昨今、コンサルティングファーム各社が採用拡大していることもあり、多くの方から転職の相談を受ける。

その中には、未経験でコンサル業界の門を叩くことを不安に思う方も多い。

未経験でコンサルに転職する人からのよくある質問

そこで本記事では、そんな方々からよく寄せられる質問に対する回答をご紹介する。

未経験からコンサルへの転職を検討されている方は、ぜひ本記事を参考にして頂きたい。

まだサポートしてもらうエージェントを決めていない方には、ハイキャリアの転職に強みを持つリクルートエージェントに登録することをおすすめしたい。

未経験からでもコンサルに転職できるか?

おそらく「コンサルタントの中で、未経験の中途の割合は多いのか?」という意図だと思うが、「未経験からでもコンサルに転職できるか?」という質問は非常に多い。

結論を先に言うと、未経験からでもコンサルへの転職は十分可能であり、コンサルタントの中でも未経験の中途の割合は非常に多い。

特に近年は、各コンサルファームとも中途採用を拡大していることで、益々未経験の中途の割合は増えている。

実際、各コンサルファームの採用ページに行くと「コンサルタントとしての経験は不問」という文言が記載されていることが多い。

未経験からコンサル転職して活躍できるか?

新卒からコンサル業界に入り、鍛え上げられてきた彼ら/彼女らはもちろん優秀であるが、未経験からコンサルに転職した場合でももちろん活躍可能である。

実際に筆者の知人の中でも、未経験からコンサルに転職し、これまでの経歴を活かして新卒コンサルとはひと味違ったバリューの出し方をしている人もいる。

但し、その道は決して平坦ではなく、様々な障害が待ち受けていることは覚悟しておく必要がある。

関連記事

そうした様々な障害が待ち受ける中で、コンサルタントとして成長するために継続的に努力をすることはもちろん、周囲と良好な関係を築く、心身の健康を維持する、モチベーションを維持するといった点が重要になってくる。

未経験からのコンサル転職で気を付けるべき点

1. ランクを上げ過ぎない

未経験からのコンサル転職で気を付けるべき点の1点目としては、「ランクを上げ過ぎない」ことである。

昨今はコンサルティングファームでも人手不足であることから、できるだけ高い給与とランクを提示して人材を囲い込みたいという力学が働いている。

コンサルタントとして一度現場に出ると、未経験かどうかなどは関係なく、プロフェッショナルとして与えられた役割を遂行する必要がある。

もしそこで高いランクで入ってしまうと、コンサルスキルがない中でプロジェクトをリードしたり、下位メンバーを育成することが求められる。

しかしそんなことができるはずもなく、誰からも教えてもらことができずに、コンサルとしてのお作法も身に付かないまま心身共にボロボロになってしまう可能性が高い。

2. できるだけ若いうちに転職する

「1. ランクを上げ過ぎない」にも通ずるところではあるが、未経験からコンサルに転職する場合は、やはりできるだけ早いうちに転職することをおすすめしたい。

もちろん、30代後半~40代でも未経験でコンサル転職を成功させた人も存在する。

しかし、30代後半~40代ともなると「教えてもらう」ポジションとして入社することが難しく、どうしても「1. ランクを上げ過ぎない」で紹介したリスクを抱えてしまう。

また、コンサルという異なるフィールドに適応するということを考えても、できるだけ早く転職することが理想である。

まとめ

本記事では、未経験からコンサル転職を検討されている方から寄せられる質問に対して、実際に多数のコンサルタントを見てきた筆者が、自身の経験を交えて回答を記載した。

ファームによって育成プログラムも大きく異なることから、ぜひ一度エージェントに各社の採用状況や育成プログラムについて聞いてみて頂きたい。

まだサポートしてもらうエージェントを決めていない方には、ハイキャリアの転職に強みを持つリクルートエージェントに登録することをおすすめしたい。

おすすめの記事