BIG4コンサルの一角をなすKPMGは、他大手コンサルファームと比較して若い組織ながら着実に成長を続けているコンサルファームである。

KPMG自身も採用を積極的に行っていることから、KPMGへの転職を志向している方も多いのではないだろうか。

転職者がKPMGに転職して感じたことを激白

そんなKPMGに数年前に転職者した方から、KPMGに転職して感じたことについてお聞きした。

KPMGへの転職を検討されている方は、ぜひ本記事を参考にして頂きたい。

コンサル転職を検討している人は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、コンサルファームの人事部から直接スカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobや、コンサル業界に特化したエージェントとして実績と評判を確立しているアクシスコンサルティングにも登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

転職者略歴
  • 新卒で大手金融機関に入社
  • 20代中盤でKPMGに転職
  • 現在はPoolユニットでの様々な案件を担当

KPMGに転職して良かったこと

グレイヘア
KPMGに転職して良かったことについて教えてください

転職者
実際にKPMGに転職してみて良かったと感じることは4つあります

1. 頑張ったら正当に評価される

頑張ったら頑張った分正当に評価してもらえるというのはKPMGに転職して良かったなと思う点である。

前職では頑張るだけでは不十分で、本質的でないアピールや根回しなどをして初めて評価してもらえるか否かという土俵に立つことができた。

そのため前職と比較しても、気持ちよく目の前の仕事に集中して取り組むことができている。

2. 評価が役割や給与に大きく反映される

またそうして得た評価がしっかりと役割や給与に大きく反映される点もKPMGに転職して良かったなと思う点である。

前職では評価を得ても役割や給与にほとんど差が付かず、遊び惚けてイマイチな評価を受けている同期とほとんど変わらない状態であった。

一方KPMGの場合は、年次に関係なく評価によってポジションが大きく変わり、それに伴う給与も差が付いてくる。

そのため目標を高く持てるし、仕事を頑張るモチベーションも必然的に高くすることができる。

3. 早い成長スピードを体感できる

前職では定年まで勤めあげることが前提となっていたので、みんなのんびりとしていて会社からの期待も決して高くなかった。

そうした環境で働いていると自分が成長している実感が得にくく、フラストレーションが溜まっていた。

一方、KPMGに転職してからは多くの人が成長を意識してガツガツ働いており、そうした人たちに囲まれて、また前述の通り役割が日に日に大きくなっていく中で、早い成長スピードを体感できている。

4. 新しいことに挑戦できる風土がある

KPMGは他大手ファームと比較してまだまだ若い組織で、新しいことに挑戦できる風土がある。

自分のやりたいこと、やってみたいことを伝えてると、それに耳を傾けてくれる環境があり、説明に筋が通っていれば挑戦できるように後押しもしてくれる。

前職の硬直的で保守的な組織文化を体感しているので、KPMGに転職して良かったなと強く感じている。

KPMGに転職して悪かったこと

グレイヘア
逆に、KPMGに転職してイメージと違ったことについて教えてください

転職者
実際にKPMGに転職してみてイメージと違ったことは2つあります

1. 社内政治がある

コンサルと言ったらドライな組織文化だと思っていたが、KPMGには社内政治が存在しており、転職前のイメージとは違った点である。

特に、自分が評価されればされるほど特定のマネージャーに囲われてしまう傾向があり、上手に立ち振る舞う必要がある。

もちろんそれを拒むことも可能だが、拒むことで関係が悪くなってしまうこともあり、面倒な一面も存在する。

2. 能力が低いorコミットが弱い人がいる

KPMG転職前は全員が全員、能力が高くコミットが強いと思っていた。

しかし、実態としては能力が低く言われた事がいつまで経ってもできない人や、コミットが弱くすぐに手を抜こうとする人が一定数存在する。

自分自身としてKPMGに期待し過ぎていたこともあり、また社会全体を知らなかったこともあるが、転職前からの大きなギャップではある。

KPMGに転職するなら

KPMGへの転職を検討している人は、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobや、コンサル業界に特化したエージェントとして実績と評判を確立しているアクシスコンサルティングに登録することをおすすめしたい。

エージェントに登録後はKPMGのどのような求人があるかや、今後のキャリア戦略にの策定、選考対策を行って頂きたい。

なお、最初の段階では複数のエージェントに登録することをおすすめしたい。

エージェントは転職活動を並走していくれる貴重なパートナーであり相性が非常に重要である。

また、残念ながらエージェントによって人の質も大きく異なるため、自分の目でしっかり見定めた上で1つのエージェントに絞ることをおすすめしたい。

まだ志望ファームが定まっていないという人には、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、コンサルファームの人事部から直接スカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

ハイクラス転職サービス・エージェント

おすすめの記事