っている。その中で、従業員数が小規模ながら様々な事業・グループ会社を有するベルテクス・パートナーズに興味を持った。ベルテクス・パートナーズがここまで成長した理由を実際に働くことで理解したいと考えている。また、入社後は様々なことを学びながら、現職で培ったコンサルタントとしての知識・ノウハウをクライアントワークに活かすだけでなく、社内の若手メンバー(特にコンサル未経験者)への育成にも活かしたいと考えている。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Dさんの志望動機

現職は、ベンチャー企業の営業職を担当している。その中で、更に自分自身をレベルアップさせたいと思い、コンサルと事業会社のハイブリッド組織であるベルテクス・パートナーズで働くことによって、事業会社で培った経験を活かしつつ、コンサルタントとしての知識・経験を得たいと考えている。入社後は、今の営業スキルを活かしながら、提案活動に貢献したいと考えている。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ベルテクス・パートナーズの中途面接

ここではベルテクス・パートナーズにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:シニアマネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

ベルテクス・パートナーズでは書類選考を通過すると、すぐに一次面接が実施される。

一次面接では、シニアマネージャーが面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機といった、書類選考や「応募先へのメッセージ」の内容確認がメインとなる。

特段、意外性のある質問が来ることは少ないが、現場を指揮するシニアマネージャーが面接担当者ということもあり、現職での業務内容や、応募者のスキル等を深く質問してくる傾向にあるため、現職の業務内容の振り返りを事前にしておくことが効果的となる。

現職の業務内容や志望動機に関する質疑応答を通じて、論理的思考ができるか、物事を客観的に分析できるか、等を見極める傾向にありますね。一方で、普段から、そういう考えをできている人は、落ち着いて質問に対して回答すれば問題無いと思います。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:パートナー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、入社後のキャリアプラン

一次面接の次は最終面接となり、質問内容は一次面接の質問に加えて、入社後のキャリアプランの質問が追加される。

特に入社後のキャリアプランでは、「将来的な独立・起業」を含めて、ベルテクス・パートナーズで何をしたいのか、どういうビジネスマンになりたいのか、を注視している。

面接担当者がパートナーということもあり、多少緊張するかもしれないが、自信を持って堂々と受け答えするようにしよう。

面接担当者としては、応募者の入社後のイメージを詳しく把握したいという狙いがあるのだと思います。具体的なイメージを持っている人ほど、将来に関して真剣に考えている人とみなされるので、事前にしっかりとキャリアプランを練っておくようにしましょう。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ベルテクス・パートナーズの転職難易度

ここではベルテクス・パートナーズへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

ベルテクス・パートナーズは、2015年に設立されたベンチャーコンサルであるものの、2023年7月時点で従業員数が69人と、コンサルティングファームの中では、他のベンチャーコンサルを含めても、小規模の人員体制となっている。

そのため、転職応募者の採用は慎重に実施し、厳選した人材を選定しているようであり、結果として、転職難易度が高めとなっている。

少数精鋭のチーム体制を目指しているので、採用に関しては厳し目ですね。その分、入ってくる社員の方々は、みなさん、大変優秀です。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いベルテクス・パートナーズへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いベルテクス・パートナーズの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、ベルテクス・パートナーズが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、ベルテクス・パートナーズが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 顧客との関係構築、ファシリテーション能力を有する人材
  • 社内外のステークホルダーと円滑にやり取りできるコミュニケーション能力を有する人材
  • 新規事業、戦略立案、テクノロジー関連の事業推進等の経験を有する人材
  • ベンチャーらしく、主体性を持って、迅速に行動できる人材
  • 自らが能動的にチャレンジすることで、会社とともに成長できる人材

ベルテクス・パートナーズへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、ベルテクス・パートナーズに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

ベルテクス・パートナーズへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

ベルテクス・パートナーズの分析

ベルテクス・パートナーズへの志望動機や、入社後に実現したいことをイメージするためには、ベルテクス・パートナーズの調査分析が欠かせない。

ベルテクス・パートナーズの特徴や独自性、どのような社員が働いているのか、自分自身の志望動機につながるようなことを見つける必要があり、それを文章や言葉に落とし込むことが転職を成功させる近道となる。

そのため、少しでもベルテクス・パートナーズに興味を持った人は、まずは、同社の調査分析から始めるようにしよう。

面接では、ベルテクス・パートナーズに関する質問も出てくる時があるので、事前に把握しておきましょう。ポイントとしては、「他社でも良いんじゃないか?」という質問に対して、論理的に相手を納得させることができるような回答を用意しておくことが大事になるかなと思いますね。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Dさん

入社後のキャリアプランを考える

ベルテクス・パートナーズでは、応募者が入社した後にどのような活躍ができるか、どのようなコンサルタントになっていくかを、注視している。

そのため、選考を突破するためには、採用担当者に入社後のイメージを持ってもらうことが重要になる。

入社後のキャリアプランを考えることは、採用担当者に入社後の自分自身をアピールすることになるので、具体的にイメージすることをオススメする。

ベンチャーコンサルなので「応募者が主体性があるか、能動的に動けるか、チャレンジ精神があるか」等を重視します。そのため、入社後に思いっきり活躍できる人材であることをアピールするためにも、入社後のキャリアプランを練っておくことが大切になります。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Eさん

面接対策

ベルテクス・パートナーズはWebテストが無い反面、面接を重視している。

そのため、面接担当者は応募者の人となりやビジネススキル、および、コンサルタントとしての伸びしろ等を、多くの質疑応答を通じて、把握しようとする。

面接担当者のそういった狙いを満たすためにも、面接対策として質疑応答のシミュレーション等を繰り返し、実施しておくことが内定への近道となる。

友人・知人、もしくは、転職エージェントの方々に壁打ち相手になってもらうと良いかもしれません。そうすることで改めて、自分自身が相手にどのように見られているか、どういう印象を持たれているか、を把握することができるので。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ベルテクス・パートナーズへの転職の魅力

ここでは、ベルテクス・パートナーズの現役社員の声を参考にしながら、ベルテクス・パートナーズに転職する魅力について改めて整理する。

充実した人材育成

ベルテクス・パートナーズは人材を重視しているため、人材育成に資金・リソースを注いでいる。

例えば、コンサルタントとしてのノウハウを学ぶ研修、英語力を上げる研修、また、社内交流を通じた知識・ノウハウを共有するミーティングが存在する。

それだけでなく、各プロジェクトにおいても、上司やリーダーから詳細なフィードバック等ももらえるため、成長意欲がある社員にとっては最適な職場環境と言えるだろう。

成長したい社員にとっては最高の職場だと思います。多くの社員が上を目指して邁進しているので、何か悩みや課題があれば、誰でも親身に相談に乗ってくれます。研修制度もしっかりとしているので、ハード(研修制度や福利厚生等)・ソフト(社員どうしのケア等)の両面で人材を育成しようとする環境になっています。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Gさん

年収が高い

大手のコンサルティングファームに引けを取らない年収水準もベルテクス・パートナーズへの転職を検討する上で、魅力的な要素となっている。

更に、ベルテクス・パートナーズでは年俸制を導入しているため、評価を気にし過ぎずに仕事に集中できる環境となっていることも、評判が良い。

大手のコンサルティングファームと同水準の年収を獲得しながら、精神的にも安定して仕事に取り組みたい人にとっては、好条件の企業と言える。

「優秀な人材を確保するためには、高い年収も重要な要素の1つである」ということを、経営陣が理解しているので、高い年収水準になっているのだと思います。仕事のモチベーションは、熱意や成長だけでなく、経済的な側面もありますので。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Hさん

様々なプロジェクトを経験できる

ベルテクス・パートナーズでは、様々なプロジェクトに参画でき、それによってコンサルタントとして大きく成長できる点も、ベルテクス・パートナーズならではの魅力と言える。

例えば、領域では戦略策定、新規事業創出、ビジネスプロセス、テクノロジー等が経験でき、業界では製造、建設、不動産、情報・通信。サービス、医療・医薬関連等、幅広く経験できる。

そのように様々な経験を養うことで、キャリアアップを図ることができるベルテクス・パートナーズは、転職先の企業として魅力的な企業と言える。

ベルテクス・パートナーズに入社してから、前職とは比べ物にならないくらい、様々なプロジェクトに参画しました。キャリアアップを考える上で、様々な経験をすることは、間違いなくプラスになります。最近も経験したことの無いプロジェクトが始まって、自分自身の成長を感じています。

ベルテクス・パートナーズ転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 196 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事