デロイトトーマツベンチャーサポート転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

デロイトトーマツベンチャーサポートは、国内外約5,000社のベンチャー企業との間でネットワークを有し、ベンチャー企業支援・大手企業イノベーションコンサルティング・官公庁向け政策提言/実行支援を行っている。

本記事ではそんなデロイトトーマツベンチャーサポートの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元デロイトトーマツベンチャーサポート社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • デロイトトーマツベンチャーサポートの中途難易度
  • デロイトトーマツベンチャーサポートの選考フロー~面接内容
  • デロイトトーマツベンチャーサポートへの転職を成功させるためにやるべきこと

デロイトトーマツベンチャーサポートを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

デロイトトーマツベンチャーサポートとは

デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社は、デロイトグループにおける企業であり、ベンチャー企業向けの新規事業戦略、大手企業イノベーションコンサルティング・官公庁向け政策提言、および、実行支援等を手掛けるコンサルティングファームである。

展開している事業の具体例としては、新規事業戦略・オープンイノベーション戦略策定の支援(トレンドに沿った新規事業テーマの具体化、外部アライアンス戦略の策定、外部アライアンス体制の整備等)、社内ベンチャー制度設計や新規事業に対するインキュベーション支援(社内ベンチャー制度の現状分析・再設計、インキュベーションプログラムの実行等)、ベンチャー投資体制の整備・運用の支援(ベンチャー投資目的の整理・ベンチャー投資領域の具体化、実効性あるベンチャー投資体制の整備・運用等)、テクノロジー活用によるイノベーション創出支援(新規事業企画立案・実行支援、ベンチャー協業支援等)等がある。

また、イベント開催等にも積極的であり、大企業とベンチャー企業を繋ぐ「Morning Pitch」、ベンチャー企業とメディアを繋ぐ「Release Pitch」、全国47都道府県サミット、産業テーマ別ベンチャーサミット(農業、ものづくり、フード、スポーツなど20テーマ)、ベンチャーのPR強化に向けた「PR School」、ベンチャーと各種専門家を結ぶ若手専門家交流会、次世代の経営陣を育成するCFO養成講座、等を全国各地で主催しており、実績・認知度ともに存在感を高めている注目の企業である。

会社名 デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社
英語表記 Deloitte Tohmatsu Venture Support Co., Ltd.
従業員数 183人(2023年9月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区丸の内
公式HP https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/dtvs/dtvs.html/#3

デロイトトーマツベンチャーサポートの強み・特徴

デロイトグループのグループ会社として、ベンチャー支援や大企業向けインキュベーション支援等を展開するデロイトトーマツベンチャーサポートだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役デロイトトーマツベンチャーサポート社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

多くのベンチャー企業とのネットワークを持つ

デロイトトーマツベンチャーサポートの強みの1つとして、多くのベンチャー企業とのネットワークを持っている点があげらえる。

同社は、国内外で約5,000社のベンチャー企業と関係性を構築しており、そのネットワークを活かして、大企業のクライアントとのオープンイノベーションや、ベンチャー企業どうしが繋がる機会を創出している。

また、多くのベンチャー企業の事例もノウハウとして蓄積していることから、新規事業開発等におけるアイデア出しや、事例調査等にも競合他社と差別化したポジションを確立できているとのことである。

国内を見渡しても、弊社ほど多くのベンチャー企業との関りを持っている企業はいないと思います。このことは、クライアントにとっては大きな差別化要素となっているようですね。日々、イベント開催やベンチャー企業との交流を続けてきた努力の結果だと感じています。

現役デロイトトーマツベンチャーサポート社員A氏

スピード感を持ったプロジェクト推進

デロイトトーマツベンチャーサポートは、社名に「ベンチャー」という言葉がある通り、ベンチャー企業のように動きが速いことが特徴となっている。

組織自体が比較的、コンパクトであると同時に、現場の社員の裁量権が高いため、現場で即決してプロジェクトを進めることも多いようである。

そのようにスピード感溢れる動きは、他のコンサルティングファームには無い差別化要素となっており、クライアントからも高評価を得ているようだ。

ベンチャーサポートと言っている割には、動きが遅いと名前だけの組織になってしまいますので、名前のイメージに合うように仕事を進めるようにしています。提案の中身自体はそこまで変わらなくても、フットワークの軽さ等が違うだけで差別化を実現できますね。

現役デロイトトーマツベンチャーサポート社員B氏

財務・会計領域にも強みを持つ

デロイトトーマツベンチャーサポートは、デロイトグループの会社の1つであるデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(DTFA)の子会社となっている。

DTFAは財務・会計・経営戦略・業界動向等のコンサルサービスを提供しているため、デロイトトーマツベンチャーサポートは必要に応じて、DTFAのアセット、特にデロイトトーマツベンチャーサポートが知見として豊富に蓄えていない財務・会計領域を活用できることも同社の特徴となっている。

ベンチャー企業向けの新規事業戦略、大企業向けのインキュベーション支援等も段階を重ねていくと、やがては財務・会計領域に達することもあるが、その段階では随時、DTFAのアセットを活用することで、クライアントに対して支援を実施することができる。

このようにデロイトグループのアセット、特にDTFAのアセットを活用できることは、競合他社には無いデロイトトーマツベンチャーサポートの特徴となっているのだ。

DTFAのメンバーには、適宜、協力してもらうことがありますね。逆に弊社のメンバーがDTFAのプロジェクトに参画することもあります。お互いに協力することで、クライアントからの評価が上がるのであれば、積極的に支援しますよ。

現役デロイトトーマツベンチャーサポート社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツベンチャーサポートの中途選考フロー

デロイトトーマツベンチャーサポートの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接(二次面接も実施の可能性あり)
  3. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても1.5-2.5ヶ月を要する。

以下ではデロイトトーマツベンチャーサポートの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

デロイトトーマツベンチャーサポートの書類選考・志望動機

デロイトトーマツベンチャーサポートへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無いが、資格を問う項目があるため、資格を有している場合は、アピールしておこう。

また、書類以外に、「応募先へのメッセージ」を記載する項目があるため、「なぜ、デロイトトーマツベンチャーサポートを選んだのか」、「デロイトトーマツベンチャーサポートにどのような貢献ができるのか」の2点が特に注視される。

例として、実際にデロイトトーマツベンチャーサポートへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在、事業会社で経営・事業企画を担当している。働いている中で、起業や独立で退職する同僚や先輩等から話を聞くと「○○にチャレンジしたい」という熱意を持って退職する人がいた。そういった人たちを見ていると、自分としても応援だけでなく、支援する立場として働きたいと感じた。その中で、貴社の「挑戦する人と共に未来を拓く」というミッションに共感し、応募に至った。入社後は、経営・事業企画を経験したノウハウを活かし、ベンチャー企業のみならず、大企業で新しいプロジェクトを始めようとしているクライアントを支援していきたいと考えている。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Dさんの志望動機

現在、IPOを果たしたばかりのベンチャー企業でマーケティング戦略等を担当している。日本経済がこれから活性化していくためには、ベンチャー企業の活躍が不可欠であると感じており、多くのベンチャー企業を支援しているデロイトトーマツベンチャーサポートで働くことを通じて、ベンチャー企業のサポートができるのではないかと考えている。入社後は、ベンチャー企業での経験をクライアントワークで活かすことはもちろん、社内メンバーにもベンチャー企業が持つ課題や特徴をシェアすることで、会社全体の底上げや知見の蓄積に貢献したいと考えている。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツベンチャーサポートの中途面接

ここではデロイトトーマツベンチャーサポートにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:マネージャー、もしくは、シニアマネージャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、気になるベンチャー関連の情報

一次面接では、マネージャー、もしくは、シニアマネージャーが面接担当者となり、質問内容としては応募書類の確認がメインになる。

業務内容では即戦力になり得るか、志望動機では応募に至った背景を注視している。

また、最近、気になったベンチャー、テクノロジー、トレンド等の情報についての質問が出てくる時もあるため、事前に情報収集しておこう。

更に、第二新卒やコンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がシニアマネージャーになる)二次面接も用意されることがある。

一次面接では一般的な質問から、ベンチャーを支援する企業らしい質問まで幅広いです。なので、事前にシミュレーションをして、質疑応答の練習をしておきましょう。

デロイトトーマツアクト転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:パートナー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、苦労したこと/乗り越えたことについて、入社後のイメージ

最終面接では、パートナーが面接担当者となる。

冒頭では、一次面接の質疑応答の確認が目的となり、現職での業務内容、志望動機の質問が簡単に行われる。

その際に、今までの仕事で苦労したこと、そして、それをどのように乗り越えてきたのか、という質問が出てくることもあり、応募者のメンタリティの強さ等を測っている傾向にある。

また、デロイトトーマツベンチャーサポートに入社した後にどのような貢献ができるか、といった未来の話も出てくるため、事前に説明できる準備をしておくことをオススメする。

現職の業務内容については、深堀って質問してくる印象ですね。また、入社後のイメージは、現時点での構想で良いので、説明できるように整理しておきましょう。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツベンチャーサポートの転職難易度

ここではデロイトトーマツベンチャーサポートへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

デロイトトーマツベンチャーサポートは、ベンチャー、および、大企業向けのインキュベーション支援等の特定の領域を専門としたコンサルティングファームであるため、募集する人数の規模が総合系コンサルティングファームと比べて、狭い。

一方で、デロイトトーマツベンチャーサポートへの入社を希望する人材としては、戦略系のコンサルティングファーム出身者、ベンチャー出身者、事業会社の事業企画出身者などと幅広く、多くの人材がそのポジションを狙っている。

そのため、相対的に採用の競争率が高くなり、転職への難易度が高くなっている。

そもそも、弊社がサービス領域としている範囲が狭い中で、人材を募集しているので、少ない席に多くの人材(戦略系のコンサルティングファーム出身者、ベンチャー出身者、事業会社の事業企画出身者など)が募集する構図となっています。そうなると、どうしても入社の難易度は高くなっていると感じますね。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Hさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いデロイトトーマツベンチャーサポートへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高いデロイトトーマツベンチャーサポートの内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、デロイトトーマツベンチャーサポートが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、デロイトトーマツベンチャーサポートが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 新規事業・戦略関連の案件の経験を持つコンサルティングファーム、ベンチャー企業、あるいは、事業会社の事業企画等の経験を有する人材
  • ベンチャーへの関心が強く、共に成長していきたいという志を有する人材
  • ベンチャー企業のようなスピード感での仕事を楽しめる人材
  • 日本企業のイノベーションを支援したいと言う強い想いを有する人材
  • 社内外のステークホルダーを巻き込んで事業を進めることができる人材

デロイトトーマツベンチャーサポートへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、デロイトトーマツベンチャーサポートに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

デロイトトーマツベンチャーサポートへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

入社後の貢献イメージ

デロイトトーマツベンチャーサポートでは、コンサル未経験者であっても転職することは可能であるが、それでもなお、中途採用者を「即戦力」とみなす。

そのため、自分自身が入社後にどのような貢献ができるか、を書類選考、および、面接の際にアピールすることが転職成功への鍵となる。

クライアントワーク、あるいは、社内貢献活動など、自分自身が貢献できそうな部分をイメージし、具体的に話せるようにしておこう。

入社後にはどのような貢献ができるのかを、説明できるようにしておきましょう。その話が、既に会社が取り組んでいる内容であり、被っていたとしても構いません。入社後のイメージを膨らましていることが重要になります。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Dさん

ベンチャー企業の情報を調査

ベンチャー企業を中心としたコンサルサービスを展開しているデロイトトーマツベンチャーサポートでは、絶えず、ベンチャー企業の情報やトレンドが社内に共有されている。

したがって、社員には最新のベンチャー企業やテクノロジー・トレンドの情報をキャッチアップすることが求められる。

そして、そのことは、入社を希望する人にも求められるため、面接の際に「最近、気になったベンチャー企業はどこか?」等の質問が来た際にも、応えることができるようにしておこう。

ベンチャー企業との仕事を専門にする組織である以上、そういったベンチャー関連のニュースを調査しておく必要があります。常に最新の情報を手に入れる必要はありませんが、「気になってニュースをチェックしている」ということをアピールしておくことに損は無いと思います。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Eさん

熱意を伝える

3つ目は、デロイトトーマツベンチャーサポートへの熱意を伝えることである。

デロイトトーマツベンチャーサポートはコンサルティングファームであるが、一方で、仕事をこなしていくためには、がむしゃらな熱意が必要になる。

ベンチャー企業との仕事が多い中で、思いがけないトラブルや課題が出てきた際に、それらを乗り越えるためにはロジカル等よりも情熱が重要となるため、それを採用担当者に伝えることが転職成功への近道となる。

どれくらいの本気度でデロイトトーマツベンチャーサポートに入りたいか、をしっかりと伝えることが大切です。「世界を本気で変えるんだ」くらいの熱量で面接に臨むようにしましょう。意外にも、面接担当者は応募者の情熱を重視しています。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

デロイトトーマツベンチャーサポートへの転職の魅力

ここでは、デロイトトーマツベンチャーサポートの現役社員の声を参考にしながら、デロイトトーマツベンチャーサポートに転職する魅力について改めて整理する。

インキュベーションの専門家になれる

デロイトトーマツベンチャーサポートは企業向け新規事業戦略、オープンイノベーション等のインキュベーションを中心としたコンサルサービスを展開しているため、社員は自ずとインキュベーション関連の専門家になることができる。

様々なプロジェクトを通じて経験値が貯まっていくだけでなく、社内交流を通じて、上司・先輩・同僚から他のプロジェクトに関する知見を共有してもらうこともあるため、日々、成長できることを実感できる。

千本ノックのような日々が続くかもしれないが、その分、自分自身が大きく成長できることは間違いない。

デロイトトーマツベンチャーサポートで培った経験・ノウハウは、正直、どの業界・どの企業でも通用します。なので、どこにいても活躍できる資格をゲットできたと思っても過言ではありませんよ。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Gさん

様々な人とのコネクションができる

デロイトトーマツベンチャーサポートは国内外約5,000社のベンチャー企業とのコネクションを有しているため、様々な人との関係を構築することができる。

プロジェクトはもちろん、ピッチイベント等で知り合うことも多く、人材ネットワークが豊富になっていく。

そこで培ったコネクションは、クライアントワークで活用できるだけでなく、キャリア全般としても知り合いが多いというメリットが出てくるため、デロイトトーマツベンチャーサポートで働くことの魅力の1つになると言って良いだろう。

前職では考えられないくらい知り合いが増えましたね。知り合いが増えたことによって、困った時に助けてもらったり、逆に誰かを助けたりすることが増えました。ビジネス関係無く、そういった形で支え合う知り合いができることは、人生にとっても有意義なことだと思います。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Hさん

英語力を活かせる/磨ける

オープンイノベーションや、海外事例調査等を含めたプロジェクトでは、国内企業だけでなく、海外企業の調査や、海外企業との仕事も多くなる。

そのため、英語力を活かしたい、もしくは磨きたいという人にとっては、英語力を活用できる環境が多く、グローバルで仕事ができるという魅力がある。

デロイトトーマツベンチャーサポートには、グローバルの最前線で活躍できるチャンスが多く存在しているのだ。

もちろん、プロジェクト次第ですが、実際に英語で仕事をしている人もいますし、海外出張でオフィスを空けている人もいます。新しいテクノロジーやサービスはもはや国内だけで生まれないことを感じますね。

デロイトトーマツベンチャーサポート転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 511 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事