投資銀行をやめたい?おすすめの転職先を徹底解説

国内最高峰の年収が得られる投資銀行だが、長期的に勤める先ではなくいずれ「やめたい」と考えるタイミングが来る。

本記事では、投資銀行を「やめたい」と考えている人に向けておすすめの転職先を解説していく。

辞めたい人必見!投資銀行からの転職先を解説

投資銀行からの転職を検討している人は金融やコンサル、大手企業のM&A部門などのハイクラス転職に強みを持つエージェントであるコトラに必ず登録すべきである。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者やハイキャリア.com運営メンバーの実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

投資銀行はいずれ辞める人が大半

投資銀行は多くの人にとって中長期的に働き続ける場所ではなく、多くの人がいずれやめることになる。

投資銀行の働き方はまだまだ超絶ハードであり、ビジネスパーソンとして魅力的な箔や経験を積むことができる一方で、やはり以下の点でやめたいという人が多い。

  • 心身の健康の犠牲
  • 将来のキャリアへの不安

投資銀行は若くして高い年収を得られるだけでなく、非常に密度の濃い時間を過ごすことができるが、そのトレードオフとしてハードワークにより心身の健康が犠牲になるという側面がある。

がむしゃらに没頭できている時は良いが、ふと立ち止まって今後のキャリアや人生を考えた時にどうしても「やめたい」という瞬間が来るのだ。


また、上記にも関係していくる部分ではあるが、投資銀行で中長期的に働く人は一握りである。

それ以外の人は遅かれ早かれ転職することになるが、コンサルほど潰しが利く職業でもなく、また若くして高年収を得られるためにほぼ年収を下げた転職になる。

投資銀行からの転職で年収が下がることはある程度理解はしていても、年齢を重ねれば重ねるほど転職先との年収ギャップは広がっていき、どんどん転職ハードルも高くなる。

こうした投資銀行後のキャリアへの不安というのも、「やめたい」と考える理由の一つである。

投資銀行からの主な転職先

投資銀行からの主な転職先としては以下の4つになる。

  • PEファンド
  • 大手企業のM&A部門
  • スタートアップのCFO
  • コンサル


1. PEファンド

投資銀行からの転職先として1番人気がPEファンドである。

投資銀行からの転職でベース給は下がるものの、キャリーでアップサイドを狙える可能性もあり、唯一年収UPが狙える転職先である。

また、投資銀行の業務と親和性も高い点も人気の一つである。

ただし、ファンドによっては「ファンドの成績が悪くてキャリーが出ない」、「キャリーをこれから出す予定と言いながら出さない」といった話もあるので、転職前には各PEファンドの内情をしっかりとリサーチする必要がある。

2. 大手企業のM&A部門

投資銀行からの転職先として大手企業のM&A部門も近年増えてきている。

具体的には総合電機メーカーやメガベンチャーなどであり、企業によっては年収3000万円などを提示する場合もあるという。

ただし、年収3000万円はシニア人材であり、若手であれば確実に下がると言っても過言ではない。

一方で、投資銀行はもちろん、PEファンドやコンサルと比較してもホワイト化が期待できる点も大きな魅力である。

3. スタートアップCFO

スタートアップのCFOも投資銀行からの転職先として増えているキャリアである。

年収が下がることはほぼ間違いないが、やりがいや社会的意義を追求した選択肢と言える。

もちろん上場などのExitによりアップサイドを狙える側面もあるが、スタートアップに転職する人はあくまでお金<やりがいというモチベーションの人が多い。

投資銀行からスタートアップCFOへの転職事例としては、モルガン・スタンレーからユニファに転職者した星直人氏などが有名である。


4. コンサル

決して数は多くないが、投資銀行からの転職先としてコンサルファームという選択肢も存在する。

年齢にもよるが戦略ファームの場合は800~1200万円、総合ファームの場合はで600~900万円の年収レンジになる。

ただし、投資銀行で培ったファイナンスの知見にコンサルスキルを合わせることで経営に関わる総合力が大幅に上がり、その後のキャリアにおける選択肢や発揮できる付加価値が大幅に上がることになる。

投資銀行からの転職でおすすめのエージェント

投資銀行からの転職者というのは非常に市場価値が高い一方で人口が少ないため、投資銀行出身者にあった求人を紹介できるエージェントは少ない。

そのため、投資銀行出身者の支援実績が豊富な転職エージェントを選ぶことが非常に重要になる。

具体的には、金融やコンサル、大手企業のM&A部門などハイクラス転職支援に豊富な実績を持つコトラには必ず登録すべきである。

コトラと言えば、金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントして知られているが、筆者の知人やハイキャリア.com運営メンバーの中でも高い評判である。

実際に数々のブランド評価でもNo.1を獲得している。

Aさん
(PEファンド転職者)
複数の同僚がコトラさん経由で転職していて評判も良かったので迷わずコトラさんに登録しました。
「実績が多い」「アドバイスの質が高い」という点で本当におすすめです。

Bさん
(コンサル転職者)
ネットや書籍にはな業界の生々しい情報や、最新トレンドについても教えてもらえました。
対策も徹底的に行ってもらえたので自信を持って選考に望めました。

繰り返しになるが、投資銀行からの転職を目指すのであれば、転職エージェント選びがとにかく重要である。

しかし、明らかにおすすめできないような大手総合エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

筆者としては、自信を持って金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントしであるコトラをおすすめしたい。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事