アクセンチュアインタラクティブに転職!年収・評判・面接を解説

アクセンチュアの中でも顧客体験を起点とした企業変革をサポートする新進気鋭の組織が、アクセンチュアインタラクティブである。

本記事では、そんなアクセンチュアインタラクティブの年収や現役社員からのリアル評判、中途面接の傾向など、転職情報を徹底解説していく。

アクセンチュアインタラクティブの転職情報を解説

コンサルへの転職を検討している人は、コンサル転職に特化したエージェントであるアクシスコンサルティングには必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

コンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

アクセンチュアインタラクティブの年収

アクセンチュア年収_年次・役職別

アクセンチュアインタラクティブの年収はアクセンチュア全体と共通であり、特別な年収テーブルが用意されているわけではない。

アクセンチュアインタラクティブはランクによって年収レンジが決まっており、評価などにより最終的に年収が決まる。

コンサル未経験または応募職種で深い経験・知見がない限りは基本的に「アナリスト」または「コンサルタント」のランクでの転職となる。

そのため、アクセンチュアインタラクティブへの転職時の年収は500~600万円程度の水準となる。

特に最近はアクセンチュアインタラクティブでは未経験も積極採用していることから、現役社員曰く「アナリストかコンサルタントでの未経験採用が多い」とのことである。

マネージャーまで昇進すると年収1000万円が見えてくる。

▼おすすめの転職エージェント

アクセンチュアインタラクティブのリアルな評判

実際にアクセンチュアインタラクティブに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。

ポジティブ/ネガティブ両方の評判があるため、ぜひ参考にして頂きたい。

▼アクセンチュアインタラクティブのポジティブな評判

  • グローバルでの連携や知見活用ができ、最先端のソリューションを提供できる
  • 取引先業種・案件テーマが豊富で多くのことを経験できる
  • 研修制度が充実しており、しっかりと社員のキャリアプランを考えている

    アクセンチュアインタラクティブは、買収した海外企業を含めてグローバルでの連携や知見共有で最先端のソリューションを提供している。

    また、取引先や案件テーマも豊富であり、アクセンチュアインタラクティブ社員は様々な成長機会に触れることができるという点で良い評判が目立った。

    また、アクセンチュア自体が人を長く育てることに舵を切っていることもあり、中途入社でも整った研修を受けることができ、しっかりとキャリアプランを形成することができる点に関しても良い評判が多い。

    ▼アクセンチュアインタラクティブのネガティブな評判

    • 未経験採用も多く社員のレベルが担保できていない
    • 様々な職種の人が所属しており、組織としてまとまり切っていない

    一方で、アクセンチュアインタラクティブの悪い評判としては、社員の質の面で多くの意見が挙がっていた。

    現在アクセンチュアインタラクティブでは未経験でも積極的に採用していることもあり、どうしても質を担保できていない側面があろうようだ。

    また、アクセンチュアインタラクティブにはコンサル職以外にも様々な職種の人材が所属しており、それぞれで仕事の進め方や当たり前が異なることから、組織としてうまくまとまり切っていないという点に悪い評判が挙がっていた。

    とは言え、こうした課題は新しい組織には付き物であり、それ以上にアクセンチュアインタラクティブは最先端のソリューションに触れることができる魅力的な転職先と言える。

    ▼おすすめの転職エージェント

    アクセンチュアインタラクティブの案件事例

    アクセンチュアインタラクティブの主な案件事例としては、以下の2つをご紹介する。

    日本コカ・コーラ(Coke ON)

    まず1つ目はアクセンチュアインタラクティブと日本コカ・コーラの案件事例である。

    2016年にコカ・コーラの自販機と連携のできるスマホアプリを開発した。

    本アプリにより、消費者の購入データを集計し分析などを行うことができ、自販機の売上向上施策などに繋げることを目的としたものである。

    上記のようなデータ収集・分析を基に、消費者が興味を引く様々な仕掛けを行うことで、効果的に消費者の購買意欲を引き立てている。

    ソフトバンク(SoftBank World 2020)

    2つ目はアクセンチュアインタラクティブとソフトバンクの案件事例である。

    ソフトバンクは毎年BtoBのイベントを開催しているが、コロナ影響で2020年はオンラインにて開催することとなった。

    そのパートナーとしてアクセンチュアインタラクティブが本イベントを支援した。

    コロナの影響でセールス、マーケティングの非接触が求められる中で、営業におけるDXを実現し、今までのオフライン以上により多くのクライアントへのアプローチを実現した。

    またオンライン上での開催によって収集できたデータをもとに、次回以降の営業活動においても、効果的なマーケティングか可能となっている。

    アクセンチュアインタラクティブの中途面接

    アクセンチュアインタラクティブの中途面接は、基本的に以下のフローで進んでいく。

    1. 書類選考
    2. 一次面接(現場マネージャークラス):一般面接
    3. 二次面接(シニアマネージャークラス):一般面接・ケース面接
    4. 最終面接(人事・役員クラス):オファー面談

      上記はあくまでアクセンチュアインタラクティブの基本フローであり、人によっては面接回数がさらに複数組まれることもある。

      一次面接はオーソドックスなもので志望理由や将来実現したいこと、希望年収などのについての質問がメインである。

      ただ実際に面接を受けた知人曰く、野心が強く仕事を第一に考えられる人の方が、面接官から好印象を受けやすいとのことであった。

      二次面接は一次面接での内容をさらに深堀されることに加え、各職種ごとに必要とされるスキルや実務など、より実践的な質問が多くなってくる。

      また、アクセンチュアインタラクティブ役員の黒川氏と、最高責任者の内永氏の対談曰く、アクセンチュアインタラクティブでは以下の4項目が重要視されているため、面接前に把握しておくことをおすすめしたい。

      • エンドユーザーに何を提供するかの設計ができるか
      • テクノロジーを駆使して優れたUI/UX開発ができるか
      • サービスをどのように拡販していくかなどの、マーケティング、ブランディングができるか
      • 消費者やクライアント目線で一緒に成長できるか

        ▼アクセンチュアインタラクティブの中途面接における質問例

        • アクセンチュアインタラクティブのプロジェクトを知っているか
        • コンサル以外でやりたい職種はあるか
        • 将来起業したいと思うか

          アクセンチュアインタラクティブの中途面接対策を行う上では、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを利用することをおすすめしたい。

          ▼おすすめの転職エージェント

          アクセンチュアインタラクティブの志望理由

          アクセンチュアインタラクティブへの志望理由として、実際に転職を成功させた人たちにインタビューを行ったのでその内容をご紹介する。

          ▼実際のアクセンチュアインタラクティブの志望理由

          • ITの提供だけではなく、ITをビジネスを展開させたいから
          • 巨大グローバルファームに入り、世界各国のプロジェクトに参加したいから
          • 日本のトップ企業と接点を持ち、大きな案件に挑戦したいから

            アクセンチュアインタラクティブの志望理由としては、基本的には仕事に対する向上心や、やりがいに関する理由が多い。

            そのため、応募者の多くがチャレンジ精神旺盛な人材が揃っており、アクセンチュアインタラクティブの仕事自体の面白さに加えて、そうした人材と働けることも魅力と言える。

            ▼おすすめの転職エージェント

            アクセンチュアインタラクティブの組織図

            アクセンチュアインタラクティブ_組織図

            アクセンチュアインタラクティブではまずクライアントのフロントにコンサルタントが立つ。

            その上でコンサルタントがクライアントから様々な課題を聞き出す共に、それらを整理していく。

            課題によってはコンサルタントのみ解決できるものもあれば、「Design」「Build」「Communicate」「Run」のそれぞれの専門家を加えて解決するものもある。

            アクセンチュアインタラクティブのコンサルタントには、「課題整理・解決」だけでなく「コラボレーション」も求められるのだ。

            広告代理店も同様の組織体制となっているが、フロントに立つのは営業マンであり、クライアントをグリップすることに長けてはいるものの、「課題整理・解決」や「コラボレーション」という点においてはやはりコンサルタントに分があると言える。

            こうした組織体制がアクセンチュアインタラクティブの強みと言える。

            ▼おすすめの転職エージェント

            アクセンチュアインタラクティブへの転職でおすすめのエージェント

            アクセンチュアインタラクティブは転職市場でも人気が高く、高い選考倍率となっている。

            そのため、コンサル転職の支援実績が豊富なエージェントを選ぶ必要がある。

            具体的には、コンサル転職に特化したアクシスコンサルティングには絶対に登録すべきである。

            おすすめ度:★★★★★

            アクシスコンサルティングはコンサル特化エージェントであるがゆえに転職情報が豊富であり、かつ支援が非常に手厚い。

            ここまでの支援実績がありながらコンサル転職に特化しているエージェントというのはアクシスコンサルティング以外存在しない。

            コンサル転職を成功したい人には、筆者の実体験からもアクシスコンサルティングを本当におすすめできる。

            Aさん
            (戦略コンサル転職者)
            とにかく支援が手厚かったです。ケース面接もかなりの回数お願いしましたが、嫌な顔一つせずに対応してくださりました。
            また書類面でも細かい点まで確認してもらえてアクシスさんに「受からせてもらった」という感覚です。

            Bさん
            (総合コンサル転職者)
            業界情報が豊富で「このファームのケース面接ではこうした方がよい」など、個別具体なアドバイスを頂けました。
            他に大手エージェントにも登録していましたが、アクシスさんは「ここまで違うのか」というレベルの情報の質と量でした。

            コンサル転職に本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

            様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできない大手エージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

            上記の記事はコンサル転職に本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

            ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

            おすすめの記事