ロバートウォルターズはひどい?評判・口コミを徹底解説

外資系企業への転職の強いエージェントとして知られるロバートウォルターズだが、ネット上には「ひどい」と言った口コミも存在する。

本記事では、そんなロバートウォルターズのリアルな評判や口コミを、実際の利用者の意見を基にご紹介していく。

ロバートウォルターズの評判を実体験を基に解説

また、ロバートウォルターズの他に外資系企業への転職に強みを持つおすすめのエージェントについて、ハイキャリア.com運営メンバーの実態を基にまとめている記事も合わせて参考にしていいただきたい。

ロバートウォルターズとは

ロバートウォルターズは、多くの外資系企業や日系企業の英語力を活かせるポジションへの転職支援に強みを持つ転職エージェントである。

実際、ロバートウォルターズは人材業界で数々の賞を受賞ており、企業からも転職者からも高い信頼と評価を得ている。

またロバートウォルターズの本社を置くイギリスだけでなく、世界28カ国で転職を支援しており、グローバルマーケットにおいても高い信頼を獲得している転職エージェントである。

ロバートウォルターズの評判

ネット上では「ひどい」という評判も目につくが、ハイキャリア.comが独自調査した結果ではロバートウォルターズの評判は総じて高いと言える。

  • 英文履歴書の添削などサポートが充実しており、対策を立てる際に頼りになる
  • コンサルタントの知識量が多いため、その場で気になる企業の比較ができる
  • スピーディーな対応と言えばその通りだが、担当者によってはドライな人もいる

    ロバートウォルターズは、上記のように良くも悪くも外資系の雰囲気が強く、人によって評価は二分化される傾向にある。

    コンサルタントの質も高く、スピーディーな対応を取ってくれるため、現職が多忙の中で転職活動を行う上では魅力的なサポートとなる。

    し一方で、英語力が低い人や志望企業に対して少しスキルセットが足りなさそうだと言う人にははっきりと「無理」と伝えることなどから、一部の人にとってはドライな印象を抱かれている。

    こうしたことから一部の人からロバートウォルターズは「ひどい」と言われているという背景がある。

    ただし、総合的に見ると、「英語力が高く」かつ「スキルを磨いてきた」人材からの支持は厚く、評判の高いエージェントとなっている。

    ロバートウォルターズはひどい?リアルな口コミ

    ネット上ではロバートウォルターズは「ひどい」といったまことしやかな口コミも多いようだが、ここではハイキャリア.com独自調査をしたリアルな口コミを紹介する。

    Aさん
    (外資系メーカー転職者)
    担当者の知識量が非常に多く、一度のカウンセリングで多くの企業を比較検討できました。そのため現職で忙しい中でも、比較的スピーディーに転職活動が行えたため、コンサルタントの方には感謝しています。

    Bさん
    (外資系金融転職者)
    徹底した英文履歴書の添削を行ってくれたため、応募した多くの企業で書類選考を突破できました。英語力には自信があるとは言え、正直ビジネスレベルになると不安でしたが、自身をもって履歴書を送ることができました。

    Cさん
    (外資系IT転職希望者)
    コンサルタントの方は非常に優秀で、確かにスピーディーではあるものの、その成果ややドライに感じました。「英語力が足りない」「〇〇社は無理」とはっきり言い切られてしまった。

    ハイキャリア.com独自調査をしたリアルな口コミでは、特に「コンサルタントの質の高さ」と「外資系企業への転職支援の充実さ」に対して、ポジティブな口コミが目立った。

    特に外資系企業へ転職する際は、英文履歴書の作成が必須になるが、日本語のものとは作成方法が異なることから、サポートの手厚さが重要になる。

    その点、ロバートウォルターズは徹底した添削や、書類選考通過のためのアドバイスなどを細かく行ってくれるため、しっかりと準備をして選考に臨むことができる。

    一方で、ハイクラスの外資系転職に強みを持つ分、英語力やスキルセットが不十分な場合はドライな対応となり、一部からは「精神的な寄り添いが少ない」「不安に感じる」との声も挙がっていた。

    ロバートウォルターズの強み

    実際の利用者の声をもとにすると、ロバートウォルターズは他のエージェントと比べ、以下のような強みが特徴と言える。

    • 書類作成の支援が手厚く書類突破率が高い
    • 英語面接対策のクオリティが高い
    • 外資系のハイクラス案件が多く、優良企業の紹介が受けられる

      ロバートウォルターズの最も大きな強みとしてあげられるのは、やはり外資系企業への転職実績である。

      前述の通り、英文履歴書の添削はもちろん、ロバートウォルターズでは英語面接の対策も徹底的に行ってくれる。

      さらに面接対策も本番と同様のクオリティで、英語面接の練習を行えるとのことである。

      そのため実際面接の際も自信をもって受けることができ、実際に内定獲得に直結していると感じている転職者も多い。

      ロバートウォルターズと他エージェントとの比較

      ロバートウォルターズ_転職エージェント比較

      上記はロバートウォルターズと他の転職エージェントを比較したものである。

      縦軸に求人量、横軸に求人の特性(内資系・外資系求人の比率)をおいて各転職エージェントをマッピングしている。

      ロバートウォルターズは外資系企業または日系企業の英語力を活かせるポジションへの転職支援を行うエージェントであるため、横軸は「外資系メイン」になる。

      また、その中でも比較的求人量が多いエージェントと言える。

      そのため、外資系企業への転職を目指す人は、まず登録して間違いないエージェントと言える。

      まとめ

      前述の通り、ロバートウォルターズは以下のような強みを持つ。

      • 書類作成の支援が手厚く書類突破率が高い
      • 英語面接対策のクオリティが高い
      • 外資系のハイクラス案件が多く、優良企業の紹介が受けられる

      一部では「ひどい」と言った口コミもあるが、今回はハイキャリア.comが独自調査を行ったところ、総じて高い口コミとなった。

      エージェントのレベルの高さというのも数々の賞を受賞してお墨付きと言え、外資系企業への転職を目指すのではあればまず登録しておいて間違いないエージェントと言える。

      おすすめの記事