ドリームインキュベータ / 一次面接(中途) / ビジネスプロデューサー

ドリームインキュベータ一次面接の体験記

本記事では、ドリームインキュベータの一次面接(中途)の体験記についてご紹介する。

ドリームインキュベータは、BCG出身の堀紘一氏が立ち上げたコンサルティングファームで、コンサルティングに留まらず、投資事業を手掛けるなど、独自のポジションを確立してる。

これから中途面接に臨む方は、本体験記をぜひ参考にして頂きたい。

まだエージェントに登録していない人がいれば、まず以下の記事をおすすめしたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

応募者プロフィール

性別:男性
年齢:27歳
前職:総合電機メーカー

応募部署・ポジション

ビジネスプロデューサー

面接ステップ

一次面接

面接形式

ケース面接

面接官の人数

1人

ケース面接のお題・形式

  • 日経ビジネスを渡され、10分程度インプットの時間が与えられる
  • 10分程度のインプット後、「読んで何を考えたか?」という問いからディスカッション
  • 最終的に、日経ビジネスのテーマとなっていた業界は、今後どうすべきかという打ち手を検討

      印象に残っている質問

      • ドリームインキュベータをどんな企業だと考えているか?
      • なぜドリームインキュベータを志望するか?

        選考で重視されていたと感じる点

        • ビジネス感度
        • 対話力

          感想

          面接官からビジネスを考えることや、ビジネスについてディスカッションすることが好きだということが伝わってくる面接だった。

          兎に角ビジネスについて考える習慣がある人は、リラックスして楽しめる面接なんだろうなと思った。

          また、日経ビジネスを読んで「何を考えたか?」というディスカッションテーマ自体を候補者側に決めさせるのも珍しかった。

          ディスカッション自体は非常にオープンで、考えたことを論理的に話、時には相手の意見を引き出して解にアプローチしていくという進め方で、対話力を求められているように感じた。

          後悔しないために"絶対に"やるべきこと

          あなたはどれだけコンサル転職のために対策を行っているだろうか。

          この質問に胸を張って「誰よりも対策を行っている」と言えない人はエージェント選びをやり直した方がいいと断言できる。

          コンサル転職成否はエージェント選びによっては大きく変わってくる。

          転職活動を行っているあなたも感じているはずだが、コンサル業界は全体像が把握し辛く、守秘義務から仕事内容もオープンにされているものは抽象的なものばかりである。

          また選考プロセスや方法が特異であるため、「どれだけ経験豊富でコンサル業界に強いエージェントに支援してもらうか」というのが非常に重要になってくる。

          人生最大のイベントである転職活動において後悔しないために、ぜひ以下の記事を読んでみて欲しい。

          コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

          様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

          上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

          ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

          おすすめの記事