製造業コンサルとは?主要企業一覧、ランキング、年収などを徹底解説

製造業の経営方針、製品開発、販売戦略だけでなく、工場等の製造現場における業務オペレーション改革、コスト削減といった生産工程の効率化、財務や人事等のバックオフィス機能の改革等、手広く支援しているのが製造業コンサルである。

本記事ではそんな製造業コンサルの仕事内容や志望動機から主要企業一覧、各種ランキングまで徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事でわかること
  • 製造業コンサルの仕事内容・プロジェクト例
  • 製造業コンサルの志望動機
  • 製造業コンサルの主要企業一覧
  • 製造業コンサルの各種ランキング

コンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

製造業コンサルとは

製造業コンサルティングファームとは、製造業向け案件を主戦場とすることで成長してきたコンサルファームを指す。

なお、「製造業向け案件を主戦場とする」というのはあくまで出自の話であり、製造業向け案件だけを扱っているか否かは関係ない点はご留意いただきたい。

なぜなら、製造業コンサルファームと呼ばれるファームでは、現状で製造業向け以外の案件を多数手がけているからである。

よく、「製造業コンサルファーム=製造業向け専業」と誤解されるが、あくまで製造業向け案件も、手掛けているということである。

製造業コンサルでは、現在、製造業の経営方針、製品開発、販売戦略だけでなく、工場等の製造現場における業務オペレーション改革、コスト削減といった、生産工程の効率化、財務や人事等のバックオフィス機能の改革等、手広く支援している。

また、最近では、特に製造業におけるDXがキーワードとなっており、ITシステム導入やAI・ロボティクス・RPA等の先端技術を用いたコンサルティングも実施している。

製造業が多い日本において、製造業コンサルは、多くの企業の経営課題を解決し、日本経済全体を活性化させるために貢献しているとも言える。

製造業コンサルのプロジェクト事例

ここでは製造業コンサルのプロジェクト事例をご紹介する。

グローバルサプライチェーン戦略の策定

国内の大手製造メーカーは、コロナ禍をきっかけに集中していた調達、製造拠点の見直しを検討することになり、製造業コンサルティングファームに戦略策定を依頼。

依頼されたコンサルティングファームは、日本法人から4名、海外法人(北米、欧州、アジア)から3名の合計7名体制でプロジェクトが始まり、日本法人のグローバルサプライチェーン戦略のたたき台を基に、海外法人の各地域のメンバーから現地の現状や課題等を議論し、新しい調達、生産拠点の候補を絞り込むことに成功。

プロジェクトは続き、実際に調達、生産拠点の立ち上げも伴走することになり、新しいサプライチェーンの本格稼働までに至った。

スマートファクトリー構想の支援

国内に製造工場を構える国内中小メーカーでは、現場の人手不足を解決するために製造工程、特に、工場におけるIoT、ロボット化を構想しており、その構想案を支援してもらうために、製造業コンサルティングファームに依頼。

コンサルティングファームのメンバー体制は、パートナー1名、プロジェクトリーダー1名、マネージャー1名、メンバーレベルが2名となっており、「スマートファクトリー」というキーワードにおいて、比較的、IoTやロボット化が進んでいる欧州企業の事例を調査しながら、目指すべき工場の姿を検討。

製造業出身のメンバーがプロジェクトに参画していたこともあり、SFのような構想ではなく、ある程度、現実的なIoT・ロボット化が実現できる工場の構想案を策定することができた。

技術者の人材育成の支援

半導体機器の製造用の電子部品を手掛けるメーカーでは、後継者不足が将来的な経営問題になり得ることを見据えて、技術者のノウハウの見える化、継承方法、次世代の育成・キャリアプラン等の策定、および、実行支援を製造業コンサルティングファームに依頼。

6名のメンバー体制でプロジェクトが始まり、ベテランの技術者へのノウハウに関するヒアリング、ノウハウの見える化、若手社員向けの研修・演習プランの策定、更には、講師として人材育成を支援し、技術継承の仕組みを構築することに成功した。

製造業と製造業コンサルの違い

製造業における、多くの従業員の主な仕事としては、ある程度、決められた製造工程・サプライチェーン等のオペレーション業務を一定の品質、期限でこなすことである。

つまり、オペレーションとしての機能の役割に注力し、業務上、連携するメンバーは、同じ部署のメンバー、もしくは、工場等の関連部署の特定のメンバーが多い。

一方で、製造業コンサルの主な仕事としては、オペレーション自体を見直し、新たに策定すること等である。

また、プロジェクト単位で仕事をするため、関わるメンバーはプロジェクトごとに異なるだけでなく、必要に応じて製造メーカーの経営陣等とも議論をすることがある。

したがって、両社の違いとしては、製造業は「決められた製造工程・サプライチェーン等について、品質・期限を守りながら業務をこなすことが主な仕事である」に対して、製造業コンサルでは「製造工程・サプライチェーン自体を決めることが主な仕事である」という点が異なる。

製造業コンサルの志望動機

ここでは、実際に製造業コンサルに転職した社員の志望動機を聞いてみた。

新卒で現在のメーカーで働き出してから7年が経過した。職階も上がり、今では生産工程のマネージャーのポジションであるが、「今後、働いているメーカーがどのような企業になっていくべきか」、「モノづくりのあり方をどうしていくべきか」、を検討することも増えてきている中で、一度、コンサルタントのように外部から製造業を客観的に見ないと、本当に進むべき方向性が分からないのではないか、と思い、製造業コンサルティングファームへ応募した。

製造業コンサル転職成功者Aさんの志望動機

現在は、大手の総合系コンサルティングファームで働いているが、日々、様々なクライアントのプロジェクトに参画する中で、「やはり、"モノづくり"が日本の経済を支えているのだな」ということを再認識し始めた。したがって、製造業コンサルティングファームに転職することで、日本の経済の中心である製造業を盛り上げることに貢献していきたいと考えている。

製造業コンサル転職成功者Bさんの志望動機

製造業コンサル主要企業一覧

ここでは製造業コンサルの主要企業一覧をご紹介する。

以下では各社の製造業向けコンサルサービスの取り組みについて、簡単にご紹介する。

1.アクセンチュア

アクセンチュアは、アウトソーシングやオペレーショナル・エクセレンス等、製造業の工場、プラント等の現場のオペレーションを最適化することに関する支援を長年、実施してきた経験・ノウハウを有している。

加えて、近年では、IT/OT統合、ビッグデータ、リアルタイムアナリティクス、IIoT・センサー技術、AI、デジタルツイン、デジタルスレッド先端技術を取り入れた支援を行い、製造業の更なる飛躍に貢献している。

会社名 アクセンチュア株式会社
本社所在地 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
会社HP https://www.accenture.com/jp-ja

2.デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングでは、製造業の戦略的なDX推進支援として、製造領域の専門家とともに行う構想・ユースケース策定、課題解決に沿ったアドバイザリー、DX推進の次アクションに繋げるためのワークショップ等、幅広くサービス展開している。

また、2021年には、京都府京都市内に、「The Smart Factory @ Kyoto」を京都先端科学大学と共同で開設し、デロイトグローバルが掲げる工場スマート化のコンセプトである「The Smart Factory」を具現化するためのイノベーションスペースを展開する等、外部企業や機関との連携等にも積極的である。

会社名 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
本社所在地 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング
会社HP https://www2.deloitte.com/jp/ja.html

3.EYストラテジー・アンド・コンサルティング

EYストラテジー・アンド・コンサルティングは、製造業の製品・サービス価値の変化に対応するための支援を行っている。

具体的には、製造業の新たなビジネスモデルの開発、サプライチェーンの再構築、共生的なエコシステムの構築、製品ポートフォリオの見直し・最適化、研究開発のロードマップの策定等、の検討、実行支援を強みとしている。

会社名 EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社
本社所在地 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
会社HP https://www.ey.com/ja_jp

4.PwCコンサルティング

PwCコンサルティング

PwCコンサルティングでは、生産技術・工場立上・CAD設計などの知見を持つメンバーがデータサイエンティストと連携し、製造業のDX支援を包括的に支援している。

特に、IoT等を通じたデータアナリティクス、リスク分析といった、現場のスマートファクトリー化を支援するだけでなく、データの収集・蓄積・活用、および、各ツールの実機デモを通じた体験を提供している等、提言だけでなく、共同開発にも力を入れている。

会社名 PwCコンサルティング合同会社
本社所在地 東京都千代田区大手町1-2-1 Otemachi One タワー
会社HP https://www.pwc.com/jp/ja.html

5.KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティングは、製造業の経営、外部環境に関するコンサルサービスに強みを持っている。

具体的には、グローバル化するサプライチェーンにおける、各国の法規制リスクを踏まえたグローバルでのサイバーセキュリティ対応支援、企業買収の際にデューデリジェンスの実施、企業における中長期経営計画の策定支援等、を注力している。

会社名 KPMGコンサルティング株式会社
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目9番7号 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
会社HP https://kpmg.com/jp/ja/home.html

6.エル・ティー・エス

エル・ティー・エスは、戦略提言やIT活用、DX実現に留まらず、クライアントの変革実行能力の向上までを一気通貫で支援するプロフェッショナルサービス企業である。

製造業のクライアント企業に対しては、DX化支援を通じてクライアント企業の組織や人を変革していくことにも注力しており、現場の意識改革や人材育成もサポートできるという特徴がある。

会社名 株式会社エル・ティー・エス
本社所在地 東京都港区元赤坂1丁目3-13 赤坂センタービルディング 14階
会社HP https://lt-s.jp/

7.GFC

GFCは元職人・工場長である上村代表が現場経験に、中小企業診断士としての知見を加えて、中小製造業・工場専門の現場改善コンサルティングを行っている。

現場経験があるからこそ、現状のムダを素早く捉え、現場レベルに合わせた支援を行えるという特徴がある。

会社名 株式会社GFC
本社所在地 千葉県鎌ケ谷市東道野辺5-12-43-2
会社HP https://www.g-f-consulting.com/

製造業コンサルランキング

ここでは製造業コンサルに強みを持つ企業について、各種ランキングをご紹介する。

総合満足度ランキング

下記は製造業コンサルファームについて、openworkにおける総合満足度をランキングにして比較したものである。

総合満足度には、「待遇」「社員の士気」「風通しの良さ」「社員の相互尊重」「20代の成長環境」「人材の長期育成」「法令順守の姿勢」「人事評価の適正感」が含まれている。

# コンサルファーム名 満足度
1 アクセンチュア 4.33
2 デロイト・トーマツ・コンサルティング 4.29
3 PwCコンサルティング 4.23
4 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 3.79
5 KPMGコンサルティング 3.71

年収ランキング

ここでは製造業コンサルファーム別の平均年収ランキングをご紹介する。(出所:Open Work

ここでご紹介する平均年収はあくまでOpen Workにおける回答者平均である点はご留意いただきたい。

なお、各社とも対象職種を「コンサルタント」に絞った平均年収を記載している。

# コンサルファーム名 平均年収
1 PwCコンサルティング 955万円
2 アクセンチュア 934万円
3 デロイト・トーマツ・コンサルティング 934万円
4 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 875万円
5 KPMGコンサルティング 860万円

激務度ランキング

ここでは製造業コンサルファーム別の平均残業時間ランキング(=激務度ランキング)をご紹介する。(出所:Open Work

ここでご紹介する残業時間はあくまでOpen Workにおける回答者平均である点はご留意いただきたい。

# コンサルファーム名 平均残業時間(h)
1 デロイト・トーマツ・コンサルティング 63.1
2 PwCコンサルティング 62.4
3 EYストラテジー・アンド・コンサルティング 53.1
4 アクセンチュア 52.1
5 KPMGコンサルティング 43.4

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 1,493 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事