ビジネスブレイン太田昭和転職大全 | 選考フロー、面接、難易度、志望動機を徹底解説

中小企業を戦略・ITの両面で支援する総合コンサルファームがビジネスブレイン太田昭和である。

本記事ではそんなビジネスブレイン太田昭和の転職大全として、詳細な面接内容から中途採用難易度、志望動機、強み・特徴を徹底的に解説していく。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

横山 諒平
監修者

Flow Group代表取締役/コンサルタント

株式会社Flow Group代表取締役。慶應義塾大学経済学部卒業。
大学卒業後はデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に入社し、製造業のクライアントを中心に中期経営戦略の策定やM&A実行支援、新規事業立案・立ち上げ支援に従事。
その後、株式会社リクルートライフスタイル(現株式会社リクルート)における事業戦略・予算策定、事業開発に従事。フリーコンサルとして独立後、2019年8月株式会社Flow Groupを創業。

コンサルマン
執筆者

コンサルマン

コンサルキャリア編集部。コンサルキャリアおよびコンサルマンは株式会社Flow Groupが運営しています。Twitterフォロワー1.9万人

なお、本記事を作成するにあたっては、実際に現役・元ビジネスブレイン太田昭和社員複数人にインタビューを行っているためぜひ参考にして頂きたい。

本記事でわかること
  • ビジネスブレイン太田昭和の中途難易度
  • ビジネスブレイン太田昭和の選考フロー~面接内容
  • ビジネスブレイン太田昭和への転職を成功させるためにやるべきこと

ビジネスブレイン太田昭和を含むコンサルへの転職を目指す上では、おすすめのコンサル転職エージェントの記事を参考にして頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和とは

株式会社ビジネスブレイン太田昭和は、太田昭和監査法人(現 EY新日本有限責任監査法人)から派生し、会計・ITソリューションに強みを持つコンサルティングファームであり、設立は1967年と50年以上の歴史を誇る日本の大手コンサルティングファームである。

また、会社・ITコンサルティングだけでなく、BPO事業も展開しており、事業としての規模感が大きく、拠点としても複数の営業所(大阪、名古屋、静岡、熊本、シンガポール)、海外現地法人(タイ、ベトナム)、関係会社(株式会社BSC、株式会社ファイナンシャルブレインシステムズ、グローバルセキュリティエキスパート株式会社、株式会社BBSアウトソーシングサービス等)を有している。

更に、現在はプライム市場に上場しており、上場企業として日本経済を支えている注目の企業となっている。

会社名 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
英語表記 Business Brain Showa-Ota Inc.
従業員数 680人(2023月3時点)
本社所在地(国内) 東京都港区西新橋
公式HP https://www.bbs.co.jp/

ビジネスブレイン太田昭和の強み・特徴

老舗の会計系のコンサルティングファームとしての実績を誇るビジネスブレイン太田昭和だが、他のコンサルティングファームと比してどのような強み・特徴をもつのか。

ここでは、現役ビジネスブレイン太田昭和社員に話を伺い、そこから見えてきた強み・特徴について解説しよう。

会計・財務の専門家集団

ビジネスブレイン太田昭和は、豊富な会計・財務の知識、および、経験を有しているコンサルタントが多く、会計・財務の専門家集団として、クライアントの課題解決を実施している点が、特徴の1つとなっている。

公認会計士、米国公認会計士、税理士、中小企業診断士等の資格を有しているコンサルタントも多く、また資格を有していなくても社内研修等で会計・財務の知識を身に付けたコンサルタントも在籍している。

そのような戦略で、競合他社と差別化を図り、会計×ITに特化したコンサルティングファームとしてのポジションを確立しているのである。

弊社の強みは、何と言っても会計知識、そして、その知識を活用したコンサルサービスを多く経験していることだと思います。会計・財務のことであれば、多少の問題が生じたとしても、動じませんし、解決策を持っているコンサルタントがたくさん在籍しています。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員A氏

豊富なコンサルティング実績

まだ「コンサルティング」という言葉が世に浸透していない時代から、50年以上にわたりクライアントの経営課題の解決に携わってきた実績も、ビジネスブレイン太田昭和の強みとなっている。

長年にわたって、多くの日本企業とビジネスをしてきたため、会計・財務関連の課題が起きると、まずは、「ビジネスブレイン太田昭和」に声をかけるクライアントも多いようであり、ビジネスブレイン太田昭和の信頼度・ブランドは、競合他社と比べても、高い評価を得ているようである。

歴史の深さは、コンサル業界においても、トップクラスとなっているのだ。

私は30代なのですが、私が生まれていない頃から、コンサル業界で生き残ってきた経験・ノウハウは他社と比べても、追随を許さないくらい豊富であると感じています。コンサルタントというと頭の回転や思考力が求められますが、それだけでなく、経験の深さも大事だと思いますし、ビジネスブレイン太田昭和は会社として、それを体現している印象ですね。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員B氏

安定した事業基盤

「企業の会計・財務」という絶対的な市場において一定のポジションを確立しているため、安定的に事業を成長し続けることができる点も、ビジネスブレイン太田昭和が生き残っていくための武器となっている。

また、ビジネスのグローバル化に伴う日本企業の海外子会社や関連会社との合併・買収が起きた際に生じる不正会計といったガバナンスリスクの防止や、IFRS対応等、会計に関する案件が、今後も増えてくるとも言われているため、更に事業規模を拡大させていく可能性も高い。

実際6年連続で増収増益を達成しており、上場企業として安定した事業基盤を構築しているのだ。

弊社は、主に会計コンサル、SIer、BPOの3つの事業を軸としてビジネスを展開していますが、いずれも堅調に成長しています。一見、地味なビジネス領域に見えるかもしれませんが、堅実に、かつ、成長できる領域として、最適な事業推進を実施できていると思います。特に、会計コンサルは昔からずっとビジネスとして成り立ってきましたし、今後も求められる事業だと考えています。

現役ビジネスブレイン太田昭和社員C氏

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和の中途選考フロー

ビジネスブレイン太田昭和の中途選考フローは年度によって異なるが、募集しているポジションがある限り、随時選考が行われている。

基本的には以下のような中途選考フローになる。

  1. 書類選考
  2. Webテスト
  3. 一次面接
  4. 最終面接

選考開始から内定獲得まで、転職活動にかかる期間はおよそ1.5-2ヶ月となっている。

以下ではビジネスブレイン太田昭和の選考フローを分解し、それぞれについて詳しく解説していく。

ビジネスブレイン太田昭和の書類選考・志望動機

ビジネスブレイン太田昭和への転職の第一歩は書類選考である。

書類としては、履歴書と職務経歴書等を提出する項目は無いが、直近の職務内容、有している資格・語学等を記載する項目がある。

そこでは、「どのような知識・経験を有しているのか」を注視している傾向にある。

例として、実際にビジネスブレイン太田昭和への転職を成功させた2名の方の志望動機をお聞きしたので簡略化したものをご紹介する。

現在は公認会計士として、事業会社の経営企画チームで予算管理等を担当している。今後は、公認会計士の知識や、現職で養った経営企画の経験を更に活かせる、会計コンサルタントとしてキャリアを積みたいと考えている。その中で、最も適した会社だと感じたビジネスブレイン太田昭和で働くことを通じて、会計コンサルタントとしてのキャリアを歩んでいきたい。

ビジネスブレイン転職成功者Dさんの志望動機

現職では、外資系のSIerとして働いているが、市場として大きく、今後も衰退することが無いだろうと考えている会計・財務市場で働きたいと考えている。また、SIerとしてのキャリアに加えて、会計やコンサルタントの知識も身に付けて、労働市場において競争力のある人材になりたいと考えており、それが実現できるビジネスブレイン太田昭和で働きたいと考えている。入社後は、SIer視点から、「実行可能な提案」をクライアントに提供できるようにしていきたい。

ビジネスブレイン転職成功者Eさんの志望動機

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和のWebテスト

書類選考を通過すると、次の選考フローは適正試験としてWebテストを受験する必要がある。

ビジネスブレイン太田昭和では、CABを使ったテストが実施される。

CABは、新卒での就職活動の際にも出てきた形式であるが、Webテストで落ちてしまうことは非常に勿体ないので、しっかりと予習・準備しておくことをオススメする。

ビジネスブレイン太田昭和の中途面接

ここではビジネスブレイン太田昭和における面接の内容について解説していく。

一次面接

  • 面接担当者:人事担当者、チーフコンサルタント/副本部長
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機

ビジネスブレイン太田昭和の一次面接では、人事担当者、および、チーフコンサルタント/副本部長が面接担当者となる。

主な質問内容としては、人事担当者が志望動機、チーフコンサルタント/副本部長が現職での業務内容をメインで質問してくる。

それぞれ、人事担当者は「なぜ、ビジネスブレイン太田昭和で働きたいのか」、チーフコンサルタント/副本部長は「どのような知識・経験を有しているのか。それをビジネスブレイン太田昭和でどのように活かせるのか」を注視しているため、それぞれの質問に対してはっきりと答えることが求められる。

面接担当者は2人いますが、それぞれ質問内容を分けながら聞いてくるイメージです。特に高圧的な面接でもなく、カジュアルな感じで進みますので、変に緊張せず、落ち着いて対応するようにしましょう。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Fさん

最終面接

  • 面接担当者:主席コンサルタント/本部長
  • 質問内容:現職での業務内容、志望動機、入社後のキャリアイメージ

ビジネスブレイン太田昭和では一次面接を通過すると、次は最終面接となる。

最終面接では、主席コンサルタント/本部長が面接担当者となり、一次面接の質問内容の確認を簡単に実施した後、入社後のキャリアイメージに関する質問がメインとなる。

ここでは、「どれくらい真剣にビジネスブレイン太田昭和で働こうとしているか。どのように成長していこうと考えているのか。」といった応募の本気度やキャリアについての考えを注視する傾向にあるため、しっかりと入社後の働くイメージを考えておこう。

専門的な知識や現職での業務内容の話は少ないです。逆に、入社後、つまり、将来の話がメインになりますので、「ビジネスブレイン太田昭和でどのようはキャリアプランを考えているのか。どういったコンサルタントになりたいのか」等を、熟考して面接に臨むようにすることをオススメします。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Gさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和の転職難易度

ここではビジネスブレイン太田昭和への転職難易度や採用の傾向について解説する。

転職難易度

ビジネスブレイン太田昭和は、近年、中途採用を積極的に進めており、「公認会計士向け採用」や、IT未経験者であってもポテンシャルを評価されれば、採用され、入社後にIT人材としての研修を受け、IT人材となる「キャリアチェンジ採用」を拡大させている。

積極的な採用活動は、コンサル業界において激化する人材獲得競争に勝つためであり、この傾向はまだ続く見込みである。

そのため、ビジネスブレイン太田昭和は他のコンサルティングファームと比べると、転職難易度は低いと言える。

転職を検討している人は、今がチャンスだと思います。会社全体で中途社員も増やしていこうという流れになっていますので、少しでも興味があれば、応募を検討してみるのが、良いかと。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Hさん

ただし、ここでいう転職難易度は他コンサルファームと比較した場合の話である。他業界の企業と比較すると転職難易度は遥かに高いという点はご注意頂きたい。

他業界の企業と比較して転職難易度が高いビジネスブレイン太田昭和への転職を目指す上では、コンサル転職に強みを持つ転職エージェントに登録して、専門的な対策支援を行うことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

求める人物像・選考基準

他のコンサルティングファームと比べて、転職難易度が低い印象があるビジネスブレイン太田昭和だが、それでも最低限のコンサルスキルや特定の業界に関する専門性等、求める人物像・選考基準はあるようだ。

なので、転職を検討する人は、面接の限られた時間の中で、ビジネスブレイン太田昭和が求める人物像を、自身の経験や人柄と合わせて十分にアピールすることが求められる。

具体的には下記のような経験やスキルセットを保有している人が比較的採用されやすいようだ。

  • 興味を興味として終わらせずに行動へと繋げられる人材
  • 常に挑戦意欲を持ち続ける人材
  • 自分で目標を立て、最後まで達成しようという強い意志を持つ人材
  • コンサルティングファーム、もしくは、事業会社にて会計・IT等の経験を有する人材
  • 公認会計士等の会計関連、IT関連の資格・経験を有する人材

ビジネスブレイン太田昭和への転職成功者が教えるやるべきこと

ここでは、ビジネスブレイン太田昭和に転職を成功させた方々に、そのポイントをお聞きしたいので紹介する。

ビジネスブレイン太田昭和への転職を成功させるためにやるべきことは大きく3つあげられる。

自分の知識・経験の整理

1つ目は自分自身の知識・経験を整理し、アピールすることである。

上場している日系企業といっても、コンサルティングファームであり、中途社員は「即戦力」としてみなされる。

その期待に応えることができるような人材でなければ、選考は突破できないため、現職までの業務内容、および、自分自身の強みや長所等を整理し、文章や言葉で説明できるようにしておこう。

大手の総合系・外資系のコンサルティングファームと比べたら、まだ、アットホームな雰囲気があるかもしれませんが、それでも、中身はコンサルティングファームです。なので、人材の選考は慎重に行うので、応募者側もそれ相応の準備が必要になります。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Hさん

論理的な説明

ビジネスブレイン太田昭和では、SIerや公認会計士等のコンサル業界未経験者も多数、応募してきており、実際に未経験者も転職を成功している例がある。

一方で、選考では応募者がコンサルタントとしての素養があるか、を注視するため、コンサルタントの基礎動作である「論理的な思考、説明」を面接などで実施することが重要になる。

コンサル業界出身者は問題無いかもしれないが、コンサル業界未経験者は、事前に論理的な説明ができるように、訓練、および、準備しておくことをオススメする。

弊社はあくまでコンサルティングファームなので、コンサルタントとしての振る舞いが求められます。選考では最低限のスキルである論理的な考え・説明等ができるか、を見ている傾向がありますので、自信が無い人は、事前に練習しておくのが無難かと思います。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Dさん

入社後のキャリアビジョンの整理

ビジネスブレイン太田昭和は、外資系コンサルティングファームのように「外に出ていく人材が一定数いることは、当たり前」という文化ではなく、可能な限り、社員には長く働いてもらいたいという文化の方が強い。

したがって、応募者が長期的にビジネスブレイン太田昭和で働いてもらえるかどうか、を見極めるために、面接では、入社後のキャリアビジョンに関する質問が多くなる。

そのため、面接担当者に安心してもらうという意味も含めて、入社後のキャリアビジョンを事前に整理しておこう。

面接では、ビジネスブレイン太田昭和で何をしたいか、どうなりたいか等、将来がイメージできるような説明をすることが転職成功の近道となります。特に最終面接でよく聞かれますので、しっかりと対策するようにしましょう。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Eさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサルへの転職を検討している人は、コンサルキャリアを運営するコンサル業界の専門家集団であり、コンサル転職に強みを持つFlow Groupに登録して頂きたい。

ビジネスブレイン太田昭和への転職の魅力

ここでは、ビジネスブレイン太田昭和の現役社員の声を参考にしながら、ドルビックスコンサルティングに転職する魅力について改めて整理する。

充実した福利厚生

充実した福利厚生制度により、心身ともにベストパフォーマンスで仕事に取り組むことができることは、転職を検討する上での魅力の1つだろう。

有給休暇、テレワーク勤務制度、フレックスタイム勤務制度等はもちろん、資格取得支援、食事補助、ベネフィットステーション、カフェテリアプラン、企業型確定拠出年金制度、従業員持株会等、社員の個々のニーズに合わせた制度が用意されていることが特徴となっている。

また、社員の中でも、それらの福利厚生を積極的に利用していこう、という雰囲気もあり、社員が前向きに利用できる環境となっている。

様々な福利厚生が用意されていますし、それらを利用したい時に、遠慮なく利用できる環境が弊社には整っていると思います。利用することは、社員の義務といったくらいに、みなさん、積極的に利用していますよ。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Fさん

専門家を育てる人材育成プログラム

キャリアチェンジ採用のように、IT未経験者でも、入社後に専門家になれるような人材育成プログラムを用意している点も、魅力の1つである。

入社後には、年次/等級別の研修プログラムが用意されているだけでなく、選択型のスキル研修(PM研修、営業スキル研修、システムスキル研修等)も実施される。

このように、専門家を育てる環境が整っている点は、転職を検討する際に、ポジティブな材料となるだろう。

実際、入社してから、研修プログラムが様々用意されており、圧倒されました。また、社員の方々は、誰でも親身にキャリア相談をしてくださるので、入社当初は大変助かりましたし、今も、キャリア相談をしてもらっていますし、私自身が相談に乗ることもあります。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Gさん

安定した経営

3つ目は、安定した経営基盤があるため、社員は自分自身の仕事の担当(クライアントワークや、提案活動等)に集中できるという点である。

経営が不安定であれば、「転職した方が良いのかな」と考えてしまい、仕事に集中できない場合があるが、ビジネスブレイン太田昭和は会計コンサル、SIer、BPOの3つの事業により、多角化経営を実施していることもあり、安定した収益構造を実現できている。

そういった経営環境の下で、多くの社員は自分自身のベストパフォーマンスを出すことにだけ集中できているのだ。

ビジネスを展開している領域や、ビジネスモデルが良いおかげで、社員はクライアントワークに集中することができています。また、クライアントワークに集中できるため、結果として、クライアントに付加価値を提供することができ、更なる成長につながるという好循環を実現しているのだと思います。

ビジネスブレイン太田昭和転職成功者Hさん

コンサルへの転職を成功させるためには

コンサルファームではケース面接を始めとする特殊な選考が行われ、非常に難易度が高いと言われている。

また、コンサル業界自体が外から見えづらい業界であるため、転職前にリアルな実態を把握することも難しい。

そのため、「コンサル転職の成功率を上げる」「コンサル転職を通じて理想のキャリアを実現する」上では、コンサル業界への知見や対策ノウハウを持つエージェントを選ぶことをおすすめしたい。

コンサル転職なら
Flow Groupがおすすめ
コンサル転職ならFlow Groupがおすすめ
Flow GroupのおすすめPOINT
  • コンサル業界特化で、ビヘイビア面接 ・ケース面接対策に強い
  • 独自求人や独自選考ルートあり
  • コンサル出身者による推薦文付きエントリーが可能
お問い合わせする

コンキャリ運営会社「Flow Group」について
この度は弊社記事をお読み頂き誠にありがとうございます。 弊社「株式会社Flow Group」は
コンサルに特化した転職エージェントです。
  • コンサル出身者による手厚い選考支援
  • 大手~ベンチャーまで幅広いコンサル求人紹介
  • 各社の最新の選考情報・過去問情報提供
など、”内定率及び入社後活躍にこだわった”転職支援を 行っています。
コンサルへの転職、コンサルからの転職・独立についてお考えの方は
是非ともご相談くださいませ。
お問い合わせする

コンサルキャリアは株式会社Flow Groupが運営しています。当社は厚生労働省から有料職業紹介事業の認可を取得し、求職者の転職支援と企業の採用支援を行っています。

会社名 株式会社Flow Group
会社HP https://consul-career.com/corp/
所在地 東京都新宿区市谷田町3丁目8 市ヶ谷科学技術イノベーションセンタービル 2F 
法人番号 5011001129632
厚生労働省 有料職業紹介事業認可番号 13ーユー315272
適格請求書事業者登録番号 T5011001129632

Visited 145 times, 1 visit(s) today
おすすめの記事