戦略特化マッチングサービスの強みとは?Strategy Consultant Bank浴野氏に聞く

浴野真志氏。デロイトトーマツコンサルティング、フィールドマネージメントを経て、2021年2月に株式会社Groovementを創業。戦略特化のコンサルタント向け案件紹介マッチングサービス「Strategy Consultant Bank」(SCB)を運営。

昨今のフリーコンサル市場の拡大を牽引しているのが、フリーコンサル向け案件マッチングサービスの存在である。今回は数あるマッチングサービスの中でも戦略特化のマッチングサービスとして独自のポジションを取る「Strategy Consultant Bank」を運営する株式会社GroovementのCEO浴野氏にサービスの特徴・強みについてお聞きした。

「戦略特化」「高いマッチング精度」「コンサルの質を担保する仕組み」が強み

- Strategy Consultant Bankの強みについて教えて下さい。

Strategy Consultant Bank(SCB)には3つ強みがあります。1つ目が「戦略案件に特化」であること、2つ目が「高いマッチング精度」、最後が「コンサルの質を担保する仕組み」になります。

まず弊社では戦略コンサル経験者が案件獲得を行っており、取り扱う案件も戦略案件に特化しております。様々なフリーコンサル向け案件マッチングサービスがありますが、他サービスはIT案件などが多いため、戦略特化というのはSCBのユニークな点だと思います。

また、弊社では戦略コンサル経験者が登録者の方との面談からクライアントへの提案まで一貫して行います。戦略コンサルはITコンサルなどと異なり、スキルセットを可視化しづらいという特徴があるので、実際に実務を行ってきた戦略コンサル経験者が面談することで、登録者のスキルセットを解像度高く理解することができます。

さらに戦略コンサル経験者がクライアントとも一貫してコミュニケーションを取ることで、案件の内容を解像度高く把握することができますし、マッチングに向けたコミットメント力も他サービスと比較してかなり高いと自負しています。その結果として、コンサルタントの質を担保しながら、高いマッチング精度を実現することができています。

-「戦略案件に特化」しているのはどのような背景があるのでしょうか?

私自身がフリーコンサルとして独立を検討しようとした際の経験が大きいです。少なくとも私が独立を検討した当時は戦略メインを扱うサービスというのが存在しませんでした。

そこでITコンサル案件をメインに扱うサービスにも登録して話を聞きにいきましたが、戦略コンサルの業務に理解がないとどうしても話が噛み合わないということがありました。

戦略コンサルとして経験を積んできた私にとってベストなサービスがなく課題を感じていたので、私と同じような課題を感じている人に向けてサービスを提供したいと考え「戦略案件に特化」しています。

VCやスタートアップ案件も扱う

-具体的に案件の特徴を教えて下さい。

SCBの取り扱う案件をクライアント別で見ると、現在「①ブティックファーム(創業10年未満)」「②VC」「③スタートアップ」の3つに大きく分けられます。

「①ブティックファーム(創業10年未満)」案件については、当該ファームのプロジェクトメンバーの一員として、クライアントの課題解決を一緒に推進して頂きます。

「②VC」については、VCがクライアントとなりスタートアップのバリエーションから事業計画策定、実行支援までを一気通貫で行って頂きます。

「③スタートアップ」については、実際に企業の中に入って事業を推進して頂く実行支援色の強い案件を頂くこともあれば、コンサル出身者の方が立ち上げたばかりのスタートアップがキャッシュを創出するために受託案件(コンサル)を手掛けることがあるのですが、その支援を行う形もあります。

-案件テーマや案件期間としてはどのようなものが多いでしょうか?

ブティックファームの案件の場合は「DX」×「戦略」の案件が多く、スタートアップの案件の場合は自社のソリューション(AIなど)のGo-To-Market戦略策定などが多いです。

案件期間としては、マーケット調査で1-2ヶ月というものもあれば、VCがクライアントとなりスタートアップのバリエーションから事業計画策定、実行支援までを一気通貫で行う案件であれば1年以上の案件になることもあります。

有名コンサル出身者に厳選

-SCBを通じてどのような方がご活躍されているのでしょうか?

僭越ながら弊社では、コンサルの質を担保するために有名コンサルファーム出身者に厳選して案件をご紹介させて頂いております。登録者の出身ファーム割合で言うと、戦略コンサルファーム出身者が25%、総合コンサルファーム出身者が60%、ITコンサルファーム出身者が15%程度となっています。

年齢では40-50代の方が多いです。一方で、クライアントニーズとしては20代後半~30代前半(SC~Mランク)が大きく、この層で優秀なフリーコンサルの方を今後増やしていきたいと考えています。

SCBを通じてコンサル市場の活性化を目指す

-SCBとしては今後どのような世界を目指されているのでしょうか?

Strategy Consultant Bankを通じて「優秀な人材が公正に評価されて自由に活躍する場を作る」ことを実現したいと考えています。そのためには、「フリーコンサル=優秀」というイメージを創っていく必要があります。

現状は「コンサルの優秀な人=独立している」ではなく、行動力がある人が独立しているという状況になっています。その結果、現状のフリーコンサル市場には有象無象のフリーコンサルが存在しており、その優秀さを担保する仕組みも整っていません。

その中でしっかりと「フリーコンサル=優秀」というイメージを創っていくことができれば、フリーコンサルに仕事を依頼したいというクライアントが増え、フリーコンサルへの案件供給数も増やしていくことができると考えています。

独立や起業をして「明日の飯をどう食べていくか?」を真剣に考えてきたフリーコンサルが活躍することは、結果的にコンサル市場全体の活性化にも繋がると信じています。

フリーコンサルとして戦略案件を手掛けていきたいという方は、ぜひお気軽にStrategy Consultant Bank登録して頂ければ幸いです。

Strategy Consultant Bankの概要

Strategy Consultant Bankは、株式会社Groovementが運営するサービスで戦略策定などの上流案件に強みを持つフリーコンサルタント案件マッチング・エージェントである。デロイト・国内戦略ファーム出身者が立ち上げたサービスであり、マッチング制度の高さも魅力の1つである。

▼特徴

  • 戦略策定/高単価案件が豊富
  • 元コンサルによる高いマッチング精度
  • 有名コンサルファーム出身者など登録者を厳選
おすすめの記事