コンサルタントと一口に言っても、多種多様な専門性を持つコンサルタントが存在する。

その中でも今特にアツいのが、SAPコンサルタントだと言われている。

SAPコンサルタントの衝撃の報酬と実態

そこで本記事では、SAPコンサルタントとしてフリーランスで活躍される方や、ファームで活躍されている方、フリーコンサルエージェントに聞いたSAPコンサルタントの実態についてご紹介する。

SAPコンサルタントとして独立することに興味がある方は、ぜひ一度コンサルタントジョブに登録し、その驚くべき報酬について聞いてみて頂きたい。

SAPコンサルタントとは

ここで一度SAPコンサルタントについて解説しておく。

SAPの概要

SAPとは、ドイツに本社を置く世界最大級のソフトウェア会社であり、ERPというパッケージソフトにおいて世界で高いシェアを誇っている。

※ERP:人事や会計などのデータを管理・統合するパッケージソフト

SAPのERPは、日本で2,000社以上が導入していると言われており、各種データを正確かつタイムリーに把握することができるERPはなくてはならない存在である。

SAPコンサルタントの仕事内容

SAPコンサルタントに仕事は、クライアントのニーズや制約条件を把握すると共に、業務分析を行い、最適なシステム設計および導入支援を行うことである。

基本的にはSAPの既存機能を活用することがベースになるが、必要に応じて追加開発も行う場合もある。

また、SAPは認定コンサルタント制度を設けている。

認定試験に合格した人には、その資格名称を書類や名刺に追記することが認められており、この資格がフリーランスとして活動する上で報酬に大きく影響する。

SAPコンサルタントの実態

直面する「2025年問題」

現在、そんなSAPを取り巻く状況が話題になっている。

それが、日本で2,000社以上が導入しているSAP ERPの保守サポートが2025年で終了する「2025年問題」である。

SAPの新製品への移行には最低でも2年程度掛かると言われており、仮に2025年までに移行完了することを目標にすると、2025年までの残り3-4年に需要が大きく固まることになる。

そのため、現在はこれまでSAPコンサルティングを手掛けてきた大手コンサルティングファームでも、人手が全く足りていないという状況になっているようだ。

こうした状況を受けて、これまでフリーコンサル(フリーランスのコンサルタント)を活用することに消極的であった大手コンサルティングファームも、フリーコンサルエージェントを通して多数の求人を出している。

「500万円/月」という衝撃の報酬額

しかし、短期間に需要が大きく固まっていることで、SAPコンサルタントに対する需要が供給を大きく上回っており、フリーコンサルエージェントを通して多数の求人を出しても簡単には集まらないというのが実態のようだ。

そこで次の一手として、フリーコンサルエージェントに出す求人の報酬を吊り上げたが、当然ながらコンサルファームに勤務するSAPコンサルタントと、フリーランスとして活動するSAPコンサルタントとで、報酬面であまりにも大きな差ができてしまった。

それを受けて、コンサルファームに勤務するSAPコンサルタントが独立し、益々人手不足となり、更に報酬を吊り上げるという循環が起こった。

その結果、経験や保有資格によるものの、現状多い人では「500万円/月」という報酬水準となっているようだ。

皮算用ではあるものの、仮にこの市場が4年間続くとすると、4年の間に2億4,000万円(500万円/月×12か月×4年)を稼ぐことができる。

少しでも気になる方は、一度コンサルタントジョブに登録して、実際にエージェントに聞いてみて頂きたい。

SAPコンサルタントとして独立する方法

とは言え、現状コンサルティングファームに所属するSAPコンサルタントが、完全な独力で顧客獲得を行い独立するのは非常に難易度が高い。

また、実際問題として自分の経験や資格でどの程度の報酬が得られるかも知っておきたいところだろう。

そこでぜひおすすめしたいのが、フリーコンサルエージェントであるコンサルタントジョブの活用である。

コンサルタントジョブは、フリーランスのコンサルタントの代わりにクライアントに営業して案件を獲得してくれるエージェントである。

既に多数の案件を抱えておりコンサルタントの登録が追い付いていないという噂もあるので、少しでも興味のある方はぜひ一度コンサルタントジョブに登録して、実際にエージェントに聞いてみて頂きたい。

おすすめの記事