アクセンチュアへの転職徹底解説 | 面接・難易度・失敗しない方法

近年コンサル業界への人気が拡大しているが、その動きを牽引しているのがアクセンチュアである。

アクセンチュアは新卒/中途問わず非常に人気が高いファームとなっている。

アクセンチュア転職者に向けた徹底解説

本記事では、そんなアクセンチュアへの転職で失敗しないために、アクセンチュアへの転職でよくある失敗理由と、気を付けるべき点についてご紹介する。

アクセンチュアを始めとしたコンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

アクセンチュアの転職難易度

結論から先に言うと、アクセンチュアの転職難易度は決して高くない。

アクセンチュアは世界最大のコンサルファームとして幅広いサービスラインを取り揃えており、現状も急速なスピードでサービスラインを広げている。

そのため多数の優秀な人材を抱えている一方で、内定のハードルを下げて採用を行っている状況のようだ。

実際、「コンサルへの転職活動を行い、アクセンチュアだけ内定をもらった」という人も多い。

とは言えコンサル業界の最先端を走り、新卒・中途問わず非常に人気の高い会社だけに、転職を成功させることは決して簡単ではない。

そのため、事前にしっかりと面接対策を行うことが必須である。

別の言い方をすれば、アクセンチュアの面接に精通しているエージェントを付けて、しっかり面接対策を行えばアクセンチュアの難易度は決して高くないと言える。

▼おすすめのエージェント

アクセンチュアの選考フローと面接

アクセンチュアの中途選考フローは明確に定まったものはなく、時期によって多少の変化があるようだ。

人によっては1日の間に2回面接を行い内定が出る人もいれば、2-3週間にわたって複数回面接を行う人もいる。

とは言え、複数人に聞いたところ基本的には以下のような選考フローになるようだ。

  1. Webテスト(玉手箱)
  2. 一次面接
  3. 二次面接
  4. 内定

面接では大きく2パターン存在する。

  • グラフなどの資料を提示され、一緒に議論を進めながら解を求める形式の面接
  • 与えられたお題について30程度の所要時間の中で解き、面接官にプレゼンする形式の面接

実際の面接で出題されたお題としては以下のようなお題である。

  • ゲーム会社A社とB社の業績資料を与えられ、「業績から読み取れることは?」「A社、B社それぞれの社内で起きていると想定されることは」について議論
  • 日本の人口減少を解消するための方法」というお題を30分間で解き、面接官にプレゼン

アクセンチュアの面接におけるポイントは、「焦らず落ち着いて論理的に話すこと」である。

五月雨式に質問が飛んでくるため、急いで回答したくなってしまうが、アクセンチュアの場合は「頭のキレ」や「頭の回転の早さ」以上に、上記の点が求められる。

実際、アクセンチュアに転職した人から話を聞くと、「回答に詰まることは多々あったが、焦って回答せずに『30秒時間をください』といって落ち着いて考えた」といったなどの対応をした人が多い。

また、選考突破の鍵は間違いなく「ケース面接の練習量」だと断言できる。

アクセンチュアへの転職支援実績が豊富な転職エージェントであるアクシスコンサルティングを利用して、ぜひ徹底的なケース面接対策を行うことをおすすめしたい。

アクセンチュアの特徴

アクセンチュア_組織図

アクセンチュアは約430億ドルの売上と、約48万人の従業員を誇る、世界最大級のコンサルファームである。

また、コンサル業界の中でも時代の流れを読み、事業を再構築していくことがとてもうまいことで知られている。

現状は、デジタルというテーマは全てに共通するとして、デジタル部門を解消し、以下のような4つの本部体制に移行している。

また、アクセンチュアは今後のコンサルティング業界を取り巻く最も大きなトレンドとして、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を挙げており、他社を寄せ付けないほどの本気度・スピードで取り組んでいく姿勢が伺える。

実際に、クライアントのDXを全面的に支援していくために、アクセンチュアは2014年から社員数を約3倍に増やしているという。

このように圧倒的な規模を誇るアクセンチュアは、非常に多種多様な部門や職種を抱えているという特徴を持っている。

これによりアクセンチュアというプラットフォームで、様々な機会が提供されるというメリットがある。

一方で転職者目線に立つと、部門や職種の内容をしっかり理解して応募しないと、入社後のギャップが大きくなってしまうという側面がある。

アクセンチュアの実態

アクセンチュアに転職を検討する人からよく質問を受けるのが、「実際に激務なのか?」と「やりたいプロジェクトにアサインしてもらえるのか?」という点である。

1. 激務なのか?

激務かどうかは、正直プロジェクトによるところが大きい。

プロフェッショナルとして高い価値を出す上で、どうしても激務にならざるを得ない時期やプロジェクトのフェーズも存在する。

また、クライアントワークであるコンサルティングは、自分たちの都合というよりもクライアントの都合で動かざるを得ず、例えば「○○までに役員報告をしなければいけない」といった理由でタイトなスケジュールとなることもある。

ただし、そうしたコンサル業界ならではの事情を差し引けば、アクセンチュアは会社としてもかなり本気で働き方改革に取り組んでいるようだ。

実際、アクセンチュア社内では「長時間労働/激務=良くない事、ダサい事」という雰囲気ができているという。

▼参考記事

2. やりたいプロジェクトにアサインしてもらえるのか?

一方、「やりたいプロジェクトにアサインしてもらえるのか?」という点については、一定不満を持っている人もいるようだ。

多種多様のプロジェクトを扱い、コンサルタントの数も非常に多いアクセンチュアにおいて、すべての人の希望を叶えるというのは非常に難しい問題である。

実際、アクセンチュアに転職した筆者の知人は以下のような状況にあるという。

アクセンチュアへの転職前の面談で希望案件について伝えており、希望した案件にアサインするといった口約束ももらっていた。
しかし、現在入社して2つ目の案件にアサインされているが、まだ希望の案件にアサインしてもらえていない。
社内でも日に日にコンサルタントの数が増えおり、全ての人の希望を叶えることができないにしても、このまま希望していた案件にアサインしてもらえないのではといった不安がある。

さらに、中には会社からコンサルティングという業務を正しく教えられていないのではないか、と思ってしまうような事例も存在する。

以下は、実際にアクセンチュアに転職した筆者の後輩についてつぶやいた内容である。

▼参考記事

アクセンチュアの年収

アクセンチュアにおいて「職種」と「職位」、そして「評価」によって年収が変わってくる。

中でも「職位」が最も大きな変数になる。

以下にて「職位」別のおおよその年収レンジをご紹介する。

  • アナリスト:430~600万円
  • コンサルタント:650~750万円
  • マネージャー:1000~1250万円
  • シニアマネージャー:1300~1800万円
  • マネージングディレクター:2000~3000万円
  • パートナー:5000万円~

年齢や経験にもよるが、未経験の場合20代前半であればアナリストから、20代後半以降であればコンサルタントからのスタートなる。

会社側はあまり言いたがらないが、コンサルタントの職位として転職する場合でも、入社時の交渉で数十万円の年収を上げることも可能である。

交渉方法については、アクセンチュアへの転職支援実績が豊富な転職エージェントであるアクシスコンサルティングを利用した上で相談してみて欲しい。

アクセンチュアへの転職でよくある失敗例

アクセンチュアへの転職でよくある失敗例として、筆者の知人でアクセンチュアに転職した人の例をご紹介する。

自分の情報収集不足で、応募した部門について転職前にイメージしていた仕事と大きく異なっており希望していた仕事とギャップがある

Aさん

部門によっては、採用の時に聞く話と実態が大きく乖離にする部門も存在する。
そのため「聞いてた話と違う」状態になっている。

Bさん

「自身の情報収集不足」と「聞いていた話との乖離」という違いはあれど、どちらも「様々な部門が存在する中で状況は適切に把握できていなかった」という共通点が存在する。

そして一度部門採用されてしまうと、他部門への異動にはいくつものハードルが存在し、貴重なキャリアの時間を棒に振ってしまう可能性がある。

アクセンチュアへの転職でおすすめのエージェント

こうした失敗を防ぐためには、アクセンチュアと繋がりが強く、内情を適切に把握しているエージェントから情報を収集することが必要になる。

特にアクセンチュアの場合は事業が多岐に渡り変化が早いため、アクセンチュアについて正確に把握できていない転職エージェントはたくさん存在する。

また、コンサル業界はクローズドな業界であり、また選考内容も特殊で難易度が高いことで有名である。

そのため、以下の2つを満たすエージェントを選ぶ必要がある。

  • アクセンチュアと強い関係性を構築して最新情報を収集できている
  • ケース面接対策の豊富な経験を持ち質の高い対策を行ってくれる

上記の条件を満たすエージェントというのは決して多くない。

中でも圧倒的におすすめできるのはコンサル転職に特化して転職支援実績も豊富なアクシスコンサルティングである。

 

おすすめ度:★★★★★

アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

Aさん
(戦略コンサル転職者)
とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

Bさん
(総合コンサル転職者)
業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

おすすめの理由①:アクセンチュアの内情に精通

アクシスコンサルティングはアクセンチュアと繋がりが強く、その内情に精通している。

実際に複数エージェントに登録してみると分かるが、エージェントによって企業に対する理解が驚くほど異なる。

アクセンチュアの部門や求人情報を正確に把握できている数少ないエージェントであるアクシスコンサルティングは間違いないエージェントである。

おすすめの理由②:アクセンチュアへの転職支援実績が豊富

アクセンチュアの内情に精通しているだけでなく、応募書類の添削や面接対策などの支援が手厚いという特徴もある。

これはコンサル転職に特化したエージェントだからこその特徴である。

また、アクセンチュアと関係性を構築できているからこそ、面接後に担当エージェントが猛プッシュしてくれるため、内定確率がグッと上がるのだ。

コンサル転職するなら"絶対に"やるべきこと

前述の通り、コンサル業界はクローズドな業界であり、かつ特殊な選考を行うことでも有名な業界である。

また、近年はコンサル業界も急速な変化を求められており、書籍やネット情報の情報はすぐさま古くなってしまう。

そのため、必ずコンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用して、情報収集と選考対策を行って頂きたい。

間違っても有名だからという理由で大手総合エージェントに登録するようなミスは侵さないで頂きたい。

コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事