外資コンサルを目指している人の中には、実際のところTOEICの点数は何点必要かを気にしている人も多いのではないだろうか。

実際、TOEICについては質問されることが多い。

外資コンサルにおけるTOEICの必要性

本記事では外資コンサル出身者である筆者が、TOEICの必要性と必要な点数について解説する。

コンサル転職を検討している人は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、コンサルファームの人事部から直接スカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、世界最大級でハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドや、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobもコンサル転職する上ではまず登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

外資コンサルにTOEICは必須ではない

個社別によって状況は異なるが、多くの場合外資コンサルにおいてTOEICは必須ではない。

極端な例であるが、筆者の周囲にも外資コンサルに勤務しながらTOEICを一度も受験したことがないという人も存在する。

一方、外資コンサルファームにおいて全く英語を使わないということはないため、ファームとしては応募者が英語アレルギーがあるか否かというのは把握しておきたいところである。

帰国子女や留学経験もない人がTOEIC未受験、または著しく点数が低いとなるとそれだけでノックアウトファクターにはならないが、決して心象は良くない。

そのため、帰国子女や留学経験もない人は英語アレルギーがない一つの証明として、TOEICで700点以上は取っておきたい。

グローバルのオポチュニティにはTOEICで800点以上

せっかく外資コンサルに入ったからには、ぜひともグローバルのオポチュニティを活用して頂きたいところである。

逆の言い方をすると、外資コンサルにおいてグローバルのオポチュニティを活用できないということは大きな機会損失でもある。

こちらも個社別によって状況は異なるが、そうしたグローバルのオポチュニティを掴み取る上で、TOEICというのは一つの判断材料になる。

TOEICの点数は高ければ高いに越したことはないが、グローバルのオポチュニティを掴み取る上では最低でも800点以上を取っておきたい。

TOEICの点数を上げるには

1. 英語コーチングスクール

短期間で確実に点数を上げたいという方には、外資系コンサルティングファームであるマッキンゼー出身者が立ち上げたPROGRIT、または結果にコミットするでお馴染みのRIZAPが展開するRIZAPイングリッシュのTOEICコースをおすすめしたい。

たしかに2か月で32.8万円(+入会金5万円)と決して安くはないものの、成果までの期間と、成果の確実性を踏まえると決して高くはない。

また、TOEICにて高得点を獲得して将来的に掴めるチャンスを考えれば、決して高い投資ではない。

少しでも気になる方は、まずは無料カウンセリングを行ってもらうことをおすすめしたい。

2. 英語学習サービス

そこまでお金を掛けられないという方には、スタディサプリEnglish パーソナルコーチプランもおすすめである。

リクルートのサービスであるスタディサプリEnglish パーソナルコーチプランは、68,000円(3か月コース)でオンラインでコーチが学習支援を行ってくれるサービスである。

具体的には以下のような特徴がある。

  • TOEIC学習に必要な単語・演習問題・解説動画、中学英語からハイクラスまで全て揃っている
  • 豊富なコンテンツから個々人に合わせた学習プランを作成してもらえる
  • オンラインでコーチが伴走しくれるため、物理的に通う必要がないため負担が少ない

まとめ

外資コンサルにおいてはTOEICは必須ではないものの、入社時点では700点以上、グローバルのオポチュニティを掴み取るためには800点以上の点数を取っておくことをおすすめしたい。

TOEICの点数を確実に、そして効率的に上げていく上では、多数の著名人も活用する英語学習サービスであるRIZAPイングリッシュまたは、PROGRITのTOEICコースをおすすめしたい。

あるいはリクルートのサービスであるスタディサプリEnglish パーソナルコーチプランも有用な英語学習サービスである。

ぜひTOEICの点数を上げて、外資コンサルにおいて自身の成長を最大化するオポチュニティを掴み取って頂きたい。

おすすめの記事