タナベコンサルティング転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

創業60年を超える日本の経営コンサルティングのパイオニアであり、大企業から中堅企業の経営者のパートナーとして、企業の経営全般を支援しているのがタナベコンサルティングである。

本記事ではそんなタナベコンサルティングの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元タナベコンサルティング社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • タナベコンサルティングの中途難易度
  • タナベコンサルティングの選考フロー~面接内容
  • タナベコンサルティングへの転職を成功させるためにやるべきこと

タナベコンサルティングを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

タナベコンサルティングとは

タナベコンサルティングは創業1957年の老舗経営コンサルティング会社であり、主なサービス領域としては、経営・戦略系、グローバルビジネス(海外進出等)、DX、HR、M&A、ブランディング、政府・公共サービス等となっている。

また、サービス領域以外でも中長期経営計画等の策定、事業継承支援等、経営に関する多岐にわたるコンサルサービスを手掛けている。

東京証券取引所プライム市場に上場しており、グループ会社には、株式会社リーディング・ソリューション(BtoBビジネスに特化したデジタルマーケティングサービスを提供)、グローウィン・パートナーズ株式会社(M&A支援や会計・人事領域のBPR・DX支援、人事制度構築等を支援)、株式会社ジェイスリー(UX、顧客体験価値の向上、DXを支援)、株式会社カーツメディアワークス(広報戦略・戦略PRの構築からプレスリリースや記者会見などの実行支援、またSNSやオウンドメディア戦略などブランディングサービスを提供)を有する等、歴史だけでなく、ビジネスの規模感も日本トップクラスのコンサル企業となっている。

会社名 株式会社タナベコンサルティンググループ
英語表記 TANABE CONSULTING GROUP CO.,LTD.
従業員数(グループ全体) 660人(2023年4月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区丸の内

タナベコンサルティングの中途選考フロー

タナベコンサルティンググループの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. Webテスト
  3. 一次面接
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-3ヶ月を要する。

以下ではタナベコンサルティンググループの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

タナベコンサルティングの書類選考・志望動機

タナベコンサルティンググループへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書、職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

また、「応募先へのメッセージ」という項目があり、ここでは「タナベコンサルティンググループでどのような貢献ができるのか」と言う点が特に注意して見られる。

例として、実際にタナベコンサルティンググループへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在、総合商社で事業企画として働いているが、キャリアとして、今まで以上に経営に関する知識・ノウハウを養いたいと感じ、タナベコンサルティンググループに応募することにした。タナベコンサルティンググループで働くことが実現できれば、近年、現職で注力しているDXに関する事業推進のノウハウ等をメンバーの方々に共有し、DX関連の知識の蓄積に寄与したいと考えている。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Aさんの志望動機

現在、総合系コンサルティングファームで戦略案件を中心としたクライアントワークに従事している。その中で、長年、経営コンサルティングファームとして日本企業を支援し続けてきたタナベコンサルティンググループで働くことに興味を持ち、応募に至った。入社後は、クライアントワークにおいて、現職での経験を通じて価値を出せるようにしていきたいと考えている。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Bさんの志望動機

タナベコンサルティングのwebテスト

書類選考の次は、適性検査としてWebテストを受験する必要がある。

タナベコンサルティンググループでは独自のWebテストを用意しており、主に性格診断に関する問題が出題される。

参考となる教科書、内容が近しいWebテストが無いため、心身ともにリフレッシュし、正直に、誠実に、回答することをオススメする。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

タナベコンサルティングの中途面接

ここではタナベコンサルティンググループにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:チーフコンサルタント、もしくは、戦略コンサルタント
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、タナベコンサルティンググループでどのような貢献ができるか

一次面接では、チーフコンサルタント、もしくは、戦略コンサルタントが面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機、タナベコンサルティンググループでどのような貢献ができるかがメインとなる。

特に、現場のマネージャーレベルが面接担当者ということもあり、現職の業務における役割や、苦労した点や工夫した点、等に関する質問が多くなる。

また、質疑応答の際には、「タナベコンサルティンググループでどのような貢献ができそうか」、も沿えて回答するようにできれば、良いアピールとなるので、オススメする。

「自分自身が入社すれば、このようなメリットがあるよ」ということを面接担当者にアピールすることが大事になります。営業トークとまではいきませんが、「活躍できそうな人材」であることを伝えていきましょう。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Cさん

最終面接

  • 面接担当者:プリンシパルコンサルタント
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、タナベコンサルティンググループでどのような貢献ができるか

最終面接は、プリンシパルコンサルタントが面接担当者となり、質問内容は基本的には一次面接と同様である。

しかし、最終面接では、面接担当者がプリンシパルコンサルタントということもあり、「経営目線」での話が中心となる。

例えば、志望動機であっても「なぜ、他の経営コンサルティングファームではないのか。他の経営コンサルティングファームと比べたタナベコンサルティンググループの長所は何か。」等、一次面接よりも視点を高くした質問が多くなるので、その点に注意して面接に臨むようにしよう。

最終面接はプリンシパルコンサルタントが面接担当者ですが、「応募者は戦略コンサルタントや、プリンシパルコンサルタントまで成長できるような人材であるか」を注視しながら、面接する印象です。なので、最終面接では、「マネージャー以上の職階まで成長できるような人材、つまり、経営レベルで物事を考えることができる人材」であることをアピールしましょう。経営レベルで、タナベコンサルティンググループをどのように分析しているか、も重要になります。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Dさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

タナベコンサルティングの転職難易度

ここではタナベコンサルティンググループへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

タナベコンサルティンググループは、コンサルタント経験者のみならず、コンサル未経験でも積極的に採用しており、様々な業界出身者(ヘルスケア、住宅、建設、食品、流通、IT、観光等)を求めている。

そのため、コンサルタント経験者だけに限定するような他のコンサルティングファームと比べると、転職難易度は低めと考えられる。

人材の多様性を大事にしている組織ですので、幅広い業界から人材を求めています。また、コンサルタント未経験の方々にも、公平に選考するようにしており、多くの方々に転職のチャンスがありますね。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Eさん

ただし、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。他業界の企業と比較すると転職難易度は遥かに高いという点はご注意頂きたい。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いタナベコンサルティンググループへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

他のコンサルティングファームと比べて、転職難易度が低い印象があるタナベコンサルティンググループだが、それでも最低限のコンサルスキルや特定の業界に関する専門性等、求める人物像・選考基準はあるようだ。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、タナベコンサルティンググループが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • コンサルタントスキル、もしくはITスキル等、他者と差別化できる経験・スキルを有する人材
  • プロフェッショナルとして最後まで妥協せず、やり抜く気持ちを持つ人材
  • 様々な価値観を持つ社員とも柔軟に対応できる人材
  • 未見を探求する好奇心と、新たな道を切り拓くリーダーシップで、新しい価値を創ることができる人材
  • クライアントに対して真摯に、誠実に向き合うことができる人材

タナベコンサルティングへの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、タナベコンサルティンググループに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

タナベコンサルティンググループへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

現職の業務の棚卸し

タナベコンサルティンググループでは、選考の際に「入社後にどのような貢献ができるのか」を注視するため、応募者の現職での業務内容や活躍ぶりを選考基準としていることが多い。

そのため、選考担当者に自分自身をアピールするためには、現職の業務の棚卸しが必要になる。

些細なことでも良いので、自分自身の業務内容を漏れなく、整理しておこう。

面接が終わってから「あの話をしておけば良かった」と後悔しても遅いので、事前に業務の棚卸しは実施しておきましょう。メモ等で書き起こしていくと、思わぬ業務が見つかりますし、そういった業務が転職成功に役立つこともあります。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Aさん

自分の知識・ノウハウの整理

業務の棚卸しを完了した後は、自分自身の知識・ノウハウを整理するようにしよう。

ここで言う知識・ノウハウとは、業務から得た現場特有の課題や解決策、もしくは、自分自身が苦労・工夫した点等であり、経験した者にしか分からないような情報のことである。

タナベコンサルティンググループでは、「応募者独自の知識・ノウハウがどれくらいあるのか」も注視しているため、選考では自らの知識・ノウハウを惜しみなく出すことをオススメする。

業務内容は誰にでも共通することですが、知識・ノウハウはその人にしか出てこないものです。タナベコンサルティンググループの選考では、「この人は何も考えず業務をこなしていただけなのか、あるいは、自分なりに考えて、工夫しながら仕事をしてきたのか」をよく、見ているため、その狙いに沿う形で、アピールするようにしましょう。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Bさん

自分の経験を論理的、ストーリーとして説明

業務内容の棚卸し、自分自身の知識・ノウハウを整理した後は、それらの話を、1つのストーリーとして説明できるようにすることが重要となる。

具体的には、「現職の業務内容、そこで得た知識・ノウハウ、そして、それらをタナベコンサルティンググループにどのように活かせるか」の順でストーリーとして組み立てて語ることができるようにしよう。

ストーリーとして説明できることで、面接担当者も理解しやすくなるだけでなく、採用に関わる関係者にも説明しやすくなる。

また、論理的に説明できるようにすることで、コンサルタントとしての素養もアピールできるので、ぜひ、実践していただきたい。

面接担当者は忙しいので、理解しやすい説明を心がけることが大切になります。そのために、ストーリーで語ることは重要となります。ストーリーで話すことは、面接だけでなく、クライアントワークでも活用できますので、この機をきっかけに身に付けておくことをオススメします。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Cさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

タナベコンサルティングへの転職の魅力

ここでは、タナベコンサルティンググループの現役社員の声を参考にしながら、タナベコンサルティンググループに転職する魅力について改めて整理する。

経営に関する知識・ノウハウを学べる

タナベコンサルティンググループは、日本の経営コンサルティングのパイオニアとして、長年にわたり、日本企業を支援してきた。

例えば、累計の経営コンサルティング社数は、10,000社以上となっており、コンサル業界の中でもトップクラスの水準となっている。

長年の支援により、タナベコンサルティンググループ内で蓄積された知識・ノウハウは他のコンサルティングファームと比べても、負けない情報量となっており、タナベコンサルティンググループで働くことを通じて、それらの知識・ノウハウを吸収できることは、転職の大きな魅力と言っていいだろう。

私は、他のコンサルティングファームから転職してきたのですが、タナベコンサルティンググループに蓄積されている知識・経験等は、トップレベルですね。私自身、経営・戦略案件を複数参画してきた自負がありましたが、それでもなお、タナベコンサルティンググループでは勉強になることばかりです。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Dさん

キャリアの拍が付く

2点目は、キャリアの拍が付くことである。

タナベコンサルティンググループという伝統的な日本発のコンサル企業で働くこと、多くの上場企業を顧客としてプロジェクトを進めてきたこと、等はキャリアを形成する際にメリットになることが多い。

もし、タナベコンサルティンググループから転職、独立する際にも、タナベコンサルティンググループで働いてきたことは、ご自身のブランド力を補填してくれるものになっているようだ。

タナベコンサルティンググループから転職した元同僚と食事なんかすると、「良い意味で、タナベコンサルティンググループで働いてたことに驚かれる」という話を聞きます。それほどの知名度とブランド力があるということなんですね。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Eさん

人材育成の仕組みが充実

人材育成の仕組みが充実しており、自分自身のキャリアとしての成長が見込めることも転職の魅力だろう。

例えば、社内研修だと、コンサルタントアカデミー、チームコンサルティングブランド研修等があり、また、育成制度では、エルダー制度、他部門・他グループ間の人材交流等、様々な制度を導入されている。

更には、会社が用意した制度だけでなく、社員1人1人が「お互いに成長し合おう」としており、お互いに悩みを言ったり、聞いたりすることで成長を促していることも魅力の1つである。

人材育成の制度や仕組みが充実しているのはもちろんですが、先輩や上司の方々は、いつでも悩みを聞いてくれたり、どんなことでも真摯に接していただき、アドバイスをいただけます。そういった文化は、長年の取り組みの積み重ねなのだなと感じますね。

タナベコンサルティンググループ転職成功者Aさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632
Visited 309 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事