アクセンチュアのエンジニア職転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

世界最大級のコンサルティングファームとして業界内外で高い存在感を持つのがアクセンチュアである。

本記事ではそんなアクセンチュアのエンジニア職の転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機を徹底的に解説していく。

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

Flow Groupは、コンサル転職に特化した転職エージェントで、戦略・総合コンサル出身者が徹底的に選考支援をすることに強みを持つ。

また、現役で自社でもコンサルティング事業を行っているため、コンサル業界に対して最新の動向や豊富な知見を有する。

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元アクセンチュアのエンジニア職の社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • アクセンチュアのエンジニア職のの中途難易度
  • アクセンチュアのエンジニア職のの選考フロー~面接内容
  • アクセンチュアのエンジニア職のへの転職を成功させるためにやるべきこと

アクセンチュアのエンジニア職のを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

アクセンチュアのエンジニア職の仕事内容

アクセンチュアのエンジニア職は、企業向けにIT・DX関連のソリューションを提案、システム・プラットフォームの実装などを支援している。

サービス領域としては、主に次の4つが挙げられる。

クラウド/マイクロサービスを前提としたアーキテクチャを企画構想からコーディング実装までを支援する「テクノロジーアーキテクティング」、iOS/Androidネイティブ技術やReact/Vue.jsなどのWeb技術を駆使して、モノづくりを支援する「フロントエンドエンジニアリング」、DXの手段であるモバイルアプリやAPI、あるいは社内システムの開発を具体的に進める「デジタルエンジニアリング」、最先端のマネジメントフレームワーク、最適なプロセス/ツールを活用し、AI-Robot-PMOを相棒にデジタル化したマネジメントを実践する「インテリジェント・プログラム・コントロール」の4つである。

これらのサービス領域を中心に、大手企業、中小企業、ベンチャー、あるいは、自治体に対して支援を実施しているのが、アクセンチュアのエンジニア職となっている。

アクセンチュアのエンジニア職とコンサル職の違い

ここでは、エンジニア職とコンサル職の違いについて、主な3つの点を述べたい。

プロダクトを創り上げることが多い

コンサル職の違いとして、挙げられることに「プロダクトを創り上げる」が挙げられる。

コンサル職では、多くのプロジェクトにおいて提案までが多い。

また、プロダクトの実装支援までを行うとしても、実際に、実装・開発することは少ない。

一方で、エンジニア職では、実際に手を動かし、プロダクトの実装までを実践することがメインとなる。

エンジニア職では、基本的にプロダクトを創り上げることが主な仕事となります。もちろん、企画構想フェーズからも支援することがありますが、そういう場合も、プロダクト開発・リリース・運用までを支援しています。

現役アクセンチュアのエンジニア職社員A氏

主なコミュニケーション方法が異なる

コンサル職では、クライアントの課題分析や解決策の提案を検討する際に、対面で議論することが多い。

一方で、エンジニア職では、SlackやMS-Teamsといったコミュニケーションツールを通じたコミュニケーションが多い。

プログラミングの設計・実装など、個人ワークが多めになるエンジニア職において、基本的なコミュニケーションはSlackやMS-Teamsで済ませ、自分自身はプログラムの設計やコーディング、テストに集中するようにしているようだ。

エンジニア職の方々は、職人気質の人もいるので、個人ワークに集中したい人もいます。なので、そういった方々にもベストパフォーマンスを出してもらうために、コミュニケーションツールを活用した連携も多いですね。

現役アクセンチュアのエンジニア職社員B氏

目に見えやすい業務内容

コンサル職では、「クライアントへの付加価値」といった、やや抽象度が高いサービスを提供している。

このため、自分自身があげた成果として見えにくい内容も存在する。

一方で、エンジニア職では、成果物がプロダクトそのものであったり、サービスの中にある機能であったりするため、可視化しやすい。

そのため、エンジニア職は、自分自身の成果物を他者(クライアント、もしくは、社内の評価関係者など)にアピールしやすいメリットがある。

エンジニア職は、何かしらを創り上げることが仕事なので、分かりやすい仕事内容と言えますね。ゴールが見えやすいので、サービス提供者の立場としても、やりやすい仕事ですよ。

現役アクセンチュアのエンジニア職社員C氏

アクセンチュアのエンジニア職の中途選考フロー

アクセンチュアのエンジニア職の中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. 二次面接
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-2.5ヶ月を要する。

以下ではアクセンチュアのエンジニア職の選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアのエンジニア職の書類選考

アクセンチュアのエンジニア職への転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となる。

ここでは、「アクセンチュアのエンジニア職でどのような貢献ができるのか」について注視される。

例として、実際にアクセンチュアのエンジニア職への転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在、日系SIerで製造業向けのシステム導入・運営の支援を担当しているが、今後、エンジニアとしてのスキルアップのために、システム構想の経験や、様々な業界・業種のクライアントとの仕事の経験を養いたいと考えている。そこで、サービス領域・クライアント業界の幅が広い、アクセンチュアのエンジニア職で、自分の目的を達成していきたいと考えている。貴社では、現職のスキルを活かしながら、まずは、製造業を中心としたクライアントワークにおいて、即戦力としてプロジェクトに参画していきたい。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Dさんの志望動機

現職では、システムコンサルタントとして、様々なクライアントのIT・DXソリューションの支援を実施している。なお、昇給・昇格のスピードが遅く、年功序列な要素も含まれているため、「今の会社のままで良いのか」と考えている。そこで、成果主義である貴社に入社することで、自分の実力を試しながら、クライアントのビジネスを支援していきたいと考えている。現職では、特にフロントサイドのエンジニアリングの経験が多いため、入社後は、フロントよりのプロジェクトに参画し、チーム、および、クライアントに貢献していきたい。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Eさんの志望動機

アクセンチュアのエンジニア職の中途面接

ここではアクセンチュアのエンジニア職における面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 人事担当者
  • 現職での業務内容、志望動機

一次面接では、人事部の担当者が面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機がメインとなる。

特異な質問はなく、オーソドックスな質疑応答に終始するが、人事ということもあり、応募者のコミュニケーション能力を注視している。

弊社を応募した理由や背景に関する質問が多い印象です。基本的な内容なので、質問に対してしっかりと応えるようにしましょう。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Fさん

二次面接

  • アソシエイト・ディレクター / プリンシパル・ディレクター
  • 現職での業務内容、志望動機、自分自身のスキル

二次面接では、ディレクター級(アソシエイト・ディレクター / プリンシパル・ディレクター)の社員が面接担当者となる。

ここでは、応募者のエンジニアとしてのスキルや経験に関する質問が多い。

テクノロジーの話がメインになるため、最近気になるテクノロジーのトレンドなどを把握しておくことも効果的である。

持っている資格や、それに関連する業務の経験など、を語るようにしましょう。面接担当者もエンジニアということもあり、技術関連の話に終始します。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Gさん

最終面接

  • マネジング・ディレクター
  • 現職での業務内容、志望動機、入社後に実現したいこと

最終面接では、マネジング・ディレクターが面接担当者となり、面接の流れとしては、現職での業務内容・志望動機の簡単な確認の後、入社後に実現したいことや、やりたいことなどをヒアリングされる。

特に入社後に実現したいこととしては、目指すポジション、やりたい仕事内容、入りたいプロジェクト、一緒に仕事をしたいクライアントなど、具体的なことを聞いてくる。

それらの質問を通じて、応募者の本気度を注視しているようである。

面接担当者はマネジング・ディレクターですが、変に緊張する必要はなりません。いつも通りに、誠実に回答することが重要になるかと思います。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Hさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアのエンジニア職の転職難易度

ここではアクセンチュアのエンジニア職への転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

アクセンチュアのエンジニア職は、多くのエンジニアから人気の職種となっている。

一方で、募集している採用枠自体は少ないため、限られた枠を多くの応募者が争うこととなる。

そのため、同職種への転職難易度は、高いと言えるだろう。

業績の成長とともない、人材を拡大しようとしていますが、それでも、誰でも良いということではありませんし、人材を厳選して採用するようにしています。また、応募者数も多いため、転職の門は比較的、狭いと言えるかと感じます。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Dさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高いということは、綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いアクセンチュアのエンジニア職への転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアのエンジニア職で求められる人物像・選考基準

転職難易度の高いアクセンチュアのエンジニア職の内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、アクセンチュアのエンジニア職が求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、アクセンチュアのエンジニア職が求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • IT・DX関連の経験・スキルを有する人材
  • 「業務のあるべきを考えていきたい」という思いを持つ人材
  • システム開発の経験を生かしながら、企業の方向性決定・業務の基本設計などコンサルスキルを磨いていきたい人材
  • いずれはコンサルタント・プロジェクトマネジャーとして、大規模のSI系プロジェクトをコントロールしていきたい人材

アクセンチュアのエンジニア職への転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、アクセンチュアのエンジニア職に転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

アクセンチュアのエンジニア職への転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

自分自身のスキルの整理

1つ目は、自分自身のスキル・経験の整理である。

有しているIT関連の資格はもちろん、専門の領域、経験したプロジェクトなど、選考では様々なことをアピールすることが重要となる。

そのために、今までの経験、および、スキルを洗い出し、残らずアピールすることをオススメする。

エンジニア職での採用ですから、IT・DX関連のスキルをアピールすることが非常に大切です。選考担当者もテクノロジーの知識を有しているため、多少、専門用語が多くなっても大丈夫だと思います。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Eさん

入社後に実現したいことの整理

2つ目は、アクセンチュアのエンジニア職として実現したいことを考えておくことである。

具体的には、アクセンチュアのエンジニア職として、何を実現したいか、自分はどうなりたいか、クライアントにどのように貢献していきたいか、などを考えておこう。

また、その際には、「実現したいことは、アクセンチュアでなければいけない」ことも説明できれば、更に効果的なアピールとなる。

面接が進むにつれて、入社後のアクションプランなどを聞かれることが多くなります。その際にも、円滑に回答できるようにしておきましょう。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Fさん

質疑応答のシミュレーション

エンジニア職に携わっているビジネスマンの中には、対面でのコミュニケーションがあまり得意でない人もいる。

そういった方々は、面接に慣れておらず、結果として質疑応答が上手くいかず、選考に落ちてしまうリスクがある。

せっかく、実力があるのに落ちてしまうのは非常に勿体ないため、事前に知人・友人、もしくは、転職エージェントに協力してもらい、質疑応答のシミュレーションをしておくことをオススメする。

全員ではないですが、エンジニア職には口下手な人が多いです。このことは、逆に考えれば、面接の練習をして、コミュニケーションが上手くなれば、他者との差別化につながりますので、ぜひ、実践しておきましょう。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアのエンジニア職への転職の魅力

ここでは、現役社員の声を参考にしながら、アクセンチュアのエンジニア職に転職する魅力について改めて整理する。

充実している人材育成

アクセンチュアのエンジニア職に転職する魅力の1つ目は、人材育成制度が充実している点である。

例えば、同社ではTraining-CoEという制度があり、「デジタル人材」の核となる知識ベースを効率的に作るトレーニングを提供している。

具体的には、IT初心者を対象にデジタルエンジニアに必須のテクノロジーバックグラウンド知識を一通り身につけられるハンズオン実習、アジャイル開発の進め方やDevOpsの利用の仕方などを包括的に学ぶトレーニング、デザインシンキングトレーニングなど多様なプログラムを提供しており、社員のスキルレベルに合わせた育成を実現できているのだ。

弊社では、エンジニアとしての経験が浅い社員でも、成長できるような育成プログラムが用意されています。もちろん、高度なスキルレベルを有している社員には応用トレーニングがあり、誰もが自分に合ったトレーニングを受けることができます。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Hさん

柔軟な働き方が可能

アクセンチュアのエンジニア職では、フレックス制度、短日短時間制度(週3日以上及び週20時間以上の範囲内で勤務時間を設定可能)、更には在宅勤務制度など、社員のバッググラウンドに合わせた働き方を実現できる環境が用意されている。

また、自宅でプログラミングに集中したい時は、リフレッシュのために出社したい時など、いつどこで働くか、も社員が決めることができる。

そうした環境の下で、クライアントのビジネスを推進するためのIT・DXソリューションが生まれているのだ。

例えば、在宅勤務は利用時間に制限はなく、午後に外出する場合は午前を在宅勤務にするなど、活用方法は様々ですね。成果を出せれば、プロセスは問わないという会社全体の文化が表れているのだと思います。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Dさん

高い給料

アクセンチュアのエンジニア職に転職する魅力の3つ目は、高い給料だろう。

同社では、他の外資系IT企業、日系SIer、コンサルのエンジニア職などと比べても、高い年収水準を実現できるという。

また、実力主義の社内文化であるため、意欲が高く、成果を出した社員は、年齢・性別・国籍問わず、昇給・昇格を進めることが可能となっている。

弊社では給料UPを目的に、転職してくる社員も多いです。年収は優秀な人材を確保するためにも、重要な待遇だと思うので、給料が高いことは企業戦略上としても、有効だと考えています。

アクセンチュアのエンジニア職転職成功者Eさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 63 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事