野村総合研究所(NRI)転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

国内Topのシンクタンクとして高い人気を誇るのが野村総合研究所(NRI)である。

本記事ではそんな野村総合研究所(NRI)の転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度・倍率、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

Flow Groupは、コンサル転職に特化した転職エージェントで、戦略・総合コンサル出身者が徹底的に選考支援をすることに強みを持つ。

また、現役で自社でもコンサルティング事業を行っているため、コンサル業界に対して最新の動向や豊富な知見を有する。

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元野村総合研究所(NRI)社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • 野村総合研究所(NRI)の中途難易度・倍率
  • 野村総合研究所(NRI)の選考フロー~面接内容
  • 野村総合研究所(NRI)への転職を成功させるためにやるべきこと

野村総合研究所(NRI)を含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

野村総合研究所(NRI)とは

株式会社野村総合研究所(NRI)は、コンサル事業、および、ITソリューション事業を軸とする国内大手の企業であり、1965年に創業し、現在では東証のプライム市場に上場しており、従業員数は2023年3月時点で6,782人を誇る。

具体的な事業としては、コンサルティング(戦略策定・業務改革・組織改革等のマネジメントコンサルティング、DXやIT導入支援のシステムコンサルティング)、金融ITソリューション(金融機関、証券会社等の金融業界向けのITソリューション)、産業ITソリューション(金融業界以外の業界向けのITソリューション)、IT基盤サービス(企業向けプラットフォーム、システム等の開発)の4つを展開している。

また、国内事業だけでなく、アジア(中国、インド、インドネシア、韓国、フィリピン、シンガポール、台湾、タイ)、大洋州(オーストラリア、ニュージーランド)、欧州(デンマーク、アイルランド、ルクセンブルグ、イギリス)、北米(アメリカ)といった海外事業も積極的に進めている。

会社名 株式会社野村総合研究所
英語表記 Nomura Research Institute, Ltd.
従業員数 6,782人(2023年3月時点)
本社所在地(国内) 東京都千代田区大手町

野村総合研究所(NRI)の中途選考フロー

野村総合研究所(NRI)の中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. Webテスト
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-3ヶ月を要する。

以下では野村総合研究所(NRI)の選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

野村総合研究所(NRI)の書類選考・志望動機

野村総合研究所(NRI)への転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となり、日本語か英語の指定は特に無い。

また、書類以外に、応募動機を記載する項目があり、「なぜ、NRIで働きたいのか」、「NRIでどのような貢献ができるか」という2点が特に注意して見られる。

例として、実際に野村総合研究所(NRI)への転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在、日系のSIerとしてシステム開発・導入の支援を担当しているが、大規模なプロジェクトの経験値が低いため、キャリアアップとして、大規模なプロジェクトを経験できる可能性が高いNRIで働きたいと考えている。NRIで働くことができれば、現在のSIerで培ったシステム開発・実装・運営に関する知識やノウハウを活用してクライアントワークに価値を出すことができるだけでなく、若手社員等に知識・経験を共有し、会社としての底上げに貢献できると考えている。

NRI転職成功者Aさんの志望動機

現在は、総合系のコンサルティングファームでマネージャーとして、日々、クライアント向けのプロジェクトに従事している。様々な業界のクライアントに対してコンサルサービスを提供しているが、その中でも金融業界はDX・ITを通じて成長できる余地が高いと感じている。NRIは、最も金融業界での知識・経験を有するコンサルティングファームであると考えており、NRIで働くことを通じて金融業界のクライアントの経営課題を解決したいと考えている。また、NRIでは現職で培った戦略、業務改革等のスキル・ノウハウを活用して、クライアントに対して新たなプロジェクトの提案等を実施していきたいと思う。

NRI転職成功者Bさんの志望動機

野村総合研究所(NRI)のwebテスト

野村総合研究所(NRI)への転職では、書類選考を通過すると次の選考フローは適正試験としてWebテストを受験する必要がある。

野村総合研究所(NRI)では、SPIを使ったテストが実施される。

SPIは、新卒での就職活動の際にも出てきた形式であるが、Webテストで落ちてしまうことは非常に勿体ないので、しっかりと予習・準備しておくことをオススメする。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

野村総合研究所(NRI)の中途面接

ここでは野村総合研究所(NRI)における面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:人事担当者
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

野村総合研究所(NRI)の一次面接では、人事部の担当者が面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機がメインとなる。

人事部の担当者ということもあり、特に志望動機についての質問が多くなるので、「なぜ、コンサルタントの仕事を選んだのか」、「なぜ、NRIなのか」、「なぜ、○○の職種を選んだのか」を整理し、説明できるようにしておこう。

一次面接では、志望動機が主な質問事項になります。ここでは、「NRIを志望する理由を面接担当者に納得させることができるか」がポイントになります。人事担当者でも理解できるような、分かりやすい説明を心がけることをオススメします。

NRI転職成功者Cさん

二次面接

  • 面接担当者:シニアアソシエイト、もしくは、エキスパート
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、ケース面接

野村総合研究所(NRI)の二次面接では、シニアコンサルタント、もしくは、エキスパートが面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機がメインとなる。

面接担当者が現場の社員であるため、現職の業務内容で苦労した点や、工夫した点等の深堀り質問を通じて、「即戦力としてNRIで活躍してくれるか」を見極める傾向にある。

また、第二新卒やコンサルタント未経験者の場合だと、一次面接だけでなく、(質問内容は一次面接と同様であり、面接担当者がマネージャーレベルになる)二次面接も用意されることがあるので、事前に対策をしておこう。

二次面接は現職の話が多くなります。現場のマネージャーレベルが面接担当者なので、多少、専門用語を使っても問題ありません。また、「NRIでは○○のような問題があるかもしれないけど、大丈夫?」といった質問が来ますが、「大丈夫。なぜなら~」といった感じで、ポジティブな回答を論理的に応えるようにしましょう。

NRI転職成功者Dさん

最終面接

  • 面接担当者:エキスパート(役員レベル)、人事部長
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

野村総合研究所(NRI)最終面接は、エキスパート(役員レベル)と人事部長が面接担当者となる。

見られるポイントとしては、現職の業務内容や志望動機に関する質問を通じて、応募者の人となりやNRIへの志望度を注視する傾向にあるため、面接担当者にはポジティブな印象を与えるような説明をできるように準備しておこう。

また、最終面接は、1(応募者)対2(面接担当者)の形での面接となるが、臆せず、いつも通り質疑応答できるようにリラックスして臨むようにしておこう。

面接担当者が2人、かつ、役員レベルなので、一次・二次面接とは違う緊張感があると思いますが、落ち着いて話すようにしたら、大きな問題とはなりません。面接担当者も応募者が緊張していることは理解していますので。

NRI転職成功者Eさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

野村総合研究所(NRI)の転職難易度・倍率

ここでは野村総合研究所(NRI)への転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度・倍率

野村総合研究所(NRI)は、2018年頃からキャリア採用を積極的に進めている一方で、適性検査に加えて面接回数が多いため、様々な観点から選考される。

そのため、内定までの道のりは他のコンサルティングファームに比べて長い傾向にあり、難易度は高いと言える

また、参考程度であるが、NRIの新卒の採用倍率は18倍程度と言われており、中途採用でも同様に競争が激しいことが予想される。

募集している職種は多いですが、人気のコンサルティングファームということもあり、厳選して社員を選考しているイメージですね。応募者自体の数も多いため、内定の難易度は高いですが、入社した中途社員はみなさん、優秀ですよ。

NRI転職成功者Fさん

さらに、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。大手コンサルファーム自体が他業界の企業と比較して難易度が非常に高くなっている。

そんな大手コンサルファームと比較して転職難易度が高い野村総合研究所(NRI)では綿密な選考対策が必須と言える。

他業界の企業と比較して転職難易度が高い野村総合研究所(NRI)への転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

転職難易度の高い野村総合研究所(NRI)の内定を獲得する上では、面接の限られた時間の中で、野村総合研究所(NRI)が求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

なので、転職を検討する人は面接の限られた時間の中で、NRIが求める人物像を自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • プロフェッショナルとして謙虚、勤勉である人材
  • チームのためにリーダーシップを発揮できる人材
  • 信念、情熱をもって他者貢献ができる人材
  • 企画力、プレゼン能力 ・PCスキルを有する人材
  • 関連業界に関する調査・リサーチ力を有する人材
  • プロジェクトにおけるマネジメント能力、コミュニケーション能力を有する人材

野村総合研究所(NRI)への転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、野村総合研究所(NRI)に転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

野村総合研究所(NRI)への転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

NRIおよび競合他社の調査・分析

野村総合研究所(NRI)への転職を成功をさせることに不可欠なことが、野村総合研究所(NRI)、および競合他社の調査・分析である。

これらの調査・分析は、志望動機だけでなく、リサーチ力、更には野村総合研究所(NRI)への熱意を採用担当者にアピールするために重要になるため、必ず実施するようにしよう。

NRIや競合他社の調査を通じて、自分なりにNRIを志望する動機を見つけ、整理するようにしましょう。特に一次面接では、志望動機を中心に質問してきますので、その対策のためにもしっかりと調査・分析することをオススメします。

NRI転職成功者Aさん

NRIで貢献できることの整理

野村総合研究所(NRI)への転職のポイントの2つ目は、野村総合研究所(NRI)で貢献できることの整理である。

中途社員は「即戦力」としてみなされるため、「自分自身にどのような経験・スキルがあるか」、「そして、その経験・スキルをどのようにNRIに貢献できるか」を論理的なストーリーとして整理し、書類選考・面接で説明できることが重要となる。

自分自身の経験・スキルが転職先の会社でどのように貢献できるか、については転職活動全般で考えるべきことなので、ぜひ、応募前に整理することをオススメする。

NRIの調査・分析にもつながる点ですが、NRIの課題や改善の余地がある点について、自分が入社することで補えるということをアピールできれば、好印象になります。「自分が入社することのメリット」を採用担当者に思わせるようにしましょう。

NRI転職成功者Bさん

NRIでのキャリアプランの整理

野村総合研究所(NRI)への転職のポイント3つ目は、野村総合研究所(NRI)でのキャリアプランを整理し、アピールすることである。

野村総合研究所(NRI)としては、応募者が野村総合研究所(NRI)でどのような活躍・成長していくかを期待し、期待度が高いほど内定の可能性が高くなる。

そのため、「NRIに入ってから、どのようなキャリアを考えているか」をアピールすることは、その期待度を高めるためには、有効な手段となるため、事前に考えておきたい項目と言えるだろう。

NRI側からすれば「できる限り、長くNRIで活躍してほしい」と思うのが本音なので、その本音を安心させるためにも、どのようなキャリアプランを描いているか、をアピールすることは有効的な方法です。「○○年には、~~したい」等、具体的な話ができれば、非常に評価が高くなると思いますよ。

NRI転職成功者Cさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

野村総合研究所(NRI)への転職の魅力

ここでは、野村総合研究所(NRI)の現役社員の声を参考にしながら、野村総合研究所(NRI)に転職する魅力について改めて整理する。

優秀な社員と仕事ができる

野村総合研究所(NRI)への転職の魅力の1つ目は、優秀な社員と仕事ができる点である。

ここで言う優秀な社員とは、単に仕事ができ、頭が良いだけでなく、勤勉と謙虚さも兼ね備えているという意味である。

そうした社員の中で、仕事をすることでクライアントにとって価値あるプロジェクトを実現できたり、自分自身の成長を加速することができるため、充実した日々を過ごすことが可能となる。

NRIはモチベーションが高い社員が多いので、「自分も頑張ろう」という気持ちにさせてくれます。また、現場の業務についても、勉強になることばかりです。アドバイスを求めても、真摯、かつ、誠実に応えてくれますので、日々、成長を感じます。

NRI転職成功者Dさん

海外案件を経験できる

近年、野村総合研究所(NRI)は国内だけでなく、海外拠点と連携しながら、日本企業の海外進出等を積極的に支援している。

そのため、海外案件が多くなってきていることは、グローバルなビジネスを経験したい社員にとっては魅力的と言えるだろう。

経営方針としても、海外進出を積極的に進めようとしているため、今後も海外案件は増えていく傾向にあると考えられる。

従来では「国内案件が多いNRI」という印象があったみたいですが、近年では、海外案件が増えてきています。会社全体としても、海外案件を増やしていこうとしていますので、海外案件を経験したい人にとっては、絶好のタイミングだと思います。

NRI転職成功者Eさん

高い年収を実現できる

野村総合研究所(NRI)への転職の魅力の3つ目は、何と言っても実力次第で高い年収を実現できる点だろう。

新卒入社からでも年収水準は高いが、近年、積極的に進めている中途採用においては、特に高い年収をオファーする傾向にある。

また、会社全体として、実力次第へのシフトしていることもあり、成果次第では、高額の賞与を手にすることもできる。

実際に、多くの中途入社の社員は、年収を上げてNRIに入社していることもあり、転職応募者にとっては魅力的な会社となっているのだ。

コンサル業界では優秀な社員の獲得競争が激化している背景もあり、年収を中心とした待遇面で人材を確保しようとするトレンドになっています。NRIも人材確保のために、高い年収を社員に還元していますので、今、入社することは良いタイミングだと思います。

NRI転職成功者Fさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 920 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事