DXコンサルとは?主要おすすめ企業一覧、ランキング、年収などを徹底解説

経営戦略やデータ、デジタル技術等に関する知識を活用し、企業の組織構造やビジネスモデルを変革しているのがDXコンサルである。

本記事ではそんなDXコンサルの仕事内容や志望動機から主要企業一覧、各種ランキングまで徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事でわかること
  • DXコンサルの仕事内容・プロジェクト例
  • DXコンサルの志望動機
  • DXコンサルの主要なおすすめ企業一覧
  • DXコンサルの各種ランキング

コンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

DXコンサルとは

DXコンサルティングは、経営戦略、データ、デジタル技術等に関する知識を活用し、企業の組織構造やビジネスモデルを変革するコンサルティングサービスである。

具体的にはAI、NFT、IoT、ロボティクス等の新しい技術・テクノロジーを活用して、クライアントの製品やサービス、ビジネスモデル、業務プロセス、企業文化等の変革を支援する。

現在、多くの企業が生産性の向上やコスト削減を実現するための手段としてDXに注目しているが、DXを推進して自社の業務改革を行うためには、最先端テクノロジーや戦略に関する知識やDX導入の実務経験が重要になる。

そこで、DX推進に関する様々な専門知識を持ち、実務レベルでの支援の経験もあるDXコンサルタントが、近年労働市場において価値を上げている。

つまり、DXコンサルティングは単なる流行ではなく、今後も求められる専門知識・経験を有するコンサルサービスとなっている。

DXコンサルのプロジェクト事例

ここではDXコンサルについてより具体的にイメージするために、実際にDXコンサルが手掛けるプロジェクト事例をご紹介する。

サブスクリプションサービスの導入

国内の化粧品メーカーは、従来の「モノ売り」に限界を感じており、新たなビジネスモデルを検討することになり、DXコンサルティングファームに戦略策定を依頼。

DXコンサルティングファームの構成メンバーは4名であり、データやデジタルを活用して、モノ売りから脱却した事例を調査する等、ベンチマークとなる事例を分析。

分析の結果、スマホから消費者の肌の状態を分析し、分析結果を基に最適な製品や日々のアドバイスを提言するというサブスクリプションサービスを立案。

当初の予定では戦略立案のみであったが、アプリ開発にまでを支援することとなった。

サプライチェーンのDX化支援

国内の大手流通企業は、近年過熱するESG投資を背景に、サプライチェーンの見える化、および、見えるかした情報を新しいビジネスに活用したいという狙いから、DXコンサルティングファームに検討を依頼。

プロジェクトでは、コンサルティングファーム側が5名体制で、ESG投資で求められるサプライチェーン上の情報、その情報を活用した新たなマネタイズ方法等を分析し、検討を実施。

結果として、サプライチェーンの川上から川下までを1つのプラットフォームで管理し、見えるかできた情報をスコアリング化し、エンドユーザーである消費者に販促する戦略を検討。

検討内容はクライアント側に刺さり、その後、プラットフォーム開発までを支援した。

DX人材の育成支援

大手通信メーカーは、DXソリューションサービスを会社の新規事業としてスタートさせたが、現場の社員のマインド・スキルセットがバラつきがあることが分かり、DX人材を育成するためにDXコンサルティングファームに育成プログラムの検討を依頼。

DXコンサルティングファームのメンバーは4名体制となっており、「目指すべきDX人材像」、「各社員の現状のスキルの把握」、「各社員のスキルに応じた育成プログラム、育成方法」等を検討。

いわゆる、一般的な集団に向けた座学、e-Learning形式の育成プログラムではなく、時には現場同行等も含めた育成プログラムを提案することで、各社員の状況に応じた育成を実現できた。

DXコンサルとITコンサルの違い

DXコンサルはITコンサルと一緒くたに語られることも多い。

ここでは、そんなDXコンサルとITコンサルの違いを解説する。

目的が違う

DXコンサルは、クライアントが抱える経営課題を解決することが主な目的となっており、その手段として、データやデジタル等に関する知識やノウハウを活用する。

つまり、DXコンサルにとってはITというのは手段の1つにすぎない。

一方でITコンサルは、システム開発や導入を通じて顧客が抱える課題・問題を解決することが主な目的となっており、ITを軸としている点が特徴と言える。

求められるスキル・経験が違う

DXコンサルは新規事業、戦略等の経営課題を解決するためのスキル・経験だけでなく、AI等の最新トレンドに関するキャッチアップ力等が求められる。

一方で、ITコンサルは、ITシステムやツールに関する知識・活用方法等、IT導入・実装・運営等の実務よりの知識・経験が求められることが異なる点となっている。

また、DXコンサルは資格取得等は求められないが、ITコンサルはIT資格を持っていることで重宝されることもある。

担当領域が違う

DXコンサルは、主に戦略立案~実行支援のように上流から下流案件にかけて、様々な領域を担当することが特徴である。

一方で、ITコンサルは下流案件と呼ばれる実行・実装等の領域を主に担当することが多い。

このようにDXコンサルは担当領域が幅広く、ITコンサルは担当領域が狭く、深い専門知識を要する。

DXコンサルの志望動機

ここでは、実際にDXコンサルに転職した社員の志望動機を聞いてみた。

リアルな声であるため、DXコンサルに興味がある方はぜひ参考にしていただきたい。

現在は、日系の大手SIerで働いているが、今後、会社員として市場価値を上げるためには、企業の経営課題の解決といった上流案件も経験したいと考えている。DXコンサルタントは、その狙いを実現するために適切な職種だと感じているため、DXコンサルティングファームへの応募に至った。

DXコンサル転職成功者Aさんの志望動機

現在、総合商社の経営企画で勤務している。年収を更にに上げたいと考えている中、今後、多くの日本企業が求めるであろうDX人材になることができれば、労働市場において、引く手あまたとなり、年収が上がっていくと考えているため、そうしたDXコンサルタントを輩出しているDXコンサルティングファームでの勤務を希望する。

DXコンサル転職成功者Bさんの志望動機

DXコンサル主要なおすすめ企業一覧

ここではDXコンサルの主要企業一覧をご紹介する。

以下では各社のDX関連のコンサルサービスの取り組みについて、簡単にご紹介する。

1.アクセンチュア

アクセンチュアでは、経営・組織・人材に関する変革プランを描くだけでなく、Digital/AI の活用も含めた変革実行まで伴走することが強みとなっている。

DX時代の経営者・DX人材の育成プログラムの提案、デジタル変革を推進する組織設計・立上げ、戦略立案・実現のためのシステム/データアーキテクチャ策定等のコンサルサービスを展開している。

会社名 アクセンチュア株式会社
本社所在地 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
会社HP https://www.accenture.com/jp-ja

2.デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングは、AI、データアナリティクス、サイバーセキュリティ、ブロックチェーン等に強みを持っている。

また、会社としても、自己変革を掲げており、DX人材の育成・確保、ものづくり企業の戦略的なDX推進を支援するイノベーションスペース等のデジタルアセットの開発、テクノロジー企業を中心とした社外コラボレーションの促進、IT基盤の整備等を進めている。

会社名 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング
会社HP https://www2.deloitte.com/jp/ja.html

3.EYストラテジー・アンド・コンサルティング

EYストラテジー・アンド・コンサルティングは、DXにおいては、ビジネス・テクノロジー・人材の3つの分野を軸としており、AI/やIoTを活用した新規ビジネスの創出、RPAの導入による業務効率化、DX人材の育成・確保の支援等を実施している。

また、それら以外にも、顧客の満足度の向上・付加価値の提供を実現するためのデジタル統合型カスタマーエクスペリエンス、製造現場に動的予測データアナリティクス、VR、AIを取り入れることで工場のスマート化を実現するスマートファクトリー等を提唱・提言している。

会社名 EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
本社所在地 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
会社HP https://www.ey.com/ja_jp

4.PwCコンサルティング

PwCコンサルティング

PwCコンサルティングは、DX戦略の立案から実行支援までの総合的なコンサルサービスを展開している。

DX戦略、DXジャーニープランニング・PMO、デジタルパートナー戦略、デジタルM&A戦略、データマネジメント&アナリティクス、DX成熟度診断、DX経営ガバナンス、DXステークホルダーマネジメント等、他のPwCのグループ会社と連携しながら、コンサルサービスを提供していることが特徴的である。

会社名 PwCコンサルティング合同会社
本社所在地 東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One タワー
会社HP https://www.pwc.com/jp/ja.html

5.KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティングは、企業価値の向上に向けて、恒久的・中長期視点でのスピーディかつ抜本的なDX推進に取り組むことが特徴的である。

具体的には、リモートワーク移行、DX推進組織構築、プロセスマイニングによるオペレーション可視化・分析、ITコスト管理自動化・最適化、インテリジェントオートメーション・AIを活用した業務改革等、を支援している。

また、クライアント側の全社のDX推進を専門的に行い、加速させる戦略的組織としてDXMO(Digital Transformation Management Office)が所属しており、日々、企業のデジタルトランスフォーメーションを推進する専門組織の設立・運営サポートやDX戦略の策定等を、幅広く支援している。

会社名 KPMGコンサルティング株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目9番7号 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
会社HP https://kpmg.com/jp/ja/home.html

6.GeNEE

株式会社GeNEEはビジネス×技術×デザインの三位一体により、クライアントのDX推進を最大限にバックアップしている。

ビジネスモデルの全体像を理解したディレクター・コンサルタント、サービス開発にUI / UX要素を継ぎ足すデザイナー、業務効率化の観点から最適なシステム / アプリ設計を思考するテック・エンジニアによる三位一体の支援体制により、企画・構想~開発、運用支援・保守までを一気通貫で支援できるという強みを持つ。

会社名 株式会社GeNEE
本社所在地 東京都港区六本木1-4-5 森ビルアークヒルズサウスタワー
会社HP https://genee.jp/

INDUSTRIAL-X

INDUSTRIAL-Xは、生産性の向上からデジタル基盤の仕組みづくり、新しいビジネスモデル創出まで、企業の変革を一気通貫で支援する産業構造を変革するプラットフォームカンパニーである。

企業がDXを推進するために必要な戦略・人材・ツール・情報をすべて揃えているという強みに加えて、クライアントの自走化を前提として伴走支援を行い、DXの最前線で実践してきた独自のDXメソッドを含めたノウハウがある。

会社名 株式会社INDUSTRIAL-X
本社所在地 東京都港区西新橋3丁目25-31 愛宕山PREX 11F
会社HP https://industrial-x.jp/

DXコンサルランキング

ここではDX領域に強みを持つコンサルに強みを持つ企業について、各種ランキングをご紹介する。

総合満足度ランキング

下記はDX領域に強みを持つコンサルファームについて、openworkにおける総合満足度をランキングにして比較したものである。

総合満足度には、「待遇」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代の成長環境」「人材の長期育成」「法令順守の姿勢」「人事評価の適正感」が含まれている。

# コンサルファーム名 満足度
1 アクセンチュア 4.33
2 デロイト・トーマツ・コンサルティング 4.29
3 PwCコンサルティング 4.23
4 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 3.79
5 KPMGコンサルティング 3.71
6 GeNEE 3.30

年収ランキング

ここではDX領域に強みを持つコンサルファーム別の平均年収ランキングをご紹介する。(出所:Open Work

ここでご紹介する平均年収はあくまでOpen Workにおける回答者平均である点はご留意いただきたい。

なお、各社とも対象職種を「コンサルタント」に絞った平均年収を記載している。

# コンサルファーム名 平均年収
1 PwCコンサルティング 955万円
2 アクセンチュア 934万円
3 デロイト・トーマツ・コンサルティング 934万円
4 GeNEE 895万円
5 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 875万円
6 KPMGコンサルティング 860万円

激務度ランキング

ここでは製造業コンサルファーム別の平均残業時間ランキング(=激務度ランキング)をご紹介する。(出所:Open Work

ここでご紹介する残業時間はあくまでOpen Workにおける回答者平均である点はご留意いただきたい。

# コンサルファーム名 平均残業時間(h)
1 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
2 PwCコンサルティング 62.4
3 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
4 アクセンチュア 52.1
5 KPMGコンサルティング 43.4
6 GeNEE 24.2

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 81 times, 3 visit(s) today
おすすめの記事