ポストコンサルキャリアとして、経営者のポストに就くといったキャリアを目指している方も多いのではないだろうか。

実際、コンサルティング業界で活躍された後、経営者として活躍されている方は多い。

上場企業において経営者を務めるコンサル出身者を調査

そこで本記事では、2018年~2019年に上場した、或いは上場予定の企業において、どのコンサルティングファーム出身の方が代表取締役を務めているかについて調査した結果をご紹介する。

ポストコンサルキャリアとして経営者を検討している方は、ぜひ本記事を参考にして頂きたい。

いずれのキャリアを進むにしても、キャリア設計を慎重に行う必要がある。

現役コンサルタントの方で、もしまだエージェントに登録されていない方がいれば、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

その上で、ハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドSamurai Jobリクルートエージェントに登録し、キャリアアドバイザーと共に、今後のキャリア設計を行っていただきたい。

調査の前提

調査対象企業

2018年~2019年に、日本取引所グループから上場申請が承認された企業(全174社)

※2019年は10月10日までを対象

調査対象経営者

「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅰの部)」における【役員の状況】にて、役名が「代表取締役」の方

※共同代表の場合は各人を対象

その他

  • 複数のコンサルファームに在籍されていた方は、最後に所属していたファームを出身ファームとしてカウント
  • 組織再編などに伴うファーム名の改名があった場合は、現在のファーム名で集計

コンサル出身者が経営者を務める上場企業

2018年~2019年10月10日までに上場申請が承認された企業数は174社であり、うちコンサルファーム出身者が経営者を務める企業は8.6%の15社であった。

また、出身ファーム別で見ると、アクセンチュア出身者が4名と突出して多かった。

次いでBCG、Strategy&、NRIが2名となっている。

15社には、グローバルファーム出身者だけでなく、NRIや三菱総研、クニエなどのローカルファーム出身の方も存在した。

コンサル出身の経営者の経歴

15名の経歴としては、コンサルファームで活躍された後に起業やジョインされた方もいれば、前後に事業会社を経験した後に起業やジョインされた方もいる。

正解がないからこそ、自身の目標と適性に合わせてキャリアを設計していく必要がある。

現時点でキャリア設計が明確でない方はもちろん、ポストコンサルキャリアを視野に入れている方は、まずはビズリーチに登録することをおすすめしたい。

その上で、ハイクラス転職に強みを持つエージェントであるランスタッドSamurai Jobリクルートエージェントに登録し、キャリアアドバイザーと今後のキャリア設計を行っていただきたい。

おすすめの記事