外資系企業に向いている人の特徴は?現役社員が解説

激しい出世競争や実力主義、高年収など様々なイメージがある外資系企業だが、実際はどのような人が外資系企業で活躍をしているのだろうか。本記事では、外資系企業に向いている人や、日系企業との違いについて徹底解説をしていく。

外資系企業に向いている人の特徴を徹底解説

外資系企業への転職を目指すのであれば、外資系/グローバルのハイクラス転職に強みを持つエージェントであるSamurai Jobには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

外資系と日系企業の違い

    外資系と日系企業を比べると、仮に同じ事業を行っていたとしても様々な違いが存在する。能力の高低ではなく、その人のパーソナリティや志向性によって外資系のスタイルが合わない場合もある。その場合は、どれだけ能力が高くても外資系で活躍して高い評価を得るのは難しい。

    外資系への転職を目指す上で、外資系と日系企業では以下のような違いがあるという点を認識しておく必要がある。

    • 外資系企業は日系企業よりも年収が高い
    • 外資系企業の方がより若い年齢で大きな権限を得られる

    1. 外資系では結果が最重要視される

    外資系といえば結果主義のイメージが強いが、それはイメージ通りである。もちろん日系企業でも結果は重要であるが、外資系企業の場合は結果"しか"見られないと言っても過言ではない。

    2. 外資系では入社後は即戦力として見なされる

    外資系では、日系企業の様に手厚い研修や教育制度を設定していない企業が多い。そのため、基本的に入社直後から利益を生むための即戦力としてみなされるので、当該領域での経験はもちろん、分からないことがある中でもキャッチアップして物事を進めていく力が必要といえる。

    3. 外資系ではより個人を重んじる

    日系企業の場合は個人よりも会社単位で動くことが多く、年功序列を代表として良くも悪くもみんなで足並みを揃える傾向がある。一方で外資系の場合は、より個人単位で見るため、例えば成績が良いときは高年収などリターンも大きいが、逆に成績によっては年収が大きく下がるといったリスクもある。

    外資系に向いている人の特徴10選

    筆者の知人などを見ていくと、実際に外資系企業に向いている人の特徴としては以下のようなことが挙げられる。

    • 語学力がある
    • 自己主張ができる
    • フレキシブルな対応ができる
    • 自己管理能力が高い
    • 実力主義の評価を求めている
    • 実績やスキルがある
    • 向上心・チャンレンジ精神がある
    • ロジカルな思考が強い
    • コミュニケーション力が高い
    • 心身ともにタフである

    1. 語学力がある

    当然ながら外資系企業では公用語が英語とされている企業が多く、最低限ビジネスレベルの英語力は必要とされている。そのため、自分の意見や主張を英語で相手に不自由なく伝えられ、関係性を深められるような人が外資系に向いていると言える。

    2. 自己主張ができる

    外資系企業の場合、高い質のアウトプットを出すことはもちろん、しっかりとアピールしていくことも必要になる。特に激しい競争環境の中で生き残っていくためには自己主張がしっかりできるタイプである必要がある。

    また、日系企業と違い外資系の場合は「主張がない=考えがない」と判断されることも多く、自己主張ができることは外資系に向いている人の特徴と言える。

    3. フレキシブルな対応ができる

    外資系企業の多くは意思決定スピードも早く、かつドラスティックな経営判断を下すことも多い。そのため、職場環境が一夜にしてガラッと変わることも珍しくない。こうした環境においてフレキシブルな対応ができるというのは、外資系に向いている人の特徴として挙げられる。

    4. 自己管理能力が高い

    先述通り、外資系企業は個人を重んじるため自分の仕事は基本的に自分で管理する必要がある。そのため、常に自分でスケジュールを把握し、円滑に業務を進められる自己管理能力が高い人が外資系に向いていると言える。

    5. 実力主義の評価を求めている

    外資系企業の特徴でもある実力主義の環境というのは、結果が出てる時はより高いリターンが得られる一方で、逆の状況の時は大きなリスクになる。こうしたリスクを精神的にも家計的にも許容できるという人が外資系に向いていると言える。

    6. 実績やスキルがある

    実力主義の外資系で成果を上げたいのであれば、スキルや実績必須といえる。そのため、何かの分野で高いスキルや、前職での優れた実績を作っておくことは、外資系に向いている人の特徴になると言っても過言ではない。

    7. 向上心・チャレンジ精神がある

    個人が重んじられる外資系企業において、自走心を持ち常にチャレンジをし続ける姿勢は転職後のキャリア形成において非常に大きな影響をもたらす。そのため、「ある程度仕事をこなそう」「これくらいで良いだろう」といった気持ちを持つことなく、常に成長を望むということは外資系に向いている人の特徴と言える。

    8. ロジカルな思考が強い

    日系・外資系問わず仕事をするうえでロジカルな思考は重要な要素だが、感情論がより少ない外資系ではよりロジカルな思考が重視される。そのため、ロジカルな思考が強いというのも外資系に向いている人の特徴と言える。

    9. コミュニケーション力が高い

    メンバーの国籍も多様で異文化での交流が多い外資系を目指すのであれば、語学力以外にそもそものコミュニケーション能力が備わっているのは大前提といえる。そのため、言葉以外にも相手の考えや気持ちを理解したコミュニケーション能力が高いというのは外資系に向いている人の特徴と言える。

    10. 心身ともにタフである

    実力次第で駆け上がっていくことのできる外資系は、裏を返すと日々仕事とプレッシャーに追われているともいえる。そのため、成果や目標を達成のため、多くの業務をこなす体力や、プレッシャーに打ち勝つ精神力を持ち合わせていることは、外資系に向いている人の特徴と言える。

    外資系企業への転職でおすすめのエージェント

    外資系企業は高年収でキャリアの箔がつくが、その分転職難易度が高いと言える。そのため、必ず外資系企業への転職に実績を持つエージェントに登録する必要がある。

    具体的には、外資系/グローバルのハイクラス転職に強みを持つエージェントであるSamurai Jobには必ず登録すべきである。

    おすすめ度:★★★★★

    Samurai Jobはハイクラス転職において圧倒的な認知と実績を持ち、薦めたい転職エージェントとしてNo.1にも輝いたことがあるJACリクルートメントが展開するサービスで質の高さはお墨付きである。独占案件が多いことでも知られているエージェントであるため、Samurai Jobに登録しないと出会えない求人を見つけることができるのだ。外資系企業への転職を目指すのであればぜひ登録したい。

    Aさん
    (大手IT⇒外資系IT)
    外資系に転職した知人の中で「ハイクラス転職ならSamurai Jobさん」という圧倒的な認知がありました。
    実際Samurai Jobさんならではの独占非公開求人が多くておすすめできるエージェントです。

    Bさん
    (大手メーカー⇒外資系メーカー)
    複数のエージェントに登録しましたが支援のきめ細かさ、手厚さが圧倒的でした。
    職種に特化したエージェントが担当になってくれるのでアドバイスも的確でした。

    その他に筆者やコンサルキャリア運営メンバーの実体験から本当におすすめできるエージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

    転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

    上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

    おすすめの記事