東京海上からの具体的な転職先を徹底解説

東京海上は、年収の高さや待遇の良さから新卒/中途問わず非常に人気の高い企業である。

一方で、中の社員からは会社や業務に対する不満や、将来のキャリアに対する不安が聞えてくる。

東京海上からの転職先を徹底解説

東京海上からの転職を目指すのであれば、コンサルや金融、IT業界などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに必ず登録すべきである。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

東京海上からの転職先は「コンサル」「スタートアップ」がメイン

筆者の知人の東京海上出身者や、知人エージェントの支援経験を基にまとめると、東京海上からの転職先としては「コンサル」と「スタートアップ/ベンチャー」がメインとなっている。

コンサルファーム

高い成長環境があるコンサルは、東京海上からの転職先として非常に人気のキャリアである。

東京海上出身者は地頭もよく、論理的思考力が高い人が多いため、コンサルファームが求める人物像と一致することが多い。

コンサルファームも大きく、戦略ファームに行く人もいれば、総合ファームに行く人もいるが、割合としては総合ファームに行く人が多いという印象である。

コンサルファームでは、保険と全く異なる業界に対してコンサルティングを行う場合もあるが、多くの人が保険業界のクライアントに対してコンサルを行うチームに転職している。

その場合、「保険や業界知識」、「保険業界での実体験」というのがコンサルティングを行う上で大きな武器となる。

スタートアップ/ベンチャー

「会社に貢献している実感が沸かない」「知識だけが増えてビジネスパーソンとして成長している実感がない」という人からは、スタートアップ/ベンチャーというのは人気の転職先である。

スタートアップ/ベンチャーでは、設立して間もないアーリーステージの企業から、資金調達を順調に実施していて更なる成長を目指しているシリーズA~B、上場を見据えているシリーズC~Dまで存在する。

直接的に保険の知識が使えないことが多いが、保険業界で培った営業力で新たなサービスの営業をしたり、大企業で培ったマネジメント力を活かし、チームマネージャーを務めたりなど、可能性は多岐にわたる。

東京海上と比較して規模が小さい分、会社に対する貢献の実感を得られたり、ビジネスパーソンとして総合的に成長を実感できるようだ。

その他

その他として、数はそこまで多くなかったが、大手事業会社やメガベンチャー、また他の保険会社への転職という人も存在する。

他の保険会社としては、アメリカンファミリー生命やアリアンツ、プルデンシャル生命といった「外資系保険」と、オリックス生命などといった「国内中堅生保」が存在する。

前者であればさらなる年収UPを求めて、後者であればより良い労働環境を求めて転職している。

そもそもなぜ東京海上を辞めたいのか?

東京海上はブランド力もあり、高待遇の企業である。

また、会社としても成長を続けており、将来も有望と言われている。

そんな東京海上からなぜ転職したいと考えるかについて、実際に東京海上から転職した知人たちに聞いた内容を紹介する。

知識だけ増えるだけで、ビジネスパーソンとしての成長には疑問符が付く。
大学時代の同期を見ると、成長スピードも早くてやりがいを持って仕事をしていて焦りを感じた。

東京海上の仕事にももちろんやりがいもあるが、お客さんから理不尽なクレームで夜遅くまで帰宅できない日が続くと、何のために仕事しているのかと虚無感に襲われることが多々あった。

就職=ゴールになっている人が多く、刺激的な環境とは決して言えない。

外から見ると魅力的な東京海上でも、転職を考える人は意外にも多いとのことである。

一方で、ビジネスパーソンとしての成長に限界を感じて「転職したい」と口では言うものの、東京海上の高待遇に甘んじて中々動き出せない人も多いという。

東京海上出身者は転職で有利

東京海上の出身者にはまず圧倒的なブランド力がある。

それは、東京海上という入社難易度が高い企業に認められたということ、また日本を代表とする企業でしっかり教育を受けてきたということの証明になる。

このブランド力と言うのは、一度転職市場に身を置くと痛感するが非常に大きな価値になるのだ。

また、コンサルでもスタートアップ/ベンチャーにしても、大手企業で勤務した経験というのも大きな価値である。

コンサルの場合は、基本的にクライアントは大手企業になるため、クライアント側の力学が分かっていたり、当事者目線を持ってコンサルティングを行うことができるのは非常に貴重である。

また、スタートアップ/ベンチャーの場合は、属人的に仕事を進められていることが多く、大手企業のように仕組み作って仕事を回してきた経験が重宝されるのだ。

いずれにしても東京海上出身者は転職市場でも高く評価される傾向があるため、自信を持って転職活動に臨んでいただきたい。

東京海上から転職するなら"絶対に"やるべきこと

ここまで解説してきたように、東京海上からの転職先として様々な道がある。

また、東京海上出身者は市場価値が高く、引く手あまたという状況もある。

そのため、信頼できる転職エージェントでないと、ノルマに追われたエージェントにただ紹介料が高いというだけの求人を押し付けられてしまうリスクも存在する。

そのため、必ずハイクラス転職支援に豊富な実績を持つエージェントに登録する必要がある。

具体的には、コンサルや金融、IT業界などのハイクラス転職に圧倒的に強みを持つコトラに登録することを強くおすすめしたい。

kotora-agent

おすすめ度:★★★★★

コトラは金融やコンサルなどのハイクラス転職に特化したエージェントである。

ハイクラス人材からの評判が高いことでも有名なエージェントで、数々のイメージ調査においてNo. 1を獲得している。

エージェントの方が非常に優秀で、ハイクラスの転職を目指すのであれば必ず登録すべきと言っても過言ではない。

Aさん
(保険会社⇒コンサル仲介)
複数の知人がコトラさん経由で転職していたので迷わずコトラさんに登録しました。
やはり実績が多く、かつ求人やアドバイスの質が高くて周囲にもおすすめしているエージェントです。

Bさん
(保険会社⇒IT企業)
業界の生々しい情報や、最新トレンドについても教えてもらえました。
他社では教えてもらえない情報を提供してくれるのでよりイメージをもって転職活動を進めることができました。

念のため、ハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできるエージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

おすすめの記事