【体験談】レジャー企業→総合コンサルファームへ転職(30歳、女性)

プロフィール

N.A(30)

大学卒業後、日系のレジャー業界の事業会社に新卒入社し、6年半在籍。施設管理や調達業務など幅広く従事した後、現職。主に業務改革のプロジェクトを担当。

経歴と転職理由

ー これまでの経歴となぜコンサルタント業界へ転職しようと思ったかを教えてください。

大学卒業後、日系のレジャー業界の事業会社に新卒入社し、6年半在籍していました。30歳に近づき今後のライフイベントの変化をリアルに想像した時に、働く環境を見直したいと考えたことが直接的な転職のきっかけです。

レジャー施設は年中無休のため、土日に休めないシフト制の勤務形態になる確率が高く、また全国転勤があります。

そのため結婚や出産後に勤続できるイメージが湧かず、またジョブローテーションもあってスキル開発が難しいと考え、原則都内勤務でかつキャリアの選択肢が広がる企業への転職を考えるようになりました。

転職活動について

スケジュール・進め方

実際に転職活動をはじめる際にどのようなタイムラインで、どのように進めたかを教えてください。

転職活動は以下のようなタイムラインで進めました。

  • 5月中旬:転職を決意し情報収集開始。転職プラットフォームに登録し友人やエージェントに相談
  • 6月上旬:エントリー開始。
  • 6月下旬:選考
  • 7月上旬:オファー
  • 9月上旬:入社

ー なぜ転職エージェントを利用しようと思ったのですか?

初めての転職活動で自身のキャリアの棚卸やどのような企業が向いているかなど、分からないことが多かったので、整理するのを手伝ってもらいたいと思い、相談しました。

ー エージェントを使ったことで良かった点はありますか?

上述の目的は達成できましたし求人情報や相場などのマーケット情報を広く情報収集できた点は非常に良かったです。

ただ当初私もコンサルという選択肢を考えていなかったため、コンサル転職特化のエージェントではなく、総合型のエージェントに登録していました。

総合型のエージェントとなるとどうしても特殊なコンサル転職の対応が弱くなってしまうので、途中からコンサル特化のエージェントに切り替えました。

ファーム選び

ー 受けるファームはどのような基準で決めたか教えてください

2社しか受けておらず、内1社はミドルオフィスだったため、コンサルタントとしてオファーを頂いたのは1社のみでそちらに入社しました。

というのも、当初コンサルは周囲の優秀な人達が入社していた印象があり、自分が働くというイメージができず、そもそも選択肢に入っておりませんでした。

そして中堅のベンチャー企業から2社オファーを頂く直前頃に、話を聞いた友人のファームも良さそうだなと思い、エージェント経由で急いでエントリーをしたため、数を絞って受けました。

ー その中で実際に入社されたファームをどのようなどのような基準で決めたか教えてください

一般的にあまり褒められたことではありませんが、1社しか受けていないので比較検討というのはできていないです。

ただ話を聞いた友人が同世代の女性で、同じような課題感からコンサルに転職し充実している様子を詳細に伺えて、私自身が働くイメージを膨らますことができていたので、エントリー時からオファーを頂ければここにしよう、という想いで臨んでおりました。

未経験からコンサルに挑戦するのであれば早い方が良いのではという考えもあり、即決いたしました。

転職活動を通じてやって良かったこと

ー 転職活動を通じて大変だったことについて教えてください

情報収集と選考対策です。 私は最初から業界を絞れていたわけではないので、どのような企業が自分に合っているのかというのが分かっていない状態で転職活動をスタートしました。

転職活動の進め方も当然分からず、これまでの話からも分かるように、結果的に満足しているとはいえ効率的に進められたとは到底言えません。

また、慌ててコンサルを受けたため対策も十分できなかったため、かなり綱渡り状態だったと思います。

ー そのハードルをどのように乗り越えたのですか?

気合と運で乗り越えたというのが正しいと思います。笑

もし次転職をすることがあれば、事前準備からエージェント選び、友人・知人からの情報収集など、計画的に進めたいとは思います。(私の相談に乗っていただいたエージェントの方には大変感謝しております)

ー その他、転職活動を通じてやって良かったことはありますか?

自分と同じようなバックグラウンドをもつ人から話を聞けた、ということが最も効果的でした。

やはりコンサルと言っても中には様々な人がいます。とにかく最速昇進・昇給、キャリアアップを考えて激務歓迎というタイプ、私のように長期的なキャリアの選択肢としてワークライフバランスも意識しながら着実にスキルアップもしていきたいというタイプ、辞める前提でキャリアチェンジの機会として割り切っているタイプ、など。

特に私と同年代の女性は同様の悩みを抱えている人も多いと思いますし、実際に現職でも友人とはよくそのような話になります。

現在~将来について

ー 転職されて2年程経ちますが、今の仕事のやりがいについて教えてください

まだ半年ですが、仕事・プロジェクトを推進する力がつく実感を少しずつですが確実に得られております。

優秀なマネージャーや同僚が多く、何とかついていっている状態ではありますが、無理のないよう配慮もして頂いているので、有難い限りです。

また、業界知見や先行事例、競合調査をしながら仕事を進める過程で好奇心が満たされる点もやりがいを感じられる瞬間です。

ー 他業界からコンサル業界への転職で大変だったについて教えてください

やりがいの裏返しになりますが、これまでの仕事の進め方よりも物事がスピーディーに進んでいくので、納期が近いと感じるタスクを常に抱え、かつどのように問題解決をするかが見えていない状態からスタートするため、頭をフル回転させ続ける癖をつける必要がある点が大変です。

コンサルとして当然ではあるのですが、頭の使い方を新たに学ぶことに日々奮闘中です。 ただチームとして遅くとも21時以降は働かないようになっているので、時間的にしんどいということはあまりないです。

ー あえて転職後の不満や課題を挙げるとどのようなことがありますか?

入社早々、未経験でリモートの環境は正直あまり良くないと思います。

不明点が多発しますが気軽に上司や周囲に聞きにくいため解決に必要以上に時間を要するケースは間々あります。私自身、去リモートで仕事をしたことがないのでギャップを感じやすいというのはあるかと思います。

エンゲージメントの低下にもつながると思うので、気晴らしに同期とプライベートで飲みに行ったりというのは積極的にするようにしています。

最後に

一 これからコンサル業界への転職にチャレンジする方に一言お願いします

とにかく信頼できる人に相談をすることをオススメします。 私自身は予期せぬ形で身を置くことになりましたが、友人からリアルな話を聞くことができたことで、結果的には良い決断ができたと感じています。

周囲の話を聞くとファームによっても特色は異なるようなので、友人・知人・エージェントの方など、業界に精通しており自身の状況に鑑みアドバイスをしてくれる人がいれば、少なくとも失敗は避けられるだろうと思います。

最終的にコンサルに転職するしないはご縁かと思いますが、描くキャリアに向けてチャレンジされ、よい結果となりますことを心より応援しております。

Visited 28 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事