新卒、中途問わずに人気の就職先となっているのが、言わずと知れたメガベンチャーであるDeNAだ。

そんなDeNAの転職難易度や求める人物像、実態についてご紹介する。

DeNAへの転職経験談まとめ

DeNAへの転職を検討している人はぜひ本記事を参考にしていただきたい。

DeNAへの転職を目指すのであれば、IT業界などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

DeNAの企業概要

DeNAは1999年にマッキンゼー出身の南場氏を中心に設立された会社で、時価総額約2,500億円(2020年10月時点)、従業員数約2,500名のメガベンチャーである。

主力はゲーム事業やEC事業となっているが、リクルートや楽天などの他のメガベンチャーと比較しても新規事業の立ち上げや撤退などのニュースが多い。

横浜DeNAベイスターズ関連を中心とするスポーツ事業を手掛けていることからも分かる通り、事業の守備範囲はかなり広い。

DeNAは幅広い領域の事業を手掛けながら、状況に応じて迅速に対応できる強い経営力を有していることが読み取れる。

DeNAの特徴

変化が激しい

前述の通り、DeNAは他メガベンチャーと比較して新規事業の立ち上げや撤退が多く、それに伴い非常に変化が激しい会社となっている。

時価総額が2,500億円規模になっても、企業として成長するために常に変化しているというのは他社にはない特徴である。

より行動力・野心が求められる

そのため、リクルートや楽天などの他メガベンチャーと比較してより行動力や野心が求められる。

もちろんリクルートや楽天などでも行動力や野心が求められるが、一方で実際問題として行動力や野心を持っている人たちは、筆者の経験や知人の話を踏まえると3割程度といった感覚である。

残り7割は「まったり働きながらもたまに挑戦的な仕事をしたい」という人たちが圧倒的に多い。

そうした環境と比べると、DeNAはより多くの行動力や野心が求められ、その分遥かに刺激的な環境と言える。

一方で地頭の良さも重視される

一方で、DeNAはベンチャーと言えるほど小さな規模感ではなく、企業としての一つの一つの行動が与えるステークホルダーへの影響は大きい。

前述の通り、DeNAの事業は非常に変化が激しく、マニュアル化しにくいと言った側面がある。

そのため、マニュアルがなくても自分の頭で行動の結果起こる様々な事象を整理した上で、周囲を説得したり、事後事前策の検討を行えるような地頭の良さが求められる。

DeNAの転職難易度

DeNAの選考内容は以下のような流れである。

  1. 書類審査
  2. 一次面接:現場社員
  3. 二次面接:現場社員(又は事業部長)
  4. 最終面接:事業部長(又は役員)

DeNAは積極的に中途採用を行っていることもあり、書類審査の基準はあまり高くないと言われている。

一方、面接になると地頭の良さを問うような質問が多いという特徴があり、難易度がグッと上がる。

具体的には以下のような質問が過去にあった。

  • 自分がA事業の営業部長の場合、何を考えるか?
  • Bゲームをもっと広めるための具体的なアイデアはあるか?
  • DeNAは海外でどのような戦略を取るべきか?

いずれも明確な答えを聞き出したいというよりも、転職志望者がどのような思考プロセスを持ち、どの程度地頭があるかという点も見ている。

ただし、地頭を重視しているとはいえ、コンサルファームほど厳密ではないため、同じくらい熱意や意志も重要になってくる。

元DeNA在籍者の生の声

DeNAはメガベンチャーと呼ばれるほどの規模感でありながらも、成長のために常に変化をし続ける企業である。

そのため、在籍する人も行動力や野心があり活気のある企業だ。

筆者としてもDeNAは仕事の面白さややりがい、ビジネスパーソンとしての成長、市場価値という点で見てもおすすめできる転職先である。

とは言え、企業にネガティブな意見を持つ人がいない企業など存在しないため、転職する上ではネガティブな声もしっかりと聞いておく必要がある。

実際にDeNAから他社に転職した人から聞いた話を以下にて紹介する。

Aさん:DeNA⇒メガベンチャー

DeNAはチャレンジ精神を大切にする会社で、在籍する人もチャレンジ精神を持つ人たちばかりです。

一方で、チャレンジ精神がある人たちで変化を厭わないので、自分は部署や仕事内容の変化が激しすぎるなと感じることが多かったです。

また面白そうな求人があったら気軽に転職する人も多く、人間関係の構築やチームビルディングというのがじっくりできない環境でした。

自分としては多少スピード感やチャレンジする風土をなくしても、もう少し腰を据えて事業やチームに向き合いたいなと思い他のメガベンチャーに転職しました。

Bさん:DeNA⇒スタートアップ

自分が配属されていた事業は、撤退ということで他社に売却されることになりました。

その時自分は年次が若かったので「DeNAに残る」か「他社に移る」かという選択ができたのですが、自分よりも上の年次の人には「他社に移る」という選択肢しかありませんでした。

上場企業ということで勝手に安心感を持っていましたが、うまくいかなかった時に会社が守ってくれるという甘い環境ではないだなと痛感しました。

一方で、うまくいったときのリターンというのは既に上場しているDeNAにはほとんどありません。

リスクとリターンを考えた時にスタートアップに行った方が良いと考えて転職しました。

DeNAに転職するなら"絶対に"やるべきこと

DeNAは行動力や野心が求められるが故に、活気があり刺激的な仕事環境があると言える。

一方で、変化が激しいことから転職時に求めていた職場環境や条件からはすぐに変わってしまう可能性があるというリスクも存在する。

とは言え、しっかりと情報収集を行い、避けるべき職種や部署を見定めることができれば、そのリスクもかなり軽減することができる。

そこで重要になるのが、IT業界に知見を持ち、かつDeNAの最新情報を収集できるようなエージェントを選ぶことである。

具体的には、IT業界などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに登録することを強くおすすめしたい。

もし正しいエージェントを選べない場合は、インタビューをした方のようにDeNAに転職後にすぐに撤退するような事業の求人を紹介されるようなリスクも存在する。

念のため、筆者の知人たちから聞いた内容を踏まえて本当におすすめできるエージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事