アクセンチュアソング転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

アクセンチュアの中でも顧客体験を起点とした企業変革をサポートする新進気鋭の組織が、アクセンチュアソング(旧アクセンチュアインタラクティブ)である。

本記事ではそんなアクセンチュアソングの転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元アクセンチュアソング社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • アクセンチュアソングの中途難易度
  • アクセンチュアソングの選考フロー~面接内容
  • アクセンチュアソングへの転職を成功させるためにやるべきこと

アクセンチュアソングを含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

アクセンチュアソングとは

アクセンチュアソング(Accenture Song)は、アクセンチュア株式会社のマーケティング部門であり、2022年にアクセンチュア インタラクティブから改称した組織である。

参考:「アクセンチュア インタラクティブ、「アクセンチュア ソング」に改称

アクセンチュアインタラクティブからアクセンチュアソングへの改名の理由の一つとして”デジタルマーケ”のイメージが付きすぎてそれを脱するためというのがあるようだ。

とは言え、広告業界のバックグラウンドを持つ人材が多数集結しているようで、日本コカ・コーラや電通グループ、博報堂グループなどで要職に就かれていた方々が集結して、まるで"アベンジャーズ"のようだということで話題になった。

アクセンチュアソングという名称は、時代とともに変化を続けてきたアクセンチュアの歴史を踏まえ、匠の技、つながり、インスピレーション、技術力そして体験は、不朽かつ普遍的であることを表現したものとなっている。

具体的なサービスラインとしては、マーケティング、デザイン、クリエイティブ・アート、テクノロジー、データ分析をキーワードとしてコンサルティングサービスを展開しており、資生堂、みんなの銀行、NTTドコモ、日本コカ・コーラ、ニッポンハムグループなど、大手のクライアントとのプロジェクトの実績を誇る。

会社名 アクセンチュア ソング
英語表記 Accenture Song
従業員数(グループ) -
本社所在地(国内) 東京都港区赤坂
公式HP https://www.accenture.com/jp-ja/about/accenture-song-index

アクセンチュアソングの強み・特徴

アクセンチュアのマーケティング部門としてサービスを展開するアクセンチュアソングだが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、アクセンチュアソングの社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

マーケティングの専門集団

特徴として、真っ先に挙げられるのが、マーケティングの専門集団ということだろう。

同社はクライアントのビジネスを拡大するためのマーケティング施策を検討し、実行まで支援するため、いわゆる、「机上の空論」でとどまらず、「施策の実行と評価まで」の地に足をつけた戦略を通じて、支援することが特徴となっている。

実際、Campaign Asia-Pacificが主催する「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー 2023(素晴らしい功績を立てたアジア太平洋地域のメディア、広告、クリエイティブ、デジタル、PR、独立系の専門エージェンシーを表彰する式典)」では、同社は「デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー(日本)」をはじめエージェンシー部門で金賞を5つ、ピープル部門でも2つの賞を受賞している。

アクセンチュアのマーケティング部門を代表する組織ですから、責任感を持ってプロジェクトに臨んでいます。日々の努力の結果が、こうした表彰やクライアントのビジネスの成功につながっていると感じています。

現役アクセンチュアソング社員A氏

他の部門とシナジーを起こすことができる

アクセンチュアソングの強みの1つに、他のアクセンチュアの部門と連携し、プロジェクトにおいてシナジーを起こすことができる点が挙げられる。

実際、共同でプロジェクトを進めることも多くなっており、クライアントが抱える複雑な経営課題を解決する施策を検討している。

また、共同でプロジェクトを進めることが多いがゆえに、部門が分かれていることに気づかないクライアントもいるようだ。

他の部門に優秀な人材が多いことは、弊社の強みですし、共同でプロジェクトを進めることができるのは、心強いですね。クライアントからすると「1つのアクセンチュア」とみなす人もいます。なので、良い意味で、そういう人からすると「何でもできる、アクセンチュア」と思われてるかもしれませんね。(笑)

現役アクセンチュアソング社員B氏

多様な人材を有する組織

コンサル業界出身、事業会社出身、ベンチャー企業出身など、多様な人材で構成されていることも、同社の特徴と言える。

また、転職者の場合でも、前職の職階が様々であるだけでなく、国籍も多様化している。

そういった多様な人材で構成されるプロジェクトにおいて、様々な視点から繰り出される提案が、クライアントへの付加価値となっているのだ。

弊社には、本当に色々な人がいます。私は、数年前に転職してきたのですが、今でも毎日勉強の日々ですね。色んな社員に、様々なことを教えてもらっています。

現役アクセンチュアソング社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアソングの案件事例

アクセンチュアソングの主な案件事例としては、以下の2つをご紹介する。

日本コカ・コーラ(Coke ON)

まず1つ目はアクセンチュアソングと日本コカ・コーラの案件事例である。

2016年にコカ・コーラの自販機と連携のできるスマホアプリを開発した。

本アプリにより、消費者の購入データを集計し分析などを行うことができ、自販機の売上向上施策などに繋げることを目的としたものである。

上記のようなデータ収集・分析を基に、消費者が興味を引く様々な仕掛けを行うことで、効果的に消費者の購買意欲を引き立てている。

ソフトバンク(SoftBank World 2020)

2つ目はアクセンチュアソングとソフトバンクの案件事例である。

ソフトバンクは毎年BtoBのイベントを開催しているが、コロナ影響で2020年はオンラインにて開催することとなった。

そのパートナーとしてアクセンチュアソングが本イベントを支援した。

コロナの影響でセールス、マーケティングの非接触が求められる中で、営業におけるDXを実現し、今までのオフライン以上により多くのクライアントへのアプローチを実現した。

またオンライン上での開催によって収集できたデータをもとに、次回以降の営業活動においても、効果的なマーケティングか可能となっている。

アクセンチュアソングの中途選考フロー

アクセンチュアソングの中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. 二次面接
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動は早くても2-2.5ヶ月を要する。

以下ではアクセンチュアソングの選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアソングの書類選考・志望動機

アクセンチュアソングへの転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書が必要となる。

ここでは、「なぜ、アクセンチュアソングを選んだのか」、「アクセンチュアソングでどのような貢献ができるのか」について注視される。

例として、実際にアクセンチュアソングへの転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現職では、事業会社でマーケティングを担当している。今後、更に大手企業やグローバル企業に対して仕事をしたいと感じている中で、同様の経験ができるアクセンチュアソングを志望した。入社後は、事業会社での経験を活かして、現場の社員が実行できる地に足のついた提案をしていきたいと考えている。

アクセンチュアソング転職成功者Dさんの志望動機

ベンチャー企業の事業企画において、マーケティング施策の検討を担当している。今後、自身のスキルアップのために、コンサルタントとしてのスキルを身に付けたいと思い、貴社への応募を決意した。入社後は、ベンチャー企業で鍛えたスピード感のある実行力を武器に、クライアントワークに貢献したいと考えている。

アクセンチュアソング転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアソングの中途面接

ここではアクセンチュアソングにおける面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:人事担当者
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

一次面接では、人事部の担当者が面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機がメインとなる。

特に、面接担当者が人事部ということもあり、志望動機についての質問が多くなるので、「なぜ、アクセンチュアソングなのか」については、分かりやすく、明確に回答できるようにしておくことをオススメする。

人事担当者との面接と言うこともあるので、志望動機はしっかりと回答できるようにしておきましょう。他は、特に基本的な質問に終始するので、変に緊張する必要はありません。

アクセンチュアソング転職成功者Fさん

二次面接

  • 面接担当者:マネジャー、もしくは、シニア・マネジャー
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、ケース面接

二次面接では、マネジャー、もしくは、シニア・マネジャーが面接担当者になり、質問内容としては、現職での業務内容、志望動機がメインとなる。

面接担当者が現場のリーダー的なポジションであるため、現職の業務内容・役割、苦労した点、工夫した点などについて深堀りしてくる可能性が高い。

また、第二新卒やコンサルタント未経験者の場合だと、簡単なケース面接が用意されるため、参考書などを事前に目を通しておくことが重要となる。

いわゆる、「高圧的な質問」ではないですが、現職の業務に関しては、繰り返し質問してくる傾向にあります。そんな場合でも、慌てず、落ち着いて回答することが重要になると思いますね。

アクセンチュアソング転職成功者Gさん

最終面接

  • 面接担当者:アソシエイト・ディレクター / プリンシパル・ディレクター、もしくは、マネジング・ディレクター
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、入社後のイメージ

最終面接は、アソシエイト・ディレクター / プリンシパル・ディレクター、もしくは、マネジング・ディレクターが面接担当者となる。

面接の冒頭に、志望動機と現職の業務内容についての簡単な確認を行った後、入社後の活躍イメージを聞いてくる可能性が高い。

その点を聞くことで、「どれくらい、アクセンチュアソングに貢献してくれるか」を注視しているようである。

役職的に上の職階が登場してきますが、いつも通りに質疑応答できれば大きな問題にはなりません。なお、どのような面接担当者が出てきたとしても、質疑応答できるように、事前に質疑応答のシミュレーションをしておくことをオススメします。

アクセンチュアソング転職成功者Hさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアソングの転職難易度

ここではアクセンチュアソングへの転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

アクセンチュアソングは、アクセンチュア全体の業績の好調とともに、更に人員規模を拡大させようとしている。

まだ、組織の名称を改称してから間もないため(2022年に改称)、いわば、今の時期は、組織として絶賛宣伝中となっている。

そのため、積極的に人材を募集していることもあり、同社への転職は、今がチャンスと言えるだろう。

弊社では、採用において、コンサルタント経験者のみに限定していることはなく、むしろ、事業会社の方々も幅広く募集しています。なので、他の競合他社と比べると、転職への扉は広いかもしれませんね。

アクセンチュアソング転職成功者Dさん

ただし、ここでいう転職難易度は他大手コンサルファームと比較した場合の話である。他業界の企業と比較すると転職難易度は遥かに高いという点はご注意頂きたい。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いアクセンチュアソングへの転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

他のコンサルティングファームと比べて、転職難易度が低い印象があるアクセンチュアソングだが、それでも最低限のコンサルスキルや特定の業界に関する専門性等、求める人物像・選考基準はあるようだ。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、アクセンチュアソングが求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • チャレンジに貪欲な人材
  • タフな状況も、先頭に立ち楽しめる情熱がある人材
  • 困難な状況でもやり抜く力を有する人材
  • 多様な考えに対しても尊重し、コミュニケーションを取ることができる人材
  • クライアントの成功のために誠実に取り組み、実行できる人材

アクセンチュアソングの転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、アクセンチュアソングに転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

アクセンチュアソングへの転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

結論から話す

面接担当者は日々、忙しい業務をこなしており、会話も簡潔に、短いことが多く、面接の際にも、そういった会話のテンポを好む。

そのため、質疑応答については、結論から話すようにしよう。

聞かれている質問に対して、「しっかりと答えている」ことをアピールするためにも、この方法は有効である。

コンサルタントの多くは結論から話す人が多いです。そのため、結論から話すことに慣れている人が多いので、応募者の方々も合わせてあげるのが良いでしょう。

アクセンチュアソング転職成功者Eさん

アクセンチュアソングの分析

書類選考や面接では、アクセンチュアソングへの志望動機を注視している傾向にあるため、「なぜ、アクセンチュアソングなのか」を明確にすることが求められる。

そして、志望動機をロジカルに語り、明確なメッセージとして伝えるためにも、同社の分析をしておこう。

また、可能であれば、マーケティングのコンサルサービスを展開している競合他社も分析しておけば、志望動機に更に磨きがかかるので、オススメである。

転職する際、志望動機は当然、考えますが、しっかりとアクセンチュアソングのHPや動向を見ておくことをオススメします。些細なことで、志望動機と繋がり、相手に納得してもらうことがあるので。

アクセンチュアソング転職成功者Fさん

自分自身のスキル・経験の整理

最後は、自分のスキル・経験の整理である。

アクセンチュアソングでは、中途社員を「即戦力」とみなすため、応募者にどのようなスキル・経験があるのか、を注視する。

そのため、自分自身がどのような武器を持っているのか(特にマーケティング、もしくは、コンサルタント関連の武器)、をアピールするためにも、事前にこれまで培ってきたスキル・経験を整理し、自分の言葉で話せるようにしておこう。

自分自身のスキル・経験を整理することで、志望動機や入社後のイメージの話につながります。弊社のみならず、他の企業への転職活動にもつながるので、この機会をきっかけに、整理しておくことをオススメしますよ。

アクセンチュアソング転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

アクセンチュアソングへの転職の魅力・評判

ここでは、アクセンチュアソングの現役社員の声を参考にしながら、アクセンチュアソングに転職する魅力について改めて整理する。

成長できる案件が多い

大手クライアントとのプロジェクトが多く、成長できる機会が用意されている点は、同社への転職を検討する上で魅力的なポイントとなるだろう。

誰もが一度は聞いたことがある大企業がクライアントになることが多いため、社会・経済への貢献を感じると同時に、自分自身のスキルが目に見えるように感じることができる。

そのため、自分自身の経験値を上げたいビジネスマンにとっては、魅力的な職場環境と言える。

弊社では成長できる環境が多いです。特に成長意欲が高い若手ビジネスマンにとっては、これ以上無い環境だと思いますね。

アクセンチュアソング転職成功者Hさん

高年収を実現できる

高年収を実現できる点も、魅力の1つと言えるだろう。

実際、同社はコンサル業界の中でも、高年収水準であり、実力次第で昇給・昇格を実現できる。

そのため、若くしても年収1,000万円を超えることができるだけでなく、本人次第では更に高年収を目指すことも可能だ。

年収については、満足していますね。その分、責任感も出てきますが、やりがいとして感じていますし、それ相応の対価をいただいている認識ですね。

アクセンチュアソング転職成功者Dさん

女性が活躍しやすい

女性が活躍しやすいことでも、同社は有名である。

実際、アクセンチュア全体において、新卒採用者のうち女性が占める割合は50%、昇進者における女性の割合は47%、幹部における女性の割合が32%などと、多くの女性が活躍していることが見受けられる。

フレックスタイム制、短日・短時間勤務制度、リモートワークなども、女性活躍を推進している要素の1つになっているとのことである。

年齢・性別問わず、価値観をリスペクトし合うことができるから、結果的に女性が活躍できているのだと感じています。今や、女性の活躍無しでは、弊社のビジネスを維持できないかもしれませんね。

アクセンチュアソング転職成功者Eさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 2,040 times, 4 visit(s) today
おすすめの記事