コンサル業界では現在採用が活発化しており、一部から採用基準が甘くなっているとの声も聞こえてくる。

しかしなが、それでも他業界と比較してコンサル業界の採用基準は高く、準備なく内定を貰えるような甘い業界ではない。

コンサルへの転職活動における流れと期間

そこで、本記事では実際にコンサル業界への転職活動を行う際に、後手後手に回らないよう、一般的な流れと期間についてご紹介する。

これからコンサルへの転職を検討される方はぜひ参考にして頂きたい。

コンサル転職の流れ

コンサル転職は、具体的に以下の流れで行う。

  1. エージェントとの面談/戦略策定:1w
  2. 応募書類の作成/応募:3-4w
  3. 対策(適正試験/面接):2-6w
  4. 適正試験(筆記/web):1-2w
  5. 面接(1-5回):1-6w
  6. 内定:1-2w

複数のファームを受ける場合、平均するとエージェントとの面談から内定までで約4-5か月の期間を要する。

一方で、受けるファームを絞っての転職活動の場合は、その分対策や選考を受ける期間が短くなるため、短い人で2-3ヶ月で内定までたどり着ける。

できるだけスムーズに内定までたどり着きたい場合はぜひとも以下のエージェントに登録することをおすすめしたい。

以下では、それぞれについて具体的にご紹介していく。

1. エージェントとの面談/戦略策定

コンサル転職の第一歩は、エージェントとの面談/戦略策定である。

特にハイキャリアの転職支援に強みを持つハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobや、コンサル業界に特化したエージェントとして実績と評判を確立しているアクシスコンサルティング登録することをおすすめしたい。

一口にコンサル業界と言っても非常に幅広いことに加え、その時々によって市場に出ている求人も異なる。

そのため、まずはエージェントとの面談で具体的にどのファームのどのポジションを目指すのかを明確にして頂きたい。

その上で、どのような戦略で転職活動を進めていくか戦略を策定していく。

例えば、最初は志望度が高くないファームで面接の練習をして慣れてきたころに本命を受ける戦略もあれば、志望度が高い順から受けていき最短距離で転職活動を行う戦略もある。

これは自身のスキルセットや面接慣れ、現業の忙しさ、希望内定時期、ファームの求人状況などを複合的に鑑みて策定していく。

このフェーズではエージェント登録~初回面談が必要なアクションであり、1w程度の期間を要する。

2. 応募書類の作成/応募

具体的に受けるファームや進め方が決まったら、応募書類の作成に着手していく。

どれだけ経歴がピカピカでも応募書類の磨き込み有無によって通過率が大きく変わってくる。

一方、一度磨き込んでしまえば基本的にはコンサルファーム各社で使いまわせるため、受ける企業数によって掛かる時間が大きく変わることはない。

自分自身でどの程度職歴や志望動機を棚卸できているかにもよるが、エージェントからのレビュー、応募書類の修正、応募後のファームから通過連絡までは、多くの場合3-4w程度の期間を要する。

3. 対策(適正試験/面接)

応募書類を作成しながら、並行して対策を行っていく必要がある。

対策については、新卒の時にコンサルファームを志望し、適正試験対策やケース対策をしたことがあるかも大きく影響するが、基本的には6w程度の時間を要すると考えて頂きたい。

応募書類は各ファームで使いまわせる一方、適正試験の内容は各ファームで大きく異なるためそれぞれ毎の対策が必要となる。

また、ケース対策は反復練習が必要になってくる。

各種フレームワークのインプットや、ケース問題の自習などに加え、エージェントに模擬ケース面接を何度も行ってもらうことをおすすめしたい。

練習時点でスムーズに解けなければ、本番の面接で上手くいく可能性は低いため、根気強く反復練習することが求められる。

但し、一部総合ファームではケース面接が行われなくなっており、ケース面接対策が不要な場合は2w程度で十分な場合もある。

4. 適正試験(筆記/web):1-2w

書類が通過した場合、1w程度の猶予が与えられて、その期間内に適正試験を受けることになる。

形態は各ファームによって異なり、ファームに訪問して受ける場合もあれば、自宅でwebテストを受ける場合もある。

いずれにせよ、受験後1w程度で通過の連絡が来る場合が多い。

5. 面接(1-5回)

適正試験を通過すると、次はいよいよ面接である。

面接回数も各社で異なるが、最近では一部の総合ファームで1day選考もあり、最短で1回、最長で5回程度の面接回数となっている。

面接後に2~5日後に通過連絡があり、その後に次回面接の日程調整(だいたい1w後)となると、仮に5回面接があると早くても5-6wの期間を要することになる。

また、複数ファームを同時に受ける場合は、各ファームの選考の足並みを揃えるなどの調整も必要となるため、もっと多くの時間を要する可能性もある。

こうした各ファームとの調整については、エージェントが代行してくれるため自身は面接対策に集中することができる。

6. 内定

全ての面接を通過すると、無事に内定をもらうことができる。

但し、各ファームも同時進行で複数の候補者と面接を行っているため、内定か出てから承諾までの猶予は1-2w程度である。

これが、各ファームの選考の足並みを揃える必要がある所以である。

最初にエージェント登録から内定を承諾するまでの期間で言うと、3~6か月程度の期間を要することになる。

いずれにせよ全て始まりは、エージェント登録である。

コンサル転職に興味がある方には、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

コンサル転職に強いエージェントや、直接コンサルファームの人事部からスカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

また、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobや、コンサル業界に特化したエージェントとして実績と評判を確立しているアクシスコンサルティングにも登録しておきたい。

加えて、国内最大手のリクルートがハイクラス向けとしてに展開するキャリアカーバーに登録しておくことも間違いない選択肢である。

ハイクラス転職サービス・エージェント

エージェントに登録後はどのようなコンサル求人があるかや、今後のキャリア戦略について話し合ってみて頂きたい。

なお、最初の段階では複数のエージェントに登録することをおすすめしたい。

エージェントは転職活動を並走していくれる貴重なパートナーであり相性が非常に重要である。

また、残念ながらエージェントによって人の質も大きく異なるため、自分の目でしっかり見定めた上で1つのエージェントに絞ることをおすすめしたい。

おすすめの記事