ファーストリテイリングに転職!年収・難易度・評判を解説

世界的にも知名度の高いユニクロや、国内で抜群の人気を誇るGUを傘下に構えるファーストリテイリングは、ハイクラス人材の転職先としても人気の高い企業である。

本記事では、そんなファーストリテイリングの年収や転職難易度、社員からのリアルな評判などの転職情報を徹底解説してく。

ファーストリテイリングへの転職徹底解説

ファーストリテイリングへの転職を目指すのであれば、国内最大級の転職エージェントであるリクルートエージェントをおすすめしたい。

詳細については以下の記事をご覧いただきたい。

転職で理想のキャリアを築いていくあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

ファーストリテイリングの年収

ファーストリテイリング_年収表

上記はファーストリテイリングのグレード別の目安年齢および年収である。

ファーストリテイリングでは、会社内で明確に給与テーブルが定められており、その給与テーブルに沿って年収が決められる。

32歳以降でM-2のグレードになると、最低でも750万円、最高だと1400万円の年収となっている。

またファーストリテイリングの場合、年収1000万円の一つの基準が部長職であるが、30代で高い評価を得ている人であれば、部長クラスに昇進している人も多いという実態がある。

また、執行役員になる前のE-1~E-3のグレードでさえ、年収が2000~3600万円という高水準となっている。

こうした「実力に見合った年収を出す」という企業の姿勢と、実際にこうした高年収が支払われているという実態が、転職市場においてハイクラス人材から人気の理由の一つでもある。

▼おすすめの転職エージェント

ファーストリテイリングの転職難易度

結論から言うと、以下の理由よりファーストリテイリングの転職難易度は比較的高いと言える。

  • ポジションによってはビジネスレベルの英語力が求められ、最低TOEIC700点は必須とされている
  • コンサルや大手事業会社出身者を積極採用しており、募集者のレベルが高い
  • 細分化されたポジションごとに、その職種での実績や実務経験が求められる

    ファーストリテイリングはグローバル企業であり、コーポレートではポジションによって高い英語力が求められる。

    もともと圧倒的な知名度を誇るファーストリテイリングは、さらに近年目覚ましい業績のため、毎年多くの転職希望者からの応募がある。

    さらに応募者もコンサルや大手事業会社のハイクラス人材が多く、その分競争率が高いと言える。

    転職難易度が高いファーストリテイリングへの転職に向けては、転職支援実績が豊富なエージェントを利用して対策を行うことをおすすめしたい。

    ▼おすすめの転職エージェント

    ファーストリテイリングのリアルな評判

    実際にファーストリテイリングに勤める方々からのリアルな評判をご紹介する。

    ポジティブ/ネガティブの両面の評判が上がったが、まとめるとファーストリテイリングの評判は非常に高いと言える。

    ▼ファーストリテイリングのポジティブな評判

    • 年収が高いことに加え、残業が月間で25時間ほどしかなく、稼いだお金を使う時間が作れる
    • 完全実力主義でフラットな社風のため、仕事の結果に集中して向き合うことができる
    • 日本を代表するブランドを、グローバルに広げていく面白みがある

      ファーストリテイリングの給与テーブルを見てもわかるように、徹底した実力主義で若いうちから高額な年収を目指せる環境があるという点には高い評判が挙がっていた。

      そのため業務に全力で取り組む社員が多く、日々成長しながらやりがいを実感している社員が多いという。

      一方で残業が少なく休暇も多いため、しっかりと年収を上げつつプライベートも両立でることに対してもポジティブな評価が多かった。

      このようにファーストリテイリングには、プライベートを充実させながら高い年収が手にできる理想的な環境が整っていると言える。

      ▼ファーストリテイリングのネガティブな評判

      • 大企業であるため、あまり裁量の大きい仕事に携わる機会が少ない
      • 行き過ぎたユーザーファーストを心がけているため、社員に対しての配慮が少ない
      • 社長のワンマン経営の節が強く、最終的には社長の意思決定が全て

        ファーストリテイリングは大企業であり、また柳井氏の圧倒的なリーダーシップがあるため、なかなか意見が通らないという点でネガティブな評判が挙がっていた。

        さらに各店舗ではユーザーファーストが徹底されているがその水準が非常に高く、その結果店舗スタッフが不満を持ち、コーポレート社員が管理やフォローに回らなければならないことに悩まされている。

        ▼おすすめの転職エージェント

        ファーストリテイリングの中途面接

        ファーストリテイリングの中途面接は、以下のようなフローで進んでいく。

        1. 書類選考
        2. 一次面接:チームリーダー
        3. 二次面接:部長クラス
        4. 最終面接:役員クラス・人事担当

          特徴として1回の面接が30分程度でスピーディーであるため、自身が伝えたいことを簡潔に伝えらえるよう準備をしておくと良いだろう。

          また選考フローが長く、1ヶ月以上かかることもあるため、長丁場を戦い抜くスタミナも必須である。

          さらに知人曰く、最終面接には社長が同席することもあるため、ファーストリテイリングのミッションやバリューは事前に詳しく把握しておくべきとのことである。

          そのため以下のファーストリテイリングが掲げているビジョンから、全ての職種で共通して求められる人材に関しては事前にチェックしておきたい。

          • 成長意欲が高くチャレンジングな人材
          • 何が重要なことか本質を見極められる人材
          • 常識にとらわれず変化を生み出せる人材
          • 困難や失敗に直面しても止まらずにやり切る人材
          • チームを大事にしお互いを尊敬できる熱い人材

            ▼ファーストリテイリングの中途面接における実際の質問例

            • これまでの経歴の中で最も成果を上げたこと
            • ユニクロの店舗に最近行ったか
            • 自分の能力に対しての自己評価

              転職難易度の高い

              ▼おすすめの転職エージェント

              ファーストリテイリングへの転職でおすすめのエージェント

              前述の通り、ファーストリテイリングはハイクラス人材の転職先として人気であり、その分転職難易度も高い。

              そのため、必ずファーストリテイリングへの転職支援実績が豊富なエージェントを利用する必要がある。

              ファーストリテイリングへの転職支援実績が豊富なエージェントに登録しておけば、これまでの転職支援で培ったノウハウを提供してくれる。

              逆に、間違ったエージェントに登録してしまうと、対策できるような情報を持っていないことはもちろん、最悪の場合予測でアドバイスをしてくる可能性もある。

              具体的には、業界最大手エージェントであるリクルートエージェントに必ず登録すべきである。

              おすすめ度:★★★★★

              リクルートエージェントは言わずと知れた国内最大の転職エージェントである。

              求人数/幅では国内敵なしの状態であり、また担当エージェントの質の高さにも定評がある。

              Aさん
              (通信会社⇒ファーストリテイリング)
              複数の同僚や知人がリクルートさん経由で転職していたので迷わずリクルートさんに登録しました。
              やはり実績が多く、かつ求人やアドバイスの質が高くて周囲にもおすすめしているエージェントです。

              Bさん
              (コンサル⇒ファーストリテイリング)
              ファーストリテイリングの生々しい情報や、動向についても教えてもらえました。
              他社では教えてもらえない情報を提供してくれるのでよりイメージをもって転職活動を進めることができました。

              その他にハイキャリア.com運営メンバーの実体験から本当におすすめできる転職エージェントを以下にまとめているため参考にしていただきたい。

              転職でキャリアを築くことに本気であれば間違いなく上記の記事が役に立つと確信している。

              様々なエージェント紹介記事があるが、明らかにおすすめできないエージェントを取り上げていたり、「おすすめ」と言いながら明らかに実体験があるはずもない5~10社も紹介していたりと悲惨な状況である。

              上記の記事は転職でキャリアを築くことに本気のあなたの役に立つために、筆者や筆者の多くの知人の実体験を凝縮した本当におすすめできるエージェントをご紹介している。

              ぜひあなたの転職活動が成功することを祈っている。

              おすすめの記事