NRI(野村総研)への転職の実態 | 難易度・評判

日本最大手のシンクタンクとして、新卒・中途問わず絶大な人気を誇るのがNRI(野村総研)である。

そんなNRIの転職難易度や評判についてご紹介する。

NRIへの転職情報まとめ

NRIへの転職を検討している人はぜひ本記事を参考にしていただきたい。

NRIを含むコンサルへの転職を検討されている方は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

NRIとは?

NRIは、野村ホールディングスの中核企業の1つであり、日本最大手のシンクタンクである。

もともとは野村証券の調査部とコンピューター部門が源流となっている。

システム開発を主力としながら、経営/システムコンサルティングにおいても高いプレゼンスを発揮している。

また、戦略立案から業務改革・ITシステムの導入・運用まで、一貫してサポートできるのがNRIの強みでもある。

NRIの特徴

  • 新卒/中途から絶大な人気を誇る難関企業
  • 人材を育てることに熱心
  • 日本企業トップクラスの給与水準

新卒/中途から絶大な人気を誇る難関企業

NRIは就活人気ランキングで毎年のように上位にランクインしており、中途採用においても高い人気を誇っている。

志望者も多いため、結果的に内定の難易度が高い難関企業となっている。

実際に、転職市場においては大手総合コンサルファームからNRIに転職する人も存在する。

人材を育てることに熱心

NRIは実力主義と言われているが、体育会気質があり他コンサルファームと比較してよりチーム感があると言われており、人を育てることに熱心な会社でもある。

実際に各種研修制度が充実しており、研修内容も形式的なものでなく本当に役立つものとして現役社員からも好評である。

日本企業トップクラスの給与水準

会社四季報によると、NRIの平均年収は1,235万円(平均年齢40.4歳)となっており、日本企業としてトップクラスの水準となっている。

他コンサルファームほどの昇進スピードはないが、日系企業と比較すると昇進に実力が考慮されやすいという特徴もある。

NRIの実態

NRIは「やりきる」「あきらめない」ということを大切にしている企業であり、「体育会系」企業と言われている。

そのため、現状働き方改革などを会社として進めてはいるものの、クライアントへの価値を突き詰めていく中でどうしても激務になってしまう側面はある。

激務かどうかはプロジェクト次第です。プロジェクトの内容や時期によっては終電帰りがほとんどみたいなこともありますし、毎日18時に帰るようなプロジェクトもあります。

Aさん(新卒NRI)

前職のファームに比べて相対的にNRIの方がホワイトな傾向があると思います。
NRIの人は真面目な人が多く、会社として働き方改革を進めると掲げたらそれを守ろうとする傾向があるからだと思います。

Bさん(総合コンサルファーム→中途NRI)

また、NRIはITソリューション事業を主力としていることから、どうしてもピュアビジネスコンサル案件は少なくなってしまう。

その点についてはNRI社員の中でも意見が分かれているようだ。

NRIは戦略立案からソリューション提供まで一貫して提供できるのが魅力です。
一貫して提供でき会社としてちゃんと価値を提供できているという実感が得られるのでやりがいがあります。

Cさん(SIer→中途NRI)

ITソリューションが主力の分としても、ピュアビジネスコンサル案件というのが少なくなってしまいます。
なのでコンサルタントしてキャリアを積む上でNRIが最適かというのは悩ましいところです。

Dさん(新卒NRI)

NRIの中途選考フロー

NRIの中途選考のフローは基本的に以下のようなフローとなっている。

    1. 書類選考
    2. 適性検査
  1. 一次面接(人事担当者)
  2. 二次面接(部長クラス)
  3. 三次面接(人事部長)

    NRIは新卒では学歴フィルターがあると言われているが、中途の場合は経験やスキルがより重視されるため学歴の基準が緩和されると言われている。

    そのため、書類選考はそこまで難易度は高くはない。

    一方で面接になると難易度はグッと上がる。

    特に一次面接と三次面接の担当は人事部になるため、実務経験や具体的なスキルを深く聞かれるというよりも、地頭を問われるような質問が多い。

    例えば、具体的に聞かれた質問として以下のようなものがある。

    • あなたを一言で表すとどんな言葉になりますか?
    • その言葉を選んだ理由は何ですか?
    • あなたの短所を教えてください?
    • その短所はどのような時に感じますか?
    • 短所を克服するためにどのような努力をしていますか?
    • 10分間で自由に自分をアピールしてください

    上記のような質問に対して、咄嗟に構造化する頭の回転、説得力を持たせる論理的思考力が問われる。

    NRIに転職するなら"絶対に"やるべきこと

    NRIは幅広いサービスラインを提供しており、募集している職種も多種多様である。

    そのため、「NRIに転職する」といっても自身の経験やスキル、職種ごとの転職難易度などを踏まえて、最適な応募求人を選ぶ必要がある。

    最適な応募求人を選ぶ上ではコンサル業界やNRIに精通したエージェントを選ぶことが最重要である。

    嘘のような話だが、NRIへの転職支援を行っているエージェントでも各職種の具体的な仕事内容を理解していないエージェントは多数存在する。

    そのため、必ずコンサル転職に知見と実績を兼ね備えたエージェントを選ぶ必要がある。

    具体的には、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

    エージェントにコンサル業界やNRIに関する知見がなければ、最適な求人を紹介してもらえないことはもちろん、自分自身のやりたいことやキャリアプランを叶えられないリスクも存在する。

    コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

    様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

    上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

    ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

    おすすめの記事