銀行員の転職先はコンサルが圧倒的におすすめの理由

近年銀行からコンサルへの転職が急増しており、コンサル業界も採用を拡大していることから、今後もこの流れは継続すると想定される。

本記事では、銀行からコンサルへの転職が増えている背景と、コンサル転職がおすすめの理由についてご紹介する。

銀行員にコンサル転職がおすすめの理由

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

銀行からコンサルへの転職が増えている理由

銀行からコンサルへの転職している筆者の知人たちからその背景を聞くと、増えている理由としては大きく以下の2つと言える。

  • 給与改悪、小さい裁量など魅力的な職場ではないと痛感している
  • 銀行特有のスキルや知識があまりにも多く想像以上に市場価値が低い

昨今、低金利の影響が邦銀の収益を圧迫しており、そうした経営事情を踏まえて銀行では給与改悪などの苦肉の策が講じられている。

こうした給与改悪を受けて若手行員の多くが転職を検討し始めているという。

また行内でも裁量を広げていくためにはかなりの年数を積まなければいけないという現状があるようだ。

さらに、銀行員が外の世界に目を向けて転職を考えても、銀行特有のスキルや知識があまりにも多く想定以上に評価されない現状が存在する。

こうした中で、コンサルであればベースの年収が高いだけでなく、実力次第で年収をどんどん上げることができ、なおかつ裁量も大きいという魅力がある。

さらには、市場価値も非常に高く、コンサルで数年キャリアを積めば転職市場で引く手あまたであるため、銀行からコンサルへの転職が増えているのだ。

▼コンサル転職でおすすめのエージェント

銀行員にコンサル転職がおすすめの理由

銀行員にコンサル転職がおすすめの理由として、上記で紹介した不満が解消できるだけでなく、以下のような理由が挙げられる。

  • コンサルは未経験採用の間口が広い
  • コンサルと銀行では職業としての親和性がある

1. コンサルは未経験採用の間口が広い

現役の銀行員の方と話をしていても、彼ら/彼女らからは「銀行特有のスキルや知識ばかりで自分たちは市場価値が低い」と言った危機感を露わにしている。

実際問題、銀行は特殊な業界でありそのまま他業界で応用できるスキルや知識が多くないため、一定の年数が経過してしまうと他業界への転職ハードルがグッと上がってしまう。

一方、コンサル業界は未経験採用の間口が広く、現業においてどのような考えを持って仕事に取り組んでいるかや論理的思考力は問われても、なんらかのスキルや知識を求められることは少ない。

そのため、ポジションさえ選ばなければ銀行員にとっては他業界に比較してコンサル転職のハードルが低いのだ。

2. 職業としての親和性がある

銀行とコンサルでは求められるスキルやマインドは大きく異なる一方、両社とも特定の融資先/クライアントになんらかの形で支援するというビジネスモデルであるため、職業としての親和性が比較的高い。

例えば、不特定多数の顧客に対して営業してきた人や、バックオフィス業務で内向きの仕事をしてきた人などは、コンサル業務を行う上で銀行員以上に大きな思考の転換が必要になり、このタイミングで苦労する人も多いのだ。

そうした職業の親和性から志望動機も作りやすく、筆者の経験からすると面接官の納得も勝ち取りやすい。

また、メーカーなどと異なり、財務諸表を読む習慣や勘所がある点もコンサルの実務に活きる。

さらには、業種や業界を特定せずに特定のソリューションを提供するという点も銀行とコンサルで似ている点でもあり、他業界に比べて転職後に活躍しやすいと考えられる。

銀行とコンサルの違い

一方で、銀行とコンサルの役割の違いというのは転職前にしっかり理解しておく必要がある。

  • 銀行:顧客の財務数値を踏まえて融資の判断をする
  • コンサル:顧客の財務数値の改善をサポートする

銀行でも顧客に対して様々なサポートを行うが、それはあくまで「融資」という枠組みを通してである。

「より多くの借り入れをしてもらうため」「より安全に返済してもらうため」といった銀行としての役目が第一にあった上で、顧客をサポートすることになる。

そのため、顧客が受けたいサポートをすべてできるわけでもく、融資また返済に繋がるサポートを提供することになる。

この点がコンサルと大きく違う点であり、コンサルの役目はあくまで顧客の課題解決である。

顧客の状況が現状から改善するために課題を特定して解決をサポートするのがコンサルの役割になる。

特に近年は多くのコンサルファームが実行支援に力を入れてサービスラインを拡充していることから、全方位的に顧客を支援できるようになっている。

銀行員がコンサル転職するなら今がおすすめ!

銀行員がコンサル転職するなら以下の理由から"今"がおすすめである。

  • 近年各コンサルファームは積極的に中途採用を行っており転職のチャンスがある
  • 若くして裁量をもって働けるため、できるだけ早くコンサルに転職することでキャリアの幅がグッと広がる

一昔前は多くの人の憧れだった銀行員だが、これから積極的に自身のキャリアを切り開いていきたいという人には決して適した職業ではなくなった。

またこれだけ市場が急速に変化する中で、このまま銀行に居続けることに不安を感じている人も多いだろう。

そんな銀行員の方々にはぜひコンサルへの転職をおすすめしたい。

コンサルファームにはたしかな成長環境があるだけでなく、自身の意志で能動的にキャリアを作っていける環境がある。

▼コンサル転職でおすすめのエージェント

銀行からコンサルへ転職するならおすすめのエージェント

コンサル業界はケース面接など特殊な選考をすることで知られており、徹底した対策を行わないとほぼ受かる可能性がないと言っても過言ではない。

そのため、"絶対に"やるべきことはコンサル転職支援に強みを持つエージェントを選ぶことである。

実際にどのエージェントを選ぶかで選考突破の確率は大きく変わってくる。

具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

おすすめ度:★★★★★

アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事