フリーランスエンジニアの働き方は?労働時間や一日の過ごし方を紹介

フリーランスエンジニアとして独立するというキャリアの人気が拡大している。本記事ではそんなフリーランスエンジニアの働き方について徹底的に解説していく。労働時間や一日の過ごし方まで詳しくご紹介する。

フリーランスエンジニアに興味がある人は、案件を紹介してくれるフリーランスエンジニアエージェントであるテックビズフリーランスにまずは登録することをおすすめしたい。

フリーランスエンジニアの働き方の特徴

フリーランスエンジニアの働き方の特徴としては以下の3つがあげられる。

フリーランスエンジニア_働き方特徴

フリーランスエンジニアの場合、「①働く場所」「②働く総合時間」「③働く時間帯」を比較的自由に決めることができる。

この3つの要素を自由に決めることができるため、例えば地方に移住するといったことや、家族との時間を充実させる、平日に趣味の時間を設けるといったライフスタイルを実現することができる。

以下ではそれぞれの要素に分解して、フリーランスエンジニアの働き方について解説していく。

フリーランスエンジニアの働く場所

まずフリーランスエンジニアの働き方に大きな影響を与えるのが、「働く場所」である。

フリーランスエンジニアの場合は「常駐型」と「リモート型」を自由に選ぶことができる。

特にリモート型の場合はセキュリティの問題もあるので、どこでもOKということはないが、例えばシェアオフィスで作業する、地方に移住するといった選択をすることもできる。

最近は会社員の場合でもリモートワークが浸透しつつあるが、コロナが収まればいつ常駐型に戻るかも分からない。

その点、フリーランスエンジニアは自由に働く場所を決められるというメリットがある。

フリーランスエンジニアの労働時間

フリーランスエンジニアは週5日×8時間働くサラリーマンと異なり、労働時間についても自由に選択することができる。

フリーランスエンジニアの場合は「週5日×8時間×4週間=160時間」という労働時間だけでなく、例えば「週3日×8時間×4週間=96時間」という労働時間にすることも可能である。(週4や週2も可能)

月間160時間という労働時間から解放されるだけで、ライフスタイルはかなり自由になる。前述のような家族との時間を充実させる、平日に趣味の時間を設けるといったことが可能となる。

もちろん労働時間を減らせばその分収入は減るが、フリーランスエンジニアの方がサラリーマンよりも収入が高い傾向があるというメリットは覚えておいていただきたい。

フリーランスエンジニアの一日

フリーランスエンジニアの場合、然るべきアウトプットを出すことを前提として「いつ働くか」は基本的に自由である。

メンバーとの打ち合わせや仕事上のコミュニケーション、アウトプットの期限などを考慮する必要があるため完全に自由ではないものの、会社員のように平日の何時から何時まで働くという拘束はない。

そのため、以下のような一日を過ごすことも可能である。

▼フリーランスエンジニアの一日(一例)

時間 実施事項
6:30 起床
6:30~7:30 仕事
7:30~8:30 家族との朝食、身支度
8:30~12:00 仕事
12:00~13:00 昼食
13:00~14:00 読書
14:00~15:30 仕事
15:30~17:00 お茶&趣味
17:00~19:00 仕事
19:00~20:00 夕食
20:00~ お風呂、自由時間

あくまでフリーランスエンジニアの一日の一例であるが、「①働く場所」「②働く総合時間」「③働く時間帯」を自由に選択できるからこそ、こうした生活を送ること可能になっている。

独立するなら絶対にやるべきこと

フリーランスエンジニアとして独立するのであれば、案件獲得・紹介~一部雑務の対応まで担当してくれるフリーランスエンジニアエージェントに必ず登録すべきである。

一方で、一言でフリーランスエンジニアエージェントと言っても、各社で強みを持つ領域も異なれば対象となるユーザーも異なる。

そのため各エージェントの特徴を理解した上で、それぞれの良いところ取りをできるように、絶対にやるべきことは少なくとも2-3社のエージェントに登録しておくことである。

実際に、筆者の知人で安定的に稼ぎ続けている人は必ず2-3社のエージェントに登録している。逆に1社にしか登録してない知人の多くが、自分の望むタイミングで案件を紹介してもらえない人も存在する。

おすすめのフリーランスエンジニアエージェント

テックビズフリーランス

テックビズフリーランスとは、株式会社NKC ASIAが運営するフリーランスエンジニアエージェントである。

高稼働~低稼働、フリーランス初心者から上級者など、幅広い案件に対応しているという特徴を持つ。比較的バランスよく全方位に強みを持ちながら特にミドル層の週5案件に強みを持つフリーランスエンジニアエージェントである。

▼特徴

  • 高稼働~低稼働、フリーランス初心者から上級者向けなど幅広い案件に対応
  • 独立経験のある担当者によるフリーエンジニアに寄り添った"痒いところに手が届く"サポート
  • 特にミドル層のエンジニアにおすすめ
おすすめの記事