MOVER&COMPANYはやばい?リアルな評判や激務の実態を社員の声から徹底解説

アクセンチュア出身の代表が立ち上げ、現在はコンサルティング事業を柱に、IT・人材教育・エンタメ事業など幅広い事業を展開しているのがMOVER&COMPANYである。

本記事ではMOVER&COMPANY良い評判から「やばい」という評判まで忖度なく解説しているためぜひ参考にして頂きたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元MOVER&COMPANY社員複数人にインタビューを行っている。

本記事でわかること
  • MOVER&COMPANYがやばいと言われる理由
  • やばいと言われる理由の真相
  • MOVER&COMPANYの激務の実態
  • 現役・元MOVER&COMPANY社員によるリアルな評判

MOVER&COMPANYへの転職を目指す上ではおすすめのコンサル転職エージェントも参考にして頂きたい。

MOVER&COMPANYのやばい評判があがる理由

MOVER&COMPANYは「やばい」と言われることも多く、ネット上で度々ネガティブな評判が上がっている。

MOVER&COMPANYのやばい評判があがる理由について、現役・元MOVER&COMPANY社員複数人にインタビューを行った内容を踏まえて、徹底的に解説していく。

MOVER&COMPANYがやばいと言われる主な理由は以下の通りである。

  • 激務だからやばい
  • 人手不足だからやばい
  • ルールがないからやばい
  • 事業拡大が難しいからやばい

現・元MOVER&COMPANY社員の実体験に基づくリアルな評判を解説しているためぜひ参考にしていただきたい。

MOVER&COMPANYは激務だからやばい?

MOVER&COMPANYはアクセンチュア出身者によって立ち上げられたファームでもあることから、「激務」という評判が時折あがっている。

この「MOVER&COMPANYは激務だからやばい」という評判の真相を探るために定量面ファクトを見てみたい。

以下は主要コンサルファームの月間残業時間をランキング化したものである。(出所:Open Work

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4
7 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
8 ボストン・コンサルティング・グループ 62.8
9 PwCコンサルティング 62.4
10 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
11 アクセンチュア 52.1
12 KPMGコンサルティング 43.4
13 アビームコンサルティング 36.3
14 MOVER&COMPANY 35.0
15 ベイカレント・コンサルティング 33.0

MOVER&COMPANYの月間残業時間は35.0時間と、数あるコンサルティングファームの中でも圧倒的にホワイトであることがわかる。

特に激務ランキングの下にいるアクセンチュアやアビームは業界の中での積極的に働き方改革を進めていることで知られているが、それらのファームよりも残業時間が少なくなっており、激務という評判は少し言い過ぎと言える。

ただし、MOVER&COMPANYに限らず、全てコンサルファームに共通して言えることではあるが、実際に激務になるかはプロジェクトの内容やフェーズによって大きく変わってくるため、必ずホワイトになるわけではないという点はご留意いただきたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYは人手不足だからやばい?

MOVER&COMPANYは2008年に設立され、現在の従業員数はグループ会社を含めて47名(2020年12月時点)と少人数規模の体制を取っている。

これは一見、少数精鋭のチーム体制を取っている様に思われるが、一方で、「人数が足りなく、人手不足に陥っている」という問題も抱えているようだ。

具体的には、「人手が足りなく現場の社員の負担が多くなっている、人手不足が原因で案件を断らざるを得ない時がある」等の噂が立っているが、実態はどのようになっているのだろうか。

案件数や現場の社員の業務量はコントロールしながら、事業を展開しているので、過度に負担が多かったり、案件が多かったりすることはありません。対応できる範囲と量で、仕事を受注していますね。

現役MOVER&COMPANY社員A氏

「あえて、50人前後の従業員体制を維持している」と言った方が正しいかもしれません。人数が多すぎると社員の意見が社長まで届きにくくなったりしますし、一人一人の成長をマネジメントしきれなくなる可能性があるので。

現役MOVER&COMPANY社員B氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYはルールが無いからやばい?

MOVER&COMPANYは社員の自主性を重んじており、社員一人一人が主体的に考え、行動している。

そのため、細かいルールや決まり事等は無く、比較的、自由に仕事ができるという。

しかし、その弊害として、社員によって、仕事の進め方やルール等がバラバラであるため、ある意味で、カオス状態に陥っている。

この状況は、若手社員等が各上司・先輩で仕事の進め方が異なるせいで、現場で混乱したり、スムーズに仕事を進めることができない原因の1つになっているようだ。

ここでは、現場の社員の本音を聞いてみた。

たしかに、細かいルールや決まり事は決まっていません。しかし、クライアントワーク等の現場に出ると全く同じ案件や状況は無いので、仕事に対して応用力を求められることは、ある意味で当たり前です。なので、上司や先輩の仕事の進め方が違うことに関しても、特段、違和感を感じることはありませんね。

現役MOVER&COMPANY社員C氏

MOVER&COMPANYでは、そういった文化のおかげでここまで成長できたのだと感じています。あえて、カオスな状態を作ることで、今までに無い発想やアイデアが出てくることもあり、それがクライアントにとっての価値につながることもあります。みなさん、カオス状態を結構楽しんいますよ。(笑)

現役MOVER&COMPANY社員D氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYは事業拡大が難しいからやばい?

コンサル事業は、人的リソースを投入する(人で稼ぐ)事業となっているため、事業拡大のためには人員規模の拡大が重要な要素となる。

しかし、MOVER&COMPANYは少人数規模の体制を維持している組織であり、これ以上の事業拡大が難しいのではないかという懸念の声が挙がっている。

そのような懸念の声に対して、現場の社員はどのように考えているのだろうか。

事業拡大のためには、人員規模を増やすということも選択肢の1つではあると思います。一方で、「社員の単価自体を上げて、今まで以上に高品質のコンサルサービスを展開する」という選択肢も我々は考えています。それなら、人員規模を増やさなくても、売上が上がりますので。少人数規模の組織としての戦い方を実践していくということです。

現役MOVER&COMPANY社員E氏

グループ会社と連携しながら、サービスを展開することで競合他社と差別化するようにしています。人員規模で勝負しても、大手のコンサルティングファームには勝てませんから。体力勝負よりも、知恵で勝負するといった感じでしょうか。

現役MOVER&COMPANY社員F氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYのポジティブな評判

ここでは、MOVER&COMPANYのポジティブな評判について解説する。

若手でも急成長できる

MOVER&COMPANYでは少人数であり、かつ、戦略、業務/BPO、ITと様々なコンサル領域を手掛けているため、若手社員が様々な経験を積むことができる。

また、現場での裁量権も高いため、大手のコンサルティングファームでは中堅社員が担当するようなクライアントへのプレゼン、ファシリテーション、議論等も、MOVER&COMPANYでは若手社員の頃から担当することもある。

そういった環境により、若手社員でも速いスピードで成長できるという評判が多いようだ。

もちろん、若手社員だけでなく、多くの社員が成長できる環境だと思いますが、特に若手社員によっては、成長できる最高の職場だと思います。様々な領域のプロジェクトに参画することもできますし、クライアントと直接やり取りすることも多いので、刺激的な日々を過ごすことができますね。

現役MOVER&COMPANY社員A氏

優秀な社員が多い

MOVER&COMPANYでは、社員の自主性を重んじているため、各社員が自ら考え、行動することが多い。

そのため、指示待ちではなく、主体的に行動することで多くの知識・経験を積むため、結果として優秀な社員が多いとの評判が挙がっている。

そのような優秀な社員が多いMOVER&COMPANYでは、社員の職場満足度も高いようだ。

本当に優秀な社員が多いため、日々、勉強になりますね。また、みなさん、コミュニケーション能力も高いため、仕事や議論も円滑に進みますので、無駄なストレスを感じることなく、クライアントへの提案等に集中することができます。

現役MOVER&COMPANY社員B氏

女性が働きやすい

女性が働きやすい環境・文化が整っている点も、MOVER&COMPANYのポジティブな評判の1つとなっている。

MOVER&COMPANYでは「しがらみ」や、「コンサルタントに対するあるべき論・固定観念」といった古いコンサルティングファームの考え方が存在しないため、それぞれのスタイルに合わせた働き方を推奨している。

そのため、女性や子育て世代等の社員であっても、自分のスタイルに合わせた働き方を実現できているとのことである。

MOVER&COMPANYでは社員それぞれの状況やライフスタイルに合わせた仕事を実現できるように、全員が協力する傾向にあります。例えば、子育て世代のママさん社員がいれば、絶対に保育園への迎えに間に合うように仕事の分担やサポートを、周りの社員で実施することもあります。そういった点が女性でも働きやすい環境をつくりあげているのかなと思いますね。

現役MOVER&COMPANY社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

MOVER&COMPANYのネガティブな評判

ポジティブな評判がある一方で、MOVER&COMPANYにネガティブな評判もあるようだ。

ここでは、評判が本当であるのか、実態も含めて解説する。

結果が出ないと異動させられる

MOVER&COMPANYはグループ会社として、人財教育・キャリアコンサルティング等を手掛けるTOiRO株式会社、インターネットサービスの企画と運営・アプリ開発等を手掛ける株式会社Re:evon、謎解きエンターテイメントの企画・開発・運営を手掛ける株式会社TERRA NOVAを有している。

案件の内容によっては、グループ会社どうしで連携し、共同でサービスを展開する時もあるようだが、時には、「成果を出せない社員の異動先」にもなっているとの評判がある。

例えば、MOVER&COMPANYでコンサルタントとして成果が出せない場合は、他のグループ会社への異動を命じられる時があるようだが、現場の社員に話を聞くと、実際は少し異なるようだ。

異動を命じられるなんてことは無いですよ。ましてや、外資系みたいにクビ切りも無いです。異動は可能性としてありますが、全て社員の希望に沿って、上司やチームリーダーと相談しながら決めます。

現役MOVER&COMPANY社員D氏

人材育成の制度が乏しい

MOVER&COMPANYでは、人材育成の制度が乏しいとの評判がある。

例えば、新入社員・中途社員が入社した場合の研修も最低限のことだけを実施し、後は現場で経験させることが多く、それにより、現場で戸惑ってしまう社員がいるようだ。

人材育成の制度が乏しいことは、入社した社員の戦力化が遅れるだけでなく、場合によっては、社員の退職にもつながりかねないが、実態はどのようになっているのだろうか。

以前は研修らしい研修がありませんでしたが、今では非常に充実しています。詳細なスキル研修もありますし、社員に対するメンタルケアやキャリア相談もしています。さすがに、右も左も分からないのに現場を経験させるような、昭和の叩き上げみたいなことはしていませんね。(笑)

現役MOVER&COMPANY社員E氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 307 times, 2 visit(s) today
おすすめの記事