近年銀行員を取り巻く環境は大きく変化しており、それに伴い銀行からコンサルへの転職が増えている。

コンサル業界も採用を拡大していることから、今後もこの流れは継続すると想定される。

銀行員によるコンサル転職の現状と理由

本記事では、銀行からコンサルへの転職が増えている背景と、コンサル転職がおすすめの理由についてご紹介する。

コンサル転職に興味がある方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、直接コンサルファームの人事部からスカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもコンサル転職する上ではまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートエージェントに登録しておくことも間違いない選択肢である。

銀行員を取り巻く現状

昨今、低金利の影響が邦銀の収益を圧迫しており、決して明るい経営状況ではない。

そうした経営事情を踏まえて、給与改悪などの苦肉の策が講じられている。

また、銀行員が外の世界に目を向けて転職を考えても、銀行特有のスキルや知識があまりにも多く、想定以上に評価されない現状が存在する。

これまで市場価値も、給与も良いと言われてきた銀行員が大きな壁に直面している状況である。

特に前述した給与改悪を受けて、若手行員の多くが転職を検討し始めているという。

銀行員にコンサルがおすすめの理由

1. コンサルは未経験採用の間口が広い

現役の銀行員の方と話をしていても、彼ら/彼女らからは「銀行特有のスキルや知識ばかりで自分たちは市場価値が低い」と言った危機感を露わにしている。

実際問題、銀行は特殊な業界でありそのまま他業界で応用できるスキルや知識が多くないため、一定の年数が経過してしまうと他業界への転職ハードルがグッと上がってしまう。

一方、コンサル業界は未経験採用の間口が広く、現業においてどのような考えを持って仕事に取り組んでいるかや論理的思考力は問われても、なんらかのスキルや知識を求められることは少ない。

そのため、ポジションさえ選ばなければ銀行員にとっては他業界に比較して入社ハードルが低いのだ。

2. 職業としての親和性がある

銀行とコンサルでは求められるスキルやマインドは大きく異なる一方、両社とも特定の融資先/クライアントになんらかの形で支援するというビジネスモデルであるため、職業としての親和性が比較的高い。

例えば、不特定多数の顧客に対して営業してきた人や、バックオフィス業務で内向きの仕事をしてきた人などは、コンサル業務を行う上で銀行員以上に大きな思考の転換が必要になり、このタイミングで苦労する人も多いのだ。

そうした職業の親和性から志望動機も作りやすく、筆者の経験からすると面接官の納得も勝ち取りやすい。

また、業種や業界を特定せずに特定のソリューションを提供するという点も銀行とコンサルで似ている点でもある。

一方でとりあえずコンサルは危険

一方、思考停止したままのとりあえずコンサルという選択は危険である。

コンサル業界自体も市場の変化に合わせて変化している中で、明確なキャリア戦略なしにコンサルファームに足を踏み入れると、変化の動きに流されて銀行にいる際と同様の危機感を再度感じてしまうこともあるだろう。

大切なことは「コンサルに行けば全て解決する」と会社や業界に身をゆだねるのではなく、自分自身の意志でキャリアを開拓していくことである。

そのため、転職活動の第一歩としてまずは複数のエージェントに登録して、キャリアアドバイザーとの討議の中でキャリア戦略を明確にしていって頂きたい。

上手にエージェントを活用できるか否かで、コンサルへの転職可否はもちろん今後のキャリアも大きく変わってくる。

銀行員がコンサル転職するには

銀行員がコンサル転職する上では、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、直接コンサルファームの人事部からスカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもコンサル転職する上ではまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートエージェントに登録しておくことも間違いない選択肢である。

エージェントに登録後はどのようなコンサル求人があるかや、今後のキャリア戦略について話し合ってみて頂きたい。

なお、最初の段階では複数のエージェントに登録することをおすすめしたい。

エージェントは転職活動を並走していくれる貴重なパートナーであり相性が非常に重要である。

また、残念ながらエージェントによって人の質も大きく異なるため、自分の目でしっかり見定めた上で1つのエージェントに絞ることをおすすめしたい。

おすすめの記事