日本M&Aセンターはきつい?転職難易度・激務・評判を徹底解説

日本M&Aセンターは中堅中小企業を対象としたM&Aの仲介事業者として高い成長を見せており、転職市場でも人気のある企業である。

日本M&Aセンターは高年収で知られている一方で、「激務」や「営業ノルマ」などがきついといった評判もよく挙がる企業である。

日本M&Aセンターへの転職を徹底解説

日本M&Aセンターへの転職を目指すのであれば、国内最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントをおすすめしたい。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

日本M&Aセンターの年収

日本M&Aセンター_年齢別年収

上記は日本M&Aセンターの年齢別の年収である。

日本M&Aセンターでは30歳で多くの人が年収1000万円を超えることになる。

なぜ日本M&Aセンターの年収がここまで高いかというと、少人数で目標数字に対しては必達しなければならず、その対価として働く時間が長くなるからである。

もちろん残業時間が長いだけではなく、この年収の中にはクライアントの希望に沿って進めていかなければならず、クライアントの為に休日出勤もするという自己犠牲料も含まれているのだ。

▼日本M&Aセンターの平均年収/年齢

日本M&Aセンター_平均年収推移

日本M&Aセンターは日本でもトップクラスの高年収企業であり、社員の平均年齢が35歳前後であるにもかかわらず、過去5年間平均年収が安定して1300-1400万円となっている。

高年収な日本M&Aセンターへの転職を目指すのであれば、国内最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントをおすすめしたい。

▼おすすめの転職エージェント一覧


日本M&Aセンターの特徴

日本M&Aセンター_企業概要

日本M&Aセンターは1991年に公認会計士や税理士らによって共同出資されて設立された企業である。

中堅中小企業を対象として、M&Aの売り手と買い手を仲介する事業を行っている。

特に、現在は会社を続けているが継承者がいないため会社を廃業する必要がある企業などへサポートする「事業継承案件」に強みを持つという特徴がある。

また、M&Aだけではなく企業再生支援や経営計画事業などのコンサルティング業務も行っている企業である。

日本M&Aセンターは成長性や収益性の高さという観点でも注目を集めている企業である。

今後は高齢化の進展から「事業継承案件」に対する需要がさらに拡大していくことが予測されており、日本M&Aセンターの業績も順調に拡大していくことが予測され、将来有望な企業と言える。

日本M&Aセンターへの転職を目指すのであれば、国内最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントをおすすめしたい。

▼おすすめの転職エージェント一覧

日本M&Aセンターの激務の実態

日本M&Aセンターの月の残業時間は100時間~200時間(1日5時間~10時間の残業)ということになるのもざらだ。

そのため、日本M&Aセンターのは非常に激務と言っても過言ではない。

加えて、M&A仲介事業者として地方にいる売り手や買い手に対して営業を掛けることも多々あり、出張の頻度も多くなる。

さらに地方の中堅企業や中小企業の場合、夜な夜な飲み屋で説得するということも多く、その時間も含めるとかなり激務と言わざるを得ない。

そのためか、日本M&Aセンターに勤める筆者の知人曰く「日本一離婚率が高い企業」と揶揄している。

日本M&Aセンターへの転職を目指すのであれば、国内最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントをおすすめしたい。

▼おすすめの転職エージェント一覧


日本M&Aセンターの営業ノルマ

そもそも日本M&Aセンターには、営業ノルマを達成していれば何も言われないという雰囲気がある。

しかし簡単にノルマを達成できるわけではないため、その分時間で勝負するという側面も大きい。

中途採用の場合でも入社初年度から年1000~2000万円程度のノルマが課せられることも多いという。

こうしたノルマへの意識は非常に強いため、どうしもて個人主義的な雰囲気が強く、一部の日本M&Aセンター社員からは「自分たちはノルマの奴隷」といった声も聞こえてくる。

一方で、経験がものを言う領域でもあるため、ある程度業務に慣れてくると効率的にノルマを達成できる人もいるようだ。

日本M&Aセンターの中途採用情報

日本M&Aセンターでは主に営業職に力を入れつつ様々な職種で中途採用の募集を行っている。

2020年12月現在では以下の職種を募集している。

▼M&Aコンサルタント:

中堅・中小企業のM&Aに関する一連の業務。(提案からクロージングまで全て)
大卒、M&Aを常に熱意を持って行うことができる人材が必須条件。

▼M&Aコンシェルジュ<会計事務所担当>:

会計事務所などへの営業アシスタント(ノルマ無し)。
新規開拓、既存フォローなどが中心で大卒、社会人経験3年以上必須。

▼コーポレートアドバイザー(法務室):

M&Aの実行に際し必要な書類作成、準備、コンサルタント支援業務。
大卒、法律関係に関心があり、法律系の学部卒業者必須。

前述の通り、日本M&Aセンターは給料が高水準であるだけではなく、「結果至上主義」ならではの労働時間と労働環境が隠れているのだ。

分かりやすく表現すると「出来るまで仕事を終わることが出来ない」、証券会社のような社風である。

詳細な求人情報については、国内最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントに登録して確認することをおすすめする。

▼おすすめの転職エージェント一覧


日本M&Aセンターへの転職難易度

日本M&Aセンターは年収も高く、福利厚生も充実しているため転職市場において非常に人気のある企業であることは間違いない。

そのため、転職難易度も「高い」と言える。

また学歴面でも以下のような国公立大学やTop私立校の人材を採用しており、高い学歴水準が求められ、難易度の高さを表している。

▼国公立大学(例)

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 一橋大学
  • 大阪大学
  • 九州大学
  • 名古屋大学
  • 北海道大学

▼Top私立大学(例)

  • 慶應義塾大学
  • 青山学院大学
  • 関西学院大学
  • 同志社大学

日本M&Aセンターへの転職を目指すのであれば、国内最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントに登録して確認することをおすすめする。

▼おすすめの転職エージェント一覧

日本M&Aセンターの中途面接/選考フロー

日本M&Aセンターの中途面接は以下の流れで進んでいく。

  1. 履歴書選考
  2. 一次選考(人事面接)
  3. 二次選考(部長面接)
  4. 三次選考(役員面接)

日本M&Aセンターの中途面接では、各1時間程度のディスカッションを用いて採用可否判断をされる。

また、最終選考では役員の前でこれまでの職務経歴をプレゼンをしっかりとする必要があるなど、選考が進めば進むほど通過難易度が上がることが特徴的だ。

具体的に聞かれる具体例を下記にまとめているので参考にしてほしい。

  • 2年間は家族との時間を犠牲にできるか?
  • お利口な人は必要ではなく、これまで努力して残した圧倒的な結果はあるか?
  • お酒は飲めるか?

難易度の高い日本M&Aセンターへの転職を目指すのであれば、国内最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントに登録して確認することをおすすめする。

▼おすすめの転職エージェント一覧

日本M&Aセンターはきつい?現役社員の評判

日本M&Aセンターの現役社員から聞いた評判について紹介する。

▼ポジティブな評判まとめ

  • コンスタントに営業成績を上げることができる効率の良さを持つ人間には非常に働きやすい職場
  • 営業が好きで、結果をあげる方法を習得している者には楽して稼げる会社

日本M&Aセンターは実力主義の文化が非常に強い会社で、「結果を出している人には最高の環境」という評判が多くの人から挙がった。

実際、「長期休暇を頻繁にとっても周りから何も言われず、好きなように働くことが出来る」「会社にいてもいなくても何も言われずプライベートに時間も十分割くことができる」と言った人もいる。


▼ネガティブな評判まとめ

  • 営業成績で詰められることが日常茶飯事で離職率も高い
  • 年収が営業成績に過度に連動しているため毎年年収が安定しない
  • 激務ゆえに家族との時間を平日に取るというのはほぼ不可能

一方で、営業ノルマを達成できない人にとっては非常にきつい環境であるといったネガティブな評判が挙がった。

営業ノルマで詰められることはもちろん、結果として年収が安定しなかったり、プライベートの時間がけずられてしまうようだ。

ポジティブ/ネガティブな評判を踏まえると、きつい環境でも良いから高い年収が欲しい、早く成長したいという人には日本M&Aセンターは最高の環境と言えそうだ。

日本M&Aセンターへの転職でおすすめのエージェント

前述の通り、日本M&Aセンターは超人気企業であり、転職難易度も高い。

特に、面接に向けては徹底的な対策が求められる。

そのため、必ず日本M&Aセンターへの転職支援実績が豊富なエージェントを利用する必要がある。

日本M&Aセンターへの転職支援実績が豊富なエージェントに登録しておけば、これまでの転職支援で培ったノウハウを提供してくれる。

逆に、間違ったエージェントに登録してしまうと、対策できるような情報を持っていないことはもちろん、最悪の場合予測でアドバイスをしてくる可能性もある。

具体的には、業界最大手エージェントであるリクルートエージェントに必ず登録すべきである。

おすすめ度:★★★★★

リクルートエージェントは言わずと知れた国内最大の転職エージェントである。

求人数/幅では国内敵なしの状態であり、また担当エージェントの質の高さにも定評がある。

Aさん
(証券会社⇒M&A仲介)
複数の同僚がリクルートさん経由で転職していたので迷わずリクルートさんに登録しました。
やはり実績が多く、かつ求人やアドバイスの質が高くて周囲にもおすすめしているエージェントです。

Bさん
(大手金融機関⇒M&A仲介)
業界の生々しい情報や、最新トレンドについても教えてもらえました。
他社では教えてもらえない情報を提供してくれるのでよりイメージをもって転職活動を進めることができました。

その他にハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできる転職エージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事