アクセンチュア転職大全 | 難易度・面接対策・成功談をインタビューから解説

本記事ではアクセンチュアへの転職について、実際にアクセンチュアへの転職成功者や現役社員へのインタビューを交えて徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

本記事を作成するにあたっては、実際にアクセンチュアへの転職を成功させた現役アクセンチュア社員複数人にインタビューを行っている。

本記事でわかること
  • アクセンチュアへの転職最新トレンド
  • アクセンチュアへの転職を成功させるためのポイント
  • アクセンチュアへの転職後のリアル

アクセンチュアへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントも参考にして頂きたい。

アクセンチュアの特徴

アクセンチュアは約430億ドルの売上と、約48万人の従業員を誇る、世界最大級のコンサルファームである。

また、コンサル業界の中でも時代の流れを読み、事業を再構築していくことがとても上手いことで知られている。

現状は、デジタルというテーマは全てに共通するとして、デジタル部門を解消し、以下のような4つの本部体制に移行している。

また、アクセンチュアは今後のコンサルティング業界を取り巻く最も大きなトレンドとして、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を挙げており、他社を寄せ付けないほどの本気度・スピードで取り組んでいく姿勢が伺える。

実際に、クライアントのDXを全面的に支援していくために、アクセンチュアは2014年から社員数を約3倍に増やしている(=大量採用)という。

アクセンチュアの転職者動向

アクセンチュアは直近でも社員を急増させており、多くの転職者を採用している傾向は引き続き健在のようである。

アクセンチュア従業員推移
出所:「2桁あった退職率が半減」アクセンチュアが"体力勝負&男性中心"を改めた結果(PRESIDENT Online)

実際、コンサルマンのTwitterアカウントでもアクセンチュアの社員数の急増についてはTweetしており、反響があった。

直近のアクセンチュアの転職動向としては、引き続き20〜30代前半で各業界のトッププレイヤー or SlerなどのIT人材が採用される傾向があるようだ。

20〜30代前半の転職者が多く、そのうちインダストリー軸かファンクション軸かで採用される傾向にあると思います

アクセンチュア現役社員A氏

一方で、従来のアクセンチュアの人材とは異なる層の採用も増えてきているという傾向も徐々にではあるが増えているようだ。

美術系学校卒業のデザイナーやWebマーケに詳しいマーケター等も積極的に採用しており、アクセンチュアはいわゆる地頭がよい人だけが入社する企業ではなくなってきています。高学歴、大企業出身だけではなく、プラスアルファの経歴があると面接では通りやすくなると思います。

アクセンチュア現役社員B氏

その他、現在のアクセンチュアではSAPエンジニアを積極的に採用しており、「SAP経験者であれば社内でくいっぱぐれることはほぼない」といった話もあがっていた。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアへの転職難易度

結論から先に言うと、アクセンチュアの転職難易度は決して高くない。

アクセンチュアは世界最大のコンサルファームとして幅広いサービスラインを取り揃えており、現状も急速なスピードでサービスラインを広げている。

そのため多数の優秀な人材を抱えている一方で、内定のハードルを下げて採用を行っている状況のようだ。

実際、アクセンチュアに限らずではあるが、コンサルキャリアの独自インタビューでも以下のようなコメントが得られている。

リーマンショック以降、慢性的な人手不足が続く一方で、コンサル市場が拡大を続けていることから、即戦力であるファーム経験者は獲得競争が激化。各社、採用の母集団を広げるために、年齢や学齢・職歴、英語力といったハードルを緩和して対応している、というのが大きな流れです。

コンサル転職・ポストコンサル転職の最新トレンド | フォルトナ代表・三石氏に聞く

上記のようにコンサル業界全体として採用の母集団が広がる中で、特に中途大量採用を行っているアクセンチュアでは大きく転職難易度が下がっている状態のようだ。

実際、「コンサルへの転職活動を行い、アクセンチュアだけ内定をもらった」という人も多い。

とは言えコンサル業界の最先端を走り、新卒・中途問わず非常に人気の高い会社だけに、転職を成功させることは決して簡単ではない。

そのため、事前にしっかりと面接対策を行うことが必須である。

別の言い方をすれば、アクセンチュアの転職支援に精通しているエージェントを付けて、しっかり面接対策を行えばアクセンチュアの転職難易度は決して高くないと言える。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアへの転職における学歴フィルター

結論としては、明確ではないもののアクセンチュアには学歴フィルターが存在するようだ。

実際、現役アクセンチュア社員からは以下のような話があがっていた。

アクセンチュアに学歴フィルターの名残があるのは事実だと思います。ただし、あくまで全体として傾向なので参考程度に留めて頂ければと思います。

あえて学歴フィルターを設けるとすると「東大/京大/旧帝大/一橋/早慶/MARCH/関関同立」になると思います。

アクセンチュア現役社員A氏

人事も暇ではないので最低限のフィルタをかけて候補者を洗い出す必要があるので、学歴フィルターがないとは限らないと思います。ただ、Fラン卒だから学歴フィルターで書類不合格というよりは、学歴フィルターの幅が狭まるため不合格と言うのが正しい回答だと思います。

アクセンチュア現役社員B氏

一方で、学歴フィルターで一律で切られるかというと必ずしもそんなことはなく、経験次第では多くの人にチャンスがあるようだ。

アクセンチュアでは中途採用の方は学歴によらず前職の深い知見を評価されて入社されるケースもあります。

アクセンチュア現役社員A氏

学歴ではなく過去の経歴次第では、Fラン卒でもコンサルタント職の面接に進み内定をもらえる可能性は十分あると思います。

アクセンチュア現役社員B氏

このように仮に学歴が低かった場合でも経歴やその見せ方次第でアクセンチュアへの転職可能性は十分にあるようだ。

実際、面接に進んでしまえば学歴を見られることはほとんどなく、いかに書類を突破するかという点が重要になってくる。

書類の突破方法については、ぜひともアクセンチュアへの転職支援実績が豊富なエージェントの力を借りていただきたい。

アクセンチュア転職成功者が教えるやって良かったこと3選

以下では実際にアクセンチュアへ転職を成功された方々が実際にやって良かったことTop3をご紹介する。

インタビューに基づく経験談であるためぜひ参考にしていただきたい。

1位:ケース対策

ケース面接はアクセンチュアに限らず、コンサル転職の大きなハードルとして知られている。

実際、徹底的な対策なくして突破は厳しいと言っても過言ではない。

アクセンチュアへの転職成功者の方々からも以下のような話があがった。

コンサルティングファームに入社するためには欠かせない対策です。ケース面接は、一般的な面接と異なり、数学的思考力が求められますが対策次第でクリアできるため、面接前までに量をこなすことをオススメします。

アクセンチュア現役社員A氏

ケース対策は、面接対策のためだけではなく、フェルミ推定や因数分解、プレゼンの仕方など、コンサルタントに最低限必要な基礎知識を学べるよい機会だと思います。ケース対策は社会人としての基礎能力を鍛えられるので、面接対策と捉えずに挑戦してもらえるとよいと思います。

アクセンチュア現役社員B氏

2位:アクセンチュアやコンサル業務の解像度をあげる

未経験からコンサル業界に転職する場合、「コンサル業務をどの程度理解しているか」「厳しい仕事であるがやり抜けるか」という点を面接で重点的に見られることになる。

その際、コンサル業務やアクセンチュアに対して解像度高く理解できていないと、面接時にうまく回答できなかったり、抽象的な回答になってしまうリスクがある。

実際、アクセンチュアへの転職成功者の方々からも以下のような話があがった。

現役のコンサルタントからコンサルティングの業務内容、会社の雰囲気、働き方など自分がコンサルファームで働いている姿をイメージできるまでヒアリングし理解しておくことは非常に重要だと思います。ネットでは誤った情報がたくさんあるので自分の足で一次情報に触れることをお勧めします。

アクセンチュア現役社員C氏

3位:現業の業界知識や業務知識を整理しておく

中途採用の場合、現業での業界知識や業界知識を期待される部分も大きい。

そのため、面接前には必ず現業における業界構造や特徴、業界が抱える課題などについて整理して語れるようにしておくことをおすすめしたい。

実際、アクセンチュアへの転職成功者の方々からも以下のような話があがった。

未経験からコンサルに転職される方は、「今後、コンサルとして活躍できるポテンシャルがあるか」を見込まれて入社されるケースが多いと感じています。PJTでは即戦力として転職前に培った業界知識や業務レベルの知見が求められることもあります。Tipsとして、面接の場面では、現職の業界が抱える課題を特定し、志望しているファームの持つケイパビリティが課題解決にどう寄与できるのかを語れるとベストです

アクセンチュア現役社員D氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアへの転職理由【体験談】

ここでは実際にアクセンチュアへの転職を成功された方々が実際にどのような理由でアクセンチュアを志望されたのかについてご紹介していく。

特定のインダストリー、ファンクションに特化したファームではなく、幅広い案件を扱う総合コンサルティングファームを志望していました。 各業界の知見者とコミュニケーションできる環境に魅力を感じ、自身の成長機会創出にも繋がると感じていたためです。その中で、特にアクセンチュアはテクノロジーにケイパビリティを持っており、自身の未成熟な分野かつ、身に着けていきたい知見であったことことも大きかったです。

アクセンチュア現役社員A氏

アクセンチュアはグローバルで事業の成長性が高く、また大学の知人がアクセンチュアに勤務していたこともあり、自然と親近感があったのも大きかったと思います。コンサル未経験の自分でもやっていけるか、正直不安ではありましたが、知人から生の現場の話を聞けたり、会社の雰囲気や働き方などをイメージすることができました。

アクセンチュア現役社員B氏

アクセンチュアはかなりダイバーシティがある組織です。多様な方が活躍されている環境であり、実際に転職活動中に同世代の女性がアクセンチュアで活躍されている話を詳細に伺えて、私自身が働くイメージを膨らますことができた点が大きかったです。

アクセンチュア現役社員F氏

また、以下についてもアクセンチュアへの転職理由として参考にしてみていただきたい。

アクセンチュアの面接・選考フロー

アクセンチュアの中途採用は以下の選考フローとなる。

    1. 書類審査
    2. Webテスト
    3. 一次面接(w/マネージャー or シニアマネージャー)
    4. 二次面接(w/ マネージング・ディレクター)
    5. 内定

    ここでは一次面接と二次面接における具体的な内容について解説する。

    アクセンチュアの一次面接

    アクセンチュアへの転職の一次面接の面接官はマネージャー or シニアマネージャーとなる。

    一次面接では通常の質問に加えて、ケース問題が出題されるという特徴がある。

    面接の内容としては以下の通りである。

    • 自己紹介(現在の業務内容、強み)
    • 志望動機(なぜアクセンチュアか?どんなコンサルタントになりたいか?)
    • ケース問題

    ケース問題のお題としては、今回インタビューした方は「大手英会話スクールの売上を上げるには」といったお題であったようだ。

    アクセンチュアの二次面接

    アクセンチュアへの転職の二次面接の面接官はマネージング・ディレクターとなる。

    二次面接ではケース問題の出題はなく、「コンサルとしてやっていく覚悟はあるか」or「働くイメージが持てているか」などを問われる面接になるようだ。

    面接の内容としては以下の通りである。

    • 自己紹介(現在の業務内容、強み)
    • 志望動機(なぜアクセンチュアか?どんなコンサルタントになりたいか?アクセンチュアで実現したいことは?)

    繰り返しになるが、アクセンチュアへの転職難易度は相対的に下がっているとは言え、それでも難関企業であることは間違いない。

    そのため、アクセンチュアへの転職を目指す上では、アクセンチュアへの転職支援実績が豊富な転職エージェントに支援してもらうことをおすすめしたい。

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

    アクセンチュアへの転職後の年収

    以下はアクセンチュアの役職別の目安年収である。

    アクセンチュアの役職 年次(目安) 年収(目安)
    アナリスト 1~3年目 430~600万円
    コンサルタント 3~6年目 550~800万円
    マネージャー 5~12年目 850~1100万円
    シニアマネージャー 10年目~ 1200~1800万円
    ディレクター 実力による 2000~3000万円
    マネージングディレクター 実力による 5000万円~

    アクセンチュアへ転職する場合、第二新卒であればアナリストで年収430~600万円、20代後半~30代前半であればコンサルタントで550~800万円、30代前半~であればマネージャーで850万円~という年収水準になる。

    実際、今回インタビューしたアクセンチュアへの転職成功者の方々は以下のような転職UPを実現したとのことである。

    前職の年収水準や転職後の役職にもよるが、アクセンチュアへの転職によって多い人で100万円、少ない人でも80万円の年収UPとなっている。

    前職 転職時年齢 転職前年収 転職後年収
    繊維メーカー 29歳 600万円 700万円
    大手電機メーカー 25歳 550万円 650万円
    レジャー企業 30歳 700万円 780万円

    アクセンチュアに転職後の働き方

    以下のランキングは主要コンサルファームの月間残業時間に基づいて作成している。(出典:openwork)

    各ファームの略称:
    RB:ローランド・ベルガー、ADL:アーサー・D・リトル、Mck:マッキンゼー、DI:ドリームインキュベータ、CDI:コーポレイトディレクション、BCG:ボストンコンサルティング、ATK:A.T. カーニー、DTC:デロイト、Bain:ベイン、AC:アクセンチュア、AB:アビーム

    アクセンチュア(AC)は激務ランキングの下から3番目となっており、コンサル業界の中でもトップクラスにホワイトであることが分かる。

    consulfarm-ranking

    月間残業時間が45時間ということは1日2時間程度であり、9-18時が定時だとすると20時には退社していることになる。

    これはあくまで平均値であり、プロジェクトによっては基本定時退社という人も珍しくないようだ。

    これは2014年から真剣に働き方改革に取り組んでおり、その効果が出ている結果と言える。

    実際に現役アクセンチュア社員の声を聞いても"形だけ"の働き方改革ではなく、効果が明確に出ているという声があがっている。

    アクセンチュアではこうした働き方改革が本気で実行され、そして激務が改善されている点については、現役社員から真実であるというコメントがあった。

    実労働時間については正しく報告するように求められている。これは会社から「形だけ」求められているわけでなく、実際に上司からもそういう指示がある

    アクセンチュア現役社員A氏

    定時になったら帰宅するようにアナウンスが社内で流れるようになっており、アクセンチュアでは長時間労働の削減について徹底した雰囲気作りがされている

    アクセンチュア現役社員B氏

    「長時間労働/激務=良くない事、ダサい事」という内容の動画が、社内の大型スクリーンに流れている。このような社員の意識を変えるような取り組みが積極的に行われている。

    アクセンチュア現役社員C氏

    アクセンチュアへの転職で後悔・失敗しないためのポイント

    最後に実際にアクセンチュアに転職された方々から、アクセンチュアへの転職で後悔・失敗しないためのポイントをお聞きしたためご紹介する。

    入社時にご自身が希望する勤務地、働き方(テレワークなど)を明確に伝える必要があります。アクセンチュアの勤務地は東京の他、ロケーションフレキシビリティとして関西・北海道・福島・九州の5拠点に分かれていますが、入社後トランスファーによる勤務地異動はないため、基本的には入社時の勤務地で働き続けることになります。テレワーク環境が加速し、地域を選ばずフレキシブルなワークスタイルを採用する企業が増えてきたものの、アクセンチュアの場合では実現が厳しいでしょう。

    アクセンチュア現役社員A氏

    自分が携わりたい業務内容をしっかりとお伝えすることが大事です。私の場合はグローバル案件に携わりたいという想いをしっかりと面接官にお伝え出来たことで、ファーストジョブから多国籍チームで組成されたプロジェクトに係ることができました。

    アクセンチュア現役社員B氏

    アクセンチュアは非常に規模が大きく、その分多様な働き方ができたり、様々な案件に携わる機会が存在する。

    一方で選択肢が膨大にあるからこそ、転職時点である程度自らの意志を明確にして伝えていかなければ、望むキャリアを歩むことができないリスクもあるようだ。

    コンサルへの転職を成功させるためには

    コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

    また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

    そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

    コンサル転職なら
    Flow Groupがおすすめ
    コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
    Flow GroupのおすすめPOINT
    • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
    • 独自求人や独自選考ルートあり
    • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
    お問い合わせする

    コンキャリ運営会社「Flow Group」について
    この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
    コンサルに特化した転職エージェントです。
    • コンサル出身者による手厚い選考支援
    • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
    • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
    など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
    コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
    是非ともご相談くださいませ。
    お問い合わせする

    コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

    会社名 株式会社Flow Group
    会社HP https://consul-career.com/corp/
    所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
    法人番号 5011001129632
    厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
    適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

    Visited 1,020 times, 1 visit(s) today
    おすすめの記事