ビジネスブレイン太田昭和はやばい?評判や激務の実態を社員へのインタビューから徹底解説

中小企業を戦略・ITの両面で支援する総合コンサルファームがビジネスブレイン太田昭和である。

本記事ではビジネスブレイン太田昭和良い評判から「やばい」という評判まで忖度なく解説しているためぜひ参考にして頂きたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元ビジネスブレイン太田昭和社員複数人にインタビューを行っている。

本記事でわかること
  • ビジネスブレイン太田昭和がやばいと言われる理由
  • やばいと言われる理由の真相
  • ビジネスブレイン太田昭和の激務の実態
  • 現役・元ビジネスブレイン太田昭和社員によるリアルな評判

ビジネスブレイン太田昭和への転職を目指す上ではおすすめのコンサル転職エージェントも参考にして頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和のやばい評判があがる理由

ビジネスブレイン太田昭和は「やばい」と言われることも多く、ネット上で度々ネガティブな評判が上がっている。

実際Googleで「ビジネスブレイン太田昭和」と検索すると、関連キーワードとして「ビジネスブレイン太田昭和 やばい」が表示される。

ビジネスブレイン太田昭和_やばい
出所:Google関連キーワード

ビジネスブレイン太田昭和のやばい評判があがる理由について、現役・元ビジネスブレイン太田昭和社員複数人にインタビューを行った内容を踏まえて、徹底的に解説していく。

ビジネスブレイン太田昭和がやばいと言われる主な理由は以下の通りである。

  • 認知度が低いからやばい
  • 中途採用が少ないからやばい
  • 下流案件が多いからやばい
  • 激務だからやばい

現・元ビジネスブレイン太田昭和社員の実体験に基づくリアルな評判を解説しているためぜひ参考にしていただきたい。

ビジネスブレイン太田昭和は認知度が低いからやばい?

ビジネスブレイン太田昭和は、太田昭和監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)から派生し、会計・ITソリューションに強みを持つコンサルティングファームであり、設立はは1967年と50年以上の歴史を誇る日本の大手コンサルティングファームである。

また、現在は東証プライム市場に上場もしており、日本の大企業と言える。

一方で、その認知度は他の大手の総合系・外資系コンサルティングファームと比べて、低くてやばいとの懸念の声が挙がっている。

認知度は人材獲得の競争力を上げるためには重要な項目であるが、現場の社員はどのように感じているのだろうか。

いわゆる、老舗のコンサルティングファームということもあり、若い社会人の方々からの認知度は総合系・外資系と比べて低いかもしれません。そういった状況を踏まえて、近年では新卒・中途採用を積極的に実施するようになりました。今後は期待していただいて良いと思います。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員A氏

会計関連に特化した領域なので、「知る人ぞ知る」コンサルティングファームになっているかもしれません。なので、今後はいかに、多くの人たちに知ってもらうか、課題となっており、そのことは経営課題の1つとなっています。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員B氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和は中途採用が少ないからやばい?

ビジネスブレイン太田昭和は、総合系・外資系のコンサルティングファームと比べて、人材の流動性が低く、中途採用にも消極的であるという噂が立っている。

事業の拡大、更なる業績の成長のためには、新卒社員から勤務しているプロパー社員だけでなく、外部からの社員も積極的に取り入れなければ、会社全体の多様性が失われ、偏った考え・戦略に陥ってしまうリスクがある。

ただし、その点については、会社としても危機感を持っており、様々な解決策を実施しているようだ。

現場の社員に、現在の取り組みについて聞いてみた。

以前はそこまで積極的ではありませんでしたが、近年は、労働における時代の変化もあり、中途採用を積極的に実施するようになりました。2022年度も52名が入社しており、今後は更に中途採用人数を増やしていくと思います。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員C氏

最近では、会計・IT未経験者でも採用する「キャリアチェンジ採用」という制度が始まりました。未経験者であっても、会計・ITに興味があれば、入社後に充実した研修を通じて専門家になれます。それくらい、中途社員の採用は、会社として強化していますね。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員D氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和は下流案件が多いからやばい?

ビジネスブレイン太田昭和は、会計システムに関連する業務・システム要件定義、システム構築といった、比較的、下流と呼ばれる案件を扱うことが多く、その点にやばいという評判があがっている。

下流案件において、一定のポジションを確立することは重要であるが、一方で、今後、更なる成長を目指すためには、経営に直接関わるような上流案件でも存在感を出していく必要があるが、現時点では存在感が出ているとは言えないようだ。

しかし、現場の社員に話を聞いてみると、そのことを踏まえた戦略を検討・実施しているとの声が挙がっている。

上流案件にも深く携わって行く必要があるなと感じ、弊社では「連結経営管理基盤グランドデザイン」というコンサルサービスを展開しています。国内外にグループ会社を有する場合に、情報インフラ全体を改めてグランドデザインしたいというクライアントのニーズがあるので、その構想や戦略を検討するものです。会計やITの知識・経験が無くては、提案できないので、弊社のアセット・リソースを存分に使える案件ですね。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員E氏

IFRS対応支援等、経営の最上部にあたる案件もしっかりと手掛けていますよ。今後は、更に上流案件を増やしていき、会計関連では敵無しの状況にしたいですね。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員F氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和は激務だからやばい

ビジネスブレイン太田昭和には、「激務」という評判が時折あがっている。

この「ビジネスブレイン太田昭和は激務だからやばい」という評判の真相を探るために定量面ファクトを見てみたい。

以下は主要コンサルファームの月間残業時間をランキング化したものである。(出所:Open Work

順位 ファーム名 月間残業時間(h)
1 アーサー・D・リトル 85.4
2 マッキンゼー・アンド・カンパニー 76.7
3 ドリームインキュベータ 75.5
4 A.T.カーニー 72.6
5 ローランド・ベルガー 68.2
6 ベイン・アンド・カンパニー 64.4
7 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
8 ボストン・コンサルティング・グループ 62.8
9 PwCコンサルティング 62.4
10 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
11 アクセンチュア 52.1
12 KPMGコンサルティング 43.4
13 アビームコンサルティング 36.3
14 ベイカレント・コンサルティング 33.0
15 ビジネスブレイン太田昭和 30.9

ビジネスブレイン太田昭和の月間残業時間は31.8時間と、数あるコンサルティングファームの中でも圧倒的にホワイトであることがわかる。

特に激務ランキングの下にいるアクセンチュアやアビーム、ベイカレントは業界の中での積極的に働き方改革を進めていることで知られているが、それらのファームよりも残業時間が少なくなっており、激務という評判は少し言い過ぎと言える。

ただし、ビジネスブレイン太田昭和に限らず、全てコンサルファームに共通して言えることではあるが、実際に激務になるかはプロジェクトの内容やフェーズによって大きく変わってくるため、必ずホワイトになるわけではないという点はご留意いただきたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和のポジティブな評判

ここでは、ビジネスブレイン太田昭和のポジティブな評判について解説する。

経営基盤が安定している

ビジネスブレイン太田昭和は、会計という経営において絶対に無くならない市場で一定のポジションを確立しているため、経営基盤が安定しているとの評判が出ている。

実際、6年連続で増収増益を達成しており、今後も更なる成長を見込んでいる。

また、グローバル化における連結決算の重要性・不正会計リスクの防止や、IFRS対応等、会計に関する案件が今後も増えてくるとも言われており、経営基盤は盤石となりつつある。

会計領域である程度のポジションを確立できていることは大きいですね。社内には公認会計士も多いので、しっかりとした会計知識を有するコンサルタントがプロジェクトに参画するので、その点もクライアントからの評判が良い理由になっているかもしれません。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員A氏

福利厚生が充実している

ビジネスブレイン太田昭和は、日本の企業全体を見ても、トップクラスの福利厚生制度を用意しているとの声があがっている。

基本的な福利厚生はもちろん、働き方だと「テレワーク、フレックスタイム、サテライトオフィスの利用」、外部サービスだと「ベネフィットステーション、カフェテリアプラン」、経済的な支援だと「企業型確定拠出年金制度、従業員持株会」等が挙げられる。

その他にも、クラブ活動や、社員の健康相談室等も設けられており、社員のパフォーマンスを最大限に発揮するための制度が用意されているのだ。

こうした環境で、社員は常に心身ともにベストな状態で仕事に従事できているという。

私は他社から転職してきたのですが、福利厚生の数や種類は圧倒的に現職の方が良いですね。歴史あるコンサルティングファームということもあり、「どのような福利厚生を用意すれば、社員がベストパフォーマンスを発揮できるのか」を検討した結果だと思います。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員B氏

女性が働きやすい

ビジネスブレイン太田昭和では、女性が働きやすい環境・文化が形成されているとの声も多く出ている。

実際に2022年度の平均勤続年数の男女比率は67.8%と半数を超えているだけでなく、女性活躍推進法に基づく認定「えるぼし」、更には、次世代育成支援対策推進法に基づく、子育てサポート企業の次世代認定マーク「くるみん」を取得する等、名実ともに女性が働きやすい職場となっている。

背景には、日々の制度の見直し・改善だけでなく、社内全体として女性が活躍できる場を増やしていこうという取り組みがあるようだ。

制度だけ用意されても、利用できる雰囲気でなければ、結局、変わらないことが多いですが、弊社はその点が違うかなと。例えば、育児短時間勤務の制度が見直されれば、対象となる社員に周りの社員がこぞって「見直されたから、利用してみれば?」と声をかけたり、「利用することが良し」という文化になっています。そういった雰囲気的な要因も非常に大きいかと思いますね。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和のネガティブな評判

ポジティブな評判がある一方で、ビジネスブレイン太田昭和にネガティブな評判もあるようだ。

ここでは、評判が本当であるのか、実態も含めて解説する。

中堅層が少ない

中堅社員が少なく、新卒の若手と、ベテランが多い「社員の空洞化」が起きているのではないかという評判が出ている。

プロパー社員として長年、ビジネスブレイン太田昭和で働いてきたベテラン社員とは、対照的に転職することが当たり前になってきた中堅社員以下で、働き方に関するギャップが生まれていることから、このような噂が出ているのだという。

しかし、現場の社員の話を聞いてみると、噂は事実とは異なり、更にビジネスブレイン太田昭和としても対策を実施していることが明らかになった。

中堅社員が少ないということはなく、どの世代もバランス良く在籍していると思いますよ。辞めないように充実した福利厚生の制度や研修制度を導入しているので。そして、その取り組みが、功を奏してか、多くの社員がビジネスブレイン太田昭和の社員として活躍しています。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員D氏

事業ポートフォリオが固定化されている

ビジネスブレイン太田昭和は、主に会計コンサル、SIer、BPOの3つの事業を軸としてビジネスを展開している。

いずれも、一定規模の収益を出しているが、一方で、今後、会社自体が更なる成長を目指すのであれば、事業のポートフォリオを多角化すべきではないかという評判が出ているようである。

そういった懸念の声に対して、ビジネスブレイン太田昭和では、次のような戦略を考えているようだ。

経営陣としても、懸念の声のようなリスクは認識していると思います。そのこともあり、今後はアライアンス、M&A等も積極的に進めることで、収益源の多様化を目指すとIRでも行言っています。なので、今後は「あれも、ビジネスブレイン太田昭和なの?」という事業が出てくる可能性がありますね。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員E氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 1,442 times, 3 visit(s) today
おすすめの記事