レイヤーズ・コンサルティングに転職!年収・評判・面接を解説

レイヤーズ・コンサルティングは、アクセンチュア出身者と公認会計士によって設立された日本発のプロフェッショナルファームである。本記事では、そんなレイヤーズ・コンサルティングの年収や現役社員からのリアルな評判、中途面接情報などの転職情報を徹底解説する。

レイヤーズ・コンサルティングへの転職情報を徹底解説

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

レイヤーズ・コンサルティングの年収

レイヤーズ・コンサルティング_年収

上記がレイヤーズ・コンサルティングの役職別・年次別の目安年収である。レイヤーズ・コンサルティングの新卒社員は、月給が額面上で約40万円と高水準となっている。

その後高い評価を得ていけば30歳過ぎたあたりから年収1000万円を狙うこともできる。基本的によほどマイナス評価をもらわない限り、毎年昇給していくため安定して年収を上げていくことも可能と言える。

レイヤーズ・コンサルティングの年収水準を他ファームと比較すると、グローバル総合ファーム(アクセンチュアやデロイトなど)よりも低いが、一方で日系コンサルファームや総研系と比較すると高い年収水準と言える。

▼おすすめの転職エージェント

レイヤーズ・コンサルティングのリアルな評判

実際にレイヤーズ・コンサルティングに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。ポジティブ・ネガティブな評判が両方あるため、ぜひ参考にして頂きたい。

▼レイヤーズ・コンサルティングのポジティブな評判

  • 出る杭を伸ばす文化があり、自走心と挑戦心のある人が成長できる環境
  • 上層部の判断速度が早く組織としてスピード感がある
  • クライアントファーストが徹底的に浸透しておりやりがいがある

    レイヤーズ・コンサルティングには挑戦を高く評価する文化があり、目標に向かって努力する人間が成長できるようフォローやバックアップが積極的に行われる点について良い評判が目立った。また上層部の判断が早く、「組織としてスピード感がある」という点は日系コンサルファームとしての強みと言える。

    レイヤーズ・コンサルティングでは成果主義の評価制度を取っている一方で、目先の売上だけではなくクライアントファーストも徹底しているため、クライアントに真正面からぶつかっていけるという点も良い評判が挙がった。

    ▼レイヤーズ・コンサルティングのネガティブな評判

    • 社長ワンマンの場面も目立ち現場の声が届かないこともある
    • 良くも悪くも日系企業であり体育会系文化がある
    • 客先常駐の案件が多く振り回されることも多い

      レイヤーズ・コンサルティングは自由な風土である一方、社長ワンマンの節がある点や体育会系文化がある点について悪い評判が挙がっていた。特にチームによっては目標未達の際に上司から過度なプレッシャーがあり、ストレスを抱える人もいるとのことである。

      また、客先常駐の案件が多くクライアント都合で振り回されることが多いという声も挙がっていた。

      ▼おすすめの転職エージェント

      レイヤーズ・コンサルティングの中途面接

      レイヤーズ・コンサルティングの中途面接は、通常以下のフローで行われる。

      1. 書類選考
      2. 一次面接:事業部長クラス
      3. 二次面接:役員クラス
      4. 最終面接:役員クラス・社長

        知人曰く、レイヤーズ・コンサルティングの中途面接は志望動機や希望年収などのオーソドックスな質問が多く、面接の雰囲気も比較的カジュアルで雑談交じりに行われるとのことである。中途面接での質問としては「今興味のあるニュースは何か」と聞かれ、その答えに対しさらに多角的に意見を求められることもあるという。

        またレイヤーズ・コンサルティングCEOの杉野氏によると、以下のような人物を求めているという。中途面接に臨む上ではぜひ意識しておいて頂きたい。

        レイヤーズ・コンサルティングの中途面接対策を行う上ではコンサル転職に強みを持つエージェントを利用することをおすすめしたい。

        ▼おすすめの転職エージェント

        レイヤーズ・コンサルティングの激務の実態

        結論から言うと、レイヤーズ・コンサルティングの激務度はコンサル業界の中では中間程度と言える。

        • 残業時間が月間で50時間程度
        • 客先常駐型のためクライアントに左右されるが比較的ホワイトな環境が多い
        • ただし、ファーム全体の方針があるわけではないため上位者の働き方に依存

          レイヤーズ・コンサルティングでは、入社数年間のコンサルタントのうちは残業がなく定時退社が可能であるが、その後ランクが上がるにつれて業務量が増えていくため激務になっていく傾向がある。

          また、レイヤーズ・コンサルティングは常駐も多いことから、クライアントの働き方に激務になるかが大きく左右される。現状多くのクライアントでは比較的ホワイトであるとのことである。

          一方で、レイヤーズ・コンサルティングに関わらず多くのファームに共通するが、上位者の働き方に自身が激務になるかが左右される部分もあり、アサインによって激務度が変わってくると言える。

          ▼おすすめの転職エージェント

          レイヤーズ・コンサルティングへの転職でおすすめのエージェント

          コンサル業界は特殊な選考を行うことで有名であり、徹底的な対策が肝になる。そのため、コンサル業界に精通しており、転職支援実績が豊富なエージェントを選ぶ必要がある。

          具体的には、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

          おすすめ度:★★★★★

          アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

          Aさん
          (戦略コンサル転職者)
          とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
          また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

          Bさん
          (総合コンサル転職者)
          業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
          他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

          コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

          上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

          おすすめの記事