ポストコンサルキャリアとして根強い人気を誇るのがFASである。

専門性が分かりにくいコンサルにとって、コンサルと親和性がありながら明確な専門性が身に付けられるFASは魅力的なキャリアである。

コンサルからFASへの転職

本記事では、コンサルからそんなFASへの転職のメリットと、その後のキャリアについてご紹介する。

FASへの転職を検討されている方は、以下のエージェントに登録することをおすすめしたい。

FASとは

FASとは、Financial Advisory Serviceの頭文字を取った呼称で、主に財務に関わる領域においてアドバイザリーサービスを提供している。

主な企業としてはBIG4のグループファームであるDTFA、PwC(ディールアドバイザリー)、KPMG FAS、EYTASなどが挙げられる。

FASのサービスとしては主に以下になる。

  • M&Aアドバイザリー
  • 企業/事業再生
  • 不正/不祥事調査・予防

M&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザリーでは、Pre DealからOn Deal、Post Dealまでを一貫して行うことになる。

  • Pre Deal:企業あるいは事業の成長戦略やM&A戦略策定、案件発掘
  • On Deal:デューデリジェンスから企業/事業価値評価、交渉や契約締結
  • Post Deal:PMI計画の策定と実行支援

サービス内容自体は投資銀行と非常に似ており、時にはFAとして対峙することもあるが、基本的にFASの方がより案件サイズが小さくなる傾向がある。

企業/事業再生

財務面・事業面の双方から企業/事業再生プランを策定し、実行支援までを一貫して行うことになる。

対象は大手企業から、その国内・国外子会社、中堅・中小企業まで多岐に渡る。

大手コンサルティングファームでは、一部領域に対する提言が主となるが、FASの企業/事業再編においては当該企業あるいは事業を総合的に見てる必要がある。

不正/不祥事調査・予防

近年、コンプライアンス意識の高まりから、不正会計に関わる不祥事の事前調査・予防の需要が拡大している。

FASは、第三者の専門家として事前調査と予防を担うと共に、仮に不祥事が起きた場合の対処支援も行う。

今後も需要が拡大していく領域と言われており、専門性を身に付けておくことも有用と考えられる。

コンサルからFASへの転職のメリット

1. コンサル業務と親和性が高い

コンサルからFASへの転職のメリットの1つ目は「コンサル業務と親和性が高い」ことである。

両者ともプロジェクトベースという働き方で、基本的に少人数のチームで動くことになる。

また、特定のクライアントに対して提言を行うといった点も似ており、例えば働き方や日々の動き方、仕事上で関わる人数や求められるアウトプットが大きく異なる事業会社と比較しても、転職後すぐに立ち上がりやすい。

2. 専門性が身に付く

コンサルでは様々な業種、機能に跨って提言を行うため、どうしても専門性が身に付きにくいと言われている。

一方、FASの場合は財務に関わる領域に特化しているため、明確な専門性を身に付けることができる。

コンサルからのネクストキャリアを描く上で、専門性を身に付けたいと考えている人にとっては魅力的な選択肢である。

3. ネクストキャリアが描きやすい

上記の通り、FASで経験を積むことで財務に関わる専門性を身に付けることができる。

そのため、財務を軸としたネクストキャリアが描きやすくなる。

FASを経由したキャリアとしては、ベンチャー企業のCFOだけでなく、投資銀行やPEファンドなどの金融領域へのキャリアも考えられる。

コンサルからFASを経由したキャリア

以下では、一例としてFASのネクストキャリアについてご紹介する。

FASのネクストキャリアを検討している人も、以下のエージェントがおすすめである。

1. FAS→コンサル

クライアント側にコンサル出身者が増えていること、コンサル人口の増加に伴いコンサルタント間での競争が激しくなっていることを受け、コンサルタントとしてエッジを立てる必要が出てきている。

一度FASを経験することで、例えばM&Aに関わるプロジェクトで他のコンサルタントと差別化することが可能になる。

コンサルファームによってはM&Aチームが組成されているファームもあるので、そうしたチームで活躍していくことも考えられる。

2. FAS→PEファンド

PEファンドとFASの業務の親和性が高く、FASのネクストキャリアとしてPEファンドというは魅力的な選択肢となる。

PEファンドは経験による要件が非常に高く、PEファンドに行ける業界が限られている。

例えば、コンサルからPEファンドに直接行くこともできるが、「未経験業界から来た人」として扱われるためポジションが下がってしまう可能性が高い。

そこでFASを経由して財務に関わる専門性を身に付けることで、より上のポジションでのオファーを獲得する可能性を上げることができる。

3. FAS→投資銀行

PEファンドと同様に投資銀行とFASの業務の親和性が高く、FASから投資銀行というのはキャリアアップが図りやすいルートでもある。

就職活動時はコンサルと投資銀行は比較されることが多いが、両者は全くの別物であり、入社後数年経過してしまうとコンサルから投資銀行への転職は難しくなる。

そこで一度FASを経由して財務に関わる専門性を身に付けることで、投資銀行への転職の可能性を上げることができる。

4. FAS→大手事業会社 財務部

大手事業会社の財務部に転職する場合、FASで培った財務領域における専門性を活用することができるため、より高い条件(ポジションや給与)でのオファーを得ることができる。

また、他の選択肢と比較してワークライフバランスを取ることもできるため、コンサルやFASのような働き方は長期的にはできないと考えている人にとっても非常に魅力的な選択肢である。

5. FAS→スタートアップCFO

スタートアップに転職する場合、ジェネラリストではなくスペシャリストとしてより高いポジションを得ることができる可能性がある。

FASであれば財務領域における専門性を活かして、CFOのポジションなどが王道である。

中長期的にコミットして事業をドライブさせたいと考えている人にとって、CFOというポジションで事業を先導できるのは非常に魅力的な選択肢である。

FASに転職するには?

本記事では、コンサルからFASへの転職のメリットと、その後のキャリアについてご紹介した。

FASへの転職には多くのメリットがあるものの、FASへの転職は決して万能ではない。

そのため、まずは自身のキャリア戦略とプランをしっかり練り、ネクストステップを明確にする必要がある。

もしFASへの転職を検討されている方がいれば、ハイクラス特化のエージェントとして定評のあるSamurai Jobや、コンサル業界に特化したエージェントとして実績と評判を確立しているアクシスコンサルティングに登録することをおすすめしたい。

また、ヘッドハンティング型の転職サイトであるビズリーチキャリアカーバーにも忘れず登録しておきたい。

登録しておくだけでFASへの転職に強いエージェントや、FASの人事部から直接スカウトが来るため、自身の市場価値を確認することができる。

FASから転職する場合もハイクラス転職サービス・エージェントがおすすめ

また、FASから転職する場合も上記でご紹介したハイクラス転職サービス・エージェントに登録することをおすすめしたい。

ハイクラスに特化した転職サービス・エージェントであり、多数の実績と評判を確立しているため登録してまず間違いない。

ハイクラス転職サービス・エージェント

なお、最初の段階では複数のエージェントに登録することをおすすめしたい。

エージェントは転職活動を並走していくれる貴重なパートナーであり相性が非常に重要である。

また、残念ながらエージェントによって人の質も大きく異なるため、自分の目でしっかり見定めた上で1つのエージェントに絞ることをおすすめしたい。

おすすめの記事